Webライティング

初心者Webライターがまずは月1万稼ぐための指南書

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

インターネットが生活の中で身近な存在となっている今、注目されているのがWebライターの仕事です。パソコンがあれば仕事をする場所を選ばず、自分の好きな時間にできるのがいいですよね。

でも、Webライターと一口に言っても、どうやって始めればいいのか悩むところです。

悩める女性
悩める女性
仕事はどうやって見つけるのかもわからないし、どれだけやっていくら稼げるんだろう?

そこで、Webライターに興味を持っている方に向けて、まずは月1万円稼ぐための方法をご紹介します。1万円は未経験で始めた副業であっても、確かな手ごたえを感じる金額のはずです

この記事では、Webライターを実際に始めるための手順や、初心者が気を付けたいポイントを厳選しました。執筆したライターや編集者自身もまったくの未経験から始めた主婦で、私自身が稼げるようになった経験から判断した情報のみをまとめています

1万円稼げると、3万、5万、10万と可能性に気づいていけます。まずは月1万円稼ぐための具体的なイメージをつかんで、ぜひ一歩踏み出してみてください。

記事を読むメリット

・Webライターが自分にあった働き方かわかる
・どうやって仕事を獲得するかがわかる
・報酬相場を把握できる
・経験者が語る、継続して続けられる秘訣を学べる

Webライターの魅力とは?

初心者でも始められる

Webライターのメリットは、初心者でもすぐ始められる点です。特別な資格や経験も必須ではなく、思い立ったときに始められます。「多くの人に開かれている仕事」という点が、Webライターの大きな魅力です。

実際、「初心者歓迎」「未経験OK」をアピールする案件が多く、初心者がスキルアップを兼ねて稼げると見込んで応募が殺到することもあります。

在宅で仕事可能

パソコンがあれば、家にいたまま仕事ができるのもWebライターならではです。通勤時間がないので、効率的に仕事ができますね。家に小さい子どもがいるなど、家から出づらい人にとっても始めやすい仕事と言えます。仕事場所の自由度が高いのも、Webライターが注目される理由です。

自分次第で収入を増やせる

Webライターは、仕事をする場所・時間を自由に決められます。自分のがんばり次第で収入を増やすことも可能というわけです。

本業とは別に副業としてWebライターをやりたい人、子育てしながら収入を得たい人など、人によって目的はそれぞれです。いろいろな働き方に対応できるのが、Webライターの大きな利点です。

少しでも収入アップが見込めるかも…と挑戦しようか迷っている方は、まずは月1万円稼ぐことを目標にしてみてはいかがでしょうか。

Webライターの仕事手順

Webライターは、具体的にはどうやって始めればいいのでしょうか。Webライターの仕事手順をご紹介します。

初心者Webライター 仕事の始め方

「Webライターの仕事をしてみよう!」と思ったとき、まず何をすればいいのか悩みますよね。

最も手っ取り早いのが、クラウドソーシングに登録することです。クラウドソーシングとは、ネット上で「仕事を頼みたい人(個人や企業など)」と「仕事を受けたい人」がつながることができるサイトです。

時には10,000件以上の案件が掲載されていることもあり、初心者に向けて膨大な量の仕事案件が提示されています。「やってみたい!」と思える案件を探してみましょう。

Webライターとして、まず何をやればいいかわからないという方は、始めの一歩としてクラウドソーシングに登録してみることをおすすめします。

初心者におすすめなクラウドソーシングサイトは、以下の通りです。

クラウドソーシングに登録することで、いろいろな案件をチェックできるので、具体的なイメージもつかめます。

Webライターとして仕事をする手順を、以下にご紹介します。

1.クラウドソーシングに登録する。
2.案件に応募して、実際に仕事を受ける。
3.無事に納品が完了したら、報酬をいただく。

実際に仕事に応募して、クライアントから正式に依頼をもらったら、早速仕事スタートです。納期までに案件を進めていき、終わったらクライアントへ提出します。必要があれば修正などアドバイスを受け、最終的に納品完了となれば仕事は終わりです。報酬をもらって、場合によれば次の案件を紹介してもらえるケースもあります。

まずは小さなタスク形式から始めて慣れる!

最初の一歩を踏み出すのは、とても勇気のいることですよね。でも、頭で考えていると、不安ばかりでなかなか先に進めません。「まずは、やって覚える!」という勢いも必要です。

クラウドソーシングには、いろいろな種類の案件があり、初心者向けの依頼も多いです。まずは、1件応募してみましょう。1件、2件とこなしていくうちに、仕事の流れがつかめてきますよ。

クラウドソーシングには、一般的に「プロジェクト」と「タスク」という2種類の仕事があります。

「プロジェクト」は、3,000字の記事作成など、中長期的に進めていく仕事が多いです。「タスク」は、500字程度のアンケートや口コミなど、スキマ時間にぴったりな内容です。「プロジェクト」は報酬額5,000円などに対して、「タスク」は報酬額300円など、比較的低単価の仕事となります。

仕事の感覚をつかむために「タスク」に挑戦したら、あとは「プロジェクト」の案件のみに切り替えるのがおすすめです。月1万円の収入を目指すには、「プロジェクト」を数多くこなしていくことが必須だからです。例えば、文字単価0.8円で3,000字執筆のプロジェクト案件を受けた場合は、以下のようなイメージになります。

0.8円(文字単価)×3,000字=2,400円(1記事)
2,400円×5記事=12,000円

2,400円の記事を5記事書くと、12,000円の報酬となります。報酬に対してシステム手数料などがかかるので、手元に入る正確な数字とは違いますが、初心者でも月1万円を目指すのは十分可能だとわかりますね。

筆者の体験談

私も最初はクラウドソーシングに登録することから始めました。ライター経験もなく不安でしたが、思いきってWebライターの戸を開けてみると、予想以上に仕事を始めやすい環境だなと気付きました。

ライティングの仕方は、クライアントがマニュアルで指導してくれるので、大きな問題もなく進められました。ありがたいことに「わからないことは聞いてください」というスタンスのクライアントだったので、疑問点を確認しながら取り組めました。

Webライターの仕事は、「まずは、やってみる!」ということに尽きると思います。

初心者Webライターの気を付けたいポイント

誠実・丁寧・迅速を心掛ける

Webライターは、ネット上で仕事が完結することが大半です。顔の見えない相手と仕事をするからこそ、誠実で丁寧な対応がとても重要になります。クライアントに送るメッセージ一つひとつにも、誠意を込めて丁寧に返せるといいですね。

また、できるだけ迅速な対応も心がけましょう。ほかの予定などで、いつもすばやい反応をするのは難しいかもしれないですが、できるだけ早く対応することが、仕事への誠意にもつながります

わからないことは迷わず聞く

初心者にとって、わからないことがあるのは当然です。無理に自己判断するのではなく、疑問点はクライアントに聞いてみましょう。クライアント側も、不安なところは確認しながら作業を進めてほしいと考えています。丁寧に教えてくれる方がほとんどなので、安心して質問してみましょう。

ただ、質問を細切れに繰り返すのも失礼なので、質問がいくつかあるときは、まとめて聞くようにするといいですね。

コンプライアンスを守る

著作権や個人情報など、社会人として守らなければならないルールはしっかり守りましょう。「コピペをしない」「画像の無断使用をしない」など、ネット上の基本的なルールを守ることが大事です。ルールを破ってしまうと、場合によっては損害賠償請求をされる危険もあります。

Webライターの仕事は、ネットで完結できる手軽さがあります。手軽だからこそ、コンプライアンスを破るようなタブーな行いは、絶対にしないよう気を付ける必要があります。ルールを守る姿勢が、クライアントとの信頼関係の構築にもつながっていきます。

初心者Webライター 収入アップのコツ

初心者Webライターとして駆け出した次の目標は、収入アップです。初心者は低単価の案件からスタートすることが多いですが、がんばり次第ではさらに収入をアップさせることも可能です。収入を増やすコツを確認していきましょう。

数をこなして経験を積む

まずは、シンプルに仕事の数をこなしていくことです。初心者のうちは、経験不足ゆえに要領が悪かったり、ライティングに悩んで時間をロスしたりすることも多いです。

Webライターは、報酬を「文字単価◯円」という形式でもらうことがほとんどです。時給形式ではないので、悩んで1文字も進まなかった時間には、お金は発生しません。もったいないですよね。

でも、経験を積んでいくうちに、自分のやりやすい仕事の進め方がわかってきます。要領よく仕事をこなせると、時給換算した際の金額がアップしていきます。

経験を積むことで、クライアントからの信頼も得ることができるので、ぜひ積極的に仕事を進めていきましょう。

知識を増やす

Webライターの仕事には、上手に書くノウハウがあります。SEO(サイトが検索上位に上がるようにライティングする技術)などが、一例です。SEOなどの知識を身に付けることで、記事作成する上での指標ができます。

ただ、知識ばかりを頭に入れようとすると、文章として、ちぐはぐになってしまう危険もあります。初心者におすすめなのは、まずは仕事を受けてみて、同時進行で適度に知識を付けていく方法です。

実際に手を動かしながら、知識を都度補完していく方がいいでしょう。

文字単価アップの交渉

ある程度実績を積んだら、文字単価アップの交渉をしてみましょう。

ただ、積極的に単価アップの交渉をしていくのは、なかなか難しいかもしれません。コツコツと実績を積んで、単価アップの裏付けになる信頼を作っていくのがベストな方法です。

クライアントに「単価をアップしてでも仕事を頼みたい」と思ってもらえる状況だと、交渉のハードルも下がります。

まとめ

初心者Webライターが月1万円稼ぐことは、決して難しいことではありません。たしかに、初めてのことに踏み出すのには勇気がいります。

でも、最初の一歩の先には、自分の新しい可能性があります。「まずは、月1万円から」と、気負わず一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加