お金が足りない

エステのローンが払えない…とひとりで悩まないで!対処法を紹介します

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

エステのローンが払えない女性は、「このまま払えなかったらどうしよう」「払わなかったらどうなるの?」といったさまざまな不安や疑問が頭の中を駆け回っているはずです。
ただ純粋にキレイになりたいと思った結果、苦しむことになるなんて…辛いですよね。

今回の記事では、エステのローンが払えないときのリスクと対処法についてまとめてみました。
「エステのローンが払えない…」と悩んでいる女性は、この記事を読んでみてください!

エステのローンが払えないと大変なことになる


エステのローンを払えずに滞納してしまうと、

1.支払いを催促する電話がかかってくる、または督促状が届く
2.一括返済を求める通知書が届く
3.信用情報機関に記録される
4.裁判を起こされる

という流れで話が進み、最終的に訴えられてしまいます。
これから、エステのローンが払えないときに起こることを詳しく解説します。

1.支払いを催促する電話がかかってくる、または督促状が届く

エステのローンを払えないまま放置していると、最初に滞納分の支払いを催促する電話がかかってきたり、督促状が届いたりします。
このタイミングで払えるなら、問題ありません。
しかし、払えないからと目をそらしてしまうと状況は深刻化することに…。

エステのローンを滞納してしまった人でも、できればこの時点で払ってしまいましょう。

2.一括返済を求める通知書が届く

エステのローンの滞納分を催促する電話や督促状を無視してしまうと、一括返済を求める通知書が届きます。
つまり、いままでは分割で払ってきた分をまとめて払わないといけなくなるのです。
分割の支払いが厳しかった人なら、一括の支払いなんてさらに厳しいはず。
また、「損害遅延金」の支払いも追加されてしまいます。

エステのローンが払えないでここまで来た人は、一括返済プラス損害遅延金の金額を払える見込みは極めて低いでしょう…。
ここで一括返済できなければ、最悪の事態へと進んでいきます。

3.信用情報機関に記録される

エステのローンの一括返済を求める通知が手元に届いたころには、信用情報機関に「エステのローンを滞納した」という情報が記録されています。
いわゆる「ブラックリスト入り」です。
エステのローンを滞納すると、ブラックリストに載るという事態に発展してしまうのです。

1度ブラックリスト入りしてしまうと、最低5年間はローンは組めませんし、クレジットカードも作れません。

4.裁判を起こされる

エステローンの支払いの催促、一括請求というこれまでの要求に答えられなければ、ローン会社から裁判を起こされてしまいます。

まず、裁判所から「仮執行宣言支払い督促」が送られてきます。
そして、その通知が届いてから2週間以内に異議申し立てをしなければ、強制執行が行われてしまうのです。

強制執行されれば、下記のような売ってお金に変えられる身の回りの財産を、差し押さえされます。

  • 給料
  • 銀行口座
  • 家電・家具
  • アクセサリー

こうした最悪の事態になる前に、エステのローンが払えないときは放置せずに、何らかの対処法で解決させなければいけません!

エステのローンを払える見込みがあるときの対処法


エステのローンを払えないからといって放置すると、最悪の事態を招きます!
そこで、最悪の事態を回避するための対処法をこれから紹介していきます。
まずは、エステのローンを払える見込みがあるときの対処法です。

エステのコースを変更する

エステのローンを滞納する前の時点で、「エステのコースを安いプランに変更すればローンの支払いができる!」という人は、エステのコース変更をサロンに申し出てみましょう。
サロンによりますが、コースプランの変更をしてもらえる場合があります。

ローン会社に相談する

エステのローンが払えないとわかった時点で払える見込みがあるなら、ローン会社に連絡すると支払いを待ってもらえる可能性があります。
ローンを払う意思があること、「〇日には支払えます」と払える期日を明確に伝えることで、支払いを待ってもらえる場合があるので、まずは相談してみてはいかがでしょう。

ただし、払える日が支払期日から3週間以上だと待ってもらえない場合がほとんどです。
できるだけ早めに連絡し、払えるように行動しましょう。

副業する

時間に余裕があって副業OKの会社で働いているという人は、副業してエステのローンのお金を捻出する方法もあります。
今は副業しやすい風潮があるので、簡単に仕事をはじめられるサイトや職種が多いです。

ローン滞納の心配はなくなり、エステを続けることもできてきれいになれるので、可能なら副業をはじめてみることをおすすめします。

家族にお金を借りる

返せる見込みがある金額のエステローンなら、家族に相談すれば援助してもらえるかもしれません。

エステのローンが払えないという女性の中には、「エステに通っていたことをバレたくない」「エステのローンが払えないなんて恥ずかしくて言えない…」という人は多いでしょう。
しかし、エステのローンが払えずに起こるリスクのことを考えると、そうも言ってられないはず。
言いにくい気持ちをグッとこらえて、家族に助けてもらえないか相談してみてください。

エステのローンがどうしても払えないときの対処法


エステのローン残高が高額で、「どうしても払えそうにない…」という場合もあるでしょう。
ここでは、エステのローンがどうしても払えないときの対処法を紹介します。

クーリングオフをする

エステのローンが払えないとわかった時点が「契約後8日以内」なら、クーリングオフをしましょう。

クーリングオフは、契約後8日以内であるとともに、

  • 一ヶ月以上の契約をしている
  • 5万円以上の契約である

という条件も満たしていれば適用できます。

しかも、クーリングオフは「違約金なし」「全額返金」なので、エステのローンが払えない人にとってはありがたいですよね。
法律で定められた制度なので、適用できる人は遠慮なくクーリングオフを申し出ましょう。

中途解約する

クーリングオフができない人は、中途解約してエステのローンが払えない危機を回避しましょう。

クーリングオフと同様、一か月以上、5万円以上の契約を交わしているなら中途解約が適用されます。
中途解約できれば、エステの契約金額から、今まで利用した分の金額と違約金を引いた分のお金を返してもらえますよ。

違約金は以下のうち、どちらか安い方の金額を請求されます。

  • 受けてないコースの総額10%の金額
  • 20,000円

20,000円より高い金額は請求されないので、その点は安心してください。

また、中途解約するときに注意したいのが「有効期限」。
エステの施術を受けることができる期間のことです。
この有効期限が過ぎている契約の場合は中途解約できないので、確認してから手続きしましょう。

債務整理する

エステのローンがどうしても払えない厳しい状況に陥ったなら、弁護士や司法書士に相談して、債務整理してもらってください。

債務整理には、以下の3つの手段があり、それぞれ減らせる借金額が異なります。

  • 任意整理:借金の利息・損害遅延金を減らせる。
  • 個人再生:最大借金総額の10分の1減らせる。
  • 自己破産:借金すべてなくせる。

ローンの金額が比較的低額で、2・3年くらいで返せる程度なら任意整理を進められるはずです。
いずれにしても、弁護士や司法書士に相談すれば、個人に適した債務整理の方法を提示してもらえるでしょう。
エステのローンが払えないとひとりで抱え込まずに、専門家に相談してみてください。

まとめ:エステのローンが払えないときはひとりで悩まないで!


エステのローンが払えないと、最悪の場合ローン会社から訴えられてしまいます。
そんな事態は誰だって避けたいですよね。
そのためには、ローン額を確認して対処法を探っていきましょう。

ローン額が返済できそうなら、

  • エステのコースを変更する
  • ローン会社に相談する
  • 副業する
  • 家族にお金を借りる

といった方法を試してみてください。
ローン額が高額で返済できそうにないなら、クーリングオフや中途解約、債務整理という方法がありますよ。

いずれの場合もひとりで悩まないでくださいね。
抱え込まずに、身近な人や専門家に相談してみましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加