Youtuber

スキマ時間でyoutuberデビュー!副業でも堅実に稼ぐポイント

「動画を投稿するだけでお金を稼ぐことが出来る!」
このことから大人はもちろん、小学生や中学生といった子どもも参入しはじめているYouTube。
YouTubeを副業に生計を立てている人も実際にいますが、どうやって収入を得ればいいのでしょうか?
今回は、YouTubeで稼ぐポイントをご紹介していきます。

youtubeでどうやって収入を得られるのか


YouTubeで収入を得る際、動画投稿をして「広告」をつける必要があります。
人気ユーチューバーの多くは、基本的に広告収入などをもらって生活しています。

広告を貼りたい場合は、一度YouTubeのパートナープログラムに登録して、Googleアドセンスと紐付ける必要があります。

Googleアドセンスとは、動画の内容に適した広告を自動的に配信する仕組みのことです。
こちらに登録することで、ユーザーに広告をクリックするよう働きかけることが出来るのです。

Google アドセンスでも報酬は管理されるので、個人情報(氏名・生年月日など)を登録する必要があります。

日本円で8000円以上稼ぐと、指定口座に振り込まれます。
口座自体は未成年でも作成することが可能です。

またYouTubeに貼れる広告の種類は以下の通りです。

1.インストリーム広告
2.オーバーレイ広告
3.サイドバー広告

1つずつ説明をしていきます。

インストリーム広告

インストリーム広告とは、動画を見る前に流れる15秒~30秒の広告のことです。
「5秒後にスキップ可能」というタイプと、15秒程度スキップ出来ないタイプがあります。
皆さんもYouTubeで動画を見る前に、15秒くらいの長いCMを強制的に見せられたことはありませんか?

実は、その広告自体が動画投稿主の収益になっているんです。
こちらは広告を最後まで視聴したり、スポンサーサイトに移動した場合に報酬が発生するようになっています。

オーバーレイ広告

次にオーバーレイ広告についてです。
これは、投稿された動画にかぶさって出てくる広告のことです。
広告を視聴者にクリックしてもらうことで、報酬が手に入る仕組みになっています。

ただし、この広告をつけてしまうと視聴者に嫌がられてしまい、動画に来なくなってしまう危険性があります。
ですので、YouTubeで副業をする際はなるべくつけないようにしましょう。

サイドバー広告

サイドバーとは、動画の右上に表示されるバナー広告のようなものです。
こちらも広告をクリックされた時に報酬が入りますが、PC版にのみ表示され、なおかつクリックしづらいところにあるので、なかなか押されることはないです。

再生回数を伸ばしたり、登録者数を増え続けていけば副業で稼ぐことは出来ますが、YouTubeのパートナープログラムに登録するには「登録者数1000人以上」「年間の総再生時間4000時間」の条件をクリアする必要があります。

最初は視聴者を集めることすら困難なので、長期的に続けられるようにスケジュールなどを調整しておきましょう。

人気youtuberは忙しそうなイメージだけど、副業でやっていけるか


「ユーチューバーってなんだか忙しそうだけど、副業でやってけるのかな…」
結論から言うと…やれます。

人気ユーチューバーの多くは、基本的に専業で仕事をしています。
(動画投稿は基本的に毎日)
動画投稿の他にも、イベント出演や書籍執筆など多岐に渡って活動をしているため、忙しくなっているのです。

ですが、そこそこ人気のユーチューバーの場合、本業があるため動画投稿だけで仕事をしていることが多いです。
中には本業が忙しいためか、不定期に動画を投稿したり、隔週で投稿する人もいます。

ですので、きちんとスケジュールを立てれば副業でやっていくことが可能です。
YouTubeで副業をする前に、本業の合間にどれだけの時間が取れるか(企画・撮影こみで)などを把握しておくといいでしょう。

顔出ししなくても稼げるか?


結論から言うと…稼げます。
実際に顔出しなしで稼いでいる人気ユーチューバーは多いです。

顔出しをしたほうが稼げるというわけではありません。
むしろプライバシーを守るなら、顔出しはしない方がいいです。

動画を撮影する際は、なるべく自分の家と特定されないように撮るなど対策をとっておきましょう。

どんなジャンルが人気があるか


YouTubeで副業をするなら、どんなジャンルが人気があるかを調べておく必要があります。
顔出しなしでも人気が出やすいジャンルは以下の通りです。

1.バーチャルユーチューバー
2.歌ってみた、踊ってみた
3.ゲーム実況
4.ものづくり系(イラスト制作など)

顔出しなしで一番人気が出やすいのは、バーチャルユーチューバー(Vチューバー)です。
キャラクターを設定して声や動きを与えるだけなので、初心者でも比較的手が届きやすいです。
凝ったキャラ設定や世界観のVチューバーの場合、うまくいけば上位に入ることが出来ます。

次に人気が出やすいのは、歌ってみたや踊ってみたです。
こちらも簡単に始めることが出来るので、歌や踊りが好きな人はぜひチャレンジしてみてください。

続いて人気が出やすいのは、ものづくり系動画です。
レジンアクセサリー制作やヘアゴム作成といったオーソドックスなものから、牛乳パックで立体人形を作る動画など多岐に渡ります。

個性的なアイデアを武器にしたい人におすすめのジャンルです。

ゲーム実況も、顔出しをせずに稼ぎやすいジャンルとなっています。
プレイのうまさというより、実況力が鍵になってきます。
ゲームをしながら喋ることが出来る器用な人におすすめですね。

youtubeに動画を投稿するのに必要なツール、道具


では、YouTubeに動画を投稿するのに必要なツール、道具はどういったものなのでしょうか?
一覧でご紹介していきます。

1.PC
2.ビデオカメラ
3.三脚
4.マイク
5.編集ソフト

まず必要なのは、PC
動画を編集したり、YouTubeに動画をアップロードする際に必要になってきます。
軽量でなおかつ中古のPCの場合は、1万~2万円ほどで購入可能です。
本格的に慣れてきたら、もう少しスペックの高いPCに買い換えてみるのもいいですね。

撮影用に必要なのはビデオカメラ、三脚、マイクです。
ビデオカメラはスマホと違ってブレ補正がかかり、綺麗に撮影することが出来ます。
大体1万円ほどで購入可能です。

また、遠くから撮影する場合に備えて三脚やマイクも用意しておきましょう。
どちらも安価で購入することが出来ます。
マイクは、音質が良くてなおかつノイズを拾いにくいものを選ぶといいですね。

次に必要なのが編集ソフトです。
最初のうちは、簡単な編集ソフトで大丈夫です。
PCにあらかじめ入れてあるソフトを使えば、簡単に編集することが可能です。
慣れてきたら、有料のソフトに切り替えてみるのもいいでしょう。

その他、ジャンルによって必要な機材が異なってきます。
副業でやる場合は、他のユーチューバーがどんな機材を使っているかもよく調べておくといいでしょう。

広告収入も確定申告が必要か


副業で広告収入を得た場合、原則確定申告を行う必要があります。
会社員や学生をやりながら副業をしているなら、年間20万円以内の場合は払わなくても大丈夫です

ただし、会社員であっても以下の条件に当てはまる人は副業であっても確定申告を行う必要があります。

1.年収が2000万超えている人
2.2箇所以上給与をもらっている人
3.医療費控除や住宅ローン控除を受けるために確定申告をしている人

これらは、年末調整が終わっていないということなので、YouTubeで得た収益もきちんと確定申告する必要があります。
申告漏れしてしまうと、税務署から目をつけられてしまいますので、十分注意しましょう。

まとめ


今回は、YouTubeで稼ぐポイントをご紹介しました。
ユーチューバーは顔出しなしでも、長く投稿していけば稼ぐことが出来ます。
自分の好きなジャンルを売りにして、副収入を得ていきましょう。

【登録しないと損!】[email protected]登録

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加