ネットビジネス

初心者からプロまでOK!副業でやるデザインの仕事と獲得方法を紹介

「デザインの副業」とひとくちに言っても、種類は多岐に渡ります。また、初心者が趣味感覚でできる副業から、本業を超える可能性のある複業までさまざまです。ここでは、大まかなタイプと相場を紹介し、デザイン系副業案件の獲得方法を解説します。

会社員でもできるデザインの副業って、どのような仕事内容があるの?


サラリーマンやOLとして会社勤めをしながら、副業でもできるデザインの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?主な仕事とその具体的な内容、そして参考にその仕事に従事する人の平均年収や、フリーランスの場合の案件報酬の相場なども紹介します。

Web関係のデザイン

Web関係の需要は今後ますます増える傾向にあります。紙媒体が減少傾向の中、二次元系のデザイナーは減り、今後はIT絡みのスキルを併せ持ったデザイナーが求められるのは間違いありません。Web関係デザインの主なジャンルを挙げてみます。

グラフィックデザイン

本来は主に平面に展開するデザインのことで、紙媒体はもちろん製品パッケージデザイン・ロゴなどが主だった仕事でした。

現在はそれらに加えて、グラフィックデザインのノウハウを応用したWeb用のデザインも含みます。フリーランスの場合の平均年収は300~400万円程度です。

webデザイン

webデザインはwebサイトに特化したデザインであり、対象はHPそのものやバナー・ロゴなどです。Webサイトのビジュアルを調整する「コーディング作業」もwebデザインに含まれます。

美術的なスキルとIT関係のスキルの、両方を要求される仕事です。HP全体のデザイン料金は30~100万円が相場と言われています。

UI/UXデザイン

UIは「ユーザーインターフェイス」の略で、人と端末などのデバイスの接点部分をデザインする仕事です。平均年収は350~400万円程度です。

一方、UXとは「ユーザーエクスペリエンス」の略で、デバイスで得られる体験を指し、そういう体験を生むサービスや製品を設計する仕事がUXデザインです。平均年収は450~550万円程度です。

商品関係のデザイン

商品関係のデザインは、その商品の売れ行きにも直結する非常に重要な仕事です。当然、求められるのは高いクオリティの制作物となります。どのようなタイプの仕事があるのかを見ていきましょう。

プロダクトデザイン

プロダクトデザインは、工業製品などの立体物である制作物のデザインを意味します。単に形だけでなく、誰にどのようなシーンで使ってもらえる製品にするかというコンセプトも含めてのデザインです。

幅広い知識とマーケティングの力量も求められます。報酬相場は1案件30万円~80万円前後で、制作費や材料費は含みません。

ファッションデザイン

衣服を中心とするファッション製品のデザインは、技術と完成の双方が必要な仕事です。デザインはもちろん、パタンナーとしての技術も求められます。

デザインする対象も、ドレスやスーツなどのフォーマル的なもの、カジュアルのTシャツまで、多種多様なアイテムがあります。フリーランスとしての報酬は1案件2〜7万円程度が一般的な相場です。

雑貨デザイン

雑貨デザインは、ステーショナリーやキッチン用品といった生活雑貨やアパレル系おしゃれ雑貨など、あらゆる身の回りのモノの形を生み出す仕事です。

生活の中における使われ方を考慮して、素材や機能・安全性まで包めてのトータルデザインが求められます。平均年収は350~450万円程度です。

出版関係のデザイン

出版物にデザイン性は欠かせないものです。装丁やレイアウト・編集・挿絵などのそれぞれの項目でのスペシャリストによって、出版物は成り立ちます。主だった仕事とその内容を紹介しましょう。

DTPデザイン

DTPは「Desk Top Publishing」の略であり、元のデザインから印刷用入稿データまでを通して、パソコンでおこなう仕事です。

プロ用のグラフィックソフトを用いて写真・イラスト・文字を組み合わせ、クライアントの希望に合うデザインを作ります。平均年収は300~400万円程度です。

エディトリアルデザイン

エディトリアルデザインは、いわば読み手の望むものに対して、より効果的な紙面編集をする仕事です。主に書籍・新聞・パンフレット・各種マニュアルが対象となります。

基本的にページ数が多く、完結したものを編集しますので、出版物に対するオールラウンドな知識とスキルが必要です。フルタイムの平均年収は450~500万円程度です。

環境関係のデザイン

環境関係のデザインはビルなどの建造物のコンセプトや住宅や車の外観、そして内装を作り上げるクリエイティブな仕事です。豊富な専門知識が要求されますが、自分のデザインした制作物が長期間残り、多くの人々に使われるというやり甲斐の大きな仕事です。

空間デザイン

空間デザインはイベントブースやショップ、ショーウィンドウなどのさまざまな空間をデザインする仕事で、空間内の装飾品のデザイン・照明プラン・インテリア制作等も含みます。

幅の広い仕事であり設計士や施工業者とも直接対応するので、コミュニケーション能力も問われます。平均年収は350~450万円程度です。

エクステリアデザイン

エクステリアデザインの仕事は、自動車や電車車両などの乗り物や、ビルなどの建造物の「外部デザイン」を担います。

外構(生活する建物の外部にある構造物)についての知識を駆使して、空間を植物や光で演出したりもする、極めて専門性の高い仕事です。平均年収は350~450万円程度です。

インテリアデザイン

インテリアデザインは家具および照明器具・カーテンなどインテリア用品のデザインはもとより、住宅や店舗などの建造物の内装をすべて引き受ける仕事です。

ホテル・病院・美術館・学校なども、依頼次第では外観から内装までトータルでプロデュースします。平均年収は350~400万円程度です。

芸術性を重視するデザイン

芸術性を重視するデザインの仕事は、知識・スキル・感性が必要であり、それだけに見返りも大きい仕事です。代表的なアートディレクターとイラストレーターを例にとって、もう少し詳しく見ていきましょう。

アートディレクター

アートディレクターはクライアントの意向に沿って、各分野のプロフェッショナルたちを束ね、総合的に成果物を作り上げるダイナミックな仕事です。

デザイナー・カメラマン・イラストレーター・コピーライターなどを統括するリーダーシップも必要です。年収はソーシャルゲームで300~1000万円、広告関係なら500~1000万円超もありえます。

イラストレーター

イラストレーターはさまざまな媒体に、クライアントのリクエストに沿う内容のイラストを描く仕事です。技術だけではなく、クライアントの要望を理解したうえで、オリジナリティのある絵を描く個性も求められます。

アナログな手描きよりもPCを使ったデジタル作品が多くなっています。平均年収は300~400万円です。

副業デザイン…やってみたいけれど、案件獲得はどうやれば?


ここまで見てきたさまざまなデザインの仕事の中から、副業やフリーランスとして案件を獲得するためには、どういう方法が考えられるでしょうか?具体的に紹介しましょう。

求人サイト

インターネット上での求人サイトが数多く存在します。最近では特定の分野に特化したものも多いので、自分がやりたい、あるいは能力が生かせそうなデザインの仕事が選べるかも知れません。どのようなものがヒットするのか、色々と調べてみましょう。

クラウドソーシング

最近では副業案件獲得に多くのひとが利用するクラウドソーシングの中から、評価が高い3つのメディアを紹介します。

ランサーズ

クラウドソーシングの草分け的存在のひとつがランサーズです。日本の大手クラウドソーシングサービスで、会社員や主婦も、スキルを磨きつつ収入を得ています。

副業志向、在宅ワーク志向の人やプロのフリーランスも含めて、非常に多くの人たちが利用しており、とりわけ案件の潤沢ぶりは業界トップクラスです。

ランサーズはこちらから

クラウドワークス

ランサーズに並ぶ大御所とも言える大手のクラウドソーシングサービスが、クラウドワークスです。豊富な案件数だけでなく、高い単価の案件も提供しているのが人気の理由です。

クライアントとのやりとりもweb上で完結します。仮払いされないと業務を始めてはいけないルールなので、集金のトラブルが発生しないようなシステムになっています。

クラウドワークスはこちらから

ココナラ

通称「スキルのフリ―マーケット」のココナラでは個人の能力や経験を、商品として手軽に売り買いできます。その新発想により登録メンバーが日々増加中の勢いあるメディアです。

各人の個性に見合う案件が選べるようになっています。さまざまなジャンルのメディアの担当者も、発注者として登録しています。

ココナラはこちらから

企業の求人募集に申し込む

企業が一般に向けて募集しているものに応募するのも、正攻法として選択肢のひとつです。副業としてできる案件はそう多くないかも知れませんが、期間限定のプロジェクトや、単発の案件が募集される可能性はもちろんあるので、チェックしてみましょう。

デザインスキルをさらにブラッシュアップ!おすすめの方法はコレ


「自分のスキルをもっと高めたい」と考えている人は、たくさんいるでしょう。何も専門スクールに通うだけが、スキルを高める方法ではありません。ここでは手軽にスキルを高める方法を紹介します。

スキルシェアを利用して、人から学び、人に教えてみよう

スキルシェアサービスのストアカを利用しましょう。個人のスキルシェア文化を広めいてくアプローチを通して、スキルで一歩踏み出そうとする人を応援するコミュニティです。

自分が持っているスキルを人に教えたり、他のメンバーのレクチャーに気軽に参加したりもできます。交流から人脈も広がることも、将来にはプラスになります。

サンプルを作ってポートフォリオサイトで発信しよう

サンプル作品を作ってみて、それをポートフォリオサイトで公開してみましょう。クリエイティブ業界では自分を知ってもらうための作品集として、積極的に利用されています。

デザイナーや写真家の実績を、新しいクライアントにアピールするツールとして有効です。ポートフォリオサイトの無料作成サービスもあります。

おすすめの無料ポートフォリオ作成サービスは以下の2つです。

クラウドソーシングを利用して、どんどん案件にチャレンジしよう

報酬にさえこだわらなければ、クラウドソーシングサービスで選べる案件は豊富にあります。このサービスを利用して、ともかく実績をひとつまたひとつと積み上げることに、ぜひチャレンジしてみましょう。

自分のスキル向上につながる効果的なアクションとして、アウトプットに勝るものは他にありません。

まとめ


デザイン関係の副業にはさまざまな分野があります。手軽に踏み出せるものから、どんどん実践してスキルを磨き続ければ、おのずとネットワークも広がります。

あらゆる情報にアンテナを張るめぐらせて、自分自身から発信もしながら、心が動くデザインの仕事をぜひとも見つけましょう。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加