おすすめ副業

フリーランスの職種10選!仕事の取り方についてもご紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

フリーランスで仕事をしてみたいけれど、

「どういう働き方かよくわからない」
「どんな職種があるかわからない」
「どうやって仕事を取るのかわからない」

といった疑問を持っている人も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回は、フリーランスの職種や実際の仕事の取り方など、これからフリーランスで仕事を始める方が知っておくべきことを紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

フリーランスとは


フリーランスとは、特定の企業や組織などに所属することなく、個人の技術を提供し、その働きの対価として報酬を受け取る働き方を指します。

所属しているわけでもなければ雇用されているわけでもないため、正社員や派遣、アルバイトなどとは異なった働き方となります。

よく、フリーランスと似ている言葉として挙げられるのが個人事業主です。フリーランスは案件ごとに契約を行うという働き方を指しているのに対し、個人事業主は税務上の区分を表すときに呼ばれる名称です。

つまり、フリーランスと個人事業主は同じ意味ではありません。同じ意味だと思いがちですが正しく覚えておきましょう。

フリーランスについてもっと知りたい人はこちら

フリーランスとして生きていく方法って? ライター・広報etcの複業家・野里のどかさんに聞く、豊かに働く&暮らすメソッド働き方にかかわらず、自分らしい生き方ってなんだろう? 今のままの生活を、ずっと続けていくのだろうか?それが可能なのだろうか?そんな不安を...

フリーランスで依頼を受け続けるために必要なこと


フリーランスは、技術を提供した対価として報酬を受け取る働き方なので、もちろん個人としての技術は最低限必要です。

しかし、技術以外にも基本的なビジネス上のスキルも求められます。以下のような、ビジネスにおける当たり前のことがしっかりしている人には向いていると言えるでしょう。

連絡がこまめに取れること

フリーランスという働き方であっても、報連相をしっかり行うことは基本です。依頼主との密なコミュニケーションを取ることは、仕事を進めるうえで大切な要素となります。

また、依頼主とは対面だけではなく、メールやアプリなどでの連絡となることもあるため、わかりやすい文面で相手に伝える力が必要になります。文面だと意図していないように捉えられてしまうことがあるため、なるべく丁寧な対応を心がけると良いでしょう。

スケジュール通りに働くこと

フリーランスで働いていると複数の契約を結ぶことが基本になると思います。複数の契約をしている場合は、自分でスケジュールを組みます。

しかし、そのスケジュールを守ることができないと全体の進行が遅れてしまい、常に焦りが生じてしまったり、納期ギリギリになってしまったりする可能性があります。そのため、スケジュール通りに働くことは大切です。

疑問があるまま作業を進めないこと

疑問がある状態で作業をすると捗らないうえに、せっかく作った成果物をやり直さなければならないことも考えられます。そうならないためにも、しっかりと疑問を解消してから作業を開始し、疑問が出る度に質問をすることが大切です。

また、同時に質問力も重要で、質問の仕方や内容が悪ければ、求めている回答を得ることができません。相手の立場になって質問をするよう心がけると、スムーズに作業を行うことができるだけでなく、評価も高まるのでおすすめです。

単価交渉をしっかりできること

上記の3つは社会人であれば当たり前に必要な能力になりますが、単価交渉についてはフリーランスならではの能力と言ってもいいでしょう。案件ごとに仕事を行うフリーランスでは、特に単価交渉がとても大切です。

どれだけ一流のスキルを持っていたとしても、単価交渉で自分を過小評価して金額を提示していては、いつまで経っても収入が上がることはありません。複数の案件契約による経験も必要になりますが、信用を獲得したり、実績を持つといったことでも単価交渉がしやすくなります。

仕事部屋の確保をすること

フリーランスで働くということは、仕事部屋を自分で用意しなければいけません。レンタルオフィスで仕事をする人もいれば、在宅で仕事場を確保する人もいるでしょう。

継続的に依頼を受けるためには、質の高い仕事をすることが不可欠です。そして質の高い仕事するには集中できる環境が大切なため、仕事部屋選びには妥協しないようにしましょう。

フリーランスの仕事10選!仕事内容も詳しくご紹介


フリーランスの仕事は現在とても種類が豊富で、在宅で働ける仕事も増えてきています。ここでは、代表的なフリーランスの仕事をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

Webエンジニア

Webエンジニアは、工学的な分野、特にWebを利用するシステムにおける専門的な技術を持つ人のことを指します。

フリーランスとして働くためには、エンジニアやプログラミングとしての実務経験が必要です。まずは企業に就職するか、副業で学びながら始めるといった段階を踏まなくては難しいでしょう。

すでにエンジニアとして働いていて、新しいことに挑戦してスキルを増やしたい方や、収入アップを望まれる方などは、フリーランスに向いています。

平均年収は、約400万円~550万円です。

Webライター

Webライターは、Web上のサイトやコンテンツなどの文章を執筆する人のことを指します。

フリーランスとして働くためには、まずはライターとしての実務経験が必要です。日本語を正しく使えるだけでなく、Webサイトの知識やSEOの知識なども求められます。

ライティングのスキルがあり、個人で淡々と文章を執筆することができる方などはフリーランスに向いています。

平均年収は、約250万円~550万円です。

Webライターの仕事内容について詳しく知りたい方はこちら

副業で月25万稼ぐライターが徹底解説!仕事内容・報酬・案件獲得方法会社員の私は半年前に副業としてライターを始めました。本業はもちろん疎かにはしていません。実体験に基づいて、副業ライターの仕事内容や報酬金...

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインの設定やサイトの設計、プログラミングやコーディングを行う人のことを指します。

専門的なスキルを身につける必要があるので、独学よりもスクールで学んだ方が早く習得することができるでしょう。

プログラミングやコーディングへの知識が深く、Webマーケティングにも理解があり、収入アップを望まれる方などはフリーランスに向いています。

平均年収は、約300万円~400万円です。

Webデザイナーの仕事内容について詳しく知りたい方はこちら

在宅WEBデザイナーは難しい?未経験から始める方法とは在宅で仕事できるWEBデザイナーに魅力を感じて、未経験からでも始めてみたいと考える人は多いでしょう。しかし、前提として専門的なスキルを学...

Webコンサルタント

Webコンサルタントは、Web開発や運営など、Webに関する様々な問題を発見・解決する人のことを指します。

フリーランスとして働くために、まずはコンサルタントとしての実績をつくる必要があり、さらに経験を増やして実績を積む必要があります。

多くの成功体験があり、実績があるという方はフリーランスになることで収入が上がる可能性があります。

平均年収は、約500万円~650万円です。

Webプログラマー

Webプログラマーは、プログラミング言語と呼ばれるコンピュータの言語を用いて、Webサイトに特化してシステム開発を行う人のことを指します。

フリーランスとして働くためには、Webに関わるプログラミング言語はもちろん、IT系の知識について深くなければいけません。独学で学ぶことも可能ですが、プログラマーとして企業に就職した方が身に付くのは早いでしょう。

システム開発も経験豊かで、専門性を高めつつ収入をアップさせたい方などは、フリーランスに向いています。

平均年収は、約450万円~700万円です。

ブロガー

ブロガーは、自分の書いたブログに広告を貼り、広告収入を得ている人のことを指します。

まずは自分のブログのアクセス数を増やす必要があるので、毎日投稿をすることやユーザーが求める内容にすることが必要です。

フリーランスとして働くためにはある程度の収入、つまりアクセス数が伸びていることが肝でしょう。

プロブロガーの平均年収は、約350万円~500万円です。

ブログで収入は稼げない?広告やアフィリエイト、稼ぐ方法を紹介!「ブログで収入って得られるの?稼ぐことができるとしたら、何から始めたらいいの?」 そんな疑問にお応えするために、今回この記事では、「ブ...

カメラマン

カメラマンは、テレビ番組や風景など、動画や写真といったカメラ全般を扱う人のことを言います。

フリーランスとして働くためには、まず新聞社や写真スタジオ、出版社などの企業で勤務してスキルを身につけるのが良いでしょう。また、人脈を増やすことも必要です。

仕事の幅を広げたい方や人脈の多い方などは、フリーランスに向いています。

プロカメラマンの平均年収は、約300万円~400万円です。

副業カメラマンに挑戦したい!カメラで稼ぐ方法からコツまで大公開カメラが趣味、得意という人の中には、「副業としてカメラマンにチャレンジしてみたい」と考える人もいるでしょう。好きなことを仕事にして収入も...

編集者

編集者は、雑誌や書籍などの内容や企画そのものを編集する人のことを指します。

フリーランスとして働くためには、まず出版社などの企業で勤務して経験を積む必要があります。そして、スケジュールや納品物のチェックなどをこなすことを求められます。

自分のペースで仕事を進めたい方や、自分のやりたい分野に没頭したいという方などは。フリーランスに向いています。

平均年収は、約300万円~500万円です。

Webディレクター

Webディレクターは、Webサイトを制作するにあたり、WebライターやWebデザイナーなどの全体の指揮を行う人を指します。

フリーランスとして働くためには、Webサイトの制作に関する幅広い知識を身につける必要があります。また、WebライターやWebデザイナーの仕事内容などの理解も前提のため、Web系の企業で経験を積むのが良いでしょう。

コミュニケーション能力が高く、自由な働き方をしたい方などに向いています。

平均年収は、約300万円~400万円です。

映像クリエイター

映像クリエイターは、ゲームやテレビコマーシャルなどの映像制作全般を行う人を指します。

フリーランスとして働く際には実績が求められるため、まずは映像制作会社に勤めて経験を積むのが良いでしょう。

強みのある実績を持っている方や、周りの人への認知力・営業力のある方はフリーランスに向いています。

平均年収は、約250万円~400万円です。

在宅でも可!フリーランスでの仕事を探し方は?


フリーランスで仕事を取ることは難しいと思うかもしれません。ここでは、実際にどのようにして仕事を取るのかチェックしてみましょう。

知人や友人から案件を紹介してもらう

まずは、身の回りの人に仕事を紹介をしてもらえるかどうか確認してみましょう。自分の身の回りの人の紹介であれば、案件を受注しやすいといえます。

さらに、身の回りの人から派生する繋がりもあるので、仕事があるかどうか確認すると予想外の受注に繋がるかもしれません。

ブログで情報発信する

ブログで、発注者に興味を持ってもらえる内容の情報を発信してみましょう。あなたのブログに興味を持ってくれた人が連絡をしてくるかもしれません。

テーマを決めたら、全体で見たときに、なるべくブレがないように注意しましょう。

イベントやセミナーなどに参加する

自分の業種のイベントやセミナーに参加して、多くの人と交流してみましょう。親密な関係を構築して好条件な案件をもらえるほか、すぐにその場で仕事を受注できる可能性もあります。

多くの人と交流することで、案件の受注の可能性が高まります。

ひたすら営業をする

案件の獲得には、発注してくれそうな会社に、一件一件アポを取ることも必要といえます。その際には、自己紹介で強みが明確に伝えられるよう、入念に自己PRを調整するなど工夫しておきましょう。

クラウドソーシングを利用する

クラウドソーシングは、求職者と求人者がインターネット上でマッチするためのサービスです。仕事の開始から終了までインターネット上で完結でき、隙間時間に作業できる敷居の低さから多くの人が利用しています。

おすすめのクラウドソーシングは、クラウドワークスランサーズです。

多くの仕事の中から自分の好きな仕事を選ぶことができます。

クラウドワークスへの無料登録はこちら
ランサーズへの無料登録はこちら

フリーランスエージェントを利用する

フリーランスの初心者におすすめなのが、エージェントを利用することです。フリーランスエージェントでは、仲介会社が営業を代わりに行ってくれるため、案件を比較的楽に獲得することができます。

また、多くの案件を提案してくれるため、自分に合った案件を見つけやすいというメリットがあります。積極的に利用すると良いでしょう。

仕事探しにぴったり!おすすめのフリーランスエージェント4選


フリーランスエージェントは多く存在するため、今回ご紹介した「フリーランスの仕事10選」に関係の深いエージェントを挙げます。それぞれ、強みや特徴は異なるので、気になる方は詳しく見てみてください。

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、デザイナーとITエンジニア専門のエージェントです。5000件以上の求人があり、15年分のノウハウデータを基にキャリアアップのサポートも行っています。

対応地域は、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県です。

レバテックフリーランスへの登録はこちら

midworks

midworksは、IT系専門のフリーランス向けエージェントです。契約の発注金額を公開しており、フリーランスの方が納得できるよう工夫しています。週2~3日の出社で良いという案件もあり、個人の希望に沿った働き方が見つけられるでしょう。

対応地域は、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県といった関東圏です。

midworksへの登録はこちら

ギークスジョブ

ギークスジョブは、フリーランスエンジニア専門のエージェントです。契約決定率が約80%と高く、60秒程度で無料エントリーすることができます。登録者1人に対して2~3名の担当コーディネーターを設け、丁寧なサポートを行っています。

対応地域は、神奈川県、東京都、千葉県、愛知県、埼玉県、大阪府、福岡県です。

クラウドテック

クラウドテックは、クラウドワークスが運営するフリーランス専門のエージェントです。登録企業は14万社以上で、大手企業などの案件も取り扱っています。

クライアントの満足度に応じてボーナスが受けられるサービスがあり、報酬は月末締め翌月15日払いです。

対応地域は、神奈川県、東京都、千葉県、愛知県、京都府、大阪府、広島県、福岡県、沖縄県などです。

クラウドテックへの登録はこちら

まとめ:自分に合ったフリーランスの仕事を見つけよう


フリーランスという働き方は、特定の企業等に所属することなく案件ごとのやり取りになり、仕事は自分の計画で進めるため、良い意味でも悪い意味でも自分の能力が明らかになります。

ただ、近年では世の変化が激しくなってきていることもあり、個として柔軟に働き、乗り越える力を身につけられるフリーランスという働きでは、貴重な体験ができるでしょう。

多くの職種においてフリーランスとして活躍できるので、まずは副業で始めてみたり、フリーランスエージェントを利用して初めてみてははいかがでしょうか。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加