おすすめ副業

試験監督のバイトは副業にもおすすめ?仕事内容や時給を紹介!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

資格試験や模試、学力テストなどの会場で、受験者の誘導や監視、会場設営などをする試験監督のバイト。楽そうだと言われることもありますが、

  • 本当に楽に稼げるの?
  • 難しい仕事はないの?
  • どんな服装で行けば良いの?

と疑問を持つ人も多いのではないでしょうか?そこで今回は、試験監督のバイトについて仕事内容や時給、服装について解説していきます。

試験監督のバイトはなぜ人気?


試験監督という言葉を聞いたことがあっても、やったことがない人にとってはどんなバイトなのかイメージしにくい部分もありますよね。まずは、試験監督バイトの人気の理由を知っておきましょう。

登録をしてできる日に単発でOK!

試験監督のバイトは基本的に単発であるため、運営会社や派遣会社の登録会に参加して希望日や勤務地に合う案件に応募という流れで行います。飲食店やスーパーのバイトは出勤日数や曜日が決められていることが多いですが、単発のバイトなら自分の都合に合わせて空いている日だけ働くことができます。

さらに、中には登録なしで即出勤という試験監督もあり、気軽にできるバイトとして高い人気を誇っています。

大学生にとって都合が良い!

試験監督のバイトは、

  • 一年を通して募集がある
  • 試験は土日祝日に行われるものが多い
  • 特別なスキルは必要なし
  • 高校生は不可な場合が多い

といった理由から特に大学生に人気のあるバイトです。肉体労働がなく比較的楽なバイトと言われているため、お小遣い稼ぎとして他のバイトをしながら空いている日に試験監督をするという大学生も少なくありません。

大学生におすすめの副業については下記の記事でも紹介しています。

【バイトより稼げる】大学生が稼げるおすすめの副業ランキング。友達や思い出作りも!大学生と言えばゼミやサークル! 忙しい毎日送っていると、アルバイトをする時間はなかなか取れませんよね。 「ゼミ仲間やサークル仲間ともっ...

副業としてもおすすめ!

資格試験や模試は土日祝日に行われることが多く、年齢制限や採用条件もないことから副業として試験監督のバイトをする人も少なくありません。社会人にとってはあまり高い時給ではありませんが、疲労感やプレッシャーが少ない仕事内容であるため休日のお小遣い稼ぎとしてはおすすめです。

ただし、副業禁止の会社に勤めている場合は会社にバレるリスクもあるため、就業規則を確認してから始めましょう。

試験監督のバイトの仕事内容は?


試験監督のバイトは「試験中に受験者を監視するだけ」と思っている人もいるかもしれませんが、実際には試験に関わるさまざまな作業を任されます。ここでは、試験開始前から終了後までの流れに沿って仕事内容を説明していきます。

試験開始前

試験開始時間よりも1~2時間早く集合し責任者から詳しい説明を受けたら、試験会場で受験者への配布物を用意したり、黒板に注意事項を書いたり、空調を点検するなど会場のセッティングを行います。

高校や専門学校が会場である場合は軽作業が多いですが、中には椅子や机を会場に運んで並べるという作業を指示されることもあります。

また、会場で迷っている受験者がいたら受験番号を確認して席へと誘導するなど、スムーズに試験を開始できるようにサポートを行います。

試験中

受験者が席に着いたら試験についての説明や注意事項を伝え、問題用紙と解答用紙を配り試験を開始します。試験中は受験票と本人確認証の照合や出欠確認、不正やカンニングが行われていないかのチェックをします。

基本的に見守る時間が多いため暇だと感じる人が多いですが、試験中は読書や居眠り、問題を解くなどの行為はしてはいけません。受験者の将来を決める重要な時間であるため、責任をもって監督業務を行う必要があります。

試験終了後

試験が終了したら問題用紙と解答用紙を回収し、用紙の枚数や氏名の記入漏れなどを確認して問題がなければ受験者に解散を伝えます。黒板や机の清掃や掲示物の撤去、忘れ物がないかのチェックをして、責任者に報告したらバイト終了となります。

また、試験によっては解答用紙の仕分け作業や採点機関への発送作業を行うこともあります。

試験監督のバイトの給料は?


試験監督のバイトをするにあたってやはり気になるのが給料ですよね。では試験監督のバイトはどれくらい稼げるのでしょうか?

時給1,000円以上が多い

試験監督バイトは時給1,000~1,500円の求人が多く、労働時間や雇用先の制度によって異なりますが、一日でだいたい8,000円~12,000円稼ぐことができます。

学生でもできるバイトであるため格段に時給が高いわけではありませんが、特別な知識不要ですぐに始められるバイトとしては割の良い時給だと言えるでしょう。

その日に給料が貰えることも

試験監督は単発のバイトが多いため、給料をその日に受け取れることも少なくありません。通常のバイトだと翌月に給料が支給されることが多いですが、即日払いなら急にお金が必要になったときや生活に困っている大学生にも安心ですよね。

試験監督のバイトは、時給の良さに加え働いたらすぐに給料を受け取れるという点も人気の理由のひとつとなっています。

試験監督のバイトの服装は?


試験というオフィシャルなシーンでのバイトというと「スーツ着用」というイメージがあるのではないでしょうか?ここでは、試験監督バイトをする際の服装について詳しく解説していきます。

基本はスーツ

試験監督のバイトは「スーツ着用」となっている場合が多いですが、運営会社や派遣会社によってはスーツでなくてもビジネスに向いている服装ならOKとしている場合もあります。

試験会場に華美な服装はふさわしくないため、スーツの場合は白いシャツに黒や紺、グレーなどの落ち着いた色のものを、私服の場合はシャツにジャケットなどオフィシャルな印象を与えるもの着用しましょう。

靴は音のなりにくいもの

試験監督のバイトでは、服だけでなく靴にも注意が必要です。スーツの場合は黒系の革靴やパンプスを合わせるのが一般的ですが、試験中に大きな足音が鳴ってしまうと受験者の集中を妨げる可能性があるため、歩いた時にコツコツと音が鳴りにくいものを選びましょう。

また、試験によっては立ちっぱなしで監視しなければならないこともあるため、足が痛くならないように履きなれた靴で行きましょう。また、靴擦れをしたときのために絆創膏を持っておくと安心です。

腕時計を忘れずに

試験監督のバイトには試験開始や終了時刻をアナウンスする仕事もあるため。腕時計を持参するように指示されることが多いです。この場合、試験監督全員で時間を合わせることがあるため秒針と分単位のメモリがあるアナログの腕時計を持参しましょう。

腕時計不要の場合もありますが、必ず事前に確認し持っていない場合は家族や友人に借りるなどして準備をしておきましょう。

細かいルールは要確認!

試験監督のバイトでは、試験の進行や受験者の集中の妨げにならないような服装が求められます。スーツまたはそれに準ずる服装を指定されることが多いですが、中にはネイルや髪色、アクセサリーなどに関して細かいルールがある場合もあります。

試験監督のバイトをする際には細かいルールについても運営会社や派遣会社に確認して、試験監督にふさわしい服装を用意しておきましょう。

まとめ:試験監督は副業にもおすすめ


試験監督のバイトは、

  • 単発でできる
  • 特別な知識が不要
  • あまり体力を使わない

というメリットがあるため、大学生だけでなく社会人の副業としてもおすすめです。受験者の将来を左右する大事なシーンであるため、ふさわしい服装で責任をもって臨みましょう。

短期・単発OKのバイト情報はこちらから
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加