ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは?投資初心者でもできるメリットやデメリットを解説!

2019年1月に『Funds』という新しいサービスが大きな話題となったことで知名度が上がったのがソーシャルレンディングという投資方法です。

しかし長い横文字で読むのすら難しくて抵抗があるという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ソーシャルレンディングという投資方法について超わかりやすくご紹介していきたいと思います。

ほったらかしで稼げるって聞いたけどホントなの?

ソーシャルレンディングっていったい何のこと?

いったいどんな投資方法なの?

実際稼げるの?

メリットやデメリットが知りたい!

この記事を読むことでそんな不安や疑問はあっという間に解決できると思います。

ぜひ読み進めてみてくださいね。

【少額投資】Funds(ファンズ)の評判、口座開設のやり方 ・実態口コミをご紹介します!2019年1月23日からサービスを開始したFunds。 第一弾として用意された3社分、8300万円分のファンドがわずか18分で完売とい...

ソーシャルレンディングとは


ソーシャルレンディングとは、簡単に言うと『お金を貸してほしい企業(借り手)』と『お金を運用したい投資家』を結びつけるための仕組みです。

この図はSBIソーシャルレンディングとなっていますが、他の業者の場合でも仕組みは同じです。

双方の間にはソーシャルレンディング業者が入り、インターネットなどで資金を提供してくれる投資家を集めます。

投資家から資金が集まったら、資金を必要としている借り手企業に貸し付けを行ないます。

借り手企業からソーシャルレンディング業者へ利子を含む返済が行われるので、その利子を投資家に分配金として配当します。

これがソーシャルレンディングの一連の流れです。

仕組み自体はとてもシンプルなものですよね。

ソーシャルレンディングの特徴


ソーシャルレンディングの基本的な仕組みがわかったところで、いったいどのような特徴があるのかをご紹介していきたいと思います。

  • 初心者に優しい『ほったらかし投資』
  • 年率3%~10%という高い利回り
  • 1万円程度の少額から投資ができる
  • 投資期間は3ヶ月~1年程度という短期間

1つずつわかりやすく解説していきますね。

初心者に優しい『ほったらかし投資』

ソーシャルレンディングは、株やFXなどとは違い日々の値動きというものがなく、投資に関する専門知識も必要ありません。

一度投資を行なってしまえば、基本的には決められた期間がくるまでほったらかしでOKです。

勉強の必要もなく、毎日の相場確認も一切必要ないため、時間がない人や忙しい人、投資初心者にぴったの投資方法です。

また、初心者でも経験者でも稼げる額に変わりはないため他の投資家と競うこともありません。

投資額が同じであれば、誰でも同じ金額の利益を出すことが可能です。

年率3%~10%という高い利回り

ソーシャルレンディングの利回りは平均して8%という利回りだといわれています。

定期預金の金利は年0.02~0.2%程度、個人向け国債の金利は年0.05%なので、これらと比べると格段に高い利回りですよね。

この高い利回りが実現できるのは、ソーシャルレンディング業者が借り手企業に高い金利で貸し出しを行なっているからです。

事業者などによって異なりますが、だいたい9%~15%という金利で貸付を行っているといわれています。

この高い利回りがソーシャルレンディングの大きなメリットだと言えます。

1万円程度の少額から投資ができる

これも事業者などにもよりますが、ソーシャルレンディングは最低投資額が1万円となっている場合が多いです。

2019年1月からサービスが開始されたFundsはさらに安い1円から投資が可能という驚きの設定になっています。

Fundsについてはこちらで詳しく解説しているのでぜひ読んでみてくださいね。
Funds(ファンズ)をわかりやすく解説!口座開設のやり方 ・口コミ・評判をご紹介します!

まずは様子を見て少額から始め、仕組みが理解できて手ごたえを感じることができたら投資額を増やしてみるのがおすすめです。

投資期間は3ヶ月~1年程度という短期間

ソーシャルレンディングの期間は、3ヶ月~1年という期間が設定されていることが多いです。

投資期間も案件によって違うためまれに2年~3年という案件もありますが、ほとんどが1年程度という期間が設定されています。

あまり長い期間手元に帰ってこないと怖くなるのでこの期間はちょうどいいと思います。

1年で利益が上乗せされた金額が手元に返ってくるので、満期が来たら新たな案件に投資をしていくのもおすすめですよ。

ソーシャルレンディングのデメリット


利回りが高く初心者でも気軽に投資が行えるソーシャルレンディングですが、デメリットや注意しておかなくてはいけない点があります。

とても大切なことなのでしっかりと頭に入れておいてくださいね。

  • 元本保証がされておらずデフォルトリスクがある
  • 大きく稼ぐことができない
  • 満期が来るまでは引き出せない
  • 早期償還がある
  • 口座管理に手間がかかる
  • 投資先の情報がわからない
  • ソーシャルレンディング業者自体にもリスクがある

1つ1つ解説していきますね。

元本保証がされておらずデフォルトリスクがある

ソーシャルレンディングは投資なので、元本保証がされていません。

また、デフォルトとは債務不履行という意味で、元本の償還ができなくなったり、借入金の返済が不能になること、貸し倒れすることを指しています。

つまり、投資した元本が一部、または全額戻ってこなくなる可能性があるという意味です。

ソーシャルレンディングは、投資家から集めたお金を借り手企業に貸し出すというものです。

この借り手企業が倒産すると、投資家へは投資額の全額もしくは一部が返済されないため損失を被ってしまいます。

このデフォルトは一定の確率で起こってしまうということを理解しておきましょう。

大きく稼ぐことができない

ソーシャルレンディングは、株やFXのように大きく稼ぐことはできない投資方法です。

利回りのいい定期預金のようなイメージを持っておくといいと思います。

常に値動きなどを気にせずほったらかしでいい一方、大きな金額が稼げないことも覚えておきましょう。

満期が来るまでは引き出せない

ソーシャルレンディングは、決められた期間資金を預けておき、満期が来たら手元に戻ってくるという投資です。

そのため、満期が来る前に手元に資金を戻したいと思ってもできません。

投資した金額が急きょ必要になることがないよう、必ず余剰資金で投資を行なうようにしてください。

早期償還がある

早期償還とは、決められた期日より前に返済が行われることを言います。

先ほど基本的には満期が来るまで資金は手元に戻せないと説明しましたが、借り手企業から繰り上げ返済などはあった場合には満期を待たずに投資家へ分配が行われます。

早期償還されることで手元に元本が戻ってくるというメリットはありますが、満期までの利息が受け取れず想定よりも低い金額の分配になるというデメリットがあります。

投資家の意思に関係なく受け取れる金額が想定よりも減ってしまうというのはソーシャルレンディングの注意点だといえます。

口座管理に手間がかかる

例えば投資したい案件が2つあり、それぞれが別のソーシャルレンディング事業者が提供する案件だった場合は、それぞれで口座開設を行なわなくてはいけません。

株の場合は1つの証券会社に口座開設を行なえばさまざまな株を購入することができますが、ソーシャルレンディングは業者によって扱っている案件が違います。

複数の業者で口座を持つという手間がかかることも注意点として挙げられます。

投資先の情報がわからない

ソーシャルレンディングは、金融商品取引法と貸金業法という法律の下で投資を行なうものです。

貸金業法にのっとり、投資先の会社名をはじめとした詳細情報を投資家が知ることはできません。

投資家が知ることができるのは利回りや運用期間という概要のみです。

そのため、仮に赤字続きの企業に貸付を行う案件に投資をしてしまう可能性もゼロではありません。

投資家が投資をした資金がどのような企業に貸し付けられているのかが公開されていないことは、ソーシャルレンディングの特に注意しておきたいポイントです。

ソーシャルレンディング業者が行っている審査が信頼できるものなのかもしっかりと見極める必要があります。

しかし投資先の情報がわからないとしても、ソーシャルレンディング業者にすべて任せて投資が行えるため時間がない人にはおすすめといえます。

ソーシャルレンディング業者自体にもリスクがある

ソーシャルレンディングは、日本国内では約10年前から始まったまだ新しい投資方法です。

そのため、ソーシャルレンディング業者もできたばかりの会社が多く、事業自体に不慣れだと言わざると得ない状況です。

実際に投資家保護が十分ではないなどの理由で、金融庁から行政処分を受けている業者もあります。

行政処分を受けているから危険というわけではありませんが、まだまだ始まったばかりの投資方法で法整備もきちんと行われていない分野だと言えます。

業者の見極めが難しい場合は、上場企業が運営をしているオーナーズブック、金融大手のグループ会社であるSBIソーシャルレンディングを検討してみるといいと思います。

ソーシャルレンディングに向いている人

ここまでを見て、ソーシャルレンディングをやろうか悩んでいる人もいると思います。

実際にどのような人がソーシャルレンディングに向いているのかをご紹介しますね。

  • 投資初心者
  • 時間がない人
  • 利回りがいい案件に投資をしたいと思っている人
  • 余剰資金を何かの方法で投資したいと考えている人

特におすすめなのは時間がない人、投資初心者です。

口座開設、案件選びから実際の投資までは自分で行なう必要がありますが、それ以外はほったらかしでOKなので誰でも手軽に行うことができます。

投資に関する勉強も必要なく、毎日の相場確認なども一切不要なのは嬉しいですよね。

また、高い利回りの商品を探している人や、余剰資金で何らかの投資をしたい人にもおすすめです。

少額からできる投資ではありますが、徐々に大きなお金を投資していくことができる人であれば、ほったらかしでまとまった金額受け取ることができます。

まとめ


ソーシャルレンディングは、少額から行なえる高い利回りと初心者にも嬉しいほったらかしでOKという新しい投資方法です。

しかし、新しい投資方法ということで整備などがまだまだ追いついていないことも注意点として挙げられます。

今後どのような法整備が行われるのかも期待しつつ、まずはどのようなものなのか少額で試してみるもいいと思います。

気になった方はぜひ試してみてくださいね。

利息でコツコツ資産運用ソーシャルレンディングをはじめるならFundsがおすすめ!口座開設はこちらから→

ABOUT ME
miwa
miwa
1986年生まれ。 現在Webライター兼アフィリエイターをしながら3人の子供を育てています。短大を卒業後、金融機関に入社し出産までの5年間勤務しました。 出産後は育児をしながらできる仕事を探しているうちにアフィリエイトと出会いブログ運営を開始。ブログ運営1ヶ月目から10万円の報酬を得ることができその後も安定した報酬を得られたため、子育て中の主婦でも稼げる方法を発信しようと準備していました。 しかし、第2子、第3子の妊娠と出産が続きいまだ達成できていないため、今後はそちら方面の活動もしていきたいと思っています。 社会人時代に得た金融の知識とブログ作成の経験を生かしたいと思いWEBライターとして金融部門の執筆も多数経験しています。 今後はWEBライターとしての経験を積みながら自身のブログ運営にも力を入れていきたいと思っています。
[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加