お金が足りない

「電気が止まった…」となる前に!電気料金が払えないときの対処法まとめ

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

電気料金が払えないときの一番の不安は、電気が止められてしまうことですよね。
電気はライフラインのひとつであり、止められてしまうと照明や電子機器が使えなくなったり、生活に欠かせないスマホが充電できなくなったりと生活に影響が及びます。
そのことを考えると、「電気が止まった…」となる前に、なんとかお金を工面して電気料金を支払う必要があります!

今回は、電気料金が払えないときの流れから対処法まで、未払いを回避するための情報をまとめてみました。

電気料金が払えない…電気が止まるまでの流れ


電気料金が払えないからといって、すぐに電気を止められることはありません。
電気料金を滞納してから電気が止まるまでは、以下のような流れで状況が進みます。

1.1回目の支払い期限日(早収)
2.2回目の支払い期限日(遅収)
3.送電停止予告通知が届く
4.電気が止まる

電気料金が払えずに、滞納した場合の流れを詳しく見ていきましょう。

1.1回目の支払い期限日(早収)

まず、1回目の支払い期限がやってきます。
一般的に早収と呼ばれる1回目の支払い期限日は、どの電力会社であっても検針日の翌日から30日目と設定されています。
この支払い期限までに電気料金を払えなくても、すぐに電気は止められません。

2.2回目の支払い期限日(遅収)

1回目の支払い期限日が過ぎても電気料金を払わないままでいると、2回目の支払い期限日を迎えることになります。

2回目の支払い期限日は遅収期限といい、1回目の支払い期限日の次の日から20日までの期間です。
検針日の翌日から数えると、31日目から50日目に当たります。
1回目の支払い期限日から、2回目の支払い期限日の間に電気料金を支払う場合、延滞利息が発生します。

2回目の支払い期限日は電力会社によって違うので、より短い期限になる場合もあります。
また、地理的な問題で日にちが前後する可能性もあるので、電力会社の検針票や料金の振込用紙に書かれている期限日を確認するようにしましょう。

3.送電停止予告通知が届く

指定された2回の支払い期限日までに電気料金が払えない場合、電気の送電を止められてしまいます。
その際、止まる5日前には振込用紙も同封された送電停止予告通知が届きます。
ここで振込用紙に記載された支払期日までに電気料金を払ってしまえば、電気は止められません。
しかし、払えなければ電気の送電停止へ進みます。

4.電気が止まる

2回の支払い期限日を過ぎ、送電停止予告通知が届いても電気料金が払えなかったら、とうとう電気が止まります。
送電停止予告通知に記載されている電力停止予定日が過ぎたら、「もうすぐ電気が止まる」と覚悟しておいてください。

電気料金が払えないまま放置した場合のデメリット


電気が止まれば、予想以上に厳しい状況に追い込まれてしまいます。
ここでは、電気料金が払えないまま放置した場合のデメリットについて説明していきます。

延滞利息が発生する

先ほど軽く触れたとおり、1回目の支払い期限を過ぎると延滞利息が発生します。
延滞利息は、ほとんどの電力会社で年率10%(1日あたり0.03%)と設定されています。
たとえば、7,000円の電気料金を1週間滞納した場合だと、
7,000×0.03×7=1,470円
という計算になり、電気料金プラス1,470円も払う必要が出てくるのです。

ただでさえ電気料金が払えず困っているところに、延滞利息の上乗せは苦しいですよね。
電気料金が払えないといっても、延滞利息が発生するまでには支払いを済ませるように金策すべきです。

契約解除される

電気料金を払わずに放置し続けると、電力会社と結んでいる契約を解除されてしまいます。
送電停止から10日前後で契約解除となり、未払いの電気料金と滞納金を払わなければ、同じ電力会社と再契約できません。
また、契約解除されても支払う義務がなくなったわけではないので、「払わなくて済む!」と勘違いしないように注意してください。

訴えられる可能性がある

電気料金を滞納し続けると、ほとんどの電力会社は債権回収会社に未払い分の督促を依頼します。
その債権回収会社の督促督促にも対処せずにいると、訴えられる可能性があります。
裁判にまで発展し、負けた場合は財産が差し押さえられることに…。
最悪の事態を引き起こす前に、電気料金の工面は早めに行いましょう。

クレジットカード払いの場合は信用情報に傷がつく

電気料金をクレジットカード払いにしている人が滞納すると、信用情報が傷つくというデメリットも発生します。
「電気料金の滞納=クレジットカード料金を滞納」となり、信用情報機関に情報が記録されてしまうのです。
また、裁判に発展した場合も信用情報機関に記録され、傷がついてしまいます。
信用情報に傷がつくと、新規のクレジットカードやローンの契約ができなくなってしまうので、電気料金の滞納には注意が必要です。

ガスまで使えなくなる可能性がある

電気料金を滞納して電気が止まると、ガスまで使えなくなる場合もあります。
ガス給湯器のコントロールパネルは、電気で動いています。
つまり、電気が止まると給湯器も使えなくなり、お風呂やシャワーが使えなくなるのです。
電気料金の滞納は、電気が使えなくなるだけでなく、ガスの利用までできなくなる可能性も含んでいるのです。

不便な生活を余儀なくされる

電気料金の滞納は、電気の停止だけでなくガスの利用にも影響を及ぼします。
つまり、不便な生活を余儀なくされるということです。

  • 夜は真っ暗な中で生活しなければならない
  • スマホの充電ができない
  • 冷蔵庫の中身がダメになる
  • お風呂に入れない
  • オール電化の場合、料理もできない

これだけ挙げても、電気が使えない生活はどれだけ厳しいか予想できますよね。
電気は生活に欠かせないもののひとつ。
不便な生活に陥らないためにも、金策に走って電気の停止を防ぎましょう。

「電気が止まった…」を回避!電気料金が払えないときの対処法


電気料金が払えないと気づいた場合は、慌てず落ち着いて対処しましょう!
ここで、電気料金が払えないときの対処法を紹介するので、参考にしてください。

電力会社に連絡する

電気料金が払えないことに気づいたら、真っ先に電力会社に連絡しましょう。
真摯な態度で支払う意思や「何日には払える」という期日を提示できると、支払い日の変更などの相談に乗ってもらえる可能性があります。
対処してもらえる保障はありませんが、連絡せずに滞納するより心証はよくなるはずです。

親や友人にお金を借りる

親や友人にお金を借りて、電気料金の未払いを防ぐ方法もあります。
身近な人からお金を借りることは、金利を気にしなくて良かったり、返済期限の融通が利いたりするので1番無難な方法ともいえます。

ただし、身近な人だからといって誠実さに欠ける態度にならないように注意してください。
お金が借りれることに対する感謝の気持ちをしっかり伝えて、確実に返済する意思や期日を明確にしておくことも忘れずに!

身の回りの不用品を売る

身の回りの不用品を売って、電気料金を捻出する方法も選択肢のひとつです。
本やCD、ブランド品など、家の中の不用品をかき集めて買取店にもっていけば、電気料金分程度なら用意できる可能性はあります。
ただし、自分の希望する値段で買い取ってもらえる保障はないので、電気代全額を用意できないことも頭においておきましょう。

副業する

副業することも、電気料金を用意するために有効な対処法です。
とくに、即日払いの仕事なら働いてすぐお金を受け取れるので、支払期日までに確実にお金を工面できます。
電気料金の支払い期限と副業の給料の受取日に注意すれば、即日払い以外の仕事でも電気代を用意できる可能性はあります。
本業との兼ね合いも含めて、副業が可能な人はできる仕事がないか探してみましょう。

電気料金が払えない状況が続くなら電力会社の乗り換えも検討しよう


電気料金が払えないピンチを1度回避できたとしても、支払いが厳しいと感じる場面が度々訪れるなら、電力会社の乗り換えを検討すべきかもしれません。
電力自由化になって、料金がお得にになるプランを展開する電力会社が増えています。
現在の電気代を支払い続けることに不安を感じている人は、電気料金プランの比較やシミュレーションができるサイトを利用してみて、負担を減らせないか試してみましょう。

まとめ:電気料金は電気が止められる前に支払いを!


電気は生活する上で欠かせないもののひとつなので、止められると予想以上に不便な生活を強いられることになります。
「どうしても電気料金が払えない…」という厳しい金銭状況の人でも、電気が止められてしまう前にお金を工面しましょう。
また、再び電気料金の支払いに怯えることのないように、今の電力会社の契約を見直しも行ってみてはいかがでしょうか。
電気料金を抑えることができたら、安心して生活を送れるようになりますよ。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加