おすすめ副業

Webライティングとは?意味を理解してライティングの仕事に挑戦!

「Webライティングとは―」と聞くと、「難しそう」「特別なスキルが必要なのかな…」と思う人もいるかもしれません。Webライターに興味があっても、疑問ばかりが浮かんで一歩が踏み出せない人もいるでしょう。

しかし、Webライティングは、心配しなくても理解できて身につくスキルです!

今回は、「Webライティングとは?」という疑問にお答えするために、

  • Webライティングとは?
  • 基本の構成法
  • Webライティングのポイント

をまとめてみました!

また、Webライターになる方法も紹介しているので、Webライティングに興味がある人は最後まで読んでみてください。

Webライティングとは?


Webライティングとは、記事を検索エンジンが読み取りやすいように工夫して、検索結果上位に反映させるために執筆することです。「検索エンジン最適化」という意味のSEOの対策を織り交ぜながら、誰が見ても読みやすい記事に仕上げる技術を指します。

定義はさまざま

Webライティングは、一般的には先述した通りの意味を指しますが、定義は人によって異なる場合があります。

  • 読みやすく正しい文章を書くこと
  • 企画や構成力
  • 検索エンジン上位にランキングされる技術

上記のように、文章力のみを指したり、あるいはあらゆる技術を含めていたりと、会社や個人によってWebライティングに対する考え方はそれぞれです。そのため、Webライティングの仕事をする会社や媒体によって記事の書き方、定めるルールに違いが出てくることも珍しくありません。

Webライティングは、一般的な意味をベースに、さまざまな考え方があるという点も覚えておきましょう。

Webライティングに使える!基本の構成法


続いて、Webライティングでよく使われる、基本の文章構成方法を紹介します。

SDS法

SDS法とは、

  • Summary:全体の概要
  • Details:詳細
  • Summary:全体のまとめ

という単語の略です。

SDS法は、単語の意味から分かるように、同じ内容を3つに分けて詳しく述べる構成法。言い方を変えて同じことを繰り返し伝えることで、読む人は理解しやすく、覚えやすいといったメリットがあります。

PREP法

PREP法とは、

  • Point:結論
  • Reason:理由
  • Example:実例・具体例
  • Point:結論を繰り返す

といった順番で構成する方法です。

この方法は記事が結論からはじまるため、読む人の悩みや疑問を素早く解決し、「その理由は?」「方法は?」と読み進めやすい構成になっています。結論に重点を置きつつ、内容を細かく伝えるので、説得力のある記事に仕上がるのです。

Webライティングのポイント


文章の構成方法以外にも、Webライティングには押さえておきたいポイントがあります。Webライティングに興味がある人は、これから紹介するポイントもチェックしていきましょう。

文章を書く前にペルソナ設定・構成を考える

文章を書く前には、ペルソナ設定と構成を考えるようにしましょう。

ペルソナとは、記事を読むであろう読者のこと。たとえば、「初心者に向けたライティング記事」と「プロに向けたライティング記事」では、知りたいことやわかる用語が違ってきますよね。想定する読者を決めるだけでも、記事の質に影響します。

また、構成を考えておくことも重要です。あらかじめ構成を組み立てておけば、あとはその内容に添って文章を埋めていけばOKなので、まとまりのある読みやすい記事に仕上がります。

ユーザーが読みやすいように整える

Webライティングでは、読者が読みやすいように整えることも大切です。

  • 一文は40文字以内を目安に長くならないようにする
  • 「タイトル→大見出し→中見出し」など、適切な順番で見出しを配置する
  • 同じ文末表現を続けない【NG例:~です。~です。~です。】
  • 適度に改行する
  • 文体を統一する
  • 無駄に文章を伸ばさない

上記以外にも、文章を書いたり組み立てたりする上で気をつけるポイントがあります。

いい記事といわれる前提は、「誰でも読みやすい」ということ。記事を執筆する際は、シンプルなわかりやすい記事になるように意識することも大切です。

SEOを意識する

読者にわかりやすく伝えることと同時に、SEOも意識することもWebライティングの大切なポイントです。どんなにわかりやすくていい記事を書いたとしても、記事が読まれなければ意味がありません。

「記事の文中にバランスよくキーワードを含ませる」「タイトルにもキーワードを入れる」などというように、SEOを意識した書き方も押さえておく必要があります。

コピー&リライトは厳禁!

Webライティングは、他のサイトの記事をコピーしたり、リライトしたりするのは厳禁です!これはWebライティングに限らず、記事を執筆する上でやってはいけない悪質な行為。

権利を侵害するような記事を執筆することのないように、心にとどめておきましょう。

初心者・無資格でもOK!Webライターになる方法


Webライティングを知る近道のひとつは、Webライターになることです。Webライティングは実践あるのみ!

最後に、「Webライティングの技術が未熟」「特別な資格がない」という人でも、Webライターになる方法を紹介します。

クラウドソーシングサイトを活用する

Webライターにチャレンジしたいなら、まずはクラウドソーシングサイトに登録して仕事をはじめてみましょう。

「未経験OK」の案件は多く、執筆するジャンルも、

  • 恋愛系
  • スポーツ
  • 子育て
  • ファッション
  • インテリア

など、豊富に見つかります。

自分の興味のある分野からはじめて、仕事をこなしていけば、自然とWebライティングの知識や技術は身につくものです。まずは登録してどんな仕事があるかチェックしてみてください。

講座や本で勉強する

Webライティングは仕事しながら腕を磨くことができますが、講座を受けたり、本を読んだりして勉強することも大切です。Webライターとして活躍したいなら、積極的に知識をアップデートすることも欠かさないようにしましょう。

Webメディアに応募する

Webライターになるには、Webメディアに直接応募する方法もあります。Webメディアが、自社のサイトでライター募集を募っているケースは珍しくありません。採用されれば、その時点でもうWebライターになることができます。

好きなメディアや書いてみたいジャンルがある人は、Webメディアの募集を定期的にチェックして、応募してみてください。メディアの編集から記事の添削や指導が受けられるので、Webライティングの腕も確実にアップしますよ。

企業にライターとして就職する

企業にライターとして就職する方法も、Webライターになる方法のひとつ。会社に所属すれば、安定した報酬を得ながら、ライティングのスキルを高めることができます。

とくに、「フリーランスでやっていくには不安」という人におすすめの、Webライターになる方法です。

自分で仕事を作る

Webライターになる方法は、記事を企業やメディアに寄稿するだけではありません。

  • noteで記事を商品として販売する
  • 自分の記事でブログ運営する
  • 講座やスクールに通って、コネから仕事の場を広げる

上記のような方法を使っても、Webライターとして仲間入りできます。いずれにしても、記事を書いているうちに実力が付くはずなので、とりあえずはじめてみることがポイントです。自分から動いて仕事を作ることも、Webライターになるための条件といえます。

まとめ:Webライティングに興味があるなら、まずはチャレンジしてみよう!


Webライティングとは、

  • 記事が検索エンジン上位にランキングされること
  • 誰でも読みやすい

という点を意識して書く技術のこと。

一見難しそうですが、Webライティングのスキルは記事を書けば書くほど身につきます。Webライティングに興味がある人は、まずはWebライターにチャレンジして、仕事をこなしながら腕を磨いてみてはいかがでしょう。ライティングに対する知識が付くことはもちろん、自分の可能性を広げることができます。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加