コラム

これから始める人も既に始めている人も。副業の未来と可能性は?

かつては、正社員としての収入だけで暮らしていけましたが、現在はそれが難しくなり副業をする人も増え続けています。
副業を解禁する企業も徐々に増え続けており、実際に本業以上の副収入を得ている人もいます。
では、副業は将来的にどうなっていくのでしょうか?
詳しく解説していきます。

副業は将来的にどうなるのか?

副業の未来と可能性は、4つあります。

1.本業以外の安定した収入源が手に入る
2.独立や起業なども可能になってくる
3.定年後も収入を得ることができ、生活を豊かに出来る
4.自由に作業が出来るため、従来よりもストレスフリーで働ける

それぞれ、詳しく解説していきます。

本業以外の安定した収入源が手に入る

まず、副業をすることで誰しもが本業以外の安定した収入が手に入るようになります。
2019年時点では、副業をしている人はまだまだ少ないです。
その背景には、「会社自体が副業を禁止している」「本業が忙しすぎて副業の時間が取れない」といった事情もあります。

ですが、業務に支障が出ない場合は副業を容認する会社も増えていますので、副業をしたいと思うならまずは会社の就業規則を確認し、その後直属の上司に相談してみるといいでしょう。

副業を行えば、本業以外の安定した収入源を手に入れることができ、毎月家計簿とにらめっこしなくても大丈夫なのです。
複数副業を行っている場合は、一本仕事がなくなったとしても残りの副業でまかなうことができるので、急なトラブルにも対応が可能です。

本業以外に安定した収入源があれば、いざというときにも助かりますので、ぜひ試してみてください。

独立や起業なども可能になってくる

副業は、月額固定ではなく、自分の頑張り次第で月収を多くすることが可能です。
故に、ある程度副業で安定した収入を得たら独立や起業なども出来るようになります。

実際に、会社員時代に副業をこなし、そこから独立した人・起業をした人もいます。
副業をすることで、会社では学べないようなスキルを得ることができ、それが後々活かされることもあるんです。

専門的なスキルを副業で身につければ、独立した時にすぐに仕事をもらうことが出来ます。
独立や起業にも繋がりますので、ぜひ試してみてください。

定年後も収入を得ることができ、生活を豊かにできる

副業をすることで、定年後の選択肢が増えるという意見が今多くあがっています。
「定年後は、年金を使ってのんびり暮らす」と一般的に言われていますが、実際は年金だけでは暮らしていけず、定年後も働いている人や息子・娘夫婦の元でお世話になっている人、国から補助を受けている人など様々です。

これから先「年金だけで暮らしていける」という保証はないので、そういったことに備えるために副業で収入を得たほうがいいです。

副業をすることで、「仕事をしている」という実感を得ることができ、定年後の喪失感を埋めることも可能です。
また、外に出なくても出来る「在宅ワーク」もありますので、体力をなるべく使わずに副収入を得ることができます。

副業で収入を得ていけば、生活を豊かにすることができ、老後をより楽しめます。

自由に作業が出来るため、従来よりもストレスフリーで働ける

副業というと、多くの人は「アルバイト?」と思うでしょう。
ですが、会社員として働きながら、さらにアルバイトをするのはかなり厳しいです。

特に人間関係を築くのが面倒であったり、長時間同じ場所に拘束されるのが嫌な人にとっては地獄です。
ですが、副業の場合は基本的に自分の裁量で仕事をすることが出来ます。

納期さえ守れば、いつでも出来る仕事もありますし、暇な時間に作業が出来る副業もあります。
アルバイトと比べると柔軟に仕事をする時間を決められて、煩わしい人間関係もないのでストレスフリーで働くことが出来ます。

ストレスフリーな副業をすることで心身にも余裕ができ、本業にも集中できるというサイクルが生まれます。
副業する人が増え続ければ、本業も効率アップし、より良く社会がまわっていく可能性が高くなります。
また、今後副業を解禁していく企業も増えていきますので、これを機にぜひ副業にチャレンジしてみてくださいね。

副業で稼いでいる人たちの投稿

では、ここから副業で収入を得ている人たちの投稿をご紹介していきます。

ブロガー・Aさん

会社員をしながら、ブロガーとしても活躍しているAさん。
二人のお子さんと、奥様、4人で暮らしています。

会社員として生活していましたが、子どもの教育費や家族の生活費について色々と考えた末にブログを開設します。
わずか半年ほどで副収入を得ることが出来たのです。
現在は、より読者を集めるためにTwitterやInstagramを駆使して集客したり、他の副業をして生計を立てているそうです。

Twitterでも、副業に関するツイートをたくさん投稿しており、より頑張ると意気込んでいます。
今後もっと頑張って副収入を得ていきたいとツイートもしているので、ぜひ頑張って欲しいですね。

フリーライター・Mさん

続いてご紹介するのは、専業主婦をしながらフリーのWebライターをしているMさんです。

元々は公共文化施設で勤務をしていましたが、結婚・出産と同時に退職。
その後は職場復帰、育休を取りながら生活をしていましたが、子育てと仕事の両立の難しさからフリーランスのライターとしてデビューしたそうです。

現在は二人のお子さんを育てながら、副業でフリーライターとして活躍しています。
Mさん曰く「会社づとめの頃は、子どもが熱を出したり体調不良になってもなかなか迎えにいけませんでしたが、フリーになってからは自分で時間を調整出来るので急な出来事にも対応できるようになって嬉しかったです」とブログに書かれています。

副業は基本的に自由に時間調整できるというメリットがあります。
子育て中でも問題なく仕事をすることができ、なおかつ収入も得られるためこの先主婦をしながら副業をする人も増えていくのが予想出来ますね。

イラストレーター・Hさん

続いてご紹介するのは、学生兼イラストレーターのHさん。

事情があって会社に就職出来なかったですが、ある時「フリーのイラストレーターでもいけるのでは?」と思い、学生をやりながら副業でイラストレーターを始めたそうです。

はじめて数ヶ月の頃は、なかなか仕事が来ず収益を得ることが出来ませんでしたが、長く続けていくうちに徐々に仕事をもらえるようになり、現在では暮らしが豊かになるレベルの副収入を得ているとのことです。

学生でありながら、イラストで副収入を得るなんてすごいです。
他にもライター、ブロガーとしても活躍しているため、今後どうなっていくのかが非常に楽しみです。

まとめ

今回は副業の未来と可能性について解説していきました。
「正社員になるのが安定」という考えは徐々に無くなりつつあります。
本業だけでは生活が出来ないため、工夫をしながら副業をしている人も多いです。
副業をすることで、もし本業がなくなっても副収入でまかなうことが出来ますし、定年後も外に極力出ずに楽しみながら収入を得ることが出来ます。
また、副業で得たスキルや実績などで独立や起業をすることも可能です。
副業は将来的に考えて、絶対にやっておいたほうがいいです。
新しい副業も続々登場していますので、ぜひ試してみてくださいね。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加