バイナリオプション

副業で投資を始めたい人にバイナリーオプションがオススメな理由

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

サラリーマンや主婦の中には副業で投資をしたいと考えている人も多いでしょう。

しかし

  • 投資にはどんな種類があるのか
  • いったいいくら必要なのか
  • 借金を抱えてしまうのではないか
  • 詐欺に巻き込まれてしまうのではないか

など疑問点も多く実際に何もできていないという人もいると思います。

投資というのは、あなたの貴重なお金を扱うものです。
初心者だけど投資に少しだけ興味がある!という方のために、投資の種類やメリットデメリットを徹底的にまとめましたので、ぜひこちらの記事をどうぞ

初心者向け投資の種類と目的別おすすめ投資

この記事では投資額が少なく、最短数十秒という短い時間でできる投資として数年前から話題になっているバイナリーオプションという投資方法をご紹介します。

しかし簡単にできることから、詐欺まがいの情報や簡単に儲けられるという嘘の情報が多く出回っており、実際に投資を始める際には正確な情報を見極めることが大切です。

この記事を最後まで読むことで、

  • バイナリーオプションとはなにか
  • なぜバイナリーオプションがおすすめなのか
  • 実際にバイナリーオプション はどうやるのか
  • 詐欺に遭わないために気をつけなければいけないことはないか

が分かります。

バイナリーオプションとは


バイナリーオプションとは、一言でいうと、通貨ペアや株価など市場の取引可能商品が現在の価格や設定価格から上がるのか下がるのかを予想する取引です。

難しく感じる方もいると思うので、具体的に説明します。
例えば、現在1ドル100円だとして、1時間後に100円より円高か円安かを選ぶというシンプルなものです。

早ければ数分後に結果が出ていることもあるため、利益か損失かが決まるのも早く忙しい人や長くパソコンの前にいられない人にもおすすめです。

バイナリーオプションと呼ばれるこの取引ですが、実際の取引方法は国内と海外で差があるなど、業者によっていくつかのの取引方法に分かれています。

Highlow(ハイロー)取引

これはバイナリーオプションの基本となる取引方法です。

現在の価格よりも〇分後は円安になるか円高になるかを選択します。

〇分後という設定時間は国内業者と海外業者で大きく違いがあり、国内業者のほとんどは最小2分~最大3時間後という設定時間になっています。

バイナリーオプションはFXや株式のように自由に取引できるわけではなく、開始時刻と満期時刻が決められているためその中で取引をしなくてはいけません。

国内業者は多くが開始時刻から満期時刻までが2~3時間で設定されているため、24時間の中で開催される回数が10回前後になっています。

そのためエントリーチャンスがかなり限られています。

また、3時間後の相場状況を読み取らなくてはいけないため難易度も高いといえるでしょう。

締め切り2分前までエントリーを受け付けていますが、締め切り時間に近いほど当たりやすいため3時間前にエントリーした場合とは勝ったときに貰える金額(ペイアウト)が低くなります。

それに比べて海外業者は終了時間が30秒後、1分後、2分後、5分後などとても短く設定されている取引もあるためエントリーチャンスがたくさんあることが特徴です。

国内業者と比べると数分後という直近の相場状況を読み取ればいいため難易度も低いと言えます。

国内業者はラダーオプションが主流

国内業者はハイロー型の中でもラダーオプションと呼ばれる取引方法が主流となっています。

ラダーオプションとは、権利行使価格と呼ばれる目標レートよりも円高になるか円安になるのかを選ぶ取引です。

円高か円安かを選ぶのはハイロー型と同じですが、ハイロー型は現在の価格が基準になり、ラダー型は自分で選んだ権利行使価格が基準となります。

レンジ型

レンジ型とは、2つの目標レートによってつくられるレンジ(幅)の中に収まるか収まらないかを予想するものです。

レンジ内を維持すると思った場合は買い、レンジ外に収まらないと思った場合は売りとなります。

レンジ型はハイロー型と比べると採用している業者は多くないですが、国内業者の中でも徐々に浸透してきている取引方法です。

ワンタッチ型

ハイロー型、レンジ型共に判定時の価格がすべてですが、このワンタッチ型は違います。

ワンタッチ型とはその名の通り、開始から終了までの時間の中で設定されたレートに達するかどうかという取引方法です。

取引時間内に1回でもタッチすれば勝ちです。

設定されたレートが現在のレートから離れていればいるほど貰える額(ペイアウト)が高くなります。

ハイロー型やレンジ型は取引時間が短いほど勝ちやすいですが、ワンタッチ型は取引時間が長い方が勝ちやすいといえるでしょう。

関連記事バイナリーオプションは初心者でも稼げる?安全に勝つための方法とは

バイナリーオプションの取引方法


取引方法がわかったところで、続いては実際にバイナリーオプションがどのような取引なのかを具体的に紹介します。

今回は基本となっているハイロー型を例に解説していきます。

①通貨ペアを選択する

まずはどの通貨ペアを購入するかを決定します。

どの通貨ペアを購入するかはチャートを見ながら判断していきましょう。

②権利行使価格を選択する(ラダーオプションの場合)

主に国内業者の場合に必要になる工程です。

権利行使価格と呼ばれる基準の価格を選択します。

現在の価格から離れれば離れるほど戻ってくる額(ペイアウト)が高くなる、もしくは購入する価格が安くなります。

例えば、GMOクリック証券の場合、権利行使価格をいくらに設定しても戻ってくる金額(ペイアウト)は変わりませんが、現在の価格から離れた権利行使価格を選べば選ぶほど購入する際の金額が安くなるという方法がとられています。

③円安か円高かを選択する

現在の価格、もしくは②で選択した権利行使価格を基準にして円安か円高かを選択します。

業者によってボタンの色や表示方法が違いますが、どの業者も一目でわかるようになっているので間違えることは少ないでしょう。

➃購入枚数・購入金額を設定する

国内業者の多くは、購入ボタンに1枚の値段が書いてあるので、何枚買うのかを決めたら枚数を入力します。

海外業者は任意の金額を入力してその金額分を購入するという流れです。

ここも業者によって表示や入力に差がありますが、全くわからないということはないので大丈夫です。

⑤勝ち負けの判定

取引終了時になると勝ち負けの結果、そして戻ってくる金額(ペイアウト)がいくらか、負けてしまい0円になるのかが一目でわかるようになっています。

ペイアウトは購入した時に書かれている倍率によって変わってきます。

例えば倍率1.9倍となっている場合、1000円賭けて買った場合は1900円の利益、負けた場合は1000円(購入した全額)の損失となります。

負けた場合でも購入金額以上の損失が出ないのがバイナリーオプションの利点でもあります。

バイナリーオプションは副業におすすめ


FXや株式などと比べて初心者でも取り組みやすいといわれているバイナリーオプション。

確かに取引手順もとてもシンプルですよね。

しかしおすすめされているのはそれだけが理由ではありません。

バイナリーオプションはどのような理由からおすすめされているのかを解説していきます。

おすすめな理由①:投資額が少額

バイナリーオプションは上か下かを決めたあと、取引枚数分のチケットを購入するという取引方法ですが、このチケットは1枚数百円から購入することができます。

このチケット1枚分の数百円から取引が可能です。

FXや株式と違いまとまったお金が必要ないため、わずかな額でも投資を行なうことができます。

バイナリーオプションの取り扱いをしているGMOクリック証券では、1枚のチケットが50円~999円の設定されているためまとまったお金は必要なく手軽に取引をすることができます。

そのほかの業者でも同じくらいの値段から取引を行なうことができ、数十万円の資金が必要な株式に比べるとかなり身近で始めやすいといえるでしょう。

おすすめな理由②:取引が可能な時間が長い

バイナリーオプションの取引時間は、外国為替市場が開いている時間であれば取引が可能なため、基本的には平日であればいつでも取引が可能です。

株式市場は平日9時から15時までとサラリーマンの方が働いている時間帯が取引可能な時間帯となっており、サラリーマンだと取引することが難しいですが、バイナリーオプションであれば仕事が終わって帰ってからでも取引することが可能です。

ただ、取引が可能な時間帯は業者によって異なるため口座を開設する業者の取引可能な時間帯を調べておきましょう。

おすすめな理由②:損失がわかりやすい

取引をする上で誰もが思うのが、リスクは小さければ小さい方がいいということでしょう。

できるだけ負けたくない、できるだけ損失を小さく抑えたいと誰もが思いますよね。

バイナリーオプションの勝ち負けは二択なのでとてもシンプルですが、負けた時の損失もとてもわかりやすいものになっています。

負けたら投資した額がすべて損失になります。

1000円分のチケットを買って負けたらその分がすべて損失になります。

10000円分のチケットを買って負けたらそれがすべて損失です。

FXのように元手の数倍から数十倍の金額で取引ができるものではないので損失が何倍にも膨らむということはありません。

しかし、当然何度も取引を行い何度も負ければ、その分損失が積み重なり膨大なものになってしまうため、資金管理をしっかりと行うことが大切です。

バイナリーオプションの注意点


『円安か円高かを予想するだけだから結局は50%の確率で勝てる!』

と思う人もいるかもしれませんが、実際にはそんな簡単なものではありません。

次こそ勝てるという思い込みで何度も取引をした結果、口座に入金した金額をすべて使い果たしてしまったという人もたくさんいます。

負けたら0、勝っても戻ってくる金額(ペイアウト)は業者に入る手数料なども含まれており、勝率50%だとしても損失の方が多くなるのがバイナリーオプションの仕組みです。

簡単に勝てそうだという認識は絶対にやめましょう。

賭けではなく投資という意識をしっかりと持ち、勉強してから取引をすることが大切です。

バイナリーオプションの勉強がしたい人はこちらの記事も読んでみてください。


詐欺情報に注意!!


バイナリーオプションは2択というシンプルで初心者が参入しやすい分野であるため、初心者をターゲットにした詐欺情報や偽情報が溢れています。

簡単に月100万円、勝率95%で毎日10万円などとてもおいしいキーワードでおびき寄せ、膨大な金額を投資したけど稼げなかったり、残金を出金して解約したいのに個人情報を送った途端音信不通になったなどという相談が国民生活センターに寄せられています。

特に海外業者は拠点が日本国内にないため不明点が多く、無許可で営業をしている場合もあります。

トラブルが報告されているのは無許可で営業をしている業者がほとんどなため、しっかりと金融庁に許可得ているかどうかを確認することもトラブル回避方法の1つです。

無許可で営業をしているとして金融庁から警告された業者の名称が一覧になっているのでこちらもぜひ確認しておきましょう。

金融庁ホームページ『無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について』

簡単に稼げるという甘い言葉に騙されず、許可を得ている業者なのかどうか、実際に出金できる業者なのか、過去にトラブルを起こしていないかどうかを中心にインターネット上の口コミなどを参考に冷静に下調べを行なうようにしましょう。

安心できる業者の調べ方


ではいったいどのような業者は安全だと判断できるのでしょうか。

安心な海外業者なのかどうかを調べる方法として、

  • 日本国内で金融商品取引業の登録を受けているか
  • 金融ライセンスを取得しているかどうか
  • 信託保全を明記しているかどうか
  • 運営歴が3年以上あるかどうか

をチェックしましょう。

日本国内で金融商品取引業の登録を受けているか

海外に拠点をおいている業者だとしても、日本に居住者を対象に金融取引を行なう場合は金融商品取引業の登録が必要になります。

この登録をしているかどうかというのが安心な業者かどうかを見極める1番のポイントになります。

登録している業者かどうかというのは一覧になっているため簡単に調べることができます。

金融庁ホームページ「免許・許可・登録を受けている業者一覧」

金融ライセンスを取得しているかどうか

世界の先進国にはこの金融監督庁という金融機関を監督する省庁が存在しており、ここで審査され承認されると金融監督庁に登録できます。

日本では金融庁がこの金融監督庁になります。

この金融監督庁にきちんと登録できていることが国から認められている安全な業者ということになるため、業者を検討する際に海外の金融監督庁に登録されていることをしっかりと確認しましょう。

登録されているかどうかというのは、業者のホームページに目立つように記載されている場合もあれば、業者のよくある質問などに記載されていることもあります。

この国から認められているとうのも安全な業者を選ぶ1つの基準になります。

信託保全を明記しているかどうか

信託保全とは、顧客から預かった資金と、会社の経営資金を別で管理するということです。

しっかり信託保全がされている会社は、顧客の資金は信託先銀行で厳重に保管され、万が一業者が破綻した場合でも預けた証拠金は守られるため安心して資産運用をすることができます。

この信託保全していることがしっかりと明記されているかもチェックしたいポイントの1つです。

また、顧客の資金はどこの銀行で管理されているのか、損害賠償保険などに入っているなどの記載があればさらに安心できる業者ということになります。

設立後3年が経過しているかどうか

バイナリーオプションで怪しい業者は、顧客から資金を集めそれを持ち逃げするという手法を取ることが多く、1年などの短期間で会社を破綻させることがほとんどです。

そのようなことから、3年以上事業が継続している会社はある程度安全ということになります。

設立から何年たっているかも業者のホームページの会社情報などから確認することができるため、事前に確認しておきましょう。

日本国内の業者は99%信頼できる

日本国内のバイナリーオプション業者の中には無登録業者も紛れていますが、金融庁が厳しく目を光らせているので実際に取引を行なってトラブルになるということはほぼありません。

また、国内のバイナリーオプション業者は有名な大企業がほとんどなので安心して取引を行うことができますよ。

口座開設は国内業者がおすすめ!!


バイナリーオプションを取り扱っている業者は国内外でかなり多く存在していますが、やはり安心なのは国内の業者です。

日本国内でバイナリーオプションを扱っている業者は、金融庁の厳しい審査をクリアしており、金融商品取引法の規定により信託保全が実施されています。

その中でも特におすすめなのは、株式、投資信託、FXなど多数の金融商品を取り扱っているGMOクリック証券です。

その理由として、GMOクリック証券はGMOインターネットのグループ企業として安定経営をしており国内業者の中でも抜群の安定感があります。

また、数多くの金融商品を取り扱っているため信用性も抜群です。

さらにGMOクリック証券では、バイナリーオプションのデモ取引を無料で行うことができます。

手順を実際に確認したい、バイナリーオプションがどのようなものかを体験したいという人はぜひデモ取引を体験してみましょう。

バイナリーオプションをはじめるならGMOクリック証券がおすすめ!口座開設はこちら

まとめ

  • 初期投資が少なくて済むこと
  • 購入金額以上の損失が出ないこと
  • 取引可能時間が長いこと

このようなことから副業にとても向いている投資方法です。

また、取引手順もとてもシンプルで初回の人でも迷うことなく取引することができます。

しかし、繰り返しになりますが、簡単に勝てそうだという認識はとても危険です。

計画的に投資を行ない、ギャンブルにならないように注意しましょう。

また、おいしい言葉に惑わされずにしっかりと勉強して取引に臨んでくださいね。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加