FX

CFDもオススメ!副業でFXを始めようと思っている人に知ってもらいたい金融商品

副業で投資をしたいと思っている人に人気なFX。

FXが人気の理由として、元手の何倍もの取引ができるため短期間で大きく稼げるということが挙げられます。

そんなFXと同じ特徴を持っている『CFD』という投資方法を知っていますか?

FXに比べるとあまり知られていない投資方法ですが、実はFXもCFDのひとつなんです。

CFD取引は、元手の最大50倍の取引を行なうことができるため、短期間で大きく稼ぎたい人におすすめの投資です。

そんなこと言われても、CFDっていったいなんなのかまったくわからないですよね。

マイナーで難しそうなイメージを持っている人も多いと思います。

そこで今回は、CFDがいったいどんな投資なのか詳しく解説していきたいと思います。

この記事では、

  • CFDについて
  • CFDとFXの違いとは
  • CFDのメリットやデメリット
  • CFDに向いている人
  • CFDのおすすめ業者

についてご紹介していきます。

CFDがどんなものだかわからない人にもわかるようにご紹介していきます。

ぜひ読んでみてくださいね。

CFDとは


CFDとは、『Contract For Difference』の略で、現物のやり取りを行なわず、売買の『差額』だけのやり取りを行なうことから『差金決済取引』とも呼ばれています。

投資の対象は、株式やETF、金や先物など多岐にわたっていることも大きな特徴です。

こちらの図を見てください。

参照

FXも実際にお金のやり取りは行わず、為替の値動きで利益を出したり損をしたりしますよね。

この図を見てわかるように、投資対象が為替になっているものがFXと呼ばれており、大きな分類としてはFXもCFDということになります。

FXとCFDの違い


FXもCFDの一種だと説明しましたが、取引をする際には微妙な違いがあります。

2つを比較してみましょう!

  FX取引 CFD取引
投資対象 為替 株価指数・株式・債権など
レバレッジ 最大25倍 5倍~50倍
(銘柄によって異なる)
取引時間 24時間 ほぼ24時間
(銘柄によって異なる)
金利 スワップ金利 オーバーナイト金利

CFD取引はさまざまな資産に投資をしているため、レバレッジや取引時間は投資する銘柄によって分かれています。

レバレッジとは、小さな力で大きなものを動かすてこの原理から由来しており、小さな力(資金)で大きなもの(取引)ができるという意味です。

レバレッジをかけることで、証券会社に預けた資金の何倍もの取引をすることができます。

このレバレッジをかければ、短期間で大きく稼ぐことも夢ではありません。

そして、FXとの大きな違いが金利です。

FX取引ではスワップ金利、CFD取引ではオーバーナイト金利がかかります。

スワップ金利の場合、円を絡めた取引では、買いの状態を翌日まで継続しているとスワップ金利を受け取ることができますが、売りの状態を翌日まで継続しているとスワップ金利を支払わなくてはいけません。

オーバーナイト金利の場合、翌日まで売りの状態を保っているとオーバーナイト金利を受け取ることができますが、翌日まで買いの状態を保ってしまうとオーバーナイト金利を支払わなくてはいけません。

双方は全く違う性質のものですが、翌日までポジションを保有していると金利を受け取る、または支払うという意味では似ています。

ただし、スワップ金利は買いの場合に受け取ることができますが、オーバーナイト金利では売りの場合に受け取ることができるので、正反対だということを頭に入れておいてくださいね。

CFDのメリット


CFDにはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • レバレッジをきかせて大きく稼ぐことができる
  • 世界のさまざまな銘柄に投資ができる
  • 買いからでも売りからでも始められる
  • 夜間や祝日にも取引ができる
  • 手数料が無料
  • 配当金や分配金が貰える

これらのメリットについて1つずつ解説していきますね。

レバレッジをきかせて大きく稼ぐことができる

1番の魅力はレバレッジをかけることで大きく稼げる可能性があるということです。

CFDのレバレッジは、銘柄によって差があります。

銘柄ごとの最大レバレッジは以下の通りです。

  • 株式CFD・・・最大5倍
  • バラエティCFD・・・最大5倍
  • 株価指数CFD・・・最大10倍
  • 商品CFD・・・最大20倍
  • 債権CFD・・・最大50倍

FXに比べるとレバレッジが低いと感じるかもしれませんが、値動きの幅が大きい銘柄が多く、低いレバレッジでも効率よく利益を狙うことができるのも特徴の1つです。

世界のさまざまな銘柄に投資ができる

FXは為替を対象としていることは先ほどもご説明しましたが、CFDでは世界中さまざまな資産に投資を行なうことができます。

  • 株価指数CFD・・・日経平均株価、ダウ平均株価など
  • 商品CFD・・・貴金属や地下資源、農作物など
  • 株式CFD・・・日本株式、米国株式、中国株式など
  • バラエティCFD・・・レバレッジETF、リートなど

このように世界中のあらゆる資産が投資対象となっていることもCFDの大きな魅力です。

買いからでも売りからでも始められる

CFDでは、買い・売りのどちらでも始めることができます。

例えば、下落している局面では売りから始め、上昇している局面では買いから始めることで、下落していても上昇していても関係なく利益を狙いに行くことができます。

参照

ただし、買いを継続したまま翌日を迎えるとオーバーナイト金利を支払わなくてはいけないので注意してください。

夜間や祝日にも取引ができる

CFDは、夜間や祝日でも関係なく取引をすることができます。

そのため、日中は働いていたり忙しくて取引をすることができない人でも問題なく取引をすることができます。

GMOクリック証券では、月曜から金曜の8時~翌7時まで取引を行なうことができます。

このような取引時間が長いことも大きなメリットですね。

CFDをはじめるならGMOクリック証券がおすすめ!口座開設はこちらから!

手数料が無料

CFDでは、手数料無料としている業者が多く、普通に株式投資などを行なうよりもお得に取引をすることができます。

何回取引をしても無料なので、好きな時にガンガン取引をすることができますよ。

配当金や分配金が貰える

株式投資などでもらえる配当金、CFDでもしっかりと受け取ることができます。

CFDでは、配当金や分配金のことを『権利調整額』と呼びます。

各銘柄の権利付き最終日に買いポジションを持っている場合に受け取ることができるので、しっかりと権利付き最終日の日付を確認しておきましょう。

権利付き最終日とは、配当を受け取るため株式を保有しておかなくてはいけない日のことです。

権利付き最終日は銘柄によって異なるため、しっかりと調べておきましょう。

CFDのデメリット


たくさんのメリットがあるCFDですが、もちろんデメリットもあります。

  • レバレッジをかけることで損失も大きくなる
  • スプレッドがある
  • ロスカット・追証になる可能性がある
  • 権利調整額を支払う可能性がある

これらのデメリットをしっかりと理解しておいてくださいね。

レバレッジをかけることで損失も大きくなる

レバレッジをかけて元手の何倍もの取引を行なうことで利益が大きくなる一方、損失も大きくなる可能性があります。

レバレッジを20倍かけることで20倍の利益が出る可能性もありますが、20倍の損失が出る可能性もあるということです。

レバレッジをかけるハイリスクハイリターンの取引だということを理解しておいてくださいね。

特に初心者の方は、レバレッジを低くして始めることをおすすめします。

スプレッドがある

スプレッドとは、買いと売りとの間に発生している差額のことです。

参照

この図を見ると、売値と買値では微妙に差が生じていますよね。

この差がスプレッドと呼ばれており、このスプレッドは業者ごとに設定されているものです。

スプレッドはどこの業者でも存在していますがその値は業者によってことなるため、スプレッドが狭い業者で取引をおこなうことが賢く利益を上げられるポイントです。

ロスカット・追証になる恐れがある

ロスカットとは、顧客が元手以上の損失をしないために業者が行う強制決済のことです。

ロスカットが行われると、預けている証拠金のほとんどを失ってしまうというダメージを受けてしまいます。

また、追証とは『追加証拠金』という制度で、損失が進み口座の証拠金維持率が下がってしまった場合、証拠金維持率を上げるためにさらに資金を口座に入金しなくてはいけないという制度です。

追証しないとロスカットされてしまうため、証拠金維持率をチェックすることが大切です。

権利調整額を支払う恐れがある

先ほど、権利付き最終日に買いポジションを保有していると権利調整額を受け取れるメリットがあるとご紹介しましたが、その反対に売りポジションを持っている場合は権利調整額を支払わなくてはいけません。

権利調整額を受け取るためにも支払わないためにも、投資する銘柄の権利付き最終日は必ず調べておきましょう。

CFDはこんな人におすすめ!


CFDは、このような人にぴったりの投資です!

  • 短期間で大きく稼ぎたい人
  • 少ない額でたくさん稼ぎたい人
  • 投資をする時間がないと悩んでいる人
  • 好きな株を買いたいけどまとまったお金がない人
  • 外国に投資をしてみたい人

やはりCFDは少ない金額でたくさん稼ぎたい人にぴったりの投資方法です。

ハイリスクハイリターンではありますが、ハイリターンを狙ってガンガンいきたい人はぜひ挑戦してみてください。

また、株式投資をするほどまとまったお金がない人や、外国の有名な株で投資をしてみたいという人にもぜひおすすめです。

外国株CFDには、日本でも有名なFacebook、Appleなども含まれていますよ。

気軽に外国に投資ができるというのも嬉しいですよね!!

CFDができるおすすめ業者


ここまでCFDの魅力をたくさんご紹介してきましたが、実際にCFD取引を行なうことができるおすすめ業者をご紹介したいと思います。

初心者にもおすすめできるCFD業者は以下の2社です。

  • GMOクリック証券
  • DMM CD

この2社についてご紹介したいと思います。

GMOクリック証券


参照

CFDを始めたい人にぜひおすすめなのがGMOクリック証券です。

GMOクリック証券は、CFD取引高シェアが株価指数CFD、商品CFDともに国内No.1の実績があり国内業者で1番選ばれています。

参照

株価指数CFDの国内シェア80%はすごい数字ですよね!!

さらにGMOクリック証券ならではの高性能ツールを利用することができるのも嬉しいポイントです。

PCツールはもちろんスマホアプリも高性能なので、外出しているちょっとした空き時間も取引チャンスにすることができますよ。

もちろん取引手数料も無料でお得に取引をすることができます。

そして何より嬉しいのが、CFDをデモ体験することができることです。

どんなものだかまったくわからない人は、まずデモ体験をしてみるのがおすすめですよ。

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

DMM CFD

参照

DMM CFDは誰もが知っているDMM.com証券のグループ会社です。

DMM CFDも、取引手数料が一切かからないという嬉しい特徴があります。

また、高性能なPCツール・スマホ用ツールが使えるため、初心者でも取引を始めやすいです。

わからないことがある場合は電話・メール・業界初のLINE問い合わせにも対応しているので、疑問がある場合でもすぐに解決することができますよ。

DMM CFDの口座開設はこちらからどうぞ

まとめ


FXに比べてマイナーだといわれているCFDですが、世界中のあらゆる資産に投資ができることやレバレッジをかけて大きく稼ぐことができる投資方法です。

しかしFX同様ハイリスクハイリターンであるため、無理な取引は禁物です。

まずはデモ口座開設をして、どのような仕組みになっているのかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加