単発バイト

バイトでも人気の治験を徹底解説!気になる報酬やメリット・デメリットは?

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

みなさんは「治験」と言葉を聞いたことがありますか?全く知らないという人もいれば、危険なもので怖いと感じている人や、短期間でお金が稼げると聞いたことがあるという人もいるかもしれませんね。

副業として治験をやったことがある!という人は、もしかしたら少ないかもしれません。身近に経験者がいなければ、副業とは遠い存在に感じているかも。この記事で紹介するのは、薬などを実際に使って効果を測定したり、実証したりする「治験」です。

治験は「危険ではないか?」「メリットがわからない」と感じる方も、多いかも知れません。

でも治験とはなんなのか、一体どんな経験をするのか、知識として知ってみたいと思いませんか?

薬は、困った時に自分や大切な家族を助けてくれる存在ですよね。治験は遠い存在でも、薬そのものは、誰にとっても身近な存在。普段何気なく飲んでいるお薬も、治験の参加者のおかげで、今身近な存在として手に入るのかもしれませんよね。少し身近に考えて「治験とはどんなものか」を知ったうえで考えてみませんか?

この記事では、下記について説明します。

  • 治験は安全なのか
  • どんな人に向いているのか
  • 何をするのか
  • 治験のメリットデメリット
  • どのように募集されているのか

どうぞ身構えず、最後まで読んでみてくださいね。

治験とは?

そもそも、治験とは何かご存知ですか?

「治験」とは、「治療の臨床試験」の略だと言われています。臨床試験とは、人を対象とした薬などの有効性安全性を検証する試験のことを言います。

有効性と安全性。確かにこれが確立されてこそ、薬は力を発揮し、私たちの日常を助けてくれます。それは治験という臨床試験のもと成り立っています。

治験とは新薬の臨床試験

治験についてもう一歩踏み込んで説明をすると、開発された新しい薬について、厚生労働省がその有効性と安全性を承認するために行う臨床試験のことを指します。

治験は、薬事法と国際的にも認められた「医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令」にもとづいて執り行われます。製薬会社と医師が合意のもと作成した治験に至る薬、内容、時期などについて記載した治験実施計画書が厚生労働省の承認を得て、ようやく治験に至ります。

治験は参加者の人権を最優先にし、かつ科学的な方法で、すでに安全性と有効性が予測されている薬を使って行われる臨床試験です。

そして治験後に厚生労働省の承認を経てから、ようやく「薬」として広く使われるようになります。普段私たちが必要に応じて使うことができる「」は、治験を経て承認されているのです。治験の参加者が実証する有効性と安全性の臨床データのおかげですね。

治験は3つのステージに分けられる

治験は、3つのステージに分けられます。

  • フェーズ1:薬の安全性を調べる
  • フェーズ2:薬の用法や用途を調べる
  • フェーズ3:薬の有効性などを調べる

では、各ステージについて具体的にどんな参加者を対象にどのように試験をするのかを解説していきます。

薬の安全性を調べる「フェーズ1」

フェーズ1は薬の安全性について調べます。

少数の健康な成人、または治験薬が効く病をもつ少数の患者を治験の参加者として、治験薬を使います。薬の量を少量より徐々に増やして安全性を調べます。また、体内でその薬がどのくらいの時間で吸収・排泄されるかも同時に調べたりもします。

用法や用量を調べる「フェーズ2」

次にフェーズ2で調べるのは、薬の用法や用量です。

疾患を持つ少数の患者が同意のもと治験に協力し、フェーズ1で安全性が確認された薬をどのように使うのが効果的なのかを調べます。適切な投与量・投与時間・間隔を確認していきます。

薬の有効性などを調べる「フェーズ3」

最後はフェーズ3。薬の有効性を調べます。

多数の患者が治験の参加者で、すでに承認を得ている標準的な薬と比較しながら最終的な有効性と安全性の確認をします。

ここまでの説明の通り、フェーズ1よりフェーズ3の方が安全性が高くなっています。すでに1と2のフェーズで複数の人が治験しているので、危険度が高くありません。

従って、報酬については安全性に反比例してフェーズ3よりフェーズ1の方が高く設定されます。

治験の内容

治験のことについて、だんだん知識が深まってきましたよね。でも、実際に何をするのか、どんなイメージで参加したらいいのか、ここを知らないとまだ先行する先入観をスッキリ解消できないのではないでしょうか。

治験には、その内容の実施方法によって、2つのタイプがあります。入院タイプと、通院タイプです。それぞれについて説明します。

①入院タイプ

入院タイプは病院に入院をして、医師や看護師などの看護のもと、決められたスケジュールで治験薬を試験します。入院日数は、治験薬の種類や、その薬が効く病気・症状などにもより、入院期間も1泊2日から、数週間に及ぶものまでさまざまです。

入院前の健診の有無・治験中の採血・入院中の外出や飲酒・喫煙・食生活など、治験によってさまざまな内容があります。数日間の時間的な拘束に加えて、嗜好品の摂取の取り決めなどに対応できることが前提になるので、スケジュールや体調に無理のない参加が望ましいですね。

②通院タイプ

通院タイプは治験の内容によって、一日だけのものから、数カ月にわたって複数回通うものまであります。どのように効果を測定するものなのか、どのような効き目があるものなのか、他への影響はどのように測定するのかなど、治験によって変わってきます。

参加者は自分の予定と治験の日程が合うように、募集条件をよく読んで選ぶ必要がありますね。

治験の収入はいくら?

治験を副業として検討するなら、報酬についての情報は、とても大切ですよね。

具体例な案件を探しました。

まず初めの案件は、184,000円です。

  • 熊本県内の医療機関で実施
  • 九州地方在住の20〜44歳の男性
  • 入院4泊を2回と通院4回

次の案件は、285,000円です。

  • 東京都の医療機関で実施
  • 関東に在住のワキ汗量で困っている女性
  • 年齢は20〜64歳
  • 入院2泊を1回と1泊を6回、通院1回すべて参加
  • 入院中は禁煙

引用:治験詳細|治験ジャパン

ご覧の通り、治験の報酬はとても高額です。

治験の参加条件は日程や人物像など細かく決められているので、誰でもいつでも参加できる副業ではありません。でも条件にぴったり合えば、治験に参加して高額の報酬を得ることができます。

治験のメリット

治験に参加することのメリットについて考えたことがありますか?実は、参加者にとって複数のメリットがあります。

「治験は危険ではないか?」と治験のメリットがわからないと感じている方に、3つの治験のメリットを紹介します。

短期間で高額の報酬を得られる

まず既述の通り、高額の報酬が得られることです。しかも短期間で、特別な骨の折れる努力は必要ありません。

本当に高報酬なのか、わかりやすい例えとして、東京都の最低賃金と比較してみました。

平成30年10月1日から改定された東京都の最低賃金は985円です。先ほど例としてあげた東京都の医療機関で実施される治験は、報酬が285000円でした。これだけの報酬を得るには最高290時間の労働が必要になります。

一方、先ほどの治験では入院が合計8泊と通院1回、拘束時間のみを多く概算しても200時間でしょうか。労働をするよりも多くの報酬を短時間に手にできるとイメージできます。

健康診断を無料で受けれる

次に、健康診断を無料で受けられるのも、参加者にとって大きなメリットになります。

治験は安全かつ効果的に行われるように、また、参加者の人権を尊重して行われるためにも、参加者の健康状態を何回も確認しながら行われます。

普段の生活で行う健康診断といえば、職場や地域で行われる健康診断に参加することが多いですが、診断そのものが有料のものや一部の診断項目だけ有料ということもありますよね。それが無料で受けられるというのも、特に健康に意識の高い方には嬉しいメリットです。

さらに言えば、健康であるからこそ治験に参加できるという利点すらあるのです。

規則正しい生活になる

治験は健康や人権、安全性に配慮して行われなければなりません。健康的な生活の中で行うことは参加者の健康を守りつつ、治験の安全性を裏付けます。治験中は、規則正しい生活を送るようによく配慮されています。

入院タイプでは、当然起床時間や就寝時間を含めた一日のスケジュールが決められており、規則正しい生活を送らざるを得なくなります。医師の診察もあるので、健康状態にはよく配慮されていると言えます。

また、栄養バランスに配慮された食事が毎食提供されます。

通常の仕事を想像してみてください。一日の業務が残業になることもあるかもしれません。つい夜更かしをしてしまったり寝不足になったりすることもありますよね。また仕事がおわった後に、栄養バランスに頭を悩ませつつ買い物をしたり、料理をしたり、または食事に行ってお金を払って食べたりします。ところが治験では規則正しい生活をせざるを得なくなり、バランスの良い食事を提供してもらえるのです。

規則正しい生活は、治験ならではのメリットです。さらには治験中の規則正しい生活により、入院前より健康になるかもしれません。

治験のデメリット

ここまで治験のメリット3つを紹介してきました。でも治験にはメリットだけではなく、デメリットもあるのです。

デメリットを事前に把握したうえで、治験に参加するかどうかを判断したいですよね。では治験にはどのようなデメリットがあるのか、3つ紹介します。

副作用がある危険性

まず、副作用です。

治験に使われる薬は前述の通り、製薬会社と医師、そして厚生労働省の治験審査委員会で安全性が科学的に予測されている薬です。ですが、人にもさまざまな体質があるように、予測される有効性とは別の好ましくない症状を治験薬が引き起こす可能性があります。それが副作用です。

しかし、参加者の安全は治験では最も重要視されるもの。万が一、副作用と思われる症状を感じた時は、すぐに医師に相談することができます。医師や医療機関の担当者からも必ず健康状態の確認があります。

治験には、製薬会社や厚生労働省の治験審査委員会が治験が適正に実施されているか、担当の医療機関を審査確認する仕組みもあり、制度として安全性には考えつく限りの配慮がなされています。

万が一、本当に重大な副作用が認められた場合は、その後の治験の継続可否も審査され、他の参加者が継続するかどうかも意思確認をすることが決められています。

効果・効能がほとんどないプラセボ(偽薬)もある

また治験では、治験薬ではないプラセボ(偽薬)にあたることがあります。

プラセボは、治験薬の有効性を確認するために使われます。参加者にはどちらかわからない形で、治験薬ではない偽薬を試し、治験薬を使った参加者と偽薬の参加者で、治験薬の効果について比較をできるからです。

プラセボを使った参加者はどうなるのか、例えば先ほどの報酬の例であげた2つ目の例で見てみると、どうなるでしょうか。

ワキの汗で悩みがある女性が参加条件に当てはまり、悩みが解消するかもと期待して参加したとします。しかし、プラセボにあたると有効性がないニセの薬ですので、悩みが解消しないかもしれません。

ただ、人間の脳には不思議な特徴があり、使った薬がプラセボだとはわからないので、効く薬を試していると思い込んで使うことで、思い込みによる効果が出ることもあります。

プラセボの使用があるかどうかは、治験に参加する際の同意書に説明があります。参加の際には説明書をよく読み、理解しておくことが大切ですね。

食事や行動の制限がある

治験の内容によっては、食事や行動の制限があります。

食事はアルコールやカフェインなどの摂取について、行動は喫煙や運動などの制約です。中には治験の数日前から制限されるものもあります。

嗜好品や慣れた生活にこだわりある方にとって、制限のある生活は抵抗を感じるかもしれませんが、ここはドライに「仕事の条件」として捉えることをおすすめします。報酬をもらう仕事で、さらに健康的な医療的に配慮された生活を送るとことができると考え、治験中のメリットを楽しんでみましょう。

また入院タイプでは、外出などの制約があります。安全に配慮して行う治験なのでこれはやむを得ませんね。

食事や行動の制限はデメリットにもなりますが、逆に考えれば、規則正しい平穏な生活というメリットの側面もあり、表裏一体です。

参加するには、自分にとって負担のない治験を選ぶか、自分の都合を合わせられる治験を選ぶようにしたいですね。

集団生活で過ごさなければいけない

入院タイプの治験では、集団生活を余儀なくされます。食事の時間や、診察、入浴の時間も決まっていて、知らない人と数日間入院生活を送ります。大勢での生活に不慣れな人は抵抗があるかもしれません。

でも、何が何でも絶対に無理!という人でなければ、入院日数が短い治験であれば、負担は少なくなります。ここで紹介しているのは報酬がもらえる副業としての治験ですから、健康であり参加したい意思がある方なら、仕事だと割り切って参加してみるといいですね。

治験に参加するまでの流れ

一般的な治験に参加するまでのおおまかな流れです。

  1. 治験説明会に参加
    医師や、治験のコーディネーターなどから説明書にもとづいて説明を受けます。参加者は、不明点を治験実施以前に明確にし、納得いくまで確認しましょう。

  2. 治験の同意書に署名
    説明書を理解し、同意して参加する意思がある場合には、治験の同意書に署名をします。

  3. 治験の参加条件に適合するか確認
    治験の参加条件に本当に適合しているのかを確認し、事前の診察や検査を受けます。
    参加を希望しても診察や検査の結果によっては治験に参加できません

  4. 治験薬のテスト
    実際に治験薬を使います。治験は自由な意思で参加するものなので、一度参加に同意してもいつでも取り消しができます。

  5. 診察や検査
    診察や検査を受けます。効果を測定し、安全性の確認や副作用の有無、健康状態の確認をしながら、治験を進めます。

関連記事高収入も夢じゃない!治験の募集内容や事前検査に合格するコツを紹介

おすすめの治験紹介サービス

さて、治験についてとても詳しくなりました。興味がある方や、健康に自信があり治験に参加してみたい方は、実際に治験の募集案件を見てみたくなったのではないでしょうか。

治験の募集は、治験紹介サービスに掲載されています。おすすめの治験紹介サービスを紹介します。

登録数が50万人を突破:ボランティアバンク

日本最大の治験情報のサイト、ボランティアバンクです。登録者数が50万人を突破しており、実績も多いので、より安心して治験に参加できますね。

スマホサイトもあり、インターネットから24時間申し込みができます。また、電話窓口からの申し込みも可能です。

ボランティアバンクの登録はこちら

老舗の治験紹介サイト:ニューイング

老舗の治験紹介サイト、ニューイングです。
サイトからメールアドレスなどを入力して登録をすると、治験情報がメールで配信され、参加したい治験があれば申し込みをします。

ニューイングは、同名のNPO法人が運営をしていますが、NPO法人として初めて情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証であるISO27001を取得しています。情報管理体制が全世界に通用する国際認証で承認されているということは、サイトから個人情報保護を入力して登録をするにあたって、安心できる材料ですね。

ニューイングの登録はこちら

治験の種類が豊富:医学ボランティア会JCVN

豊富な種類の治験を募集している医学ボランティア会JCVNです。新薬に限らず、ジェネリックの医薬品や、特定保健用食品、健康食品、化粧品のモニター案件も扱っています。

スマホサイトから、募集案件を確認することができます。また、登録者には無料で健康診断を実施。インターネットから仮登録をし、登録説明会に参加すると本登録となります。その後に無料の健康診断に参加できます。

医学ボランティア会JCVNの登録はこちら

治験は短期間で稼ぎたい人におすすめ!

治験について具体的に検証をしてきました。
危険ではないか?」「メリットは?」という疑問や不安が解消されたでしょうか。

治験のメリットは、この3つです。

  • 短期間で高報酬
  • 無料の健康診断
  • 規則正しい生活

一方、デメリットも3つありました。

  • 副作用の可能性
  • 食事や行動の制限
  • 集団生活

治験は、誰にでもできる副業ではありません。メリットやデメリットをきちんと理解した上で、自由な意思で参加することが大切です。しかし、健康に自信があって治験内容をしっかり理解した上で、募集のある治験内容でスケジュールの調整がつくタイミングがあれば、今後多くの人が喜ぶ薬の承認のために役に立てる、貴重な経験になると考えることができます。それでいて、短期間で高額な報酬が得られるのは、とても魅力的ですよね。

治験サイトに登録をして、あなたの都合にぴったりの治験を見つけて、参加してみてください。

短期・単発OKのバイト情報はこちらから
ABOUT ME
satikoti
satikoti
二児の母 兼 web writer。 子育てでwebの仕事からしばらく遠ざかっていましたが、子供達の成長を感じる中で、今まで経験したさまざまな職種の中で一番大変でわくわくしたwebの仕事に再び関わりたいと思いたち、クラウドソーシングでライター業を始めました。 このメディアを通して、皆さまがやりたいことを叶えるためのお手伝いができたらと思っています。 「こうなれたら良いな」という気持ちが心にあっても、大人だからこそ、時間やお金の事情で断念してることって多いですよね。なんとなく飛び込めずにいる方が、自分のために少し頑張ってみようかな?とスタートを切るきっかけになれたらと。 読書、映画、語学、ヨガ、心理学、アート鑑賞、鉄道が好きです。丁寧な発信を心掛けて日々ライター業に取り組んでいます!
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加