駐車場シェア

特Pの駐車場シェアで副業するメリットとは?手数料やトラブル時の疑問を解説


収入を増やすために副業をしてみたいと考えていても、時間が取れない、本業に影響しそうなどの理由で、なかなか実際の行動に移せない人は多いのではないでしょうか?そんな人におすすめしたいのが、モノやコトをシェアし、少ない手間で副業を開始できるシェアリングサービスです。

なかでも、自宅のスペースや所有するちょっとした土地を「駐車場シェア」する副業が、大きな注目を集めていおり、それを実現するプラットフォームが「駐車場シェアサービス」です。

高まるニーズに応じて、新たなサービスも続々登場している注目の駐車場シェアサービス。そのなかでも、サービス開始から間もないにもかかわらず、高い評価で急成長を遂げている「特P」のメリットや魅力、トラブル時の疑問などを紹介していきます。

今すぐ無料で駐車場登録する

そして、この記事を読んでいる方の中には

  • 同じようなサービスのakippa(あきっぱ)とどう違うの?
  • いろいろ書いてあるけど、結局どのサービスに登録すればいいのかわからない

とお悩みの方もいるかもしれません。

そんな方のために副業ビギナーが徹底比較をしましたので、ぜひご覧ください。

特P VS akippa!

記事を読む時間がない方のために、結論から言えば、手数料が業界最安値の30%の特Pが一番おすすめです!

業界最大手規模であるakippaでは、駐車場利用料金からシステム手数料「50%」を差し引いた金額がオーナーの手取りになるのに対し、特Pでは、このシステム手数料が「30%」に抑えられています。

特Pとは?

特Pとは、2017年9月にローンチしたばかりの駐車場シェアマッチングサービスです。カーシェアリング事業を手がけるアース・カーが運営する駐車場シェアサービスであり、駐車場を貸したいオーナーと借りたい利用者をWebサイト、スマートフォンアプリでつないで、お互いのニーズをマッチングさせるサービスを展開しています。

ローンチから間もないため、現時点での登録オーナーは東京・大阪などの都市圏が中心となっていますが、4億円の資本金を持つ豊富な資金力をバックにした、駐車場オーナーへのキャッシュバックキャンペーンを行うなど、地方都市や住宅街の駐車場オーナーの開拓にも力を入れており、急速な成長を遂げています。

スマートフォンひとつでオーナーは駐車場の登録ができ、利用者は駐車場の予約や決済ができる利便性から、幅広い層から支持されているサービスです。

今すぐ無料で駐車場登録する

特Pの評判や口コミ

副業ビギナー編集部が実際に特Pを使ったことがあるユーザーに独自に評判や口コミを聞きました!

私は1年ほど前に家族で旅行に行きました。レンタカーで移動していましたが、駐車場を探すのに時間を取られ、行きたかった場所に行くことができませんでした。友人に相談したところ、特Pという駐車場シェアサービスがあることを知りました。そこで、次の機会に家族で旅行に行った時に、特Pを利用しました。駐車場を探すのに苦労することなく、旅行を楽しむことができたので、とても充実した旅行となりました。特Pは1日単位で利用することができるので、とても使い勝手が良く、利便性が高いです。(20代・サラリーマン)

私は外出先で駐車場を見つけるのに非常に苦労した経験が何度もありました。そこで、友人に相談したところ、駐車場シェアサービスである特Pを勧められたので、利用してみることにしました。特Pを利用するようになってからは、駐車場探しに時間を取られることがなくなり、外出先でもストレスを感じることが少なくなりました。また、1日単位で利用することができるので、とても利便性が高く、気軽に利用することができます。これからも継続して利用したいです。(30代女性)

リトルリーグで休日だけコーチをしていますが、今まで使っていたグラウンドに付帯した駐車場が関係者以外使えなくなり、周辺で1日(午前7時から午後7時まで)停めておける駐車場を探したところ、駐車場シェリングの特Pを見つけました。

一番便利なのは、予約できることです。グラウンドの駐車場から締め出しを食ってからは、周囲のコインパーキングを使っていましたが、別のグラウンド利用者の車で満杯になっていることも少なくなく、その都度他を探して時間をロスしていたことを思うと、すごく便利なサービスだと感じました。

問題は、当日キャンセルにはペナルティが発生することですが今のところ、天気予報の精度が優り前日までにキャンセルすることで、支払いは免れています。(サラリーマン・男性)

実際に特Pを使用しております。
都心部ではない為一ヶ月に数件程度の貸し出しにはなりますが、空いているスペースから収入が生み出せるのは魅力です。
駐車場がいくつかあり、他のサイトにも登録していますが、比較的特Pの方が借入れが多い様な気がします。
アプリをもう少し使いやすく改善されると非常に使い易いと思います。
今現状は何処のシェアリングサービスのアプリも使いにくくアプリの立ち上げは最低限の確認の時だけになります。今後アプリの改善を含めて期待しております。(駐車場オーナー・男性)

>今すぐ無料で駐車場登録する

特Pの4つの特徴

特Pのビジネスモデルは、典型的な駐車場シェアサービスだともいえます。しかし、ほかのサービスとの差別化をはかるため、特Pならではの特徴もふんだんに盛り込まれています。

駐車場の「予約」と「検索」ができる

一般的な駐車場シェアサービスでは、自社サービスに登録するオーナーの駐車場のみ検索・予約可能である場合がほとんどです。これに対し、特Pでは自社登録オーナーの駐車場以外にも、全国6万件以上にもおよぶ、提携大手駐車場・コインパーキングの「予約できない駐車場」も検索できます。

つまり、特Pの利用者は「駐車場シェアサービス」と同時に「駐車場検索サービス」も使えるのです。一見すると関連のないサービスにも思えますが、より幅広い利用者を取り込めるため、登録オーナーの中書状をアピールする、駐車場の手薄な地域をカバーする二重のメリットがあります。

1日4時間からの駐車場シェアが可能

特Pの登録オーナーは、自分の都合にあわせて、駐車スペースを1日4時間から貸し出せます。つまり、4時間単位であれば、1日6コマまで分割して貸し出すことも、1コマ24時間で貸し出すことも可能です。

駐車スペースが1日すべて空いていなくても、毎日空いていなくても、4時間の隙間時間さえあれば、特Pで駐車場シェア副業がはじめられるのです。

整地されていなくてもバイク1台分でもOK

特Pで駐車場シェア副業をはじめるにあたって、特別な設備などは必要とされません。自宅の駐車場や軒先はもちろん、整備されていない更地や変形していて使いにくい土地、バイク1台分しか置けない隙間空間などでも、駐車スペースとして使えれば問題なくオーナーになれます。

もちろん、月極駐車場の空白期間だけ利用する、着工までの間だけ更地を利用するなど、期間限定で特Pを活用するのも可能です。土日にだれも使わない事務所の駐車場や、常に空いている店舗の駐車スペースを利用するなども考えられるでしょう。

カーシェアリングとのシナジー効果

すでに解説したように、特Pはカーシェアリング事業を手がけるアース・カーが運営しています。右肩上がりで需要が拡大しているカーシェアリングを、関連企業で運営できるのは大きな強みです。

なぜならば、アース・カーのカーシェアリング利用者が増加すれば、駐車場ニーズが高まるのは当然であり、利便性の高い特Pと連携することで、それぞれに大きなシナジー効果が見込めるからです。

今すぐ無料で特Pに駐車場登録する

特Pならではの6つのメリット


他社との差別化を意識している特Pでは、さまざまな特徴とともに特Pでしか得られないメリットがあります。駐車場シェア副業を考えている人に、特におすすめしたいポイントから解説していきます。

業界最安値の手数料

駐車場シェアサービスは、オーナーと利用者のマッチングが成立し、駐車スペースが利用された際に徴収されるシステム手数料で運営されています。特Pで副業するもっとも大きなメリットは、このシステム手数料が業界最安値であることです。

たとえば、業界最大手規模であるakippaでは、駐車場利用料金からシステム手数料「50%」を差し引いた金額がオーナーの手取りになるのに対し、特Pでは、このシステム手数料が「30%」に抑えられているのです。

つまり、多くの駐車場シェアサービスで、オーナーの手取りが売上の50であるところ、特Pのオーナーは売上の70%を受け取れるのです。これは駐車場シェア副業を考えている人にとって大きな魅力だといえるでしょう。

初期費用・運用コストゼロ

システム手数料が業界最安値だから、そのほかのオプションなどで料金が発生するのでは?と心配される方もいるかもしれませんが、まったく心配する必要はありません。特Pは登録などの初期費用、ランニングコストとなる月額費用は一切かかりません。また、駐車スペースへの設備設置なども必要ないため、システム手数料以外の徴収・支払いは一切ないのです。

駐車場オーナーは特Pに登録するだけであり、駐車スペースの利用時のみシステム手数料が徴収されるため、自己資本を一切投入しないリスクなしの副業ができるのです。

余計な手間は一切不要

上述したように、オーナーが特Pで駐車場シェア副業をはじめるには、ユーザーと駐車場を登録し、貸し出しのスケジュールと料金を設定するだけです。駐車スペースを整備する必要もなく、利用者と接触するなどの余計な手間も一切不要です。

つまり、オーナーは駐車スペースのスケジュールと料金設定をするだけで、売上の70%もの不労所得が得られるのです。特Pスタッフが、周囲の状況や相場をもとにした最適な駐車料金を推奨してくれるため、料金設定に悩むこともありません。

柔軟な貸し出し設定

1日4時間以上の空き時間があれば駐車スペースを貸し出せる特Pでは、柔軟で詳細な貸し出し条件を設定できます。すでに紹介したように、4時間以上で1日のコマ数を区切るのも、空いている時間を1コマで設定するのも可能。推奨された駐車料金も、オーナーの判断で自由に変更できます。

駐車スペースのサイズなどから、あまり大きなクルマを停めて欲しくないなどの場合も、対応車種を限定することで対応できるほか、急な来客で駐車場を空けたい場合、予約さえ入っていなければスマートフォンひとつですぐに貸し出しを休止できます。

利用者はすべて特P会員

駐車場シェアサービスの一部では、会員登録していないユーザーの予約を受け付けている場合がありますが、特Pで駐車場を予約できるのは会員登録したユーザーのみです。利用者の決済方法もクレジットカードに限定されているため、特Pでは身元のしっかりとした利用者のみ登録しているといえるでしょう。

万一の場合でも利用者の身元がハッキリしないということがないため、トラブルのリスクも少なく、オーナーにとって安心できる要因だといえます。

24時間コールセンター

オーナーに寄り添った手数料設定ながら、24時間コールセンターであらゆるトラブルに対応してくれる手厚いサポートも、特Pで駐車場シェア副業をするメリットです。困ったことがあれば、いつでも相談に乗ってくれます。

今すぐ無料で特Pに駐車場登録する

特Pのデメリット


特Pでは、オーナーと利用者の接触は基本的に禁止されています。これは、自分の駐車スペースがどんな人に利用されるかわからないことを意味し、オーナーによっては気になってしまう人がいるかもしれません。

しかし、どのようなクルマが予約しているのか、ナンバープレートの4桁まではオーナーに通知されるため、デメリットといえるほど大きな問題ではないでしょう。それよりも注意しておきたいポイントは、予約のキャンセルに関する扱いです。

予約のキャンセルができない

貸し出し設定でも触れたように、急な来客が決定したとしても、予約さえ入っていなければオーナーは貸し出しをすぐに休止できます。しかし、すでに予約が入ってしまっている場合、オーナーは駐車場の予約をキャンセルできないのです。

貸し出しスケジュールを設定する際は、この点に注意し、絶対に駐車スペースを使わないとわかっているときのみ貸し出すようにすれば、安心です。

立地条件によって収益に差がある

どの駐車場シェアサービスでもいえることですが、所有している駐車スペースの地域、立地条件によって駐車料金や利用率が変動するため、オーナーの収益もそれに左右されてしまいます。

とはいえ、システム手数料が低く抑えられている特Pであれば、ほかのサービスより有利であることは間違い無いでしょう。

今すぐ無料で特Pに駐車場登録する

特Pに登録して副業をはじめよう


ここまでの解説で、バイク1台以上の駐車スペースを持ち、1日4時間以上の空き時間があるすべての人は、特Pにオーナー登録すべきです。まずは、以下の手順に従って登録を済ませましょう。

  • 特PのWebサイトから「駐車場を登録」をクリック
  • オーナー基本情報/住所を入力して「次へ」をクリック
  • 駐車場情報を入力する
  • 駐車場の写真を撮ってアップロードする
  • 特Pの確認完了後に駐車場情報が表示
  • 貸し出しスケジュール/利用料金を設定する

あとはシステム手数料を引いた利用料金が振り込まれるのを待つだけです。

今すぐ無料で特Pに駐車場登録する

特P副業の収益は?


登録オーナーに有利なシステム手数料が設定されている特Pですが、副業としての収益がどのくらい期待できるかは、駐車スペースの立地条件と料金設定、利用率に大きく左右されます。首都圏や繁華街、駅や公園、スタジアムなどのイベント施設や観光スポットが駐車スペースの近くにあるなら、高めの料金設定と利用率で高収入も期待できるます。

特Pの実績紹介によれば、繁華街から徒歩圏内の駐車スペースを24時間2,000円で貸し出し、月54,000円の利用/37,800円の収益例がある反面、駅から離れた住宅街の駐車スペースを24時間600円で貸し出した場合でも、月10,200円の利用/7,140円の収益例があるようです。

利便性の高い立地条件が高収入に結びつく一方で、需要が見込めないと思いがちな住宅街でも意外なニーズがあることがわかります。

トラブルのときはどうすればいい?


利用者がすべてクレジットカードまで登録済みの特P会員であるため、マナーを守らないなどに起因するトラブルは、それほど起こっていないようです。しかし、万一トラブルが起こってしまった場合は、どのように対応すればいいのでしょうか?

駐車スペースの設備を壊された

貸し出している駐車スペースの設備が壊されてしまった場合などは、直接利用者に接触するようなことはせず、特Pのコールセンターに連絡しましょう。

利用者が特Pに登録するには、クレジットカード情報とともに、利用するクルマの情報も登録しなければなりません。この際、特Pを利用するクルマは対物保険に加入している必要があります。

つまり、利用したユーザーの情報がすぐにわかり、車両に対物保険がかけられているため、壊されてしまった設備等の修理は保険で保証されるのです。

予約時間を過ぎたのにクルマが停まっている

予約時間の超過しての駐車は、特Pから利用者に対してのペナルティが定められています。ここでも利用者情報は特Pが把握しているため、オーナーは慌てて利用者に接触するようなことはせず、コールセンターに連絡しましょう。

時間超過の駐車によって受けた損害は、特P側が利用者に課したペナルティで保証されるため安心です。

まとめ


ローンチから1年が経過したばかりでありながら、破格のシステム手数料でオーナーを引きつけ、カーシェアリングとのシナジー効果で急速な成長を遂げている駐車場シェアサービス、それが特Pです。その攻めの戦略には、勝者総取りの原則を狙った積極的な姿勢すら感じられます。

こうした積極的な姿勢は利用者の将来的な利便性確保につながり、副業として活用する駐車場オーナーにとっても安定した収益確保につながります。駐車スペースを持ち、駐車場シェア副業を考えている方は、今すぐの登録をおすすめします。

今すぐ無料で特Pに駐車場登録する

特P(とくぴー)とあきっぱ(akippa)を徹底比較!おすすめの稼げるサービスはどっち?副業で収入を増やしたいけど、なかなか時間が取れない・・・そんな人でも、自宅にちょっとしたスペースさえあれば始められるのが「駐車場シェア副...
[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加