シェアリングエコノミー

カーシェアリング副業でどのくらい稼げる?メリット・将来性・向いてる人・トラブル対応を紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

カーシェアリングとは、複数の人でクルマをシェアし、レンタカーよりもお得に必要なときに必要なだけクルマを使える仕組みです。コインパーキング大手のタイムズ24が全国展開しており、首都圏を中心に需要が大幅に拡大しているのをご存知の方も多いのではないでしょうか。

近年では、大手企業が手がけるカーシェアリングとは別に、気軽な個人間カーシェアリングが盛んに行われるようになり、効率的な副業として大きな注目を集めています。こうしたカーシェアリング副業を可能にするのが、クルマを貸したい人と借りたい人をつなぐ「カーシェアリングサービスサイト」です。

クルマを持っているすべての人が検討すべきカーシェアリングサービスサイトを利用するメリットとはなにか?カーシェアリング副業の将来性や向いているのはどんな人か、シェア中の事故の場合に保険は適用されるのかなど、気になるトラブル時の対応を含めて解説していきます。

カーシェアリングサービスサイトとは?


カーシェアリングサービスサイトとは、クルマを貸したい人と借りたい人をつなぎ、Webサイトやスマートフォンアプリでの交渉・決済を実現するマッチングサービスです。

オーナーはシェアしたい条件とともにクルマの詳細をサイトに登録し、利用者からのリクエストに応える形で交渉を行います。両者間の連絡はサイトやアプリ内のチャットで完結でき、シェアリング完了後はお互いを評価し合うことで、オーナーと利用者双方の信頼感を高めていく仕組みが構築されているのも特徴です。

カーシェアリングサービスサイトでは、さまざまなオーナーがさまざまな車種を登録しているため、ポルシェなど大手企業のサービスでは乗れないようなクルマが借りれるのも特徴であり、その魅力から急速に会員数を増やしています。

こうしたモノやコトをシェアするサービスは、さまざまな分野で拡大しており、クルマだけでなく、駐車場をシェアする副業を併用して稼ぐ人もいます。

駐車場シェアサービスの詳細はこちらでわかりやすく解説していますので、ぜひご覧ください!

関連記事初期投資不要!駐車場貸しのおすすめサービスで初めてでも確実に稼ぐ方法。メリット・デメリットも徹底解説

カーシェアリングサービスサイト利用のメリット


上述したように、多種多様なクルマをリーズナブルな料金で借りれるのが、利用者側にとってのカーシェアリングサービスサイト最大の魅力です。それでは、クルマを貸すオーナー側にとっての、カーシェアリングサービスサイトのメリットとはなんでしょうか?

自分のクルマを副業に有効活用

クルマを所有・維持するには、税金やガソリン代、駐車場代や車検代などの費用が必要となり、家計に大きな負担がかかる割には、週末の利用に限られるなど、常に使用されているわけではありません。

このような「クルマを使っていない時間」をカーシェアリングサービスサイトでシェアすることで、オーナーは自分のクルマを有効活用でき、副業として収入を得られるのです。

登録・月額費用無料で稼げる

大手のカーシェアリングサービスサイトでは、予約成立時のみ、システム手数料が徴収される仕組みになっており、クルマの登録費用やシステムの月額料金などは徴収されていません。つまり、手数料がかかるのは利用料金が発生したときのみであり、その金額も利用料金の10%程度と非常にリーズナブルです。

カーシェアリングの利用料金はオーナーが決定できますが、車種や状態など、クルマの詳細を登録すると利用料金の上限が表示されるため、料金設定に迷うこともないでしょう。おおよそ1日4,000円〜7,000円程度に設定される場合が多く、ミニバンなどの人気車種であれば、数日間の家族旅行などがオファーされることもあります。

たとえば、1日5,000円で2泊3日の家族旅行にクルマを貸し出した場合、15,000円の90%がオーナーの手取りとなり、これを4週間続ければ月間で54,000円もの副収入が得られます。高級外車などでは数万円の利用料金でもリクエストが絶えないこともあり、こうしたケースでは思わぬ高収入も期待できます。

面倒な決済はシステムで完結

カーシェアリングサービスサイトでは、個人間のトラブルになりやすい現金の直接授受を避けるためにも、予約成立後の利用料金決済はシステム内で完結できるようになっています。

決済は、会員登録時のクレジットカードを使って行われ、オーナーにはシステム手数料10%を差し引いた金額が振り込まれます。これによって、オーナーが面倒な決済手続きに煩わされることもなく、徴収漏れなどのリスクも避けられます。

安心の自動車保険加入

個人間でのカーシェアリングでオーナーがもっとも心配するのは、シェア中の事故ではないでしょうか?こうした不安への対策として、カーシェアリングサービスサイトでは、予約成立後の決済時に、利用者が自動的に1日自動車保険に加入する仕組みになっています。

対人・対物・搭乗者はもちろん、クルマ自体の保障保険も含まれているため、事故などによるクルマの破損で修理が必要になっても、オーナー自身が修理代を負担したり、任意保険を使う必要はありません。

カーシェアリングサービスの利用手順

カーシェアリングサービスサイトを利用するには、オーナーとしての登録とシェアするクルマの登録が必要です。すでに解説したように、車種や状態などのクルマの詳細情報を記載するほか、どのような条件でシェアしたいか、利用料金をいくらにするかを設定します。

手順を踏んでいけば登録に迷うことはないため、心配する必要はありません。ただし、現金の直接授受が起こらないよう、ガソリンの「満タン返し」「利用した分だけ補充」などのシェア条件は明確にしておきましょう。

登録後は、利用者からのリクエストを待つことになりますが、リクエスト後の手順は以下のとおりです。

  • 利用者からのリクエストに応じ、チャットで交渉する
  • 交渉成立後に予約確定させる
  • 利用者が利用料金を決済する
  • クルマの受け渡し場所などを利用者と相談する
  • クルマの受け渡しを行う
  • 利用料金が振り込まれる

オーナーがすべきことは?

このうち、オーナーがすべきことが「利用者との交渉・受け渡し場所の相談」「クルマの受け渡し」です。これがそのまま「カーシェアリング副業としてオーナーがすべき仕事」とイコールになります。

まったく手間がかからないというわけではないものの、カーシェアリングが非常に手軽で、少ない労力で済む副業であるのがわかるでしょう。

カーシェアリングの将来性


常に使用しているわけではないクルマを持っている人であれば、すぐにでも始められるのがカーシェアリング副業です。しかし、、今後も副業として続けていけるほど、カーシェアリングに将来性が見込めるのかという点が挙げられるのではないでしょうか?

カーシェアリングという概念が誕生した歴史から、今後の展望を含めて考えてみましょう。

カーシェアリングとは?

カーシェアリングという概念は、1970年代のアメリカで、郊外からダウンタウンへの通勤で交通渋滞が深刻化した頃に登場したといわれています。交通渋滞を解消するにはクルマの台数を減らす必要があり、そのために「相乗り」したクルマを優遇するカープールレーンが設置されたのです。

この考えがさらに進展し、2000年に登場したのがボストンに拠点を持つ「Zipcar」というカーシェアリングサービスです。個人間でクルマをシェアするこのサービスは、公共交通機関の発達した日本首都圏の交通事情にマッチし、タイムズやオリックスといった大手企業が、このビジネスモデルをアレンジして市場に参入しはじめました。

首都圏を中心に需要が拡大

同時に、世界的にもクルマの維持費が高額な日本では、首都圏に住む人たちのクルマ離れが顕著になりました。当初は、こうした人たちがクルマを利用する手段はレンタカーでしたが、カーシェアリングが浸透するにつれて状況は一変、2011年頃を境に、カーシェアリング市場は拡大の一途を辿っています。

出典:交通エコロジー・モビリティ財団 わが国のカーシェアリング車両台数と会員数の推移

http://www.ecomo.or.jp/environment/carshare/carshare_graph2018.3.html

この傾向は、クルマがなくても生活が成り立ってしまう首都圏で特に顕著です。その一方で「レジャーに最適なクルマを使いたい」「TPOにあわせたクルマを使いたいが、わナンバーは避けたい」などの多様なニーズがあり、多種多様なクルマが借りれるカーシェアリングサービスサイトは、地方でも需要の拡大が予想されます。

カーシェアリング副業に向いている人


クルマを持っている人すべてが取り組める副業がカーシェアリングですが、なかにはクルマを他人に貸すこと自体に抵抗感を持つ人もいるでしょう。シートやミラーの位置が変更されるのはもちろん、社内を汚されてしまう恐れもあるからです。

逆に、こうした点がそれほど気にならず、クルマを最適な状態に保つための清掃や整備が苦にならない人は、カーシェアリング副業に向いているといえるでしょう。車両保険でカバーされるとはいえ、シェアリング中にクルマが傷ついてしまう可能性がゼロではないことも認識しておく必要があります。

カーシェアリング副業で稼ぐには

カーシェアリングの利用者は、利便性から考えても自宅近くでクルマの受け渡しを希望しています。つまり、カーシェアリング副業で稼ぐには、新たな利用者を呼び込むよりも、多くのリピーターを確保するのが重要です。

こうしたリピーターを増やすには、カーシェアリング後の評価が大事になります。利用者との常識的で丁寧な対応が必須なのはもちろん、相手が気持ちよく使えるよう貸し出すクルマをキレイにする、トラブルのないように整備を心がけるなどが重要になるのです。

カーシェアリング副業で気を付けたいトラブル


ここまで解説してきたカーシェアリング副業のメリット、将来性、向いている人や稼ぐポイントを踏まえ、どのようなトラブルが起こりやすいのかを紹介し、それを未然に防ぐためのポイントと対処法を解説します。

利用者との連絡・待ち合せ

カーシェアリングサービスサイト利用でもっとも多いトラブルは、交渉中に利用者との連絡が取れなくなった、待ち合せ場所に遅刻してくるなどのミスコミュニケーションです。

こうしたトラブルは、なにもカーシェアリングサービスサイトに限ったことではなく、あらゆる局面で生じる可能性のあるものです。自身の対応が相手にとって心地いいものでなければ、利用者は交渉を継続したいとは思わないでしょう。少なくとも、自身が誠実に対応することで、こうしたミスコミュニケーションのリスクは排除できるはずです。

また交渉成立後には、チャットだけでなく電話でも連絡が取れるサービスもあるため、待ち合せ場所の設定や約束などには電話を使い、お互いの意思疎通を確実にしておく手もあります。

接触事故・キズなどのトラブルは1%未満

意外なことに、利用者のミスでクルマが傷ついてしまうなどのトラブルは、全体の1%にも満たないといわれています。オーナーがこの点を過度に気にする必要はないのかもしれませんね。

しかし、万が一のことを考え、シェアリング完了後にはクルマの状態をくまなくチェックし、その時点でのキズの有無を明確に記載しておくのがおすすめです。

万一事故が起こった場合の対応

起こって欲しくないと願っていても、万にひとつの可能性で発生してしまうのが自動車事故です。すでに解説したように、カーシェアリングサービスサイトでは、利用者は決済時に自動で1日自動車保険へ加入します。

しかし、破損したクルマを車両保険でカバーするには、警察による事故証明書が必要です。各サービスサイトでもその旨が明記されていますが、クルマの受け渡しの際に、注意事項としてお互いが確認しておくのもいいでしょう。

おすすめのカーシェアリングサービスサイト


クルマを持っているすべての人が検討すべきカーシェアリングは、少ない労力で意外なほどの高収入が期待できる副業だといえます。高収入を狙うためのリピーター確保にも、特別なスキルを必要としないのもおわかりですね。まずは、自分にあったカーシェアリングサービスサイトを探してみましょう。

以下からは、カーシェアリングサービスサイトのなかでも特に評価の高いサービスを厳選してみました。それぞれのリンクから詳細を確認してみてください。

Anyca(エニカ)


Anyca(エニカ)の詳細はこちら

関連記事Anyca(エニカ)カーシェアリングで稼ぐメリット・デメリットとは?気になる保険や税金も解説

CaFoRe(カフォレ)


CaFoRe(カフォレ)の詳細はこちら

関連記事CaFoRe(カフォレ)は副業に最適?老舗カーシェアサービスのメリット・デメリット

関連記事Anyca(エニカ)vsCaFoRe(カフォレ)徹底比較!あなたに最適なカーシェアリング副業は?

まとめ


会員数が急速に拡大しているAnyca(エニカ)でも、現時点での登録車両の7割は東京23区に集中しているといいます。これはクルマという移動手段がなくても、問題なく生活できてしまう日本首都圏の特殊性もあるでしょう。

しかし、本文でも解説したように、クルマが必需品となる地方の生活でも、ライフスタイルが多様化するのにともなって、多様な価値観に支えられた多様なクルマへのニーズが高まっています。

もしかしたら、あなたの持つクルマが、その特徴によって大きな需要を生み出す可能性もあり、損をすることは一切ないのです。あれこれ考える前に、一度、愛車を登録して様子を見てみてはいかがでしょうか。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加

RELATED POST