おすすめ副業

安心して仕事ができる!ランサーズの悪い評判の実態と稼げるポイントを解説

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

ランサーズといえば、日本最大級のクラウドソーシングサービスとして有名です。しかし、Googleなどで「ランサーズ」を検索すると「安い」「ブラック」などという口コミもちらほら目にします。これから在宅ワークを始めようとしている方も「評判があまりよくないみたいだけど、実態はどうなのだろう?」と気になっている方が多いのではないでしょうか?

そんなランサーズの気になる評判について、実際に利用している方々の声をTwitterなどで集めながら、悪い評判の原因を探りました。そして、ランサーズの利用者でもあるWebライター自身がライティング案件を通して、悪質なクライアントかどうかを見極めるポイントや継続的に稼げる方法を詳しくご紹介します!

ランサーズの評判は本当に悪いのか?

登録者数も案件数も多いランサーズは、大手ゆえに様々な評判があります。Twitterを覗いてみると、まず目に飛び込んでくるのは「ランサーズ=報酬が安い」というネガティブなイメージを持った人たちのつぶやきです。

しかし、ランサーズの評判は本当に悪いものばかりなのでしょうか?単価が安いというイメージの原因は、一部の悪質なクライアントにあることが分かりました。それぞれを掘り下げて見ていきましょう。

評判が悪い原因は「悪質なクライアント」や「単価の低い案件」

ランサーズでは幅広いカテゴリで仕事が募集されており、その数は2018年10月時点で214万件以上もあります。これだけの案件があれば、適正な報酬で発注してくれる優良クライアントがいる一方で、一部の悪質なクライアントが目立ってしまうのも事実。

ランサーズにおける悪評の原因には以下の二つが挙げられます。

音信不通・労基法無視の報酬を提示するクライアント

高単価で募集し、無料もしくは300円などでテスト記事を書かせて、記事が集まるとバックれるという悪質な詐欺行為をしているクライアントがいる


直接依頼が来たが、内容をよく見るとアフィリエイト詐欺だった


直接取引を持ちかけてくるクライアントがいる

などTwitterではこんな声が多く見られました。

テストライティングで記事を募ったあと、本採用せずに音信不通になるクライアントや、ランサーに直接依頼という形で信頼できる雰囲気を出しながら「このURLからサービスに登録して記事を書いて下さい。登録確認後にお支払いします」といったアフィリエイト詐欺、そしてランサーズを介さずに直接取引を提案してくるクライアントがいることが分かりました。

時給換算で200円の案件が山のように

ライティングの仕事が結構あるけど、1文字0.3円とかめちゃくちゃ安い


ランサーズに登録してみたけど1文字0.1円以下の仕事ばっかり…


初心者ライター向けの募集で1800文字50円を見つけた。ワーストレベル!


実際にランサーズで募集されている仕事を見てみると、「映画の感想を800文字程度で1件80円」などという安すぎる案件が山のように出てきます。感想を書く簡単な仕事だとしも、800文字なら原稿用紙2枚分。数分で書けるものではありませんよね。例え30分で書けたとしても時給に換算したら200円以下になってしまい割に合いません。

しかしながら、こういった安すぎる案件はスキマ時間を活用したい主婦や初心者ライター向けのものが多く、「スキルがないから仕方ない」「初心者で相場がよく分からない」といった理由で実際に請け負ってしまう方たちがいるのも現状なのです。

人件費を抑えたいクライアントが多いから報酬が低くなる

なぜランサーズには安い案件が多いのでしょうか?それはずばり、なるべく安く発注したいというクライアントが多いからです。クラアントがランサーズに仕事を依頼する最大のメリットは、コストの削減にあります。

これまで専門業者に発注していた場合に比べ、製作費以外のオフィス賃料や営業管理費、人件費といった諸経費をコストダウンできるのです。優良なクライアントなら正規の手順で適正な報酬を支払ってくれますが、より安く発注しようとするクライアントは製作費までも削減して発注しているのです。

低単価・悪質クライアントを避ける3つポイント

ここまでランサーズの悪評の原因について、その悪質なクライアントの実態を見てきました。悪質なクライアントに出会ってしまったらどうしよう…?と不安になりますよね。これからランサーズに登録してみようという方ならなおさらです。

悪い噂が気になってしまいがちですが、実はランサーズには優良なクライアントの方が多いのです!安心して仕事をするにはどうしたらいいでしょう?次の項目では、これを抑えておけば安心!そんな3つのポイントをご紹介します。

報酬を時給換算してみる

ランサーズで募集されている仕事の中でも特に多いのがライティングの案件です。1文字〇円や、1記事2000文字で〇〇円といった単価報酬の形で募集されていることが多いです。

1000円稼げるからいいかな?ではなく、募集がでている仕事にどのくらいの時間がかかるのを想定して時給に換算することをおすすめします。

ライター初心者の方などは想定しにくいかもしれませんが、同じ1000円の仕事でも、得意なジャンルなら1時間で終わるかもしれませんし、知識のないものだと調べながら書かかなくてはならないので数時間かかってしまい時給に換算したら300円くらいだったなんてことも。割のいい仕事なのかを時給で考えるのは効率よく稼ぐためには欠かせないポイントとなります。

クライアントのレスポンスの速さ、メッセージ内容をチェック

募集を見ているだけの段階では、そのクライアントが優良なのか悪質なのか見極めるのは少し難しいかもしれません。

募集されている仕事の内容が不明瞭だったり条件が曖昧だったりした場合は、提案(応募)する前に、クライアントにメッセージを送ってみることをおすすめします。その対応でやりとりに時間がかかりスムーズに進まない場合などは提案を控えて他の仕事を探しましょう。

また、ランサーズを介さず直接取引を持ち掛けてくる、「社内で調整をしているから、仮払いは待ってほしい。ただ納期が近いから、記事作成を始めてほしい」など、正規のやり方とは違う指示をしてくるクライアントは要注意!やり取りをしていて少しでも不信感や違和感があった場合は取引をするのは控えるのが賢明です。

ランサーズには評価制度があり、1~5の5段階評価で設定されています。この評価を見て判断するのもおすすめです。ランサーからの評価コメントもしっかり確認しましょう。

割にあわない仕事は断っても大丈夫

初心者だし、初めは安い仕事でも仕方ないと思っていませんか?はじめは報酬の低い案件でも、継続的に仕事をすることで報酬を上げてくれると明示してくれるクライアントならいいのですが、単発の仕事で単価が安すぎる、スキルアップにつながらないと感じた時などは毅然とした態度で断りましょう。

「自分のやりたい仕事」を見つけて、スキルを磨いていく、仕事を選んでいくことが大事といえます。

ランサーズで安定して収入を得ている人もいる

ランサーズの報酬は安いイメージが広がっていますが、もちろんそればかりではありません。ランサーズを利用して継続的に安定した収入を得ている人たちもいるということを、声を大にして伝えておきたいポイントです。

月3万円の小遣い稼ぎから、20万円以上の本業まで

Twitterには実際にランサーズで稼いでいるという声も多くあります。

ライターを始めたばかりの頃1本700円で書いていたクライアントから1年後に「また一緒に仕事がしたい。単価は2万円で!」と嬉しい案件が来た


文字単価5円!で受注をいただいた!


今の単価の2倍以上の仕事の依頼を頂いた!身が引き締まりますね。


クラウドソーシングは顔の見えない相手と仕事をするので、つい機械的な対応ややり取りをしてしまいがちですが、そこにはやはり人対人のつながりがあるということに気づきます。仕事をしていくうえで丁寧な対応を心がけると、それだけでクライアントからの印象も良くなり信頼を得て、上記のランサーたちのように、より条件の良い仕事を任せてもらえたり、継続的に発注してもらえたりということにつながっていくのです。

ランサーズで自分の得意な仕事を探す

初心者でもできる!ランサーズで稼ぐための仕事術

ランサーズで仕事を始めるには、悪質なクライアントを避けることが大事であることはお分かりいただけたと思います。ここではさらに、ランサーズ初心者の方でもこれを抑えておけば安定した収入が得られるポイントや、万が一トラブルに巻き込まれてしまったり、疑問に思ったりした場合に解決する方法がランサーズには用意されているということをご紹介していきます。

安心・長期的に収入が入るための3つのポイント

初心者がランサーズで長期的に仕事をしていくには優良なクライアントからの仕事を受注できるかどうかが最大のカギとなります。そのために必要なポイントを抑えておきましょう。

自分はどんな仕事ができるかを把握する

ランサーズで仕事をしている方は、スキマ時間でお小遣い稼ぎをしたい初心者からプロのクリエイターやエンジニア、学生や主婦など様々な方がいます。

まずはランサーズにどんな仕事があるのかを見てみましょう。その中にこれまでの自分のスキルを活かした仕事や、初めての仕事でもこれならやれそうというのが見つかるはずです。例えば、ライティングの仕事なら何でも受けるではなく、得意なジャンルに絞って探すなど、自分がどんな仕事ならできるかを把握することは、今後効率よく稼ぐために必至といえるのです。

自分のプロフィールを充実させる

安定した収入を得るためには、クライアントからの信頼を得るのも重要なポイントとなってきます。そのためには、プロフィールを充実させることからはじめてみましょう。

プロフィールには過去の業務経験やスキル、得意分野を登録して自己紹介をするのはもちろんですが、顔写真を載せる、本人確認や電話認証などで信頼度をアップしていくことで、責任を持って仕事を任せられるランサーであることもアピールできます。また、クリエイティブな仕事をしている方なら過去の作品を載せることもできますよ。

募集案件に積極的に提案する

プロフィールを充実させた後は、募集されている案件に積極的に応募しましょう。具体的に「自分ならこうやる」という作業見積もりを詳しく書いたり、「もう少し報酬を上げてもらえれば、これくらいの納期でできます」という交渉をしたりするのも手です。ただし、ここは丁寧かつ迅速なやりとりを心掛けましょう。印象が良くなれば、継続的に仕事を受注できる可能性が上がります!

また、案件をこなせるようになってきたら、ひとつのクライアントだけでなく複数の案件に提案していくことをおすすめします。ひとつに絞って仕事をしていると、そのプロジェクトが終了してしまうと同時に自分の仕事もなくなってしまいます。また同時に複数のクライアントからの案件を受けることはスキルアップにもつながっていくのです。

不安やトラブルは運営サポートや掲示板を利用して解決

ランサーズには、トラブルや取引上の疑問、不安があった場合などに備えて300を超えるFAQサポートがある他、クラウドソーシング相談室というQ&Aコミュニティ掲示板を提供しています。この掲示板では同じランサーズで働くランサーたちが回答してくれ、仕事に対する悩みや相談に対して率直な意見やアドバイスをもらうことができます。
https://www.lancers.jp/consultation

副業にランサーズを活用する人々は増えている

クラウドソーシングを利用する人は年々増えており、副業で月数万円のお小遣い稼ぎから、フリーランスで生計を立てている人まで多くの人が利用しています。その中でも大手のランサーズは仕事の数も多く、登録者数も増えており、発注する企業もベンチャーから大手有名企業、公官庁にまで渡り、受注者・発注者ともに多くの人が利用しているサービスです。

年間を通して最も活躍したランサーを表彰するランサーオブザイヤー、過去3か月連続で 5,000 円以上の報酬を得ている人が利用できる福利厚生があったり、全国共通のスキルテストを無料で提供してランサーのスキルアップを支援したりとランサー側にもメリットの多い充実したサービスを提供しています。

先述したような、一部の悪質なクライアントがいるために悪い評価を耳にすることも多いランサーズですが、安心して仕事ができるポイントさえ抑えておけば、自分にあった仕事を継続して行えるチャンスなのです。

ランサーズに登録して副業への一歩を始めてみましょう!
ランサーズに登録する

ランサーズの登録方法
【画像32枚】世界一わかりやすくランサーズ登録方法を初心者向けに紹介します。大手クラウドソーシングのランサーズ。フリーランサーや在宅で仕事をしたい人にとっては、大変重宝するサービスです。やってみたい!という気持ち...
ABOUT ME
ayakaida
ayakaida
1987年生まれ。東京で保育士として勤務をしていたが、2013年に夫の海外赴任に帯同するために退職。 海外で勤めることができないなかでクラウドソーシングと出会い、SNSで文章を書くことが好きだったこともありWebライターとして活動を始める。 場所や時間にとらわれず、自分の好きなことを仕事にしたい友人たちの声を聴き、自分にできることで人々のライフスタイル充実に貢献したい思いから編集長に就任。 2児の母親かつクラウドワーカーとして500以上の記事制作、編集に携わる。SEOにも精通しており、リライトで圏外から1ページ目表示を達成した実績も多数。 現在はライティングプロダクション運営、講師業も行い、新しい働き方のヒントとしてWebライターの働き方を発信している。 趣味はムエタイで元世界チャンピオンから指導を受けている。
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加