確定申告

アフィリエイトはいくらから確定申告が必要?方法と注意点を解説!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

アフィリエイトで収入が得られると気になるのが確定申告です。アフィリエイトで年間数千万円稼ぐ人がいれば、数万円という方もいます。

「主婦だから扶養内から外れたくない」
「学生だけど確定申告は必要?」
「サラリーマンだからアフィリエイト収入がバレると困る」
という方もいるでしょう。

そこで、収入がいくら以上になると確定申告が必要なのか、収入がバレないようにする方法はあるのか、簡単に確定申告をする方法などをわかりやすく解説していきます。

アフィリエイトの確定申告はいくらから?


まず、アフィリエイトで得た収入がいくらくらいになると確定申告が必要なのかが気になるところだと思います。自分の置かれている状況によって申告しなければならない金額が違ってきますのでそれぞれ解説していきましょう。

副業の場合は「所得」20万円以上から

サラリーマンのように副業としてアフィリエイトをしている場合は、20万円を超えると確定申告が必要です。

ただし、20万円というのは年間収入ではなく「年間所得」です。アフィリエイトで得た収入から経費を引いた金額が所得となります。所得が20万円未満であれば確定申告をする必要はありません。

専業にしているなら38万円以上から

主婦や学生でパートやアルバイトをせず、アフィリエイト1本で専業にしている場合は専業になります。

この場合、所得が38万円以上になると確定申告が必要になります。

所得が指定金額未満でも住民税の申告を

あくまでも先程説明した金額以下の場合、申告しなくても良いのは確定申告だけです。所得があれば住民税はかかってきますので、必ず住民税の申告が必要です。

確定申告は税務署ですが、住民税は各市町村の市民税課に申告となります。

主婦・学生・会社員の確定申告の違い


アフィリエイトで得た所得によって確定申告が必要になる方がでてきます。ただし、それぞれの置かれている立場によって確定申告時に注意しなければならないことがあります。

特に、主婦・学生・会社員(サラリーマン)は注意が必要ですので、それぞれ細かく解説していきましょう。

専業主婦は103万円に注意

専業主婦は世帯主(親や夫など)の扶養家族となっており、確定申告時に「基礎控除38万円+給与所得控除65万円」で合計103万円の控除が受けられます。

そのため、アフィリエイトの所得が103万円を超えてしまうと所得税が発生するだけではなく扶養から外されてしまいます。アルバイトやパートなどをしている主婦でアフィリエイトが副業になっている主婦も、合計所得が103万円に注意です。

例えば、
「パート所得80万円+アフィリエイト所得20万円」
この場合は103万円以以内なので所得税はかかりません。

学生も基本は103万円!勤労学生控除は130万円に

学生も基本的には親に扶養してもらっている人が多いので所得額103万円に注意ですが、一定の条件を満たせば「勤労学生控除」というものが受けられます。

勤労学生控除を受けることができれば、「基礎控除38万円+給与所得控除65万円+勤労学生控除27万円」の合計130万円の控除を受けられるようになります。

ただし、勤労学生控除を受ける条件は厳しいものもありますので、国税庁のホームページなどでご確認ください。

会社員は副業がバレない「住民税の通知」に注意

確定申告をすると住民税の通知が会社に届きます。会社側が給料と住民税が合っていないことに気付くため、副業をしているとバレてしまいます。

会社にバレずに確定申告をするには確定申告書にある「住民税の徴収方法」を「給与からの天引き」ではなく、「自分で納付」にしておきます。「自分で納付」にしておけば住民税の通知が会社に届くことは基本的にはありません。

しかし、市区町村の対応によって変わることもあり、絶対とは言い切れないため、会社に知られることで懸念が大きい場合は、事前に会社に確認した上で副業を始めることが得策でしょう。

アフィリエイト収入は税金対策をして確定申告


アフィリエイトで得た収入をそのまま確定申告してしまうと、多くの税金を取られてしまいます。そこで、少しでも税金が少なくて済むように、税金対策となる方法を2つご紹介しましょう。

青色申告にすると大幅に税金対策できる

確定申告をする方法に「白色申告」と「青色申告」の2つのタイプがあります。一般的には白色申告になり「雑所得」として計上します。

しかし、「青色申告承認申請書」を税務署に申告すれば、アフィリエイトで得た収入は雑所得ではなく「事業所得」となります。青色申告にすると白色所得にはない「10万円控除」と「65万円控除」を受けることができるので大きな税金対策ができるのです。

青色申告にするには一定条件がありますので、国税庁や税務署のホームページで確認しましょう。

見落としがちなアフィリエイトで計上できる経費

所得は「収入-経費」なので、経費をきちんと計上することで税金対策になります。アフィリエイトで計上できる経費を記載しておきますので、見落としがないか確認していきましょう。

  • サーバー代やドメイン代⇒通信費
  • 情報交換の場やセミナーへの参加費⇒接待交際費
  • アフィリエイトに関係する電車賃やバス代⇒旅費交通費
  • アフィリエイトに関係するガソリン代や高速代⇒車両費
  • 振込にかかった手数料⇒支払手数料
  • インクやコピー代など10万円未満の備品⇒消耗品費
  • パソコンやカメラなど10万円以上の備品⇒減価償却費
  • 家賃や駐車場代⇒地代家賃(自宅で作業をしている場合に限り、全額ではない)

  • 水道代や電気代⇒水道光熱費(自宅で作業をしている場合に限り、全額ではない)

アフィリエイト収入の簡単な確定申告方法


アフィリエイトで得た収入を確定申告するのに税理士にお願いする人がいますが、自分でも簡単に申告の手続きすることができます。

これからお伝えする「収入」と「経費」の2つのことができていれば、あとは税務署で係員に聞きながら手続きができるので覚えておきましょう。

1月~12月までのアフィリエイト収入を計算

まず、確定申告に必要なのは、前年の1月1日~12月31日までの収入です。確定申告の時期が毎年2月中旬~3月中旬ですので、その前年の年収が必要です。

所得ではなく、純粋な収入ですので預金通帳などを見ながら1年間の収入合計を計算します。

1年間にかかった経費の総額を計算

先程の経費として計上できるものをチェックしながら、勘定科目ごとに総額を計算しておきます。

経費も1月1日~12月31日までの分ですが、総合計ではなく勘定科目ごとに年間の経費を計算しましょう。

副業の人は源泉徴収票を持参

サラリーマンやアルバイト・パートの方は源泉徴収票を提出する必要はありませんが、給与所得などを書かなければなりませので税務署に持参しましょう。

アフィリエイトの場合、上記2つの「収入」と「経費」を計算したメモ、源泉徴収票があれば確定申告はできます。

確定申告しないとどうなる?


「アフィリエイトの収入はバレないだろう」
「確定申告が面倒」
などの理由で確定申告をしない人がいますが、アフィリエイトはASPから銀行口座へ振り込まれるため、「個人通帳をチェックできる税務署」には必ずバレます。

では確定申告をしない場合、どうなってしまうのでしょう。

刑事罰を含む3つの罰則が科せられる

アフィリエイトで得た収入を確定申告しない場合、3つの罰則が科せられます。

  • 罰則①【無申告加算税】
    確定申告の必要があるのに忘れていた場合、50万円までは10%、50万円を超えた部分には15%の加算税が科せられます。

  • 罰則②【延滞税】
    所得税の納税の期限までに税金を支払わなかった場合は延滞税がかかります。

  • 罰則③【刑事罰】
    確定申告をしなかった罰則の中で最も重いのが刑事罰です。故意に申告をしなかった場合や不正な手続きを行った場合は、5年以下の懲役か500万円以下の罰金となります。

まとめ:アフィリエイトで月収100万円を超えたら税理士へ


個人でも確定申告はできますが、月収が100万円を超えてくると会社を別で設立した方がよいなど税金対策が難しくなってきます。

また、どうすれば一番よいのかなども税金に詳しい税理士さんに任せる方が得策です。それまでは個人でできる範囲ですので、毎年申告期限を確認して確定申告をしましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加