おすすめ副業

副業の定義は?会社の規則で副業ができない人がとるべき行動とは

その副業、就業規則違反かも?副業の定義とは?

2018年1月、厚生労働省が働き方改革の実行を進めるために「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。これが「働き方改革」として話題となり、副業OKの企業が増加し、副業を始める方も増えてきました。しかし、現状は未だに副業禁止の会社が多いのも事実。

「副業で収入を得たいけれど、会社では禁止されている」という方は多いのではないでしょうか? スキマ時間を使ってクラウドソーシングで仕事したり、電車に乗っている時間でアンケートに答えてポイントを現金化したり、フリマアプリで不用品を売って儲けたりなど、本業以外で収入を得る手立てはたくさんあります。でも一体どこからどこまでが副業にあたるか、その定義は曖昧ですよね。

そこで本記事では、副業の定義から就業規則に違反せずにできる副業、始め方やアイデアをご紹介。これから副業を始めようと思っている方はぜひご一読ください。

そもそも副業の定義は?

実は厚生労働省では副業の定義について明確には定められていません。副業についてのガイドラインを見ると、モデル就業規則として「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。」とありますので、「本業以外に行う仕事=副業」と考えられます。

複業や兼業との違いは?

最近は「複業」といい、複数の職業をかけもって生活を送る人々が増えてきました。

副業は本業のかたわらでもう1つの仕事をするイメージですが、複業は複数の仕事や肩書をもっているので、時間や日によって取り組む仕事が変わります。パラレルワーカーとも呼ばれる、新しい働き方を実践している人たちがまさに「複業」を営んでいます。

また、「兼業」も副業と同義語とされますが、社内で別の業務も兼ねている意味で兼業を使うこともあります。その場合は、副業というよりも兼任という認識をもたれるでしょう。

副業を禁止する組織・会社も多数

国が副業を促進していても実際には、副業を認めていない会社はたくさんあります。2014年の中小企業庁の調査によると、副業を認めていない会社の割合は85%に達します。副業に対して法的な規制はないものの、自社の就業規則に遵守事項として「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定がある方も多いと思います。

会社側としては、自社での業務がおろそかになること、情報漏洩のリスクがあること、競業・利益相反になることなどが理由となり副業を禁止している会社が多いのが現状です。

公務員は基本的に副業禁止

中でも公務員は以下のように法律で明確に副業が禁止されています。要約すると、営利目的で私企業を営むことや、顧問や役員、事務として従事して報酬を得るのは禁止ということです。

国家公務員法 第103条
職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。


国家公務員法 第104条
職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。


地方公務員法 第38条
職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

ただし認められている副業もあります。
原則、副業が禁止されている公務員ですが、中には認められているものもあります。

不動産賃貸

賃貸で得られる家賃収入(インカムゲイン)であれば、許可なく不動産賃貸業を営むことができます。ただし、賃料収入が500万円を超える場合や5棟以上の戸建て、10室以上のアパートやマンションの場合は許可が必要となるので要注意です。

株式やFX、仮想通貨等の投資

資産運用は副業とはみなされず、許可なく行うことができます。しかし、投資をするのであれば当然利益は得たいものです。利益が出た場合は必ず確定申告が必要となりますのでお忘れなく。

また、勤務時間中に株取引を行うことや、仕事上で知り得た一般には公開されていない情報を使ってのインサイダー取引ももちろんご法度ですので注意してください。

【保存版】副業の始め方完全入門ガイド!リスクなく安全に副業を始めるにはテレビや雑誌で「副業」という話題を聞くことが多くなってきました。 しかし 副業ってどうやって始めたらいいの? ツイッターやインスタで...

家業の手伝いや小規模の農業

勤務時間外の家業の手伝いや小規模の農業なども許可なく行うことができます。筆者の親族も公務員の傍ら、所有している小規模の農地で米や野菜を栽培していますが、まさにこれにあたります。しかし、農業の場合も「耕作面積が30a以上、または農産物の年間販売額が50万円以上」の場合は許可が必要となります。

食費も浮いて意外と儲かる?誰でもできる副業農業のススメ日本の農家は収入は、実はサラリーマンの平均収入よりも高いということをご存知でしょうか。最近では農家の高齢化や後継者不足が叫ばれているので...

フリマアプリ、ネットオークション

不要になったものを売るフリマやネットオークションなども許可なく行えますが、営利を目的とした転売は禁止されていますので、注意してください。また、公務員に限らず給与所得を得ている会社員も当てはまりますが、年間の収益が20万円以上発生した場合は確定申告の対象となります。

一回で60,000円稼いだ人も。評判が高いラクマは本当に稼げるか大調査ここ最近、手軽に利用できるお小遣い稼ぎとして人気のフリマアプリ。家にある普段使わないものなどをスマホで写真に撮って、そのままアプリからサ...

会社では生産性や社会性信頼を失うことを恐れている

公務員は基本的に副業が法律で禁止されていますが、先述したように、法的な規制がない民間企業でも副業を認めていない会社は多くあります。

会社側は社員が副業を行うことにより、自社での業務がおろそかになり生産性が下がるのではないか、情報漏洩のリスクがあり社会的な信頼を失ってしまうのではないかと危惧し副業禁止を掲げているのです。他にも労働時間が長くなることにより過労となり、社員の適切な健康管理ができないなどの懸念も挙げられます。

副業をバレずにやることはできるか?

会社に内緒で副業を始めようと思っている方は要注意です。バレていないと思っていても、税金の通知で会社に発覚したり、つい同僚に副業していることを口走ってしまい内部告発されたりという事例もあるのです。

所得税が変わり、会社の給与明細に反映されることも

投資、不用品の売却、クラウドソーシングなど副業の種類は多岐に渡りますが、いずれも年間で20万円以上の収入がある場合は、確定申告が必要となります。

確定申告をすると、所得税や住民税が変わってきますので、給与から天引きでこれらの税金を支払っている場合は、会社に副業分が含まれた税額が通知されますので、それがきっかとなり会社にバレてしまう可能性が高くなります。

副業していることが人に知られて密告されるケースも

就業規則に違反している社員を密告して会社にバレてしまうというケースも少なからずあります。Yahoo!知恵袋などを覗いてみると、「同僚の職務規定違反を通報したい」という質問をちらほら見かけます。副業をしている本人は会社にバレていないつもりでも、こういったことから密告されることもあるので、副業禁止の環境下で行うことは非常にリスクが高くなるので、おすすめしません

【正社員必読】副業が会社にバレる原因や仕組みとバレない対策を徹底解説!副業解禁の企業が増えつつあり、サラリーマンでも副業を始める人が増えています。副業を始めることで臨時収入を得ることができて、気分転換や将来...

禁止されているけれども、自分にできることをやってみたいなら

会社で副業禁止とは言われているけれど、収入は増やしたい、将来独立したいなど、目的意識がはっきりしている人はバレないように副業していることも。

自分の人生は自分のためにあるのだから、会社の規則に縛られて自分らしさがない、苦しい生活が延々と続くのは悲しいことです。ルールを破っていいとは言いませんが、自分の心の声に従った生き方もしてはいいのではないでしょうか?

副業ビギナーでは会社に副業がバレないためにはどんなことに気を付けなければならないか、まとめたものを記事化しているので参考になれば幸いです。

【会社員必見】副業がバレない5つの方法!おすすめ副業も徹底解説もっとお金を稼ぎたくて副業をしたいけれど、勤務している会社は副業禁止。こっそりやっている自分の副業がバレたらどうしようと心配になることが...

会社にいながら副業を進めるためのアイデア

先述した厚生労働省のガイドラインでも「副業・兼業を進めるにあたっては、労働者と企業双方が納得感を持って進めることができるよう、労働者と十分にコミュニケーションをとることが重要である。」と書かれています。

やりたい仕事がある、スキルアップを目指したい、資格を活用したい、収入を増やしたいなど、副業をしたい理由はそれぞれ異なりますが、いずれも会社に副業を認めてもらって始めたいものですよね。どのようにして会社に認めてもらうかがポイントとなってきます。

本業のスキルが上がる副業を許可してもらう

例えば、SEやプログラマーがクラウドソーシングで副業を行う、Webデザイナーが自分の作品をコンペに出品するなど、アウトプットできる機会を増やして本業のスキルアップにも繋がることをアピールしてみましょう。

会社が副業を認めることは、社員が社内では得られない知識やスキルを獲得できるチャンスでもあるのです。ガイドラインにも、会社が副業を認めるメリットとして「労働者が社外から新たな知識・情報や人脈を入れることで、事業機会の拡大につながる」と明記されています。会社とよく話し合い許可を得て副業を行いましょう。

稼ぎながらスキルアップ! 手に職がつく副業7選今の生活や仕事に不安はないけれど、将来が不安。なぜなら、自分には特別なスキルがないから……。 そう考え、将来に対して漠然とした不安を持...

休日だけ取り組むと約束をする

社員が副業をすると、本業の仕事がおろそかになるとの懸念があるのは当たり前のことです。必然的に労働時間が長くなりますので、社員の健康管理の面においても留意する必要がでてきます。会社に副業を認めてもらう際は、休日だけ副業に取り組むと約束をして、本業に支障をきたさないようにしましょう。

会社員が土日だけで稼げる副業15選。会社にバレないポイントも紹介副業で副収入を得られるようにしたいけど、土日しか時間がない!とお悩みではありませんか? 副業と聞くとWワークで本業と同じか半分くらい働...

好機をねらってダブルワーク可能の会社に転職する

2019年1月現在、ヤフー、メルカリ、コニカミノルタ、新生銀行、サイバーエージェントなどの有名企業が副業可能となっています。今後も副業OKの会社はどんどん増えていくことが予想されますが、思い切ってダブルワークOKの会社に転職するのもアリです。

副業やWワークOKの企業30選。未経験者でも転職できる企業をピックアップ近頃耳にすることの多い「働き方改革」。2018年1月に厚生労働省は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しましたが、未だに副業禁...

自分に合った働き方をみつけよう

会社員の副業は法的にはOKであり、公務員でもできる副業があることがお分かりいただけたと思います。就業規則で副業が禁止されているからと諦めている方でも、会社に交渉してみる価値は十分あります。

働き方が多様化してきている今だからこそ、ひとつの仕事や企業にとらわれることなく働いてみたいと思いませんか?副業を行うことで自分のライフスタイルに合った働き方を見つけたり、よりよい生活を送るために自ら情報を集めて今後の働き方を考えてみたりしてはいかがでしょうか。

業界最大級の副業メディアが大予想!2019年人気の副業10選元号も「令和」と新しくなり、働き方も変わりつつある時代を迎えましたね。最近は新しい働き方として、副業やWワークにスポットライトが当たり、...
ABOUT ME
Yuka Ogata
Yuka Ogata
フリーライター。 外資系IT企業でヘルプデスクやITアナリストを長年経験後、趣味を生かした仕事に興味を持ち、旅行情報メディアの編集部に転職し、ライター業を始めました。 趣味の旅行では、安宿を泊まり歩くバックパッカーから高級リゾート旅まで様々な旅のスタイルで国内外を巡る旅をしています。 現在は子育て中心の生活を送りながら、フリーライターに転身。 「全ての人が自分の好きなことでお金を稼げる世の中を作る」というコンセプトに共感し、こちらのメディアに携わらせていただくことになりました。 副業に興味を持つ読者の皆様が、新たな価値観に出会いそれぞれのライフスタイルに合った副業を見つけられるような情報を発信していきたいと思います。
[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加