おすすめ副業

よいブログタイトルは訪問者を呼ぶ!効果的な書き方解説します

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

ブログのアクセス数を向上させるには、さまざまなことに注意を払わなければなりません。ブログ記事のタイトルもまたそのひとつです。

ブログ記事のタイトルは、例えて言うならばお店やメニューの名前。第一印象を左右する、SEO的にも重要な要素です。たくさんの訪問者が集まるためにはタイトルをどのようにすればよいか、解説していきます。

ブログタイトルがSEO的に重要な理由


ブログのメインコンテンツは、言うまでもなく記事の内容です。しかも、タイトルもまた、アクセス数に大きく関わってくるのです。

ブログのタイトルの良し悪しがアクセス数に与える影響について、解説をしていきます。すでにブログを運営されている方にも、これから解説される方にも重要な内容となっています。

訪問者はタイトルで読むかどうかを決める

ブログを訪問する人のほとんどは、タイトルを見た上で記事を読むか読まないか判断します。自分の今日関心に沿った内容かを、タイトルの内容で決定します。

いわゆる「引きが弱い」タイトルの場合、多くの訪問者からそっぽを向かれてしまいかねません。内容がよかったとしても、そもそも読んでもらえません。

なぜ、訪問者はそこまで厳しいのかというと、時間がないからです。会社や学校、外での遊びに忙しい現代人は、すぐに面白さが伝わるものを求めています。

検索画面に出てきた地味で魅力のないタイトルを見て「面白くなさそうだな」と感じれば、すぐ目を離してしまいます。多くの人は自分が興味のない記事をわざわざ読んでくれるほど、時間的にも精神的にも余裕を持っていないのです。

忙しい人を一瞬で惹きつけるためにも、魅力的なタイトルが重要となります。

検索エンジンもタイトルを考慮する

タイトルを確認するのは、訪問者だけではありません。「Google」などの検索エンジンが利用しているクローラーも同様です。

クローラーは記事の内容のみならずタイトルに使われているワードをチェックし、「どのような内容のページか」といったような情報を収集しています。この結果が、ウェブ検索の順位にも影響を及ぼします。

アクセスアップのためのタイトルのつけ方


アクセス増加につなげるためのタイトルには、「読みやすさ」や「分かりやすさ」「注目されやすさ」が求められます。目にした人がすぐ内容を把握でき、なおかつ読んでみたくなるようなものが優れたタイトルです。

次は、多くの訪問者に記事をクリックしてもらうための、読みやすく分かりやすく、そして注目されやすいタイトルの書き方について解説していきます。

タイトルの文字数は28~32文字以内

長すぎるタイトル、そして短すぎるタイトルは効果的と言えません。長すぎた場合、PCでのGoogle検索結果画面上で省略される部分が増えて分かりづらくなります。短すぎた場合、記事の内容が正確に伝わらない可能性が高くなります。

タイトルには、長すぎず短すぎずな適度な文字数がベターです。PCの検索結果画面で表示される文字数の限界が32文字となっているため、それを考慮して26~32文字が内容を伝える上で有効です。

「何について書いているか」をキーワードつきで伝える

ブログのタイトルは、対象の事柄に関するキーワードが的確に含まれ、読んだだけで記事の内容がだいたい把握できるぐらい分かりやすいものが、ネット上では好まれる傾向にあります。

副業の長所と短所について書いているのであれば、「副業」「メリット」「デメリット」といったようなキーワードを入れておくと、訪問者はすぐ内容を把握でき、SEO的にもよい効果が期待できます。

ただし、ひとつのタイトルにキーワードを盛り込みすぎるのはあまりよいと言えません。キーワードだらけのタイトルは検索エンジンから「スパムコンテンツである」と判断され、マイナス評価につながるおそれがあります。

数字、個数を盛り込む

よいタイトルの特徴のひとつとして、「短い中で最大限の具体性を伝えている」といったことがあります。「どのようなこと」を「いくつ」紹介してくれるか、すぐに伝わるようなものです。

「5つの方法」「7個のテクニック」といったように、紹介するものの個数をタイトルで説明しましょう。具体的な記事の内容を多くの訪問者にすぐ理解してもらえるので、アクセスしてもらえる可能性が高くなります。

「そう思った理由」や「自分の意見」を入れる

時事問題やテレビ番組など、他人の意見や感想を知りたくなる時は多々あります。「他の人がどう思っているか?」を知るためにブログやレビューサイトを調べる人というのは少なくありません。

他人の感想や意見を知りたい人々を引きつけやすいのは、主張を盛り込んだタイトルです。「〇〇に対して私が面白いと感じた理由」、「なぜ僕は〇〇に反対なのか」といったように、自分の意見をタイトルに含むことで、それを知りたい訪問者からのアクセスが期待できます。

よいタイトルを思いつくための決め方、考え方例


ブログ初心者にとって、よいタイトルを考えるというのはなかなか大変なことです。すべての方がすぐにできることではありません。

この項目では、優れたタイトルを思いつくために行っておきたい考え方や方法について紹介します。いずれも特別なスキルを必要とはしません。アイデアに煮詰まってしまったら、ぜひ試してみてください。

「何を伝えたいか」というテーマをはっきり決める

ブログのタイトルは、一目読んだだけで「この記事の作者は何を伝えたいか」が把握できるとアクセスしてもらいやすくなります。

伝えたい記事のテーマをあらかじめ決めておけば、それを元に優れたタイトルを考案しやすくなるでしょう。形に残るよう、決定したテーマは紙やネットのメモ帳などにアウトプットしておくのがおすすめです。

人気ブログのタイトルを参考にする

多くのアクセス数を獲得しているブログは、タイトル決めにも力を入れているケースが多々見られます。初見の訪問者でも躊躇なくクリックしてもらえるよう、分かりやすく注目されやすいタイトルがとても大事だからです。

タイトル決めに悩む方にとって、人気ブログはよい教師となってくれるでしょう。それらのブログがどのような基準でタイトルづけを行っているかを研究し、自身のコンテンツに反映させていくのがよい方法です。

競合相手と似すぎた場合は変更を

タイトルを考える際には、競合相手についてもリサーチしておきます。タイトルや記事に使おうと考えているキーワードを検索するなどして、ライバルになりそうなサイトを探してみます。

その結果把握できた競合相手のサイトとは、できる限りタイトルが似すぎないようにします。タイトルが似てしまっている場合、先にアップロードした相手の方がアクセス的に有利となる可能性が高いからです。

タイトルの類似を防ぐためには、相手と違った切り口でタイトルを考案することが有効です。紹介する方法や商品の個数を相手より多くしてみる、真逆の主張を書いてみるといった方法が具体的には考えられます。

まとめ:タイトルへのこだわりで人気ブログに


ブログのタイトルは、記事内容と同じぐらい重要なものです。アクセス数のみならず、訪問者の意欲にも大きな影響を与えます。アクセスアップ増加を狙うのであれば、こだわりを持ったタイトルを考えましょう。

ブログ記事のみならず、ブログそのもののタイトルもまた無視できません。「このブログの記事が読みたい!」と訪問者が思うような、一目で内容の分かる名前をつけることのがアクセスアップへの鍵です。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加