おすすめ副業

治験の報酬はどれくらい?意外と高額でビックリ!気になる報酬を徹底調査

みなさんは治験にどのようなイメージを持たれていますか?

「薬の実験をする」
「資格がいらないから自分もできそう」
「どこで募集しているのか分からない」
「人体実験のようで怖い」
「報酬が高そう」

などなど、さまざまイメージを持たれていると思います。

今回はそんな「治験」について、「治験とは何か」から気になる報酬について、分かりやすく解説します。これから治験を受けようと考えている方や気になっている方は、ぜひ参考にしてください。

治験とは何?


国立成育医療研究センターによると、『治験とは「薬の候補」を健康な成人や患者に使用して、効果や安全性、治療法(適正な投与量や投与方法)などを確認する目的で行われる「臨床試験」のこと』を指しています。

製薬会社はこの治験の結果をもって厚生労働省に申請を行い、薬として承認されるのを目指します。

私たちの手元に薬が来るまでに、こんな過程があったんですね。確かに人への効果や安全性が確認されないまま市場に出回るのは非常に危険です。治験は人々が安心・安全に薬を使えるようにするための、大事な過程だと言えます。

実際の治験の流れについて

治験についての説明を聞く

まず、担当医師や臨床研究コーディネーターが治験について、文書を使って説明します。その際に、治験の説明文書を渡してくれるので、「聞いたのに忘れてしまった」「どうだったっけ?」と焦ることはありません。家に帰ってからじっくり考えることもできます。

説明では主に、治験薬の説明・治験の目的・治験の方法・予測されるメリットやデメリットなどを丁寧に教えてくれます。

また、プライバシー保護についてやもしもの際の補償なども説明してくれるので、安心して治験に参加することができます。もちろん分からないことや不安なことは何でも質問できるので、ぜひ治験が始まる前にたくさん質問して疑問をなくしておきましょう!

治験への参加を希望する場合

治験への参加は自由です。説明を聞いたからといって、必ず参加しないといけないものではありません。「説明を聞いたら思ったより大変そうだった」「拘束時間が長くて無理そう」「自分には向いてなさそう」など思ったら、参加を見送りましょう。

もし治験の参加を希望する場合は、同意書に署名を行います。そして、治験の参加条件に適しているか確認するために診察や検査を行います。治験は、参加を希望した人が無条件で全員参加できるのではなく、その薬の治験に合った人が必要です。ですので、結果によっては治験に参加できない場合もあります。

途中でやめることもできる!

治験は、治験の参加途中でもやめることができるのが特徴です。

「参加してみたけれど、忙しくて診察や検査に参加できない」「体調が悪くなってきた」など、実際に始めてみて継続することが難しい場合もあると思います。その場合は、担当医師や臨床研究コーディネーターに理由を伝えて、参加を途中でやめることができます。

もちろん罰則や費用などもかからないので、続けることが難しくなった場合は、我慢せずに速やかにやめたい意思を伝えましょう。

治験の報酬はいくら?


治験の報酬は基本的に日給制のことが多く、通院タイプの治験の場合、1日当たりの報酬は7千円~1万円が相場です。あくまで相場なので、これよりも低い金額の治験もたくさんあります。ですが、普通の短期バイトの相場と比べたら、治験の報酬はかなり高額で魅力的といえます。

さらに拘束時間が長い入院を伴う治験の場合は報酬は高額になり、1日当たり1~2万円が相場となります。入院を伴う治験の場合、総額5万円以上・10万円以上・20万円以上の治験など高額な治験も多いのも特徴です。

どうやって報酬をもらうの?

治験によりけりですが、最終日に手渡しでもらえる場合や銀行振込の場合があります。長い期間入院する治験の場合は、数回に分けて受け取る場合もあります。

報酬が高い!けれども向いていない人も・・・


報酬が高くて魅力的な治験ですが、さまざまな大変なこともあります。

  • 入院中、毎日採血があり辛かった
  • 副作用が心配だった
  • 入院中は外に出ることができず辛かった
  • 診察の回数が多くて、スケジュールを組むのが大変だった
  • 集団生活が苦手だったので辛かった

などの体験者の声があります。

人によっては「私もこれは苦手・・・」と思う項目もあるのではないでしょうか?ですが、採血も大丈夫!集団生活も大丈夫!スケジュールも調整可能!という人にとっては、治験は最高なアルバイトだといえます。

どうやったら治験に参加できるの?


報酬を聞いて、「参加してみたい!」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは治験に参加するための方法をご紹介します。

治験の登録サイトから申し込む

インターネット上に、さまざまな治験の紹介サイトがあります。そこに登録することで、どんな治験があるかや治験への参加希望を出すことができます。仕事や家事や育児の合間に確認したり参加申し込みもできるので、色んな層の方が参加しやすいです。

新聞に案内チラシが入っていることも

そのほかにも、新聞に治験の広告チラシが入っていたり、病院に案内ポスターが貼ってあることがあります。実は今まで気づかなかっただけで、治験は意外と私たちの生活の中で募集されています。「もしかしてこれかな?」という気持ちで、色んな場所に目を凝らせてみてください。

申し込み前に注意!


高い報酬が魅力的な治験ですが、どうして報酬が高いのかも考える必要があります。

一つは、治験の期間が長ければ長いほど高くなる場合。この場合は、時間に余裕がある人であれば問題ないと思われます。

ですが、二つ目の理由に、副作用のリスクが理由となっている場合があります。やはり、副作用が大きければ大きいほど報酬は高くなります。報酬が高くないと人が集まらないので、考えてみれば当然です。

ですので、私たちは安易に報酬の高いものに飛びつくのではなく、「どうして報酬が高いのか?」というのを考えながら、慎重に選ぶ必要があります。もしかしたら、期間が長いだけではなく副作用のリスクも大きい場合もあるかもしれません。

まずは、治験の内容や申し込み条件をしっかり確認し、それでも分からない場合は治験の説明を受けた際に質問してみましょう。おそらく、こちらが質問する前に、医師側から治験のデメリットを伝えてくれると思いますが、よく分からなかった場合は質問してみましょう。

気になったままでは、治験に参加するかも決められないですよね?医師側も、よく聞かれる質問なので快く答えてくれます。疑問に思うことをなくして、気持ちよく治験への参加を判断しましょう!

まとめ


聞いたことはあるけれど、よく知らなかった治験について色々分かりましたね。

期間も参加条件も違う、さまざまな治験があるので、私たちはどの治験が自分に合っているかよく調べて申し込みをする必要があります。

ですが、慎重になりすぎる必要もありません。治験は説明を聞いてやめることができるので、参加条件が合い興味があるものがあれば、まずは申し込みをしてみましょう。
社会に貢献できるうえに報酬をもらえるのは嬉しいですよね。過度に怖がらず、ぜひこの機会に治験に参加してみてはいかがでしょうか。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加