副業一覧

マイナーな投資手法「eワラント」は実は副業向き?少額から始められる資産運用

何か投資をしたいと思い色々調べている人でも、『eワラント』を知らない人も多いのではないでしょうか?

eワラントは、FXや株式投資などと比べるとかなりマイナーな投資です。

しかし、少額から始められる、値幅が大きいため大きな利益を狙えるなど投資方法としては稼ぎやすい要素がたくさんあります。

そこで今回は、マイナーだけど優秀な投資『eワラント』についてご紹介していきたいと思います。

この記事はこんな人におすすめです!

  • eワラントについて知りたい人
  • 少額からできる投資を探している人
  • 副業で投資をしたいと考えている人

資産運用や投資って難しい言葉が多く、特に初心者の方は読んでいるだけで疲れてしまうなんてこともありますよね。

この記事は、そんな人でも簡単にeワラントのことが理解できるようにご紹介しています。

ぜひ最後まで読み進めてみてくださいね。

eワラントとは


まずはeワラントがどのような投資方法なのかをご紹介していきます。

eワラントは、eワラント証券が扱う『カバーワラント』と呼ばれる有価証券です。

早速ちょっと難しいカバーワラント・有価証券なんて言葉が出てしまいましたね。

カバーワラントとは、『対象原資産を、特定の価格で、満期日に、購入または売却できる権利を表示する証券』のことです。

つまり、eワラントを購入した投資家は『対象原資産を、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、あらかじめ決められた日(満期日)に買える・売れる権利』を持つことができるのです。

対象原資産、満期日については後ほど詳しく解説していきます。

ここでは『eワラントってこんな感じなんだ~』という認識でOKです。

eワラントの特徴


eワラントは、以下のような特徴があります。

  • 少額(3000円~)から始められる
  • 投資対象が多い
  • 値動きが大きい
  • 元手を超える損失はない
  • 取引時間が長い

この特徴について1つずつ詳しく見ていきましょう。

少額(3000円~)から始められる

eワラントは、1万円以下から始められる投資としてよく紹介されていますが、具体的には3000円~始めることができます。

株式投資やFXは万単位の初期投資額が必要になるのでハードルが高いですが、eワラントは1回の飲み代ほどの資金から始めることができます。

この手軽さはeワラントの嬉しい特徴です。

投資対象が多い

eワラントは、幅広い対象原資産で発行されています。

対象原資産を具体的に挙げると、日経平均株価などの国内株価指数、NYダウなどの外国株価指数、国内外の主要な個別株式(Appleやトヨタ自動車など)、外国為替相場、金や原油などです。

通常トヨタ自動車やAppleの株式を購入する場合にはかなりの資金が必要ですが、eワラントで投資を行なえばトヨタ自動車への投資を1万円以下ですることができます。

また、外国為替市場を舞台としている投資といえばFXですが、eワラントでもドルやユーロなどを対象として投資を行なうことができます。

値動きが大きい

eワラントは値動きが大きいことも特徴の1つです。

対象原資産が株式の場合にはその株の値動きの3倍~10倍、対象原資産が為替相場の場合は為替レートの10倍~50倍の値動きになります。

例えば、トヨタ自動車の株が1%の値動きをしている場合、eワラントの値動きはは3%~10%となります。

このような大きな値動きをする理由は、レバレッジがかけられているからです。

レバレッジとは『テコの原理』という意味で、てこは小さな力で大きなものを動かすことができますよね。

このような意味から、eワラントでレバレッジをかけた投資をした場合、その対象原資産へ直接投資をするよりも大きな値動きで取引をすることができるのです。

レバレッジをかけた投資を言えばFXが有名ですよね。

FXも、レバレッジをかけることで小さな資金で大きな取引ができるため一気に稼ぐことができると評判の投資です。

それと同じことがeワラントでもできるということは嬉しい特徴ですね。

元手を超える損失はない

投資をする場合に大切なのは、いかに損をしないかということだと思います。

eワラントは、例えば元手3000円出して投資をした場合、3000円を超える損失はありません。

先ほど同じレバレッジを効かせられる投資としてFXを挙げましたが、FXは追証といって損失が大きくなった場合証拠金を増やすために資金を投入しなくてはいけない決まりがあります。

eワラントは証拠金取引ではないため、損失が出て0円になる可能性はあるものの元手以上の資金を投入する必要はありません。

損をしてもこの金額だけだという心構えができるので、FXよりも安心して取引ができます。

取引時間が長い

eワラントの取引時間は平日の9:00~23:50です。

東京株式市場は15時で閉まってしまいますが、eワラントは幅広い対象原資産で発行されているため15時以降にも値動きをしています。

国外の株式や外国為替市場がが活発になるのは日本時間の夜です。

eワラントはこの時間帯にも取引をすることができるので、仕事から帰った後でも積極的に利益を狙えます。

ただ、FXは24時間取引ができるのでFXと比べるとちょっと物足りないと思う人もいるでしょう。

とはいえ、株式投資と比べるとかなり長い時間取引をすることができるのは嬉しいですね。

eワラントのしくみ


これまで挙げた特徴があるeワラントですが、どのような仕組みになっているのかをさらに深堀して解説していきますね。

1番最初の『eワラントとは』のところで『対象原資産を、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、あらかじめ決められた日(満期日)に買える・売れる権利』と説明しましたよね。

この意味についてもわかりやすく解説しますね。

eワラントの値動きの元

eワラントの価格は、先ほどから何度も登場している対象原資産の値動きのよって決められています。

例えば、日経平均eワラントの場合は日経平均、トヨタ自動車eワラントの場合はトヨタ自動車の株価が元になっています。

このように、すべてのeワラントは対象原資産が値動きの元になっているのです。

eワラントには取引期限がある

eワラントは、『対象原資産を、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、あらかじめ決められた日(満期日)に買える・売れる権利』ですが、この『あらかじめ決められた日』がeワラントの取引期限となります。

この取引期限は最初から決められており、変更されることはありません。

この取引期限のことを『満期日』と呼びます。

この満期日を迎えると、利益が出ていても損失を出していても自動的に決済されてしまうので注意しましょう。

また、eワラントは、満期日に近づけば近づくほど価格が下がっていく仕組みになっています。

そのため初心者は満期まで日数があるeワラントを選ぶのがおすすめです。

eワラントには目標値がある

eワラントは、『対象原資産を、あらかじめ決められた価格(権利行使価格)で、あらかじめ決められた日(満期日)に買える・売れる権利』ですが、この『あらかじめ決められた価格』というのはeワラントの目標値となります。

この目標値を『権利行使価格』と呼びます。

満期日にこの権利行使価格に到達している場合は満期決済金が貰えますが、達していない場合は元本は0円になってしまいます。

この満期日まで持っている必要はないので、なるべく早い段階で売却するのが利益を出すポイントです。

eワラントには識別番号がある

eワラントは同じ対象原資産だとしても、権利行使価格までの値幅や満期日が違うものまでたくさんの種類があります。

同じ対象原資産でも条件が違うため、eワラントには回号と呼ばれる識別番号が付けられてます。

例えば、『日経平均株価800回』というeワラントの場合は、この800回が回号です。

eワラントを区別するための番号と覚えておいてくださいね。

コール型・プット型とは


eワラントは、コール型・プット型という種類に分かれています。

この2つは正反対の性質を持つため、間違えないようにしっかりと覚えましょう。

コール型

コール型とは、対象原資産が値上がりするとeワラントの価格も上昇し、対象原資産が値下がりするとeワラントの価格も下落する仕組みになっています。

対象原資産と同じ値動きをするのでわかりやすいですね。

図にするとこんな感じです。

参照

コール型の場合、対象原資産が値上がりしそうなときに購入することで利益を出すことができます。

プット型

プット型は、対象原資産が値上がりするとeワラントの価格が下落し、対象原資産が値下がりするとeワラントの価格が上昇する仕組みになっています。

対象原資産が下落しているときでも、プット型のeワラントを購入することで利益を出すことができます。

図にするとこうです。

参照

eワラントで稼ぐには


eワラントで利益を上げる方法は以下の2つとなります。

  • 安値で買って高値で売却する(プット型の場合はその反対)
  • 満期日に、購入した金額よりも高い決済金を受け取る

まずは利益を出す基本、安値で買って高値で売却するという方法です。

これはどの投資にも当てはまる基本中の基本ですね。

コールの場合は安値で買って高値で売ると利益が出ますが、プットの場合はその反対で高値で買って安値で売ると利益が出ます。

そして、満期日まで持ち続けて決済金を受け取る場合は、購入した金額よりも高い決済金を受け取れば利益が出ることになります。

ただし、満期決済金が受け取れる保証もなく、権利行使価格に達しない場合は0円になってしまうため満期日まで持ち続けるリスクは高いです。

特に初心者の場合は、満期日まで遠いeワラントで売買の差額で利益を出すのがおすすめです。

eワラントの注意点


ここまでeワラントの仕組みや特徴をご紹介しましたが、注意点もしっかりと知っておきましょう。

  • 値動きが大きい分損失も大きくなる
  • 元手が0円になる可能性がある
  • 時間的価値によって、時間がたつにつれて下落していく
  • スプレッドがある

1つずつ解説していきますね。

値動きが大きい分損失も大きくなる

先ほど値動きが大きいため大きな利益が狙えるということは説明しましたが大きな利益が狙えるということは損失も大きくなるということです。

ハイリスクハイリターンの投資ということを頭に入れておきましょう。

元手が0円になる可能性がある

満期日に権利行使価格に到達しないと元手は一気に0円になってしまいます。

損が出ていていつか上がる!と思いながら持ち続けていると、あっという間に満期日になって0円になってしまった・・・そんな可能性もあります。

満期日を迎えることは大きなリスクになるので、特に初心者は満期日まで時間のある銘柄を選び、なるべく早い段階で売却をするように心がけることが大切です。

時間的価値によって、時間がたつにつれて下落していく

他の投資ではありえないeワラントの特徴として、満期日に近づくとどんどん価格が下がっていく仕組みがあります。

株価を対象原資産としているeワラントがあったとして、仮に株価が同じだったとしてもeワラントは日々値下がりしていきます。

eワラントを長い時間持っているだけで価値が下がっていってしまうので、なるべく早く売却するようにしましょう。

スプレッドがある

eワラントには手数料がありませんが、スプレッドという実質手数料のようなものがあります。

スプレッドとは、買値と売値の間に生じている価格差のことです。

例えば買値100円・売値95円のeワラントがあったとします。

100円で買ったとしても売るときは95円になので、このeワラントはマイナス5円から始まっていることになります。

利益を出すには、最低でもこの5円分のスプレッドを埋めなくてはいけないことになります。

このスプレッドについてもしっかりと頭に入れておいてくださいね。

eワラントはこんな人におすすめ!


ここまでeワラントを紹介してきましたが、どのような人におすすめの投資方法なのかをご紹介します。

  • 少額から投資をはじめたい人
  • 少ない金額で大きな利益を出したい人
  • 副業として何かできることを探している人
  • 短期間で一気に稼ぎたい人
    好きな会社の株を買いたいけど株をするほど資金がない人

まず、少額から投資をしたいという人はeワラントはかなりおすすめです。

他にも投資信託やロボアドバイザーなど少額からできる投資はありますが、eワラントほど大きな利益は狙えません。

少額で大きく稼ぎたい人もeワラントはおすすめの投資方法です。

値動きが大きいため、一気に稼げる可能性も十分ありますよ。

また、23:50まで取引をすることができるので、サラリーマンの副業にもぴったりです。

飲み会を1回我慢すれば大きな利益を狙うこともできちゃいます。

そして、数千円で好きな会社に投資をすることができるので、株式投資のように数十万円用意する必要もありません。

eワラントでなら、少額で好きな会社に投資をすることができますよ。

eワラント取引ができる金融機関


冒頭でeワラントはかなりマイナーであると紹介しましたが、そのためeワラント取引ができる金融機関は限られています。

eワラント取引ができるのは以下の金融機関です。

  • SBI証券
  • EVOLUTION JAPAN証券

なんとこの2社でしか取引することができません。

eワラントはeワラント証券が扱っているにも関わらず、eワラント証券では取引をすることができません。

SBI証券

参照

SBI証券は多くの人が耳にしたことがある有名な証券会社です。

eワラントの他にも株式投資や投資信託、FXなどさまざまな投資をすることができます。

SBI証券の口座開設はこちらからどうぞ

EVOLUTION JAPAN証券

参照

EVOLUTION JAPAN証券はあまり聞いたことがない人も多いと思います。

EVOLUTION JAPAN証券は、株式投資などの投資ができない証券会社です。

しかしeワラント取引に関しては機能が充実しており、eワラント取引専用のスマホアプリまで登場しています。

あまり聞いたことがない会社ですが、eワラント取引をするにはおすすめの業者です。

EVOLUTION JAPAN証券の口座開設はこちら

まとめ


マイナーだけどとても優秀な投資であるeワラントについてご紹介しました。

数千円という少額から始められること、夜も取引できることは副業にぴったりですよね。

一気に稼げる可能性もあるのですぐに稼ぎたい人にもおすすめです。

しかし、激しい値動きをするため損失も大きくなるということ、満期日が設定されておりその日まで持ち続けると元手が0円になってしまう可能性があることはしっかりと覚えておいてください。

まとまったお金が必要ないので初心者の方でもチャレンジしやすいeワラント、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。

【登録しないと損!】[email protected]登録

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加