クラウドソーシング

稼げる語学の副業なら翻訳!英語と中国語それぞれの報酬も解説

「英語力を今の仕事で活かしきれていない」
「中国語を学んだからには仕事で使いたい!」
「せっかく学んだ語学力、本当は仕事に活かしたいのにな」

英語や中国語を学んだことのある方、語学が好きな方で、こんな不満を感じたことがありませんか?

努力して身につけた語学のスキル、もっと仕事に活かしたいですよね.。実は英語力中国語のスキルを活かした副業はとても人気があります。あなたの英語力・中国語スキルを活かし、本業とは異なる翻訳の副業を始めてみませんか?

どのくらいのレベルだと翻訳の副業ができるのか、資格は必要なのか、在宅でできる翻訳や通訳の仕事があるのか、またどうやって副業を始めたらいいのか、そして具体的な報酬・収入について解説します。

この記事を参考にして、ぜひあなたの語学力翻訳の副業に活かしてください!

翻訳の仕事は副業に最適


翻訳の仕事は、実は副業にとても向いています。

翻訳が副業に向いているのには、いくつか理由があります。

英語や中国語を話せても仕事で活用していない人はたくさんいます。今は語学の知識スキルだけでできる仕事はそれほど多くありません。そこでやむなく違う本業に取り組んでいる人が多いのではないでしょうか。

しかし、海外経験がある方、または英語や中国語の響きやその国の文化が好きで努力して言葉を習得してきた方は、語学力を活かして国際的に活躍したい!と一度は考えたことがあるはずです。

最初から独立した翻訳家や通訳者として仕事に就ける人はほんの一握りです。また、貿易や文化交流など、語学力を活かす仕事は職種自体がそれほど多くはありません。

だからこそ、翻訳は副業が最適なんです。
翻訳は隙間時間や本業がお休みの週末に在宅で行うこともできます。そして、語学のスキルを活かしながらスキルアップも目ざせる仕事です。また、働きながら翻訳の経験・実績を積めるので、まず副業で始めるのがとてもおすすめなのです。

どれくらい稼げるか?


では、翻訳の仕事はどれくらいの報酬・収入が得られるのでしょうか。

実は翻訳にはさまざまな分野があり、分野別に報酬レベルが大きく違ってきています。

  • サイト翻訳
  • マニュアル翻訳
  • ニュースの翻訳
  • ゲーム・文化などの映像や出版の翻訳
  • 特許・医療など専門的な知識が必要な翻訳

この順番に報酬のレベルが上がっていきます。最後に挙げた特許・医療分野は、専門的な知識が必要な分高報酬・高収入です。

最初に挙げたサイト翻訳やマニュアルの翻訳は一度翻訳すると終わりなので、単発で確実に実績を積みたい場合に向いています。ニュースなどになると継続的に配信されるので、契約が続く限り安定した収入が期待できます。ゲームや文化は言語のセンスや知識が要求されます。

専門性によって報酬のレベルが異なる翻訳の仕事ですが、クラウドソーシングなどで実際に募集がある案件で収入について調べました。英語・中国語の翻訳の報酬について解説します。

英語翻訳の収入

まず、英語の翻訳の平均的な報酬・収入を紹介します。相場は1文字あたり5円~10円前後と言われています。

どれくらいのスピード感で翻訳をこなせるか・どれくらいコンスタントに翻訳の仕事を得られるかにもよるので月収はさまざまですが、例として1000文字の翻訳を週2本こなした場合は、以下の計算になります。

1000文字 × 単価5円 × 2本 × ひと月当たり4週 = 4万円 / 月

相場には幅がありますが、実績のない最初は最小金額の5円程度だと考えたほうが無難です。しかし継続して翻訳の副業をこなせた場合の収入例ですが、自由に英語が使えるレベルの方であればお休みの日や隙間時間を使って楽しく稼げる現実的な収入例です。

英語を使った仕事には、英文事務や通訳などには時給制の仕事もあります。英文事務は在宅なら時給700円から1500円程度、通訳なら時給3000円などの案件があります。高度な専門性と即時の対応を求められる分、通訳は報酬も高レベルです。

中国語翻訳の収入

次に、中国語の翻訳の相場を紹介します。中国語の翻訳は、中国自体の市場が成長中なので、英語翻訳よりも需要も報酬もやや高めです。相場は1文字あたり6円~10円です。

英語の例と同じように1000文字の翻訳を週に2本受けたとすると、月収で4.8万円です。

市場の需要に対して翻訳家の人数が足りていない面もあるので、翻訳の専門分野をつかむことでさらに活躍が期待できます。

また、中国語を使っての事務作業などできるなら、時給制の在宅の仕事もあります。その場合の相場は時給700円~2000円程度です。時給1500円の仕事を週に10時間行った場合、月収は6万円です。本業に支障のない範囲でこの勤務形態が可能ならば、中国語のスキルを活かして楽しく稼げますよね。

報酬はさまざまですが、自分の語学レベル、働き方、スピード感にぴったりのスキルを活かした副業で収入を得たいですよね。無理のない範囲から活躍を目指しましょう!

翻訳の仕事をするには最低でもどれくらいの語学力が必要?


外国語は普段の生活で触れ合う機会がないと忘れてしまうことがありませんか?しっかり使わないと単語を思い出しにくくなったり、言葉の選択・表現が平坦になってしまったりしますよね。

だからこそ、あなたの語学力を活かさないのはもったいないですよね。

では、翻訳に必要な語学力はどのくらいでしょうか。これも、英語と中国語の場合について調べました。

英語の場合

英語の翻訳(日英・英日)の場合は、おおむね次のレベル程度が必要です。

  • TOEIC 800点以上
  • 実用英語技能検定2級程度
  • 英語圏の居住歴や international school の通学歴

しかし、この資格がないと翻訳の仕事に応募できないというわけではありません。クラウドソーシングでの翻訳案件を見ても、資格を必須条件に挙げている募集はほとんどありません。

大切なのは、「仕事を確実にこなせるか」という点になります。実績がある人は資格がなくても具体的に得意分野や今までの実績をアピールして仕事につなげられます。実績がない人にとっては、上記のような資格が語学力を証明する目安になるので、資格をアピールできると良いですよね。

ただし、通訳や電話翻訳の場合は、高度な専門性と英語力が求められます。英語圏への居住歴があり、その国の文化などにも精通したいわゆるネイティブの語学力があることや、専門分野があることが前提になります。

中国語の場合

中国語の場合も、英語と同じで資格がないと翻訳になれないわけではありません。実際にクラウドソーシングの翻訳者募集を見ても資格を条件として挙げている募集は見かけません。

英語の場合と同じように、中国語の翻訳においても、実力の証明として資格が使えます。以下のような中国語の資格を持っている人は、仕事を探す際にアピールしましょう。

  • JTA公認 中国語翻訳能力検定試験
  • 中国語検定
  • 中国語試験(HSK)
  • 実用中国語レベル認定試験(C.TEST)
  • 中国語コミュニケーション能力検定(TECC)

資格は語学力の証明です。しかし、もし資格を持っていなくても、実力があれば副業を始められます。したがって、資格を慌ててとる必要はありません。「〇年勉強している」「〇年住んでいた」「字幕なしで映画を見ることができる」「コメディを理解できる」という事実でも語学力や精通性は把握できます。実力を磨いて、積極的に副業で実績を積んでいきましょう。

副業で翻訳の仕事を探すならクラウドソーシングがおすすめ


副業で翻訳の仕事を探すなら、クラウドソーシングがおすすめです。

というのも、クラウドソーシングは在宅の翻訳案件が探しやすいからです。翻訳専門のクラウドそーソングもありますし、翻訳以外の案件も豊富な大手のクラウドソーシングサービスなら初めてでも安心して副業に取り組めるのが魅力です。

相手の顔が見えないこと・初めて取り組むことはだれでも不安に感じます。副業に初めて取り組むなら、安心して仕事を行いたいですよね。クラウドソーシングなら、仕事の発注者とのやり取り、契約、納品、検収、報酬の受け取りまでWEBサービスの中で行うことができます。利用者も多く、安心して仕事に取り組むことができます。

クラウドソーシングの翻訳案件の流れ


クラウドソーシングで実際に翻訳をする場合、どのような流れになるのか説明します。

利用するサービスによって細かい仕事の流れは異なりますが、クラウドソーシングには複数の仕事の受発注方式がありますが、翻訳の案件は、主にプロジェクト形式でやり取りされています。

プロジェクト形式とは、クラウドソーシングサイトに掲載されている翻訳案件の募集を見て、受注したい人が応募をします。発注者のテストや選考などを経て、契約に結び付いた人が仕事を行う方式です。

応募に際してのやり取り、テスト、契約、納品、検収、報酬のやり取りまでクラウドソーシングのWEBサービスの中で行うことができます。仕事はできたけれど報酬がもらえない・契約の条件が不明瞭などといった心配は無用です。

おすすめのクラウドソーシング


翻訳におすすめのクラウドソーシングを紹介します。

クラウドソーシングにもさまざまな特徴ありますが、ここでおすすめしたいのは、利用者・登録者が多い大手クラウドソーシングサービスと、翻訳に特化したサービスです。

初めて翻訳をする人や、クラウドソーシングを初めて利用する人は、利用者の多い大手サービスをおすすめします。また、翻訳に限定して副業を進めたい人や専門性の高い翻訳にチャレンジしたい人は翻訳専門のサービスがおすすめです。

ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシングサービスの中でも最大手の一つです。翻訳に限定したサービスではないので、翻訳の仕事はたくさんある仕事のうちの一部ですが、初心者でも安心して使いやすいです。

ランサーズでは、翻訳の募集に対して、報酬や納期を提案して応募します。具体的な提案は発注者にしか閲覧できませんが、応募者のコメントをどなたでも閲覧することができます。どのような仕事にどんな語学力の人が応募しているのかを見ると、初心者や翻訳家を目指す人にとても参考になります。

登録しておいて損のない幅広いサービスです。
ランサーズ

クラウドワークス

クラウドワークスも、ランサーズと並んでクラウドソーシングの中でも最大手のサービスのひとつです。

クラウドソーシングはWEB上で仕事のやり取りをします。双方に顔の見えない副業を初めて探す人にとっては、大手サービスは特に安定して使いやすいですよね。登録者も多いので、発注者からしても募集をかけやすいサービスで、幅広い仕事に出会えます。

クラウドワークスは翻訳専門のサイトではないので翻訳案件はごく一部で、件数にも波があります。利用者が多いのでチャンスは見込めますが、専門的な案件は多くありません。

英語や中国語を使った翻訳ならサイトの翻訳やマニュアルの翻訳、また電話対応などがあります。ニュースの翻訳などは毎日更新されるものなので、継続して担当できるようになると安定した収入につながりやすくなります。

クラウドワークスもランサーズに並んで副業をする人には登録して損のないサービスです。

クラウドワークス

Conyac

Conyacは、翻訳専門のクラウドソーシングサービスです。バイリンガルのユーザーが99,000人、対応言語は66言語、登録者の在住国は100か国と、専門ならではの幅広いマーケットを誇っています。

文字あたりの報酬は最低1.5円から。翻訳専門のサービスですが、登録にテストは必要ありません。ビジネスメールやレターのやりとりのようなものから、文化的なものまで、さまざまな案件があり、実績を積むにはぴったりのサービスです。

またConyacには翻訳者同士のコミュニティがあり、お互いの評価や知識交換をしてスキルアップを目指せる点も魅力です。
Conyac

Gengo

Gengoもまた翻訳専門のクラウドソーシングサービスです。独自のテストをパスした翻訳者21,000人以上、70以上の言語に対応というこちらも翻訳専門ならではの幅広さを誇るサービスです。

同時のテストはトランスレーターテストと呼ばれ、言語ペア(何語から何語へ)を選び、選択式プレテストを受けた上で、翻訳テストを受けます。不合格の場合も、72時間後から再受験が可能で、半年に3回まで受験できます。

他言語翻訳が実現可能なGengoは、外国語から外国語への翻訳の需要も多いです。英語は登録者も多数です。英日翻訳は人気の案件で、募集がかかるとすぐになくなってしまうこともあります。こまめにチェックして希望の案件で確実に実績を積みましょう。

Coconala

ココナラスキルシェアサービスです。得意なことを商品として販売するスキルシェア。上に挙げた4社とはサービスの形態が異なります。

「翻訳者として翻訳を承ります」という英語や中国語のスキルを商品として販売することができるのが、ココナラ です。

積極的に翻訳の副業でスキルアップしたり、経験を積んだりしたい方は登録しておいて損はありません。集客のためには具体的な実績と自分の語学力にあった値段・納期を分かりやすく設定しましょう。ココナラ内の他の翻訳者や他社クラウドソーシングサービスの案件などを見ると相場を参考にすることができます。

ココナラ

翻訳以外にも語学力を生かした副業


翻訳以外にも、語学力を活かせる副業があります。

クラウドソーシングでは、先ほど説明した英文・中国語事務通訳、海外に住んでいる人なら現地のリサーチ業などもできます。

ほかにも、スキルシェアサービスの便利な機能を活用すると、家庭教師や講師業を行うことができます。ストアカというスキルシェアサービスでは講座を設定して集客をすることができますし、サイタでは語学力を活かして家庭教師になることもできます。先ほど説明したココナラビデオチャットという動画での対面レッスンを提供できるので、オンライン家庭教師もできます。

あなたが持っているスキルをどこから切り取るかでたくさんの副業につなげることができます。たとえば翻訳から始めて、翻訳についての講師業を始めることもできますよね。今ある英語力・中国語力を活かしながらさらにスキルアップすることも可能です。

あなたの語学力を活かさないのはもったいない!


英語中国語など外国語のスキルがあるならば、ぜひ副業に活かしましょう。

言葉の力は大きいですよね。翻訳の仕事がなぜあるのかを考えてみてください。国を超えた新しい技術・文化・知識は、だれかの生活を向上させるものであり、新しい価値を生み出すものですよね。翻訳の仕事の魅力はそこ。言葉はコミュニケーションのツールのひとつですが、たくさんの新しい技術や文化や可能性につながっています。

あたなにとっても、活きた語学力をさらにスキルアップすることができますし、そんな国際的な需要に貢献することで、収入以上の喜びを感じることができますよ。

あなたの英語・中国語のスキルをぜひ翻訳の副業で活かしてください

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加