ネットビジネス

初心者必見。副業アフィリエイトで稼ぐための入門書

完全在宅・時間を問わずできる副業と言えば、アフィリエイトが代表的です。

実際に副業を探している方のなかにも、「ブログやホームページのアフィリエイトで稼いでみようかな……?」と興味を持っている方は多いのではないでしょうか。

ですが「アフィリエイトは本当に稼げるの?」「危なかったりしない?」といった不安を抱いてしまいがちですよね。

結論から言えば、アフィリエイトは安全な副業で、私自身もブログのアフィリエイトで月に1万円前後の成果を上げています。

20代女性の筆者でも簡単に月収1万円アップを果たせてしまうアフィリエイト。

今回は、アフィリエイト初心者のみなさんに誰でもできるアフィリエイトの始め方をご紹介したいと思います。

この記事さえ読めば簡単にアフィリエイトを始めることができますので、興味のあるかたはぜひチェックしてみてくださいね!

アフィリエイトって何?


アフィリエイトとは、ブログやホームページに広告を貼り、そこから収益を得る手段を指します。

広告をサイトやブログの閲覧者にクリックしてもらい、広告のリンク先で販売されている商品やサービスを購入してもらうと、広告主からあなたに商品の「紹介料」が入ってくる、というシステムです。

つまり、あなたが商品やサービスの口コミを広め、その口コミのお礼として企業から収入を得るシステムが「アフィリエイト」ということです。

副業ベースのアフィリエイトは月収100万円?


ネット上でアフィリエイト情報を検索すると、アフィリエイトだけで生活している人や副業アフィリエイトで数百万円を稼いでいる人が多く見られます。

しかし、実際のところアフィリエイトで月に10万円以上の収入を得ているひとはごく少数です。

多くのアフィリエイター(アフィリエイトサイトを運営する人)の月収は月に数千円から3万円程度。

中には月収ゼロが長く続いているアフィリエイターも少なくありません。

ただし、アフィリエイトで数百万円を稼いでいる人たちから言われせれば、月収ゼロのアフィリエイターは「アフィリエイトのやり方を知らない」とのこと。

つまり、正しい方法で継続すれば、月収を大きくアップさせられる可能性があるのがアフィリエイトということです。

頑張れば頑張ったぶんだけ収入に反映されるなら、本腰を入れてアフィリエイトをやってみようかな! という気持ちになるのではないでしょうか。

「アフィリエイトの正しい方法」については、この記事の後半でご紹介します。

副業禁止=アフィリエイト禁止?


公務員や会社員など、本業の勤め先で副業・複業が禁止されているケースは少なくありません。

そういった勤め先にいる場合は、アフィリエイトをすることができないのでしょうか?

結論から言えば、無用なトラブルを避けるためにはアフィリエイトも避けておいた方が無難です。

多くの場合、会社や自治体が禁じているのは時給など一定の収入が発生するような副業で、アフィリエイトやギャンブルなどの不定期な収入は副業としてはグレーゾーンとされています。

とはいえ、万が一会社にバレた際にトラブルにならないという保証はありません。ですから、副業禁止の本業をしている場合はアフィリエイトも避けるべきでしょう。

しかし、この記事を読まれている方の多くは日々の生活を少しでも豊かにするために副業を探していますよね?

そんな方は、いくつかのポイントを押さえることで会社にバレずにアフィリエイトを行うことができることも知っておくべきでしょう。

会社ばれを回避しながらアフィリエイトで副業収入!

会社にばれずにアフィリエイトを行うポイントは

  • 確定申告をする
  • アフィリエイトをしていることを会社の人間に言わない

の2点です。

確定申告の方法について詳しくは後述しますが、確定申告を行い、住民税の支払いは「普通徴収」(自分で納付する)を選ぶことで会社ばれを避けることができます。

また、会社の同僚などから上司に告げ口をされないように、アフィリエイトをしていることをあまり口外しないことも重要です。

副業禁止の会社で副業を行う場合の注意点やリスクについては、以下のページに詳しくまとめられていますのでご確認ください。

アフィリエイトサイトはこうして作る!


アフィリエイトについての注意点はお分かりいただけましたか?

続いては、実際にアフィリエイトサイトを作り、収入を得るまでの流れを解説していきます。

サイト開設前にテーマを決める

アフィリエイトで高額収入を得ているサイトは、どこも決まったテーマに基づいて専門性のあるサイト運営をしています。

アフィリエイトを始めようと思ったら、まずはどんなテーマ・キーワードに基づいてサイトを運営するのかを決めましょう。

アフィリエイトで人気のテーマとしては株や仮想通貨、FXなどの投資系、パソコンやスマホアプリ、格安SIMなどのガジェット系、クレジットカード系、ビシネス系が挙げられます。

なぜなら、これらのテーマに関連するアフィリエイト広告はどれも高収入が得られるからです。

しかし、初心者が無理に知識のないジャンルでサイトを開設しても、サイトの更新が苦痛になってしまう可能性があります。

アフィリエイトで報酬を得るうえでもっとも重要なのは、サイトをこまめに更新し長く継続すること。そのためには、自分の好きなテーマを選ぶのが一番です。

あなたが完全にアフィリエイト初心者なら、まずは自分にとって興味のあるテーマを選ぶことをおすすめします。

サーバー・ドメイン・CMSって何?

サイトのテーマが決まったら、サーバーをレンタルしドメインを取得しましょう。

「サーバー」とは、いわばネット上のあなたの「家」にあたります。

そして「ドメイン」はその「家」がどこにあるかを示すための「住所」=URLです。

ネット上には無料でサーバーを貸してくれるサービスも存在しますが、無料のレンタルサーバーは広告を貼ることを禁止しているものもあるなど制限が多いのが事実です。

有料サーバーは月額1,000円前後のお金がかかりますが、ほとんどの有料サーバーが制限なく使うことができます。

住所に当たる「ドメイン」も、有料ではありますが「〇〇〇.com」などの分かりやすいURLを得たほうが効率よくアフィリエイト収入を得られます。(理由については後述します。)

多くのアフィリエイトサイトでは、エックスサーバーなどの有料サーバをレンタルし、お名前.comなどでドメインを取得しています。

いよいよサイト・ブログ作成

あなたのインターネット上での家(サーバー)と住所(ドメイン)が決まったら、次は家のインテリアを用意しましょう。

つまり、サイトやブログのデザインを決めたり、内容となる記事を書いていくフェーズです。

アフィリエイトの基本は「自分がいいと思った商品の紹介」。

まずは自分がおすすめしたい商品をピックアップし、記事の本数を増やしましょう。

ここで重要となってくるのが、CMSというシステムです。

CMSとは、HTMLやCSSなどのHPを作成するための言語が分からない人でも簡単にHPが作れるように私たちをサポートしてくれるシステムです。

CMSを導入すればサイト内のコンテンツを増やすのも簡単ですし、あなたが新しい記事を書くだけで自動的にメニュー欄にも記事へのリンクを追加してくれます。

代表的なCMSサービスとしてはWordPressという無料サービスが存在します。

すでにご紹介したエックスサーバーなら、Wordpressが簡単に導入できますから、セットで利用するのがおすすめです。

ASPって何?

ただ商品を勧める記事を書いただけでは、アフィリエイトにはなりません。

はじめに書いた通り、ブログやサイトに広告を載せ、その広告を閲覧者にクリックしてもらい商品を購入してもらうことではじめてアフィリエイト収入を得られるのです。

では、その広告はどこからもらえばいいのでしょう?

ここで必要になってくるのが「ASP」と呼ばれる企業・サービスです。

ASPは、「サイトに広告を載せてほしい!」と希望する企業と、「サイトに広告を載せてアフィリエイト収入が欲しい!」と思っているアフィリエイターをつなげるサービスです。

代表的なASPとしてはA8.netAfbなどが挙げられます。

これらのサイトに会員登録をして好きな広告を選び、ブログやHPに貼り付けることではじめてアフィリエイト収入が発生するのです。

通常、ASPへの登録には審査が必要で、あなたのブログやHPが怪しくないか・コンテンツの内容が十分あるかなどのチェックが入ります。

しかし、A8.netは無審査でいきなりアフィリエイトを始めることができます。

つまり、記事が1つもない状態でA8.netに登録し、A8.netに広告がある商品やサービスを選んでアフィリエイト記事を書きはじめることができるのです。

ASPにはほかにも様々なものがあります。

厳しい審査が必要ですが、Amazonアソシエイト楽天アフィリエイトなど大手通販サイトのアフィリエイトも存在します。

また、実際に商品を購入しなくとも広告をクリックするだけで収入が入る、PPC広告と呼ばれる形式のサービスもありますから、しっかりとリサーチし自分に合ったものを選びましょう。
ちなみにPPCとはPay Per Clickの略で、クリックごとに支払いがある、という意味ですね

PPC広告の代表例としてはGoogleが運営している、Googleアドセンスなどが挙げられます。

アフィリエイトで稼ぐためのポイント3つ


せっかくアフィリエイトを始めたからには、少しでも効率よく稼ぎたいですよね。

そこで、現役アフィリエイターである筆者がアフィリエイトで集客し稼ぐためのポイントを3つに絞ってご紹介します。

アフィリエイトの副業を行うからには必ず頭に入れておいてほしいポイントだけをまとめた必読版です!

SEO対策って何?

アフィリエイトで最も重要なのはSEO対策と言っても過言ではありません。

SEOとは「検索エンジン最適化」の略で、簡単に言えばGoogleで「布団」という検索クエリ(キーワード)を使ったときに、あなたのサイトで布団を取り扱っているページが何ページ目に表示されるかということです。

情報収集のためにGoogle検索をするのは、最近では当たり前のことですよね。

そしてGoogle検索をしたら、上位表示のサイトに知りたい情報が書かれていると判断するのも普通のことです。

SEO対策とは、自分のページを少しでも検索結果上位に上げてもらい、多くの人の目に触れさせるための対策なのです。

(ちなみに検索エンジンはYahoo!を使っているという方も多いですが、Yahoo!でもGoogleの検索技術が用いられています。)

近年Googleの検索機能は複雑化しており、単純なSEO対策をするだけでは検索上位に食い込むことは難しくなりました。

検索順位はさまざまな基準を複合的に用いて決定・変動していますが、Googleは「ユーザーにとって有益かどうか」をベースに検索順位を決めています。

俗にブラックハットと呼ばれる小手先のテクニックで一時的に検索順位を上げても、検索エンジンは日々改良されておりすぐに順位は落ちてしまいます。

Googleは常にSEO対策のガイドラインを開示しています。このガイドラインに沿った手法=ホワイトハットで良質なコンテンツを作り、検索順位の上昇を目指しましょう。

先にご紹介した「独自ドメイン」や「CMS」の導入も、SEO対策の一助となります。

ウェブマスター向けガイドライン

コピーライティングとセールスライティングを学ぼう

コピーライティングとは、売りたい商品やブランドをより魅力的に見せるための文章術です。

一方セールスライティングとは、商品を紹介し直接的に購買行動に向かわせるための文章術です。

どちらも訴求方法としては効果的ですが、アフィリエイトで収入を得ようとすると、より重要になってくるのはセールスライティングであることはすぐにお分かりいただけますよね。

セールスライティングを本格的に学ぼうとすると、本やセミナーなど投資をする必要があります。

しかし、アフィリエイターとして最低限抑えておくべきセールスライティングの方法は、日常生活の中で学ぶことができます。

日常生活の中でブログなどの文章に触れ、はじめは興味がなかった商品を「買ってもいいかも……」と思える機会はありませんでしたか?

あったとすれば、そのときに読んでいた文章はクオリティの高いセールスライティングです。

まずは、「自分はどんな文章で紹介されればこの商品を買いたくなるか」をしっかりと分析し、自分のサイトの参考にしましょう。

継続的にアフィリエイトをしていくなかで、売上の多い商品のセールスライティングに共通するポイントを掴むころには、あなたのセールスライティングはぐっと上達しているはずです。

サイトデザインは見やすさ重視

アフィリエイトサイトを作るならデザインもおしゃれなほうがいいのでしょうか?

結論から言えば、アフィリエイトサイトのデザインで最も重視するべきはサイトの見やすさです。

検索して出てきたサイトに役に立つことが書いてありそうだったからアクセスしたのに、サイトのデザイン上文字が読みにくくて読むのをやめてしまった、という経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

せっかく気合を入れてセールスライティングをしたのに、サイトが見づらくて最後まで読んでくれる人が減ってしまっては意味がありませんよね。

自分のサイトに愛着がわきデザインを試行錯誤したくなる気持ちはわかりますが、サイトデザインはあくまで見やすさを重視しましょう。

最近はスマートフォンでネットを利用する人の割合が高いですから、パソコンだけでなくスマートフォンでも見やすいサイトデザインになっているかをチェックすることも重要です。

先にご紹介したWordpressを導入していれば、自動的にスマートフォン専用サイトの構築もしてくれますから大変に便利ですよ。

アフィリエイトで稼いだら確定申告必須

アフィリエイトで副収入を得たら、確定申告をしなければなりません。

確定申告をせずにあとから収入があることが分かった場合、追加徴収として会社の給料を差し押さえられる可能性があります。

給料を差し押さえられてしまっては、当然副業が会社にバレてしまいます。

また、確定申告をした場合でも、住民税の納付方法で「特別徴収」を選んでしまうと、会社の給料から本業と副業の収入を合わせた額に対応した住民税が引かれます。

結果的に他の人よりも住民税の支払いが高くなり、副業が会社にバレてしまいます。

会社ばれを防ぐためには、しっかりと確定申告を行い住民税は「普通徴収」を選ぶことが重要です。

副業OKの会社でも確定申告すべし

もちろん副業OKの会社に所属していても、確定申告は必須です。

本業が他にある場合、確定申告は白色申告を選ぶことになります。

確定申告では、利益、つまりアフィリエイトで得た総収入から経費を引いた額と、支払う税金の額を計算します。

アフィリエイトの経費として認められるのは、パソコン代やネット接続費用、(自宅で作業している場合は)家賃や水道光熱費の一部などが含まれます。

税金については、一度税理士に依頼して申請書の作成方法を習っておくとよいでしょう。一度理解してしまえば、翌年からは自分で申請することができるようになります。

確定申告のためには帳簿を作成する必要がありますが、エクセルなどで経費と利益について「日付・金額・内容」を記録し、領収証を保管しておけば問題ありません。

アフィリエイトで収入を得る場合、売上が特定の金額に達するまで入金されなかったり、ポイントで収入を得たりしている場合もあります。

売上は、入金されているか否かに関わらず帳簿に記載しますし、ポイントは1ポイント1円として認識しておけば間違いありません。

なお、副業で得た利益が20万円以下の場合は確定申告の必要はないとされていますが、住民税の申告は必要です。この点だけは注意しておきましょう。

まとめ


アフィリエイトで稼ぐ方法や、その際の注意点についてご紹介しました。

アフィリエイトははじめてから実際に収入を得られるようになるまで期間が必要な副業です。

しかし、自分がいいと思ったものを紹介することができ、仕事の場所や時間を選ばないなどメリットの多い副業でもあります。

じっくり腰を据えて挑戦してみたい! という方に今回の記事が参考になれば幸いです。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加