個性を生かす

稼げる副業!営業をやっているなら休日にできる営業代行がおすすめ

本業で営業職だったり、営業の経験がありスキルに自信がある方なら、副業でも営業したいと考えることはありますよね。

営業ができる人の大半は売るものや勧めるものが違っても、自分で数字を作ることができます。

商材や案件の単価によって差はありますが、その気になれば収入は青天井、本業よりも稼いでいる方も少なくありません。

今回は営業職の方が副業でも営業したいと考えた時に、おすすめしたい営業代行についてご説明します。

営業のスキルを活かして空いた時間に営業代行を


営業代行は営業のスキルを持っている方におすすめしたい副業であり、今までの経験やスキルを十二分に発揮できる仕事です。

営業のスキルとしてコミュニケーションに長けていること、全く認識のない状態でも他人と人間関係を構築できることであり、その他に副業として営業代行するのに必要とされることは、取り扱う商材の知識だけなんですね。

営業の経験があり、自らのスキルとして自信がある方、または営業スキルをさらに磨きたい方にも営業代行は非常におすすめです。

営業代行のメリットは?


営業代行は体一つで始められること、商材の予備知識を持てばすぐに始められること、その他には本業との両立がしやすいことがメリットです。

もちろん、休日のみの副業としても営業代行は向いており、じっくりと時間を掛けて大きな案件を成約するのもよし、単価は低くても成約しやすい案件を増やすのもよし、自分のペースで収入を増やせるのは非常に魅力的ですよね。

営業のスキルを磨きながら収入を増やすことができることや、自分の実績として数字を作れるので、具体的な内容は守秘義務などで話せないとしても、実力や営業能力を提示する時にも役立ちます。

また、新規獲得~成約までの流れではなく、アポイントが取れたらOK、関連する企業や会社を紹介してくれるだけでOKなど、報酬となるタイミングやポイントが様々なので、人脈がある人なら電話一本、担当と担当を繋ぐだけで稼げるのも嬉しいですね。

どれくらい稼げるのか?


営業代行でどれくらい稼げるのかという疑問については、正直なところ取り扱う商材と代行する範囲で変わってきます。

例えば外回りで飛び込み営業で新規開拓、アポイントメントを取り、その後制約となるとして、不動産業界や建設業界、その他にも大きな案件の受注となれば10万~50万、場合によっては百数十万円になる可能性もあります。

逆にアポイントを取るのみ、商材そのものが安い場合は数千円の場合もありますが、自分の得意な分野かどうか、実績が作れるかどうかが大きく関わってきますね。

同時に完全歩合であれば成約が取れなければ1円にもなりませんし、企業と契約をして固定給+歩合の場合は契約による部分が大きいです。

電話やメールによる営業の場合も同様であり、電話するだけでなく商品が売れたりサービスの成約に繋がれば決まった単価が支払われる形になります。

まずは自分の営業スキルや経験に合わせて、どの程度の単価を選ぶべきなのか、手間ばかりで儲からない仕事をしないように考えることが大切です。

営業代行の仕事はどんなものがある?


営業代行は大きく分けて外回りの営業と電話営業の2種類あります。

主に外回りの営業をされている方であれば、並行して外回りの営業をしても良いですし、本業は外回り、副業は電話営業など住み分けることも可能です。

業界的には保険業界、不動産業界だけでなく、オンラインサービスの契約、インターネット回線などの紹介など、様々な業種から選ぶ形になります。

外回りで訪問販売する形もありますから、自分の営業スキルや経験に合わせて選ぶことが大切です。

また、商品の販売、サービスの契約など、売上に直結させるまでの営業もあれば、アポイントを取って、あとは企業側の営業に任せるといった働き方もあり、営業職のどの部分が必要とされているかはきちんと確認しましょう。

外回りの飛び込み営業や新規獲得が得意な方、顧客リストをもらって電話やメールによる営業が得意な方など、自分の営業スキルの長所や短所を把握することも重要です。

仕事はどうやって見つける?

セールスハブが営業に特化しているサイトのため、まずは登録してみましょう。

本業の会社で副業がOKであれば、企業と契約することも視野に入りますし、もし副業NGならセールスハブのようなサイトで複数の案件を受注するのがベストです。

本職が営業の方であれば案件の受注や雇用契約に進むのは難しくないですが、オンラインでのコミュニケーションが苦手な場合、最初は苦戦するかもしれません。

特にクラウドソーシングでは自分のプロフィールの見せ方や実績の提示をどこまでするべきか、本業の会社にバレないようにするために、どの程度ぼやかしながら数字や経歴を記載するのかは悩ましいところです。

一度コツを掴めるようになれば後は単価を上げるのみですが、実績を積むために安すぎる仕事を受注し過ぎないように注意しましょう。

営業職でより稼げるためのアドバイス


目標として、例えば完全歩合だとすれば、最低でも時給が1000円以上になることから始めて、慣れてきたらより効率の良い案件や企業と契約して、時間対効果が少しずつ上げるように仕事しましょう。

もちろん、自信があり受注できるならもっと高い案件に挑戦するほうがおすすめです。

例として、1時間話し込んで1000円のものを売るという考えではなく、1時間の間に2件以上、単価が5000円、1万円の商材を扱えるようになれば、本業よりも稼げる可能性が高まるということ。

もっと言えば、10万、20万の単価・案件になるなら、さらに時間を掛けてもよいことになります。

同時に、本業の仕事の実績だけでなく、副業の営業代行での実績を何らかの形でデータ化しておくことも大切です。

数字を作れる営業かどうかは、案件の受注や採用に大きく関わります。まずは仕事を取るという営業をすることが稼ぐための最重要項目だということを忘れないようにしましょう。

てっとり早く仕事を見つけたい、でもなかなか知り合いからいい仕事の紹介はないという方には、営業特化クラウドソーシングのセールスハブへの登録をおすすめします。



営業の副業をする際の注意点


本業でも営業の場合、例えば外回りの方であれば顔が知られていることも少なくありません。自分が気が付いていないだけで、本業の会社にバレてしまうことは十分に考えられます。

また、副業が禁止されている場合は、本業の勤務時間中に副業の営業代行していることがバレてしまうと最悪の場合解雇される可能性もあります。

客層や業界などをしっかりと把握して、本業の仕事に影響が出ないように注意しましょう。

同時に副業に夢中になりすぎて本業の実績や数字が作れなくなってしまうのは本末転倒ですよね。自分のペースで仕事できる副業は魅力的ですが、全体的に見てマイナスにならないように時間配分を考えることも大切です。

確定申告や住民税の手続きを理解しよう


もし、副業がバレたら困るのであれば、確定申告や住民税の普通徴収の手続きなども学んでおきましょう。

給与所得ではなく雑所得扱いとなる仕事を選ぶことも重要であり、絶対にバレたくないと考えるだけでなく、場合によっては本業の会社にきちんと事情を説明して、堂々と働くことも考えましょう。

その際は本業の勤務時間中に副業の営業代行をするのはタブーとなりますが、長い目で見てマイナスにならないようにすることを意識してくださいね。

まとめ


営業職で大切なのは数字を作ることであり、例えば外回りでどんなに件数を回ったとしても成果が出なければ評価されることはありません。

逆に言えば件数は少なく、実績や数字を出すことが効率的であり、副業で営業代行で稼ぐときの指標とすべき部分でもあります。

受注する案件・商材、契約する企業やサービスにもよりますが、自分が費やした時間に対して、どれだけお金がもらえるのかはきちんと計算しましょう。

時間や手間ばかりが増えてしまうと営業代行の旨みを享受できず、働き損になる可能性があるからです。

自分の得意な営業分野で安定して稼ぎたい方、分野や業界は違うけれど単価の高い案件で稼ぎたい方、自分がどうしたいか自分で決めながら、キャリアアップ、スキルアップしながら年収アップできるようにしてみてくださいね。



[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加