おすすめ副業

添削バイトは稼げる?自分の好きな時間・在宅で働けて副業に最適!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

在宅でできる仕事として、幅広い年齢層に人気がある「添削バイト」。今回は、そんな添削バイトについて、

「添削バイトはどんなことをするの?」

「給料はどれくらいもらえるの?」

「どんな人に向いているの?」

などのさまざまな疑問にお答えします。添削バイトに興味がある方だけでなく、在宅の仕事を考えている方や副業を考えている方にも参考になる項目がたくさんあります。新しく仕事を始めようと考えている方は、ぜひ参考に読んでみてください。

添削バイトとは?

添削バイトの仕事内容

添削バイトでは、他人が書いた文章・解答に対して、加筆や修正を行います。まず、似ている仕事内容である「採点」バイトと、比較してみましょう。

・採点

明確な正解基準が設けられており、その基準を元に正誤判定を行います。正誤判定を行うだけではなく、場合によってはどの箇所が間違っているかや、解答にたどり着くまでのアドバイスを記入することも。

・添削

「添削」には正解基準がなく、点数は添削者の裁量にゆだねられます。答案に書かれた文章に加筆や修正を加え、合格ライン・満点を取るためのアプローチを行います。
添削する対象としてよくあるのは、答案用紙や小論文、論文、エントリーシート、ブログ記事などです。添削対象は多岐にわたりますが、どの添削対象にも添削するにあたり着目すべきポイントがあります。

  • テーマに沿った文章構成になっているか
  • 主語・述語のねじれはないか?
  • 同じ言葉を繰り返していないか?
  • 句読点が適切に使用されているか?
  • 文章内で5W1Hが意識されているか
  • 接続詞を入れすぎていないか?

などです。これらに注目して添削することで、読み手に分かりやすい文章に修正することができます。 添削対象は様々ですが、恐れることなく着目すべきポイントを押さえて添削すれば、スムーズに添削することができます。

添削バイトに必要な資格

よくある応募資格は、

  • 4~6年制大学在学および卒業以上
  • 大学入試レベルの生徒指導経験者
  • 添削指導の経験者
  • 国内在住の方
  • 基本的なPC作業が可能な方、インターネット環境が自宅に整っている方(プリンタ・スキャナあり)

などがあります。添削をするためには一定の教養・知識が必要になるため、多くのところで「大学以上」の基準が設けられています。

しかし、小学生1~6年生の添削では「短大卒業程度」の基準だったり、エントリーシートや論文の添削では「添削経験者」「大学院在学または卒業以上」など、対象相手によって応募基準は変わってきます。

添削バイトの給料

在宅の添削バイトでは、出来高制のところが多く、「1枚当たりの単価×枚数」が給料となります。一般的な内職は1件当たり単価1~10円が相場ですが、添削の単価は単価が100円を超えるのも珍しくありません。

過去の例では、ベネッセ進研ゼミ赤ペン先生のテスト添削は1枚350円、Z会の中学コースで1枚250円、などがありました。他にも作文の手書き添削1枚400円など、問題の形式・難易度によって単価は違いますが、内職の単価としては非常に高く、モチベーションが上がります。

また、添削対象の難易度が上がれば単価も上がるため、仕事に慣れてきたら難易度の高いものにも挑戦してみましょう。

添削バイトの魅力とは?

量をこなすほど稼げる

添削バイトのような在宅ワークでは、「答案用紙1枚あたり〇円」のように、出来高制を採用しています。そのため、量をこなせばこなすだけ給料が増えます。

仕事を始めてすぐは慣れていないので、「時給に換算するとあんまり稼げないのでは?」と感じますが、添削バイトを続けて実績を積むことで、時給を上げてもらったり、より単価の高い案件を紹介してもらえるようになるので、給料も良くなります。

在宅の主婦でも、スケジュールに合わせて仕事ができる

在宅で行う添削バイトは勤務時間が決められておらず、自分のスケジュールに合わせて働くことが可能です。「今日は子供の参観日だから、仕事は明日まとめてしよう」「本業が休みだから働こう」というように、自分でスケジュールを管理して仕事ができます。

そのため、副業としても働きやすく、子育て中のお母さんなど突発的な用事が入りやすい方でも、スケジュール管理をしっかりしていれば、無理なく仕事を進めることができるのも魅力です。

添削バイトの辛いところとは?

スケジュール管理能力が必要

勤務時間に決まりがないので、自分で仕事のスケジュール管理をしなければいけません。添削バイトでは、納期から逆算してスケジュールを立てられる人でないと納期前に焦ることなり、添削が雑になったり納期に間に合わない可能性があります。

そのため、しっかりと納期までに余裕をもって仕事を進めることができる管理能力が必要になります。

まとまった時間が必要

小論文や論文、記述式の問題の添削などは、ある程度文章を読んでから添削を行うため、まとまった時間が必要になります。「10分だけ仕事しよう」「習い事から帰ってくるまでの20分だけ仕事をしよう」など、短い時間では行うことができません。

そのため、頻繁に他の作業をしなければいけない人だと仕事に集中できないので、「この時間からこの時間までは一人部屋で仕事をする」など環境を整える必要があります。

添削バイトはどんな人が向いている?

責任感が強い人

責任感は、添削を行う上で一番重要です。相手は添削された内容をもとに、エントリーシートを作成したり、小論文・論文を書き直し受験に挑んだりします。もしかしたら、その人の人生を左右する大事なものかもしれません。

繁忙期や納期前はどうしても忙しくなってしまいますが、締め切り日から逆算してスケジュールを立て計画的に行えば、無理なく仕事をこなせます。 添削バイトを行うのであれば、どの案件に対しても常に一つ一つ丁寧かつ真剣に取り組む必要があります。添削バイトでは、相手のことを考えることができ、責任感のある方を求めています。

東大生・京大生などの高学歴な人

東大生・京大生など一般的に高学歴といわれる人たちにも、実は添削バイトは向いています。「家庭教師や塾講師の方が稼げるのでは?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、添削する対象の難易度が上がれば単価も上がるため、集中して取り組めば意外と稼ぐことができます。

例えば、大学入試レベルの記述型答案添削の場合、単価が800~2,000円になります。会社によっては3,000円の単価のものも。こういった案件の場合、一定の学力がないと添削できなく、添削できる人が限られるため、高額になりやすいです。

つまり、対象の難易度が上がれば上がるほど高学歴な人は有利になるので、難しい案件ほど高学歴の人に向いているといえます。 添削の仕事に慣れ、スムーズに添削できるようになれば、1日で結構な金額を稼ぐことができるので、学力に自信のある方はぜひ検討してみてください。

添削バイトの応募方法

求人サイトからの応募

「バイトル」や「「マイナビバイト」、「Indeed(インディード)」、「タウンワーク」などを利用して応募が可能。また、派遣会社に登録しておくことで、派遣会社から紹介してもらえることもあります。

企業ホームページ

Z会やベネッセなど教育関連の企業は、自らホームページで募集していることも多いです。気になる企業があれば、企業の公式ホームページを見てみてください。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを活用して不特定多数の人に業務を委託する形態です。代表的なクラウドソーシングとして「クラウドワークス(https://fukugyo-beginner.net/recommends/crowdworks/)」「ランサーズ(https://fukugyo-beginner.net/recommends/lancers/)」「シュフティ」などがあります。
クラウドソーシング上では、仕事の大小関わらず様々な仕事の募集を行っているので、ぜひ自分に合った仕事から応募してみましょう。

おすすめのクラウドソーシングサイトは?初心者が稼げる仕事の選び方クラウドソーシングサイトは、Web上で簡単に仕事を見つけられるため、多くの方が利用しています。しかし、利用できるサービスが多く、どれが自...

まとめ:添削バイトは主婦でも社会人でも取り組みやすい


在宅ででき、自分のスケジュールに合わせることができることから、添削バイトは副業に最適といえます。量をこなしたら、こなしただけ稼ぐことができるので、モチベーションが上がるのも魅力です。

添削のバイトは、経験を積むことで、より単価の高い仕事も応募できるようになり、より効率的に稼ぐことができます。ぜひ、自分の経験や学力を活かしたバイトを検討されている方は、添削バイトも選択肢の一つに加えてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加