コラム

副業は働き方改革でどう変わる?4つのポイントと時期について

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

最近テレビやインターネット上で話題にあがる働き方改革。今の日本の労働環境を改善するために政府が打ち出した改革案ですが、詳しく内容を理解している人は少数です。

その働き方改革案のなかで、副業・兼業を推進するガイドラインも設けられています。つまりは、政府は企業に副業の許可を勧めているということです。働き方改革で副業の扱いはどう変わるのでしょうか?そのポイントについてご紹介します。

副業と働き方改革で何が変わる?注目すべき4つのポイント


最近は本業と掛け持ちで副業を始める人が増えていますが、働き方改革で副業を推進しているように、副業を許可する企業が増えています。しかし、副業を始めることによって企業側にはメリットもデメリットも生じます。

働き方改革と副業について注目するべき4つのポイントについてご紹介します。

副業ビギナーでは働き方改革のアイデアになるニュースを配信中。
LINE@に登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加

副業を解禁する企業の増加

今までは副業を禁止する企業が大多数でしたが、働き方改革によって兼業を許可する企業を増やす狙いがあります。

副業を始めることによって労働者のスキル・自律性・自主性の向上、外部のスキルを取り入れることによって企業全体の成長などのメリットが挙げられます。そして、優秀な人材の外部流出も防ぐことができるのです。

副業には一定の条件が課せられる

副業といっても、専門的な職種から誰でも簡単にできるような作業まで様々な種類があります。企業側が副業を禁止する主な理由は、本業への影響と社内情報が外部へ流出することです。副業を始めたことによって本業がおろそかになっては意味がありません。

その為、副業を始めるにあたって企業側も一定の条件を規定し、政府もその規定に準ずるように伝えています。

副業して収入を増やせる

働き方改革の目的の一つは、労働者を増やすことです。特に高齢者や女性などが働くことによって国の労働生産を向上させることが目的ですが、副業を許可する動きもその一環です。

副業によって必然的に個人の収入が向上。収入が上がることによって個人のモチベーションも上がり、国全体で労働生産も上がります。

副業で成功して将来の道が開けることも

副業を足掛かりにして自身で起業する人もいます。副業を通じて新たなスキルや人脈を獲得することもできるので、副業は将来につながる可能性もあるのです。

起業を目指す人が多くなるということは、雇われる人が減るということです。退職者をだしたくない企業は、個人の起業を懸念することもありますが、起業という道が開けることで個人のモチベーションが上がります。

副業ビギナーでは働き方改革のアイデアになるニュースを配信中。
LINE@に登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加

働き方改革で副業をしやすくなるのはいつ?


働き方改革で副業を許可する企業が増えると言われていますが、その推進はいつからになるのでしょうか?最近では兼業を許可する企業が増えている傾向にありますが、働き方改革によって副業が一般化される時期についてご紹介します。

時間外労働の上限規制について

副業が許可されたからといっても、仕事外でいつでも何時間でも自由に働けるということではありません。時間外労働について1ヵ月45時間、1年360時間までの上限が規定されます。大企業が2019年4月から中小企業は2020年4月から施行されます。

高度プロフェッショナル制度とは

1075万円以上(予想)であり高度かつ専門的な知識を要する仕事で、本人が希望する場合は労働時間の規定が適用されないという制度です。大企業は2019年の4月から、中小企業は2020年の4月から適用されます。

研究職やコンサルなど時間を要する職種に適用されることが予想されていますが、残業代が支払われなくなるのでは?といった懸念もあります。

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金とは、今問題になっている正社員と非正社員の給与や福利厚生などの待遇格差を埋めることを目的しとした法案です。施行される日は大企業では2020年4月から、中小企業から2021年4月と企業によって異なります

副業は働き方改革でやりやすくなるもの?


副業を始めたくても会社が副業を禁止している為に、断念してしまう人もいます。働き方改革によって副業を許可する企業が増える傾向にあるものの、副業を始めるにあたって一定の規定が設けられます。働き方改革によって副業の在り方は改善はされるのでしょうか?

一定の条件下の条件にもよる

働き方改革により、副業を始めるにあたって一定の条件が課せられます。その条件とは勤務時間外の労働は年間720時間、単月100時間未満、複数月平均80時間と規定されます。

企業が進んで改革しなければ、なかなか改善されない

働き方改革には副業を推進するガイドラインが設けられているものの、副業の許可を義務付ける法律ではありません。その為、勤めている会社が副業を許可しないことには副業を始めることはできません。

よって、副業できるかできないかは勤め先である会社次第ということになります。

改革する企業と遅れる企業で差が出る

副業を許可する会社と禁止する会社に分かれることになりますが、そのことによって企業間で大きく差がでてくることが予想されています。そして、副業を許可している会社に努めている場合でも、勤め先である会社側の規定に従う必要があります。

働き方改革で副業が奨励されていく


働き方改革によって副業の在り方も大きく変わります。ただし、副業を始めるにあたって、ガイドラインで労働時間外の労働時間が決められています。そして、副業を始めるには勤め先である会社の許可のもと、就業規定に従って副業を始めることになります。

様々な規則はありますが、副業を推進していることで副業が始めやすい社会に変化しています。そのなかで、始めたいことにチャレンジしていきましょう。

働き方改革とはなにか?働き方はどう変わるのか?わかりやすく解説1980年代以降、OEDC加盟国中の20位前後に定着してしまった日本の労働生産性は、経済のグローバル化が加速するにつれて、その低迷ぶりが...

副業ビギナーでは働き方改革のアイデアになるニュースを配信中。
LINE@に登録して最新情報をゲットしよう!

友だち追加

ABOUT ME
ayakaida
ayakaida
1987年生まれ。東京で保育士として勤務をしていたが、2013年に夫の海外赴任に帯同するために退職。 海外で勤めることができないなかでクラウドソーシングと出会い、SNSで文章を書くことが好きだったこともありWebライターとして活動を始める。 場所や時間にとらわれず、自分の好きなことを仕事にしたい友人たちの声を聴き、自分にできることで人々のライフスタイル充実に貢献したい思いから編集長に就任。 2児の母親かつクラウドワーカーとして500以上の記事制作、編集に携わる。SEOにも精通しており、リライトで圏外から1ページ目表示を達成した実績も多数。 現在はライティングプロダクション運営、講師業も行い、新しい働き方のヒントとしてWebライターの働き方を発信している。 趣味はムエタイで元世界チャンピオンから指導を受けている。
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加