おすすめ副業

治験ジャパンで治験バイトを始めよう!気になる給料や口コミもご紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「治験」という言葉を耳にしたことはあるけど、「実際治験ってよく分からない」「どこで申し込みをしたらいいのか知らない」という方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな治験について、治験とは何か・どんな人が向いているのか・治験を調べていく中でよく目にする『治験ジャパン』とは何かを、分かりやすく解説します。

治験について詳しく知らない人も、治験に興味がある人も参考になる項目があるので、ぜひ仕事や家事・育児の合間に読んでみてください。

治験とは何か?


まず「治験」とは何かを確認しましょう。

国立成育医療研究センターによると、治験とは『「薬の候補」を健康な成人や患者に使用して、効果や安全性、治療法(適正な投与量や投与方法)などを確認する目的で行われる「臨床試験」のこと』を指しています。

私たちの身近にある薬ですが、人に対する効果や安全性が確かめられていないと安心して購入できないですよね。治験は、安心・安全な薬が市場に出回るための大事なステップと言えます。

治験は安全なバイトなの?


治験は誰でもどこでも行っていいものではありません。
治験は病院で行われるのですが、「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」という規則に定められた要件を満たしている病院でのみ行われます。

その要件とは、

  • 医療設備が十分に整っていること
  • 責任を持って治験を実施する医師、看護師、薬剤師等がそろっていること
  • 治験の内容を審査する委員会を利用できること
  • 緊急の場合には直ちに必要な治療、処置が行えること

このような要件を指します。
出典元:厚生労働省(URL:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/fukyu1.html)

そのため、「治験に参加したけれど、怪しい会社だった」といったことには基本的になりません。しっかりとした病院でのみ行われるので、私たちは安心して治験に参加することができます。

治験ジャパンとは?気になる給料は?


いざ治験に参加しようと思った場合、私たちが簡単に治験を調べる方法としてインターネットがあります。インターネット上ではさまざまな治験を紹介するサイトが存在し、その数あるサイトの中で、業界最大級の案件数と紹介実績があるのが『治験ジャパン』です。

治験ジャパンでは、治験モニターをはじめ、治験ボランティア、健康食品や特定保健用食品、コスメのモニターなど幅広い範囲の募集情報を掲載しています。治験ジャパンでは登録・利用が完全無料なので、誰でも気軽に利用することができます。

治験参加から給料(協力費)の受け取りまでの流れ

ここでは、治験に参加して、給料(協力費)を受け取るまでの流れを説明します。

1、応募する
治験ジャパンに新規登録を行い、マイページにある「募集可能な募集一覧」を見ます。その中から、自分の都合の良い日程の募集をクリックすれば応募完了です。

2、電話による事前確認
事前確認のため電話がきます。この電話では、治験の説明・治験のスケジュール・参加条件の確認や簡単な問診が行われます。

3、検診・説明を受ける
治験に参加するための事前検診を受けます。この検査で治験参加の基準を満たしていない場合、治験には参加できません。

検査結果に問題がなければ、その後医師や臨床研究コーディネーターから治験について詳しく説明を受けます。この時、説明を聞いてて疑問に思ったことや不安に思っていることがありましたら、積極的に質問しましょう!

質問したからといって、必ず参加しなければいけないものではありませんので、気になることは全て解決させておきましょう。

4、治験への参加
治験に参加します。医師の説明に従い、治験薬を使用します。場合によっては定期的に診察があったり、入院をして経過を観察することもあります。

参加中に「体調がすぐれない」「いつもとなんか違う感じがする」など異変を感じたら、すぐに専門のスタッフに伝えましょう。適切な対処をしてくれます。

また、「やっぱり継続は難しい」「薬を飲むのが辛いからやめたい」と思ったら、途中でやめることも可能です。無理せず、自分の体調を確認しながら治験を進めましょう。

5、治験終了
決められた最後の診察・検査が済んだら治験は終了です。場合によって、最後の診察の結果「観察が必要」と医師から判断された場合は、治験が継続されることもあります。

6、給料(協力費)の支払い
治験によって異なりますが、治験終了時に現金で手渡しする場合や銀行に振り込まれる場合などがあります。通院や入院が必要となる長期の治験の場合、参加中に分割で支払われることもあります。

治験ジャパンの口コミ・評判は?


治験ジャパンを利用した人からは、以下のような口コミがありました。

  • 疾患型の治験があるのを始めてしりました。まだ世の中に出ていない薬が誰よりも先に試すことができることが非常に嬉しかったです。早く薬になってほしいと思います。

  • 綺麗な病院で行われてて、健診時間以外は基本的に自由に過ごすことができました!こんな簡単でいいの?といい意味でビックリしました(笑)

出典元:治験ジャパン(URL::https://chiken-japan.co.jp/reward/

公式ホームページの口コミとはいえ、参加者が治験を体験して満足していることが分かりますね。

こんな人が向いている!治験に向いている人はこんな人

ルールを守れる人

治験では正しいやり方を守らなければ、適切な結果がでてきません。医師の指示に従わない人や
自分で勝手に判断してしまう人は、治験には向いていません。

もちろん薬の服用を忘れてしまうこともあると思いますが、それが頻繁に起こってしまうと正確なデータが取れません。ルールを守るのはもちろんですが、同じ失敗を繰り返さないよう気を付けることも重要です。

まめな人

治験中には、薬の服用日誌などを付けることがあります。何時にどれくらい薬を飲んだのかや、体温、便の状態、体の状態などを毎日記録しなければいけないこともあります。「毎日書くのは面倒だから、まとめて後で書けばいいや」という、ずぼらな人もいるかと思います。

しかし、日誌を書くのを放置して数日分まとめて書いてしまう場合、記憶が抜け落ちてしまい思い出せなかったり、勘違いして実際とは異なる記録をつけてしまう可能性があるので非常に危険です。

休みが自由に取れる人

治験では「いつ何をするか」のスケジュールがあらかじめ決まっています。そのため、そのスケジュールに合わせて休みが取れる人の方が治験に向いています。

また、治験の種類によっては数日間入院をして経過観察するようなものもあるので、仕事の自由がきく人の方が参加できる治験の種類が多くなります。

以上が向いている人の特徴になります。自分が治験に向いているのか参加を迷われているときなどに、参考にしてください。

まとめ:治験を始めるなら治験ジャパンで!


治験とは何かから、治験への参加方法・手続きの流れなど、詳細が色々分かりましたね。

最近は、24時間いつでもどこでも利用できるインターネットで治験を探す方が多いです。「どのサイトから応募したらいいのか分からない」「安心できるサイトから申し込みたい」など悩まれている方は、ぜひ「治験ジャパン」を利用してみてください。

利用者数も多く、業界最大級の案件数と紹介実績があるので、短時間で効率的に安心・安全に治験を探したり申し込んだりすることができます。さまざまな治験の募集があるので、ぜひ興味のある治験を探してみてください。

短期・単発OKのバイト情報はこちらから
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加