おすすめ副業

ブログでの画像利用、引用ルール!フリー素材使用時の注意点とは

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

今の時代、魅せるブログを作るにあたって画像の存在は非常に重要です。画像のないブログは見映えに欠け、地味で目立たないとみなされてしまうこともあり得ます。

画像の利用には一定のルールが設けられているのをご存知でしょうか。今回は、ブログにおける画像利用、引用の約束事について解説します。

こんな画像の載せ方は著作権侵害?


「画像の無断利用」に関する問題はしばしば話題になっています。ネット上であれど、人のものを勝手に使ってはならないのです。

いったいどのようなケースが無断利用や著作権の侵害とみなされてしまうのでしょうか。具体的な例を挙げていきます。

他人のサイトの画像を勝手に掲載

お気に入りのブログで使われていた画像をダウンロードし、あたかも自分のものであるかのように利用するのは無断利用とみなされる可能性が非常に高いです。

もし、そのブログの管理人など画像の著作権所有者に知られた場合、訴訟を起こされる可能性もゼロではありません。相手側の訴えが認められた場合、財産と信用に大きな損失を被ってしまいます。

イメージ検索で出てきた画像をダウンロード

希望の画像を検索してくれる「Googleイメージ検索」はとても便利なサービスです。しかし、検索結果の画像をそのままダウンロードして使うのはよいことではありません。

その中には、誰かが作ったあるいは撮影したオリジナルの画像がたくさん含まれています。それを勝手にブログで使えば、無断利用とみなされる可能性が高いのです。

アニメや漫画の画像を使う

ネット上にて、漫画やアニメキャラの画像が多くのユーザーに使われているのをよく見かけます。しかし、これは実のところ、かなりグレーな行為とされています。

公式サイト等から無許可でそのような画像を保存し使っていると、著作権の侵害として権利所有者から訴えられかねません。

「みんなが使っているから大丈夫」というではなく、著作権の所有者が行動を起こさないから「まだ問題になっていない」だけで、常に著作権侵害を犯してしまうリスクがつきまといます。

正しい画像引用の方法について


他人が権利を有している画像を利用する際は、「引用」を行う必要があります。しかし、この引用には定められた方法とルールがあるのです。

方法が守られていなければ、勝手に使ったのと同じようにみなされてしまうことがあります。無断利用とならないための、正しい画像引用手順について解説していきましょう。

具体的な引用の方法

他所で使われている画像を使用する場合、「引用元」をしっかり記載しておく必要があります。「出典:○○(サイト名)」などです。それに加え、引用箇所をはっきりさせるため、画像の部分を「引用符(””)」で囲んでおいてください。HTMLのスキルがあるなら、対象の箇所に「

」タグを挿入しましょう。

さらに、引用元のトップページへアクセスできるよう、URLのリンクも掲載しておきます。ただし、画像が掲載されているURLを直接載せる「直リンク」行為は、相手の負担となるのでしないようにしてください。

無関係な引用はルール違反

正しい形式で引用していたとしても、場合によってはそれが認められないこともあります。例を挙げると、記事の内容と関連性がない場合や、必要性が感じられない場合です。

「植物の記事なのに食べ物の画像を引用している」「ただ『見映えをよくしたいだけ』という意図が明らか」といったようなケースでは、正当性が認められない可能性があります。

「引用禁止」と書かれている場合

ネット上にアップされている画像の中には「引用禁止」と権利者による警告がなされているものがあります。しかし、これ自体に法的な拘束力はなく、ルールを守っていれば引用可能であるという解釈が一般的です。
参考元:STORIA法律事務所(https://storialaw.jp/blog/3413

とは言え、権利者の立場に立てば、あまり気分のよいものではありません。引用禁止とされていた場合、なるべくそれに従うのがよい方法です。

フリー素材画像の使い方について


ブログなどで多く使われているのが「フリー素材」です。これらの画像のほとんどは、特定のサイトから無料で保存することができます。

しかし、フリー素材を使うにあたっては、いくつか注意しておきたいポイントがあります。それらについて事前に知っていれば、将来的なトラブルを回避できるでしょう。

「フリー素材=自由に使える」というわけではない

フリー素材に関して、「自由に利用してもよい」と考えている人も中にはいますが、厳密にはそうではありません。無料で使えると言っても、自分の好きなように利用できない場合もあります。

フリー素材の中には「商用目的の利用はNG」「使用する際は連絡すること」「加工は禁止」といったルールが設けられているものもあります。こうしたルールを守った上で利用しなければなりません。

複数のフリー素材サイトをリサーチする

ひとつの素材サイトだけでは、ほしい画像が見つけられないこともあるでしょう。自身のブログに合った素材が欲しいのであれば、複数の素材サイトを探してみた方が効果的です。

ネット上にはたくさんのフリー素材サイトが存在します。写真をたくさん揃えているサイトもあれば、イラスト素材が豊富なサイトもあります。無料で使えるのであれば、複数のサイトを利用した方がよい結果につなげられます。

フリー素材は利用者が多い

フリー素材は利用にあたっての敷居が低いので、気軽に使うことができます。複数のブログ運営者が同じ素材を使っている可能性があるということです。

記事に使用しているフリー素材が訪問者に対し、既視感を与えることもあるかもしれません。ブログの個性を重視したいのであれば、有料素材の利用も検討するのがおすすめです。

おすすめのフリー素材サイト


多くの運営者によって利用されているフリー素材サイトはたくさんあります。その中でも、特に便利で使いやすいと評価されているものをいくつか紹介します。

これらのサイトで配布されている素材をうまく使えば、ブログの見映えを大きく向上させることが可能です。利用にあたっては会員登録が必要なサイトもありますので、メールアドレスやパスワードを用意しておいてください。

いらすとや

フリー素材サイトの中でも知名度が高いのが「いらすとや」です。ユニークでかわいらしいこのサイトのイラストの数々は、ブログだけでなくニュースサイトでも使われていることがあります。

人物や行事、動物に建物など多種多様なジャンルのイラスト素材を扱っているのが、このサイトの最大の特徴です。ただし、ひとつのコンテンツにつき21点以上の素材を使用すると有償となるので気をつけてください。

ぱくたそ

人物の写真に関連した素材が豊富なサイトです。多数のフリー素材担当モデルを抱えており、このサイトでしか扱っていない写真素材がたくさんあります。

個性の強いポーズや表情をしている人物写真をたくさん取り扱っているという点もこの素材サイトの特徴です。ユニークな内容の記事を作成したいときに役立ってくれるでしょう。

写真AC

「写真AC」では、ユーザーによってフリーの写真素材が投稿されています。ジャンルも風景や人物、建物など一通り揃っています。

素材のダウンロードにあたっては無料の会員登録が必要であり、メールアドレスやパスワードの登録が求められます。同企業が運営しているイラスト素材専門の「イラストAC」や影絵素材専門の「シルエットAC」といった姉妹サイトもあります。

まとめ:画像も大事なブログのコンテンツ


画像をどのように使うかによって、ブログの見映えは大幅に変わってきます。アクセスアップを目指すならば、画像の効果的な使用はとても大事となってきます。

利用のためのルールを踏まえたうえで、画像を積極的に使っていくとよいでしょう。運営しているブログや作成した記事のイメージと相性がよいものを探してみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加