おすすめ副業

SKIMA(スキマ)の稼ぎ方と評判のまとめ!イラスト・デザインの副業には欠かせないサービス

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「イラストを描く仕事がしたい」と思ったことのある方なら、”SKIMA”というサービスを耳にしたことがあるのではないでしょうか?デザインが得意、イラストが趣味、クリエイターの仕事に興味がある方など、本業の合間に作った自分の作品が売ることができたら嬉しいですよね。

SKIMAはイラストやデザインを得意とするクリエイターの方が続々と利用している注目すべきサービスです。

この記事では、SKIMAの特徴や実際に利用している方々の声を集め、稼げる方法をご紹介していきます。

副業でイラストを描いて稼いでみたいという方、自分のイラストにファンができるチャンスかも!?「得意なイラストを売って稼ぐ!」が実現できるSKIMAのサービスや評判を見ていきましょう。

すでにSKIMAを知っているけれど、本当に稼げるサービスなのか知りたい、稼げずに悩んでいる人は、稼ぎ方を徹底解説したこちらをどうぞ。

【初心者もOK】稼げないクリエイター卒業!SKIMAで稼ぐ3つのポイントデザイン・イラストのオーダーメイドマーケットのSKIMA(スキマ)。デザイナー、イラストレーターとして稼ぎたい人はすでにチェックしている...

また、SKIMA以外でもあなたの得意でイラストで在宅できる仕事をまとめた人気記事もありますので、ぜひご覧ください。

趣味で稼ごう!副業でイラストの仕事をするのに利用すべきサービス絵を描くのが好きな人にとっておすすめの副業「イラストレーター」は、まさしく趣味と実益を兼ねた仕事です。現在、副業イラストレーター向けのさ...

SKIMA(スキマ)はイラスト特化のオーダーメイドマーケット

「コミッション(Commission)文化」をご存知でしょうか?イラストを有料でクリエイターにオーダーする、海外では馴染みのある文化です。

SKIMAはコミッション文化を日本で広めることを一つの目標として、株式会社ビジュアルワークスが運営しているサービスです。同社は2003年7月に設立され、モバイルに特化したコンテンツやメディア事業を展開しているほか、SKIMAを通して個人のクリエイターを支援しています。

自分で描いたオリジナルの作品を出品し、それを見た購入希望者が買うというシンプルな仕組みですが、SKIMAでは売買取引をスムーズに行うためのサービスを提供しています。

報酬や利用料については

  • 基本利用料は無料
  • 取引成立時に販売代金の10%~20%を手数料として出品者が支払う
  • 支払いはSKIMAが仲介するので、安心して利用できる

SKIMAの特徴はイラストに特化した案件が多いことです。オリジナルのイラストの他、似顔絵やホームページのロゴ作成、Twitterのアイコン作成など、クリエイティブな案件が多く取り扱われています。

出品者は、自分の作品を出品するだけでなく、「こんなイラストが欲しい」という依頼者からのリクエストに対して作品を提案することもできる、クリエイタースキルのオーダーメイドができるサイトとなっています。

スキマ時間などで作った作品をアップロードするだけでOK

イラストの作成は時間がかかるものです。依頼を受けて納期までに作品を完成させるのは、副業としてやるには少し気が重いところがありますよね。できれば本業の合間など、自分のペースでゆっくり作成したいと思いませんか?

SKIMAでは、納期を気にすることなく自分のスキマ時間で作成したイラストをアップロードして出品することが可能です。

アップロードしてから報酬が発生するまでの具体的な流れは次のとおりです。

  1. 出品者の作品を見た購入希望者から「作品を買いたい」意思である購入申請が届く
  2. 出品者と購入希望者との間で取引条件の合意をするためのやりとりが発生
  3. 出品者が購入申請を承諾して取引が完了

納品が遅い、購入したイラストがイメージと違ったなどの販売後のトラブルを未然に防いでくれる「購入申請」制度があることで、スムーズに取引を行うことができます。SKIMAを安心して利用できる大きなポイントです。

SKIMAでの稼ぎ方は?

SKIMAを利用しているクリエイターの方たちは、実際にどんな方法で稼いでいるのでしょうか?SKIMAでは自分の作品を出品するだけでなく、依頼者からのオーダーを受け付けて仕事をしたり、SKIMAをきっかけにしてクリエイターとして幅広い活動をしたりなどステップアップしている方がいます。

具体的にどのように稼いでいるのか見ていきましょう。

商品の値段は自分で決められる

SKIMAでは出品者が自分で価格を設定して販売することができます。先述したコミッション文化がまだ根付いていない日本では、無料でイラストを描いてもらうという考えを持っている人もたくさんおり、出品する側としても自分の作品がいくらで売れるのか気になるところですよね。

安ければ買い手はつくかもしれませんが、作品の価値が下がってしまいます。でも高く設定して売れないのは困るし… そんな時は他出品者の価格を参考にしながら、完成までにかかった時間やコスト、販売手数料などを考慮して作業に見合った報酬を設定して出品することをおすすめします。

依頼人のリクエストに提案する

自分の作品を出品するだけでなく、クラウドソーシングのように依頼者のリクエストに対して自分の作品を提案してオーダーを受けるという方法もあります。

初めてSKIMAを利用する方は、この方法で作品を提案し「あなたというクリエイターの存在を購入者に知ってもらう」という手もありますよ。

具体的にはプロジェクト式とコンペ式の二つがありそれぞれの特徴をご紹介します。

プロジェクト式

プロジェクト式は、依頼者から出された「こんな作品を作って欲しい」というリクエストに対応できるクリエイターが、「自分はこんなイラストが得意です」「こんな作品が作れます」とアピールをして、提案する方式です。依頼者側では複数の提案者の中から一人を採用し、選ばれたクリエイターが作品を作成して納品します。

後述するコンペ式に比べると報酬の受け取りまでに時間がかかりますが、より細かなリクエストやリテイクに対応できるため、SKIMAではこのプロジェクト式で募集されていることが多いです。

コンペ式

コンペ式は、依頼者がリクエストに対して、提案ではなく事前にリクエストに合った作品を作成して応募する方式です。複数の応募の中から自分の作品が採用された場合に報酬が支払われます。すでに作品を提出してありますので、採用された場合は早く報酬を受け取れるメリットがあります。

SKIMA掲載外の商品PRで収入の幅を広げられる

SKIMAには作品の出品ページで自己紹介をする欄があります。ここには、自分の経歴や得意分野の説明のほか、SKIMAに出品している作品以外にクリエイターとして他のリクエスト受けられることなどを書くことができます

自分のホームページやメールアドレスなどの連絡先を記載して、企業や個人を相手に自分の作品をPRし、クリエイターとしてさらに収入の幅を広げていくという使い方もできるのです!

SKIMAを活用している人は多い

実際にSKIMAを活用している人の声を集めてみました。

Twitterで「SKIMA」と検索してみると、

  • SKIMAでの取引件数が50件を超えた
  • 商品出品前から購入を決めてくれるフォロワーさんがいる
  • イラスト作成のご依頼を受け付けております
  • SKIMAで出品始めました

など、すでにSKIMAを使って稼いでいる方がいたり、Twitterを併用しながら自分のスキルをアピールしたり、これからSKIMAを始めてみようという初心者の方まで様々な声がありました。

随時発信されいている投稿から、実際に利用している方からの評判もよく、新しい利用者も増えていることがわかります。

SKIMAは副収入だけでなく、夢をかなえるサービスにも

「スキマ時間で描いていたイラストに価値がつく」

SKIMAで出品されている作品を覗いてみると、自分の作品にファンができて「次はこんなイラストをお願いしたい」という購入者からのリクエストを受け付けている出品者が多いことが分かります。

SKIMAを利用してイラストが売れれば副業としてだけではなく、クリエイターとしての活躍の幅が広がるチャンスだと思いませんか?

趣味としてやっていたイラストが売れるかもしれませんよ!

クリエイターとして活躍したい方はぜひご登録を!

SKIMAへの登録はこちらから

【完全図解】スキマ初心者が迷わず分かる登録方法3ステップ!

【初心者もOK】稼げないクリエイター卒業!SKIMAで稼ぐ3つのポイントデザイン・イラストのオーダーメイドマーケットのSKIMA(スキマ)。デザイナー、イラストレーターとして稼ぎたい人はすでにチェックしている...
ABOUT ME
ayakaida
ayakaida
1987年生まれ。東京で保育士として勤務をしていたが、2013年に夫の海外赴任に帯同するために退職。 海外で勤めることができないなかでクラウドソーシングと出会い、SNSで文章を書くことが好きだったこともありWebライターとして活動を始める。 場所や時間にとらわれず、自分の好きなことを仕事にしたい友人たちの声を聴き、自分にできることで人々のライフスタイル充実に貢献したい思いから編集長に就任。 2児の母親かつクラウドワーカーとして500以上の記事制作、編集に携わる。SEOにも精通しており、リライトで圏外から1ページ目表示を達成した実績も多数。 現在はライティングプロダクション運営、講師業も行い、新しい働き方のヒントとしてWebライターの働き方を発信している。 趣味はムエタイで元世界チャンピオンから指導を受けている。
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加