投資

アパート投資とマンション(ワンルームマンション)投資の違いとは?

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「アパート投資とマンション(ワンルームマンション)投資にはどんな違いがあるの?」
「アパート投資とマンション投資の特徴は?」

など、アパート投資とマンション投資の違いについて疑問を持っている方は多いでしょう。数千万円の投資資金がかかりますし、アパート投資とマンション投資では性質が異なるので疑問に思うのは当然です。

ここでは、アパート投資とマンション投資の特徴・違いについて紹介しています。この記事を読めば、どちらが自分に合った不動産投資か判断しやすくなるでしょう。

アパート投資とマンション投資の違い


アパート投資とマンション(ワンルームマンション)投資では特徴が異なります。それぞれの特徴について確認し、違いを把握しましょう。

アパート投資の特徴

アパート投資は、空室リスクを分散できて土地が残るなどの特徴があります。マンション(ワンルームマンション)投資とは違う点は以下4点です。それぞれの内容について、見ていきましょう。

1.建物が古くなっても土地が残る
2.空室リスクを分散できる
3.修繕・リフォーム計画が立てやすい
4.家賃収入が多い

1.建物が古くなっても土地が残る
アパート投資の特徴の1つが、建物が古くなっても土地が資産として残ることです。アパート投資は建物が老朽化すると、家賃収入の獲得が難しくなります。また、資産価値が下がるため売却をしても高い金額は期待できません。建て替えをするのにもお金がかかります。

しかし、土地の価値は建物のように老朽化で価値が下がることはありません。ワンルームマンション投資であれば土地はほとんどないので、建物が老朽化すると現金化できないこともあります。アパート投資であれば土地があるので、資産として残すことができますし、売却してまとまったお金を得ることが可能です。

2.空室リスクを分散できる
アパート投資は空室リスクを分散することができます。なぜなら、部屋数が多いからです。たとえば、ワンルームマンション投資の場合、入居者がいれば家賃収入がありますが、入居者がいないと家賃収入は0円になります。家賃収入が0円の期間が長くなれば、破綻するリスクも出てきます。

アパート投資は部屋数が多いので、いずれかの部屋に入居者がいれば家賃収入が0円になることを防げます。1〜2室の空室ができて家賃収入が減ることはあっても、家賃収入が0円になる可能性は低いです。空室リスクを分散できて家賃収入が急減するのを回避しやすいのが、アパート投資の特徴です。

3.修繕・リフォーム計画が立てやすい
アパート投資は修繕・リフォーム計画が立てやすいのも特徴です。なぜなら、アパート一棟のオーナーであり、他の所有者がいないからです。ワンルームマンションの場合は、修繕やリフォームをするには他の所有者の賛同が必要になります。

アパート投資であれば、部屋の修繕やリフォームはもちろん、

  • 外壁塗装
  • タイル貼りへの変更
  • 防犯カメラ設置
  • 防犯灯設置
  • インターネット回線敷設
  • 自転車置き場の修繕

など、さまざまな改修を他の所有者にお伺いを立てることなく実施できます。オーナー自身が自由に決めることができるのです。修繕やリフォーム計画を立てやすいのはアパート投資の特徴です。

4.家賃収入が多い
アパート投資は、部屋数が多いのでまとまった家賃収入を得ることができます。たとえば、部屋数が8室で1部屋の家賃が6万円だとすれば、満室時の家賃収入は月48万円、年間576万円です。部屋数が多いので、入ってくる家賃収入はまとまった金額になります。仮に入居率が90%(7室)の場合は月42万円、年間504万円です。多くの家賃収入を得る可能性があるのは、アパート投資の特徴になります。

マンション投資の特徴

次に、マンション(ワンルームマンション)投資の特徴について確認していきましょう。ワンルームマンション投資は、少ない資金で始められて流動性が高いのが特徴です。アパート投資と比較するためにも、以下3つの特徴について把握しておきましょう。

1.少ない投資資金で始められる
2.流動性が高く売却しやすい
3.減価償却期間が長い

1つずつ、紹介していきます。

1.少ない投資資金で始められる
ワンルームマンション投資であれば、少ない投資資金で始めることができます。ワンルームマンション投資は新築で1,000万円〜2,000万円台、中古だと1,000万円以下の物件もあります。

一方、アパート投資は4,000万円〜6,000万円程度、場合によってはそれ以上の予算がかかります。ローン利用額が増えれば毎月の返済負担も大きくなります。少ない投資資金で始められるのはワンルームマンション投資の特徴です。

2.流動性が高く売却しやすい
流動性が高く売却しやすいのもワンルームマンション投資の特徴です。ワンルームマンションは駅近など利便性が良い立地が多く、価格が比較的安い上に賃貸需要が見込めるため、高い流動性が期待できます。そのため、売りに出せばすぐに買い手が見つかる可能性があります。流動性が低い物件だと、売りに出しても買い手はなかなか見つかりません。

不動産投資として人気があるワンルームマンションであれば、早く高く売却できてまとまったお金を手にすることができます。

3.減価償却期間が長い
減価償却期間が長いのもワンルームマンション投資の特徴です。減価償却とは不動産代金を定められた期間(耐用年数)に分けて費用計上することです。耐用年数は建物の構造によって、以下のように異なります。

  • 鉄骨造(厚さ3mm以下):19年
  • 木造:22年
  • 鉄骨造(厚さ3mm超4mm以下):27年
  • 鉄骨造(厚さ4mm超):34年
  • 鉄筋コンクリート造(RC):47年

多くのワンルームマンションや鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造になるので、耐用年数は47年です。そのため、建物代金を47年かけて費用計上することができ、長期にわたり節税効果が期待できます。一方、アパートは木造物件が多く耐用年数は22年です。そのため、23年目以降は減価償却による費用計上ができなくなってしまいます。このように、減価償却期間が長いことはワンルームマンション投資の特徴になります。

マンションが初心者にはおすすめ


アパート投資とマンション投資の特徴を紹介しましたが、初心者におすすめなのはマンション投資です。なぜなら、ワンルームマンション投資であればアパートよりも少ない投資資金でスタートできるからです。1,000万円〜2,000万円程度の資金で物件を購入できるので、サラリーマンでも物件を買って始めることができます。利便性の良い立地に所有できるので、売却時も困りません。初心者の場合は、資金的リスクが少ないワンルームマンション投資から始めるのがおすすめです。経験を積んで資金的余裕ができたら、アパート投資にチャレンジするといいでしょう。

まとめ


ここでは、アパート投資とマンション投資の特徴・違いについて紹介しました。投資資金が少なく流動性が高いことから、不動産投資初心者におすすめなのはマンション(ワンルームマンション)投資です。

ワンルームマンション投資であれば資金的リスクを抑えて、不動産投資をスタートさせることができます。不動産投資に興味がある方は、ぜひマンション(ワンルームマンション)投資を検討してみましょう!

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加