FX

FXっていくらから始められるの?初めての人にも分かりやすく解説します!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

老後の資産作りとしてFXでも始めてみようかなと思っていても、いくらから始めることができるのか不安になりますよね?そんなに資金もないし、諦めている方も多いのではないでしょうか?実は、FXは少額でも始めることができる資産運用の1つなのです!今回は、

  • FXとは一体何なのか
  • FX口座によって必要な資金の最低金額が異なること
  • FXには、必要証拠金やロスカットなど注意しないといけない点がある 

など、初心者が知っておくべきき点を解説していきます。
この記事を読むことで、FXは少額から始めることができるんだ!ときっとあなたも思っているはずです。

ぜひ最後までお読みください!

FXを始めるにはどれぐらいの資金が必要?

FXを始めるにあたり疑問に思うのが、一体FXは、いくらから始めることができるのかという点です。

ここでより少ない資金でFXを始めたいという方にオススメしたいのが、たった4円の資金で取引できるSBIFXトレードです。

SBIFXトレードのオススメポイントは、1通貨で取引きができることです。1通貨でレバレッジ25倍、1ドル=100円であれば、たった4円(100円÷レバレッジ25倍)の資金で取引することができます。

資産は増やしたいけど、家計を削ってまで行うはリスクがあるし、大金がないとFXってできないじゃないの?と思われがちですが、FXは、少額で誰でも簡単にできる資産運用となります。

FXは、通貨の取引単位というものが設定されています。取引単位は、1番低いもので1通貨、基本的には、10,000通貨となります。

1ドル=100円の場合、1通貨100円、10,000通貨100万円の資金が必要ということになります。

これでは、やっぱり取引単位が10,000通貨であれば、高額の資金が必要ではないかと思いますよね?

ここでFXの特徴の1つ、レバレッジを使用することにより、少額で取引をすることができます。

レバレッジとは、少ない資金で大きな取引をすることができるというものです。

どういうことかといいますと、レバレッジには、1倍・10倍・25倍など倍率があり、倍率が大きいほど、より少ない資金で取引することができます。

レバレッジ25倍で取引をすると、本来1ドル=100円で10,000通貨100万円の資金が必要ですが、たったの4万円(100万円÷レバレッジ25倍)で、取引をすることができます。

しかし、1つ注意したいのが、レバレッジの倍率が大きいほど、大きな利益を得ることができますが、大きな損失を出してしまう可能性があります。

私はまだFXを初めて数か月ですが、やはりレバレッジ25倍の取引により、大きな損失を出してしまうことが多々あるので、FXをする際のレバレッジは、ご自身の資産の状況を考慮して、設定しましょう。

FX初心者の方は、まず少額で取引を始めてみて、徐々にFXのしくみを理解していきましょう。

FXは誰でも簡単に始められる資産運用の1つ


資産運用には、皆さんがよく耳にする株式や投資信託がありますが、FXも代表的な資産運用の1つとなります。

FXは、簡単に言うと、日本円や米ドルなど色んな国の通貨を交換することにより、為替差益を得る取引きになります。

よくニュースを見ていると、「為替相場 1ドル=110円」と発表されていますよね?この為替相場が、FXにとってはかなり重要な項目となってきます。

例えば、為替相場が1ドル=100円の時に、米ドルを1通貨購入したとします。そして、1週間後、1ドル=110円に10円、値上がりしたとしましょう。この際に、1ドル=100円で購入した米ドルを売却すると、10円の利益(110円-100円=10円)を得ることができます。

このように、購入した価格よりも高い価格で売却すれば、利益を得ることができる仕組みとなっています。

さらにFXは、通貨の価格が値下がりした場合でも、利益を得ることができます。

先ほどと同じように、為替相場が1ドル=100円とします。そして、今後、米ドルが下がると予想した時には、1ドル=100円でまず売却をします。そして予想通り、1ドル=90円になった時に、米ドルを買い戻すと、10円の利益(100円-90円=10円)を得ることができます。

FXは、通貨の価格が値上がりしても値下がりしても、利益を得るチャンスがある取引きとなります。

FX口座によって必要な資金は異なる

FXを行うには、まずFX口座を開設するのですが、この開設するFX口座によって、必要な資金が異なります。どれぐらいの資金でFXを始めたいかによって、開設するFX口座を選ぶと良いでしょう。

現在、1通貨が最も少額でFXができる取引となりますが、1通貨の取引では物足りない、ある程度の資産をFXに費やすことができるという方は、100通貨・1,000通貨で取引きができるFX口座をオススメします。

まず、100通貨単位で取引可能なのは、マネーパートナーズです。

レバレッジ25倍、1ドル=100円の場合の必要な資金は、

  • 100通貨⇒400円(100円×100通貨÷レバレッジ25倍)
  • 1,000通貨⇒4,000円(100円×1,000通貨÷レバレッジ25倍)

となり、こちらも少額の資金でFXを始めることができます。

初心者の方であれば、ローリスクローリターンの1通貨単位での取引をオススメしますが、もう少しお小遣い稼ぎをしたいなという方は、100通貨単位での取引の方が、より多くの利益をGETできるチャンスがあります。

1,000通貨単位でFXに挑戦したい方は、DMM.com証券GMOクリック証券などがオススメです。

私は、DMM.com証券を利用していますが、DMM.com証券はポイント制度があり、取引をすることにより、ポイントを貯め、貯まったポイントは、1,000ポイント以上から現金に交換することが可能なので、取引をたくさん行う方にとっては、DMM.com証券で口座を開設するのもいいですね。

FXを始めるに、押さえておきたいFXのルール

FXでは、必要な資金の他に、押さえておきたいルールがありますので、ご紹介します。

必要証拠金

まず1つ目のルールは、必要証拠金です。

本来、1ドル=100円の時に10,000通貨分を購入するとなると、100万円の資金が必要です。そして、25倍のレバレッジだと、4万円の資金で取引ができますよね?100万円の取引きができる代わりに、4万円の担保金をFX口座に預ける形になります。

この4万円の担保金が、必要証拠金となります。すなわち、上記で説明した必要な最低資金ということになります。

しかし、この必要証拠金は、通貨の価格が変動すると、同じように変動します。

利益が出ている場合は、特に問題はないのですが、損失が出ている場合は、注意が必要です。

1ドル=100円で購入し、翌日に1円下がり99円になったとします。この場合、1万円の損失となるのですが、同時に必要証拠金も損失分の1万円が減ってしまうので、3万円になってしまいます。

すると、4万円預け入れないといけない担保金に不足がでますよね?この場合、4万円の担保金をキープしなければならないので、新たに、1万円の入金が必要になるということになります。

ロスカット

2つ目のルールは、ロスカットです。

ロスカットは、損失がどんどん大きくなり、必要証拠金が、証拠金維持率を下回ることにより、強制的に、取引きが決済されるというしくみになります。

証拠金維持率は、ご自身で100%・50%など設定することが可能で、FXは、ちょっと目を離した隙に、大きな損失を出してしまう恐れがあります。

この損失を少しでも軽減するために、証拠金維持率を設定します。

4万円の必要証拠金で証拠金維持率を100%で設定すると、必要証拠金が0円になった時点で、ロスカットが発動されます。7

ロスカットは、FXをする上で、重要なルールとなります。

さらに、ロスカット対策として有効な手段として、自動的に損切りをしてくれる設定をしておくことをおススメします!

ロスカットされると、大事な資産を減らしてしまう結果となるで、ロスカットは絶対避けるようにしましょう!

FXを始めるには、少額取引からチャレンジしてみよう!


FXは、ギャンブル性の強い、手を出しにくい資産運用と思われがちですが、少額の資金で、誰でも簡単に始めやすい取引です。まずは、1通貨・100通貨あたりから始めると、FXってこんなに簡単に取引できるんだと実感していくでしょう。FXを始めるにあたり、ご自身の投資スタイルを確立し、無理のない余裕資金で、行うようにしましょう!

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加