コラム

クラウドソーシングで月収いくらを目指す?10,25万の体験談を紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

クラウドソーシングは稼げるのか、在宅ワークしてみたいけど未経験でも大丈夫かと不安に感じていませんか?

そもそも、クラウドソーシングは怪しいと考えてしまい機会損失をしてしまっている可能性もありますよね。

はっきりと言えばクラウドソーシングは稼げます。しかし、誰にでも稼げるとか、簡単に楽をして稼げるといった類ではなく、きちんと仕事をした分だけお金を貰える仕組みであり、普通の仕事と同じように責任感を持って作業する必要があります。

今回はクラウドソーシングで10万~25万円程度稼いだ経験を元に、実際の作業量や必要な時間、案件の受注方法や実績の作り方について説明します。

クラウドソーシングで月収10万円稼ぐために必要なこと


クラウドソーシングで月収10万円稼ぐために必要なのは時間と「仕事」です。

本業と副業の時間配分や、時給や単価の考え方、高単価と低単価の違いについて覚えておこうべきポイントを挙げてみました。

本業と副業の時間配分

本業でフルタイム+残業がある生活リズムの場合、副業をする時間がないと考えがちです。

また、プライベートな時間を削ってまで仕事をしたくないという考えが浮かぶのもごく当たり前のことだと言えます。

まずはクラウドソーシングによる副業は勉強や経験ができる趣味や楽しいことだと考えるようにしましょう。楽して稼ぐというよりは、楽しんで稼ぐというイメージが大切です。

その上で本業のある日にも短時間で仕事をするのか、休日に集中して仕事をするのか決める必要があります。

10万円と聞くと大きな数字に聞こえますが、20日で割ると1日5,000円、時給1,000円なら1日5時間働く必要があります。

逆に休日に集中して10時間×10日×時給1,000円という働き方も可能ですね。

この時点で副業で10万円稼ぐ時間を作れないと考えてしまう方が結構いらっしゃいます。

でも、クラウドソーシングでは実績が伴うことで時給を自分で上げられるようになるので、実際には知識や経験が増えるほど、働く時間が短くなり、逆に同じ時間働けばその分稼げるようになる可能性が非常に高いです。

10万円稼ぐ時のポイントは下記の記事でもまとめていますので、ぜひともご覧ください。

ライターがクラウドワークスで月10万稼いだときの3つのポイントを紹介します!クラウドソーシングの募集サイトとして高い知名度を誇るのがランサーズとクラウドワークスの2つです。それぞれ知名度があり、評価も高いですが、...

時給や単価の考え方について

時給1,000円なら100時間働かなくてはいけない。この段階で躓いてしまうとクラウドソーシングの旨みや良さを感じられないという事実があります。

ライティング案件で例えると、時給1,000円ということは、文字単価1.0円×1000文字、もしくは文字単価0.5円×2000文字で1,000円です。文字単価2.0円なら1時間500文字で1,000円、2500文字打てるなら時給5,000円になります。

バナーやアイコンなど1案件5,000円として、5時間で仕上げられるなら時給1,000円、1時間で仕上げられるなら時給5,000円ですね。

WEB制作系の案件も、WordPressなどでサイトの立ち上げや簡単なデザインの入れ込みで1案件50,000円を受注したとすれば、完成まで50時間で時給1,000円、もし、5時間程度で終わらせられる実力があるなら時給10,000円になります。

時給5,000円なら、10万円稼ぐのに1ヶ月20時間働くだけで済みます。時給2,500円なら、40時間です。

クラウドソーシングで稼げない、儲からないと挫折してしまう方の多くは低単価で短時間しか働いていない人が言う言葉であり、着実に実績を作りながら、知識と経験を増やせる方なら、月収10万円は決して難しい金額でないことがわかります。

初心者の方が学びながら、スキルを磨きながらクラウドソーシングをした場合でも、最初の単価はどうしても安くなってしまう部分はありますが、スキルが身に付き、経験や知識が増えれば、高単価の案件に挑戦できるようになりますので、学びながら稼ぎたいという人にもクラウドソーシングは向いています。

高単価と低単価の違いとは

クラウドソーシングでは時給当たりの最低賃金などは定められていないので、単価が安くて時間が掛かるものが非常に多く募集されています。

例えば文字単価0.1円で2000文字、時給200円になってしまう案件もあれば、アンケート1巻で10円、100円など、やらないよりはマシかもしれませんが、労力や精神的な疲労が伴うものも少なくありません。

低単価と考えるべきなのは、どう考えても時給が最低賃金に満たないような作業や案件だと考えましょう。

逆に高単価と言えるのが時給2,000円~10,000円になるような案件ですね。もちろん、WEB制作やデザインであれば、もっと高単価なものも存在します。

あくまでも考え方の一つとして、最低賃金を割るような時給は低単価、最低賃金の1.5倍~が高単価と考えてみてください。

また、外でアルバイトするのが難しく、在宅ワークでしか時間が取れないのであれば、時給1,000円を目安に案件を受注しながら、少しずつ単価を上げて、働く時間を少しずつ減らすような考え方も大切です。

実績が伴ってくると、いくらでも案件を受注できるようになりますが、作業できる時間には限りがあるので、無理せず、クライアントに迷惑を掛けないようなスケジュールを組むことも忘れないでください。

下記の記事は単価や報酬の相場について詳しく記載していますので、上記の説明とともにぜひとも参考にしてください。

在宅OK!副業初心者におすすめのデータ入力!報酬相場や掲載元も紹介「在宅で副業を始めたいけど、何から始めてよいか分からない。」そんなあなたにおすすめなのが、データ入力です。データ入力ならば、特別な資格や...

クラウドソーシングの月収は自分で決めよう


時間や時給についての考え方が理解出来たら、クラウドソーシングで稼ぎたい月収を自分で決められるようになります。

ただし、最初は誰でも初心者ですから、無理のない範囲で目標を定めることが重要です。

クラウドソーシングで目標を設定する時のポイントについてまとめてみました。

最初は月収1万円を目指す

クラウドソーシングで稼げないと嘆いている人の多くは、実績や実力がない状態で低単価の案件ばかり受注して、疲弊してしまう方ばかりです。

よく「誰にでもできる・簡単」などという文言を聞きますが、誰にでもできることでもあり、簡単でもありますが「続けられない人」はクラウドソーシングでは稼げません。

最初の1円を稼ぐタイミングで挫折してしまったり、目標をいきなり高くしてしまうと「目標が達成できない」という劣等感や自己嫌悪が強くなり過ぎて、ネガティブになってしまう場合もあります。

まずは月収1万円を目指しましょう。その気になれば休日2日ほど集中すれば達成できる目標です。平日に1時間、毎日作業するだけでも1万円を超えることは可能であり、着実に積み重ねていくことを意識しながら作業しましょう。

クラウドソーシングの最初の壁は「案件の受注」であり、最初は誰でも挫折してしまいそうになる部分でもあります。

案件を受注するためにどのような工夫をするべきか、プロフィールや応募する時の文章をしっかりと考えることから始めることが大切です。

極端なことを言えば、案件を出しているクライアントから、どうすれば返事がもらえるようになるのか、どうすれば案件の受注、すなわち契約できるようになるのか模索すれば、月収1万円は簡単に達成できるようになります。

次の目標は月収10万円ではなく週1万円

月収1万円を稼げるようになったら、次は週1万円を目指してみましょう。

平日や休日問わず、7日間で1万円稼ぐためには、自分の実力でどれだけの時間が必要なのか、1案件あたりの単価や1時間あたりの作業量を考えながら週1万円稼ぐ方法を考えます。

ここで重要なのが、単発の案件を受注することを目標にするのではなく、継続的に仕事がもらえるクライアントと繋がる努力をすることです。

クラウドソーシングでは高単価の案件を狙い過ぎて案件が受注できずに時間が余ってしまうよりも、低単価でコンスタントに案件を受注する方が稼げることもあります。

特に最初の段階で、妙なプライドを持たずに時給1,000円を目安として契約しやすい案件を受注し続けることができれば、実績が増えて、継続的な案件を受注できるコツを掴みやすくなります。

受注して、作業すればお金になる案件と受注するための時間のバランスを考えながら、実績を積み上げることを意識して週1万円を目指してみましょう。

細かく目標設定してクリアするのがポイント

クラウドソーシングでは自分で作業する時間も時給や単価も決めることができますが、思ったような結果が出ないことで挫折したり諦めてしまいがちになります。

なぜなら、副業そのものが自分で副収入を求めているものであれば、自分を律するのが自分だけだからです。

やってもやらなくても良い。やっても結果が出ないとなれば、諦めたくなるのも頷けますよね。

そこで大切なのは月収1万円、週1万円など、細かく目標を設定してクリアしていくことです。慣れてきたら、1日最低でも2,000円は稼ごう、案件の応募は最低でも5件以上は出そうなど、リズムが掴めるようになります。

1日2,000円でも30日で6万円になります。決して小さな額ではありませんし、続けることで手に入れられる収入には違いありません。

理想としては、途切れずに作業すればお金になる状態を維持することであり、単発でも継続でも案件を受注し続けることができる状態です。

まずは小さな目標を立てることから始めましょう。もし、何か欲しいものがあれば、それらを購入するための積立を目標にするのも非常に有効と言えます。

未経験でも学びながら稼げる!

クラウドソーシングでは一般的な就職やアルバイトと違って、厳密には面接もなければ、学歴もあまり関係ありません。もっと言えば住んでいるところも、性別や年齢にも左右されません。
未経験の方が学びながら稼ぐのも向いており、いきなり難しい案件は無理でも、それぞれの分野で少しずつ経験や知識を増やしながら、単価を上げることが可能です。

未経験の方が学びながら実績を積んだり、クライアントや仕事を選ぶ時のコツについてまとめてみました。

学びながら実績を積み上げることは可能

クラウドソーシングで学びながら実績を積み上げられる理由として、クライアントが望む成果物を納品するために、自分の実力をアップさせることや、そのためにクライアントが協力してくれるということがあります。

例えばライティング案件ではSEO対策の仕方や、ライティングルールやマナーを学ばせてもらったり、WEB制作案件では細かなデザインの指定、意識の擦り合わせをするなかで、自分で調べたり実装できるように勉強することができます。

バナーやアイコンなどのデザインも同様であり、クライアントの要望に応えるためにスキルアップし続けることができれば、確実に実力が上がっていきます。

簡単に言えば、お客さんが求めるものを提示するために、自分自身を強くしていくようなイメージであり、最初はできないことであっても、数か月すれば簡単にできるようになることが非常に多いです。

ライティングなら最初は1時間500文字しか打てない、長文が打てないなどの悩みがあったとしても、慣れてくれば長文どころかいくらでも文章が湧いてくるようになりますし、WEB制作案件でも、最初は知らなかったような知識や経験が増えることで、やれなかったことができるようになります。

デザインでも同様であり、クライアントが求める言葉から要望を汲み取るのが簡単になり、表現したり、さらに良いものを作りだせるようになるからです。

最初は簡単な案件から、少しずつレベルの高い案件を目指すようにすれば、単価とともにスキルもアップするという仕組みなんですね。

クラウドソーシング初心者の方は下記の記事も非常におすすめですので、ぜひともご一読ください。

クラウドソーシング初心者に贈る,誰でも仕事ができるようになる完全ガイド「今注目の在宅ワークで、自分も何か副業ができないだろうか?」そういう思いを抱いている人に素敵な朗報です! 「クラウドソーシングサービス...

クライアントの選定に慣れるまでが大変

未経験の方ですと、それぞれの業界の「基本」が備わっていないこともあり、最初はどのレベルまで求められるのかわからないことがあります。

WEB制作やバナー、アイコン制作といってもピンからキリまでありますし、ライティング案件でも「簡単!」とは言っていても、実際に受注してみれば難しく感じるものもあるからです。

可能な範囲で「どれくらいのものを求めているのか?」をクライアントに聞いてみて、自分の実力で可能なのか、それとも学びながらなら可能なのかをじっくりと考えましょう。

契約するまえに質問ばかりですと嫌がられることもあります。質問しても答えてくれないクライアントもいます。

契約した後で無理難題を出してくるクライアントもいます。しかし、契約して一緒に作業や仕事をすることで、確実にスキルアップできることは間違いありません。

単純にデザインやWEB制作、ライティングなど、スキルを用いて作業することだけがクラウドソーシングに求められていることではなく、一番大事と言っても良いのが「クライアントと信頼関係を築くこと」です。

仕事するためだけのドライな関係というのもありと言えばありですが、基本的には人と人ですから、楽しく仕事したり、不愉快にならないコミュニケーション、礼儀などを意識している人の方が、途切れずに案件を受注したり、実績を積み重ねながら、確実にスキルアップしていると言えるでしょう。

実際に未経験から月収10万円、25万円稼いだ時の体験談

今までご説明したことのほとんどを実践して、筆者が未経験からクラウドソーシングでライティング系の案件のみで最初に10万円を稼いだのは2ヶ月目です。そして、3ヵ月目には25万円を稼げるようになりました。

最初の1ヶ月は様子見、どうすればクライアントから返事が来るのか、受注や契約に繋げるためにはどうするかを費やしました。

次に時給1,000円を目安としてライティング案件を受注し始めた所、時給2,000円前後で稼げるようになり、すぐに月収10万円を達成し、単価を上げながら継続案件が増えたことで月収25万円を稼げるようになったんですね。

時給2,500円、休日に8時間で2万円×10日で20万円、平日にも2時間~3時間程度作業して1ヶ月で25万円という目標を立てて、実際に達成することができました。

月収10万円くらいなら、そこまで働かなくても高単価の継続案件のみで達成可能になります。

得手不得手はありますし、作業の効率化やクライアントとのコミュニケーションなど、全てを自分一人で行わなければいけないと考えてしまいがちですが、楽しめる人なら何をしても楽しいのでお金になればなるほど加速度的に実績と実力が伴ってきます。

また、一度稼げるようになると手を抜いてしまいがちになるので、自分を上手に律しながら、高望みし過ぎない月収を目標にするのがベストです。

クラウドソーシングで稼げたけど、疲れるからもうやらないという人も少なからず存在するので、無理をしないこと、楽しむことを忘れないでください。

同時に別の稼ぎ方や考え方など、下記の記事が非常に参考になります。がっつり稼ぎたいと考えているのであればぜひともご覧くださいね。

副業で月25万稼ぐライターが徹底解説!仕事内容・報酬・案件獲得方法会社員の私は半年前に副業としてライターを始めました。本業はもちろん疎かにはしていません。実体験に基づいて、副業ライターの仕事内容や報酬金...

まとめ


クラウドソーシングで月収を10万円、25万円と稼ぎたいと考えた時、何もわからないままですと何の目標も達成できないまま、絵に描いた餅で終わってしまいがちです。

まずはあなた自身が自由に使える時間から、どれだけの時間を使うのか、単価や時給を上げるためにどう考えるべきかなど、細かく具体的に設定してみましょう。

いきなり10万円は稼げないと考えること、逆に1円や100円単位で時給や単価をしっかりと見つめることも重要です。

同時に、受注できない高単価な案件ばかりを狙ったり、募集が出るのを待つよりも、作業しやすい単価の案件をコンスタントに受注して、収入に繋げることを忘れないようにしましょう。

クラウドソーシングで稼げないと嘆く人は、そもそも案件を受注できていません。案件を受注できなければスキルや実績、経験が積み重ねられず、単価も上がることはありません。

なるべく最低賃金を割らないようにしながら、手を止めない、待っている時間を作らないことを意識して、着実にコツコツと実力と実績を身に付けることをおすすめします。

21枚の画像付きで簡単!クラウドワークスの登録方法と稼ぎ方今回はCrowdworks(以下クラウドワークス)で仕事を受注したい、初心者向けの登録方法について、わかりやすく解説!1画面ずつ画像を使...
ランサーズの登録方法
【画像32枚】世界一わかりやすくランサーズ登録方法を初心者向けに紹介します。大手クラウドソーシングのランサーズ。フリーランサーや在宅で仕事をしたい人にとっては、大変重宝するサービスです。やってみたい!という気持ち...
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加