お金が足りない

車のローンが払えない!?滞納した場合のリスクと対処法をご紹介します!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

私たちの生活に深く関わっている「車」。あると便利なので、ないと生活に支障が出ることもありますよね。

今回は、そんな車のローンが払えない場合どうなってしまうのかや、ローンを滞納しそうになった場合の対処法を分かりやすく解説します。

「ローンを払わないと私の車はどうなるの?」
「ローンで車の購入を考えているけれど、支払いに不安がある」
「今月ローンの支払いが難しそう・・・今後どうなってしまうのか事前に知っておきたい」
「なんとかしてローンの滞納を回避したい。どうしたらいいの?」

こういった悩みを持つ方は、ぜひこの記事で今後の流れや対処法を確認しましょう。

一つ一つを簡潔にまとめているので、ローンに関する知識がない方やこれからローンを考えている方でも読みやすいです。5分ほどで読めるにまとめているので、空いた時間を有効活用してみてはいかかでしょうか?

ローンが払えないとどうなるの?


まず本題から解決しましょう。

ローンの支払いができない場合、最終的に車は引き上げられてしまいます。

では次に、ローンが払えなくなった状態から、車が引き上げられるまでの流れを確認しましょう。

車が引き上げられるまでの流れ

まず、ローンの引き落とし日に引き落としができなかった場合、督促状が送られてきます。店舗によっては、電話で支払いの督促がある場合もあります。

でも、意図的ではなく「単純に引き落とし先の口座に入金を忘れていた」という場合もありますよね。そういう場合は、一日でも早く口座に入金しておきましょう。

なぜなら、ローンの支払が滞ると督促にかかった費用や遅延損害金など、本来支払わなくてよかった費用まで上乗せされてしまいます。ですので、ローンの引き落とし口座には十分なお金を入れておきましょう。

ですが、口座にお金が準備できず、支払いができないまま翌月の引き落とし日を経過してしまうと、「ローンを支払う意思がない」とみなされ、車を引き上げられることになります。この決定は、拒否することが出来ません。ですが、引き上げ日までに滞った分のローン費用を支払うことで、引き上げを免れる場合もあります。

以上が、車の引き上げが決定するまでの流れになります。

何カ月も支払いを待ってくれるのではなく、どんどんスピーディーに決定していきます。ですので、「なんとか支払いの期限を引き延ばして車を使おう」という考え方はできません。

厳しいですが、お金を支払っていないので仕方がないです・・・。こうなる前にも、なんとかローンを支払って、気持ちよく車を使える一番いいですね!

引き上げられたら、ローンの支払いはどうなるの?


車が引き上げられた場合、その車は売却されます。その後、その車の売却益でローンの残高を支払うことになりますが、それでもなおローン残高がある場合は継続してローンを支払い続けることになります。

手元に車がないのに車のローンを支払い続けるのは、なんだか悲しいですね。ちなみに、もし車の売却益がローン残高より高かった場合は、差額を受け取ることが可能です。

## 車がなくなるだけじゃない!?他にも滞納のデメリットがあるんです!

ローンを長期間滞納すると、車が引き上げられるだけではなく、個人信用情報に傷がついてしまうのです。いわゆるブラックリスト入りしてしまうのです・・・。

一度の滞納で即ブラックリスト入りするわけではなく、2~3か月以上の長期滞納の場合、「金融事故」として扱われ、信用情報に記録されてしまいます。この情報は、完済から5年間消えることがないので、その間さまざまな不都合がうまれます。

例えば、

  • 住宅や車のローンが組めなくなる
  • クレジットカードが作れなくなる
  • カードローンが利用できなくなる
  • 分割払いができなくなる

など、生活していく中で不便に感じることが多くなります。

ですので、なんとかして滞納しないように対策することが重要です

次の項目では、どうしても滞納しそうになった時の対処法をご紹介します。ぜひこの対処法を利用して、確実にローンを支払えるようにしましょう!

ローンを滞納しないためには、どうすればいいの?対処法をご紹介!

現実的なローンを組むこと

まず最初にしておくべきことは、自分の支払い余力に合わせた確実なローン返済プランを立てることです。

ローンの返済プランを考えるときに、車の金額だけを考えていると危険です!なぜなら、車を購入したことにより、駐車場代やガソリン代、車検代に自賠責保険代、自動車保険代、自動車税など今までかかっていなかった費用がドンとのしかかってきます。

ですので、それらの費用も考慮したうえで、自分の貯金額や収入に合わせた確実なローン返済プランを組むようにしましょう。

家族に相談してお金を借りる

自分で毎月確実に支払える!と思える返済プランを考えていても、急な出費でどうしても支払いが難しい場合がありますよね。その場合は、まず家族に相談してみましょう。

家族であれば人には話し辛いお金の相談もできますし、生活状況を理解してくれている場合は力になってくれることが多いです。また、信用もあるので無利子でお金を貸してくれることも多いのではないでしょうか。ですが、もちろん躊躇される場合もあると思います。その場合は「〇日までに返すので、〇万円だけ貸してほしい」と返済期限をあらかじめ伝えてみましょう。そうすることで相手もお金を貸しやすくなります。その後、貸してもらった際は必ず返済期限内にお金を返すようにしましょう!親しい中にも礼儀ありといいます。もしかしたら、また助けてもらうこともあるかもしれないので、信頼を失わないように必ず約束を守るようにしましょう。

カードローンを利用する

家族にも支援を断られてしまってどうしようもないときの最終手段として、カードローンを利用する方法があります。

カードローンであれば、無担保・無保証人で借入・返済ができ利用限度額の範囲内なら、自由に何度でも繰り返しお金を借りることが可能です。銀行やコンビニ等のATMやインターネットから簡単に申し込みができるので、支払い期限が迫っているときにも有効な手段と言えます。

ただし、お金を借りる行為なので利息は発生してしまいます。カードローンの利息は、日にちが経つごとに確実に増える仕組みです。ですので、返済のお金の準備が出来たら一日でも早く返済するようにしましょう。

ですが、お店によっては「初回利用の場合30日間利息ゼロ」といったお得なキャンペーンもあります。初回利用の方はこういったキャンペーンを利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ


ローンは、手元にまとまったお金がなくても気に入った車を購入できる便利なシステムです。ですが、車を購入したもののローンの支払いが滞ってしまうと、車を手放さなければならないだけではなく、自分の信用にも傷がついてしまうことになります。

ですので、「この車が欲しい!ローンを使えばすぐ手に入るし買おう!」と安易に決定するのではなく、今後の支払いが無理なく続けられるか、しっかり返済の計画を立ててからローンを利用するようにしましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加

RELATED POST