おすすめ副業

デザイナーの資格には何がある?おすすめ資格を8個紹介!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

デザイナーに興味を持っている人や転職しようとしている人の中には、「資格がなくてもなれるの?」「どんな資格があれば有利?」と思っている人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、デザイナー資格の取り方やおすすめの資格試験を紹介します。

デザイナーとは?


デザイナーという言葉を聞く機会は多くても、仕事内容やなり方について詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか?そこでまずは、デザイナーの仕事や資格の必要性について説明します。

デザイナーについてもっと知りたい方はこちら

デザイン副業に知識は不要!現役デザイナーに聞く、未経験から始める方法クラウドソーシングサービスでも見かけることの多い「デザイン」の仕事。 専門性が高く、始めるにもハードルが高そうなイメージですが、現役デザ...

デザインを造る仕事

デザイナーとは、クライアントの依頼や意図に沿って、図案や設計を手掛ける仕事です。アートのように自分の好きな作品を作るわけではなく、たとえば「見た人が商品を買ってくれる」といったような特定の目的を達成するための作品を作ります。

そのため、さまざまな解釈ができるアートとは違い、デザインでは「メッセージを的確に伝えられるか」という点が重要です。

デザイナーが手掛けるものには、印刷物やグラフィック、ファッションなどさまざまな種類があります。手掛けるものによってファッションデザイナーやWebデザイナー、プロダクトデザイナーなどと呼び分けられ、これらを総称してデザイナーと表現されるのです。

資格なしよりはあった方が有利

デザイナーの世界は実力主義であるため、学歴や資格は必須ではありません。しかし、資格取得に向けて勉強することで、新しい知識を学べるというメリットがあります。また、未経験者の場合は、デザイナー資格があることで採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

これからデザイナーを目指す人は、専門的な知識を身に付けるため、スムーズに就職・転職するためにデザイナー関連資格を取得することをおすすめします。

デザイナーに必要な資格を取るには?


デザイナー関連の資格には、学歴や年齢などの受験資格がない場合も多いので、試験に合格できれば資格の取り方は問われません。そのため、試験の内容や難易度に合わせて勉強方法を選択しましょう。

独学で勉強する

難易度が低めの資格や筆記試験のみの資格は、独学でも取得可能です。専用のテキストや過去問集を購入し、数カ月間かけて必要な知識を学びましょう。

独学は、費用が安く済む、自分のペースで進められるというメリットがありますが、多くの時間と努力が必要、モチベーションが下がりやすいといったデメリットもあります。そのため、独学は仕事や学校が忙しい人、時間がかかってもコツコツ続けられる人に向いているでしょう。

ユーキャンなどの通信講座を使用する

ユーキャンヒューマンアカデミーキャリカレなどの通信講座を利用するという方法もあります。

通信講座では、質の良いテキストを使いながら、試験合格のポイントに的を絞って効率良く勉強することも可能です。また、場合によってはDVDやCDでプロの講義も受講できます。

通信講座にはテストの添削やスケジュール管理などのサポートもあるため、モチベーションを保ちやすいでしょう。ただし、分からないことがあってもすぐに質問できない、アウトプット学習が不足しがちというデメリットもあります。

ユーキャンの資料を無料で請求するならこちら

専門のスクールに通う

最も深い知識や技術を学ぶには、専門のスクールに通うのがおすすめです。デザイナー資格の中には、説明を読むだけではなかなか理解できない内容や、実際にソフトを操作したりデザインを造ったりする実技試験が含まれるものがあります。

スクールでは講師から直接説明を聞き、分からないことがあればすぐに質問ができるため、難易度が高めの資格でも合格しやすいでしょう。また、同じ目標を持った仲間と交流することで、刺激も貰えます。

ただし、独学や通信講座と比較すると費用が高く、通学時間も必要ということがデメリットです。

デザインを専門のスクールで学ぶなら、LIGデザインスクールがおすすめです。LIGデザインスクールなら、最短6ヶ月でwebクリエーターを目指せます。もちろん、未経験でも問題ありません。Web制作のプロ集団が、現場に役立つカリキュラムを提供します。

LIGデザインスクール無料説明会への申し込みはこちら

デザイナーにおすすめの資格試験一覧


デザイナーに資格は必須ではありませんが、幅広い知識や技術が求められるでしょう。ここでは、デザイナースキルを身に付けるためにおすすめの資格試験を8個紹介します。

色彩検定

色彩検定は色の分類や見え方、心理など色に関する基礎知識を学ぶための資格です。ファッションやグラフィック、印刷物などどの分野を目指す場合でも役立つため、他の資格を取る前のファーストステップとして取得するのも良いでしょう。

検定には3級、2級、1級がありますが、仕事に役立てたいならば2級以上を目指しましょう。色彩検定の勉強をするなら、オンスクがおすすめです。オンスクは、月額980円~利用でき、すき間時間を活用して勉強することができます。

オンスクの無料体験に申し込む

ファッション色彩検定

ファッションデザイナーを目指す人は、ファッション色彩検定(http://www.fashion-edu.jp/cl/cl.html)がおすすめです。色彩検定との違いは、ファッションに特化した資格であること。具体的には、ファッションの色彩知識だけでなく、ファッションの専門知識やマーケティングなどを学ぶことができます。

なお、3級と2級はマークシート方式ですが、1級には実技も含まれるため難易度もぐっと上がるでしょう。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、住環境のスペシャリストであることを証明する資格です。この資格では、色彩学や人体工学、住宅設備などインテリアに関する幅広い知識を学ぶことができます。

合格率は20~25%と難易度は少々高めですが、取得すればハウスメーカーやインテリアメーカー、デザイン事務所などさまざまな場所で役立つでしょう。

インテリアコーディネーターの資格を取得するなら、ユーキャンがおすすめです。丁寧なテキストや解説動画で、基礎からしっかり学べますよ。

インテリアコーディネーターの勉強をしたい人はこちら

Illustratorクリエイター能力検定試験

イラストやロゴ制作に携わりたい人には、Illustratorクリエイター能力検定試験がおすすめです。この資格を取得することにより、グラフィックデザインソフトIllustratorの実務能力を証明することができます。

試験はスタンダートとエキスパートの2種類があり、いずれも実技・実践問題が出題されるため、すぐに現場で活かせるでしょう。

Illustratorの講座を受けたい人はこちら

Photoshopクリエイター能力検定試験

Photoshopは、世界中で使われている画像編集ソフト。Photoshopクリエイター能力検定試験は、Photoshopの使い方や画像編集の実践能力を図るための試験です。Illustrator同様、スタンダートとエキスパートの2種類に分かれており、レベルに合わせた受験が可能。

未経験から写真の加工やグラフィックデザインに携わりたい人は、まずこの資格を目指してみましょう。

Photoshopの講座を受けたい人はこちら

アドビ認定アソシエイト(ACA)

アドビ認定アソシエイト(ACA)は、アドビシステムズ社製品の使用スキルを証明する資格です。試験科目はアプリケーションごとに以下の3種類に分けられ、科目ごとに世界共通資格が認定されます。

Visual Design using Adobe®Photoshop CC
Graphic Design & Illustration Using AdobeIllustrator CC
Visual Communication using AdobePhotoshop CS6

Illustrator やPhotoshopの使用スキルを1から学びたい人や、世界で通用する資格を取ってグローバルに活躍したい人におすすめです。

アドビ認定エキスパートの資格を取りたい人はこちら

Webデザイン技能検定

Webデザイン技能検定は、ホームページ制作に関する幅広い知識や技術を学ぶための国家検定です。デザインだけでなく、インターネットの仕組みや運用管理などWebの基礎知識も学べるのが特徴と言えます。

試験は3級、2級、1級に分かれており、初心者には受験資格がない3級がおすすめです。公式サイトにはサンプル問題が公開されているため、気になる人は一度チェックしてみましょう。

Webデザインについてもっと知りたい方はこちら

webデザイン初心者でも独学でOK?必要なスキルとおすすめ勉強法「webデザインって初心者でも独学で勉強できる?」 「何から勉強するべき?」 webデザインに興味のある人は、上記のような悩みがまずは...

DTP検定

DTPとは「DeskTop Publishing(デスクトップパブリッシング)」の略称で、パソコン上で印刷物を制作することを意味します。DTP検定は、雑誌や書籍、パンフレットなどの印刷物のデザインに関する知識を習得するための試験です。

試験はディレクションとビジネスの2種類に分かれており、デザイン専門職というよりも営業職や事務職、企画・編集者におすすめの資格と言えます。

まとめ:資格を取ってデザイナーになろう


資格がなくてもデザイナーにはなれますが、専門的な知識や技術を身に付けるため、スムーズに就職・転職するためには資格の取得がおすすめです。

特に未経験者の場合は、実績がない分資格の有無が重視されるます。これからデザイナーを目指す人は、この記事を参考に資格に挑戦してみてはいかがでしょうか?

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加