確定申告

ハンドメイドの確定申告はいくらから?基本情報から注意点まで解説

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

ハンドメイド作家として作品を販売しはじめたら、確定申告のことが気になりますよね。

「ハンドメイド販売で確定申告って必要?」
「注意した方がいいんだろうけど何を気にするのかわからない」
「参考になる本やアプリがあれば知りたい」

上記のように思いながらも、何から手を付けていいかわからずに後回しになっていませんか?今回の記事では、ハンドメイド販売を進める上で重要な確定申告の疑問・質問について、一つひとつ詳しく説明します!

月商100万円も可!ハンドメイドで副業を始めるための完全ガイドハンドメイド商品の販売を副業にする女性・主婦が多数 ハンドメイドは、手先が器用であれば未経験からでも始めることが出来る副業です。 そ...

そもそも確定申告とは?


本業でも副業でも、ハンドメイド作家として活動し始めた人の多くは、確定申告についての認識が曖昧なのではないでしょうか。はじめに、確定申告とは何なのかを説明します。

所得を税務署に申告すること

確定申告とは、1年間の所得を税務署に申告することです。この申告を行うことで、いくら納税するかが決定します。

確定申告は、毎年1月1日~12月31日の所得を、翌年の2月16日~3月15日の間に申告すると定められています。ただし、曜日によっては数日前後するケースもあるので、その都度申告する時期はチェックしておきましょう。

所得と売上の違い

確定申告で、よく勘違いされやすいのが「所得」と「売上」。所得と売上は、下記のように異なる金額です。

  • 所得:売上から必要経費を差し引いた金額
  • 売上:ハンドメイド作品が売れて得た金額

確定申告では「売上」ではなく、売上から必要経費を差し引いた「所得」が大きく関わってきます。ハンドメイド販売をしていて、確定申告の必要・不必要が気になる人は、売上だけでなく必要経費もチェックしておくことがポイントです。

ハンドメイドで確定申告が必要な人はいくらから?


確定申告で気になることといえば、「いくら所得があれば確定申告が必要なの?」ということですよね。ハンドメイド販売で確定申告の必要がある人は、以下の2ケースに分かれます。

  • ハンドメイド販売を本業にしていて、年間所得が38万円以上ある人
  • ハンドメイド販売を副業にしていて、年間所得が20万円以上ある人

さっそく、詳しく見ていきましょう。

年間所得が38万円以上の本業の人

ハンドメイド販売を本業にしている人は、1年間の所得が38万円を超えるのであれば、確定申告をしなければいけません。売上から必要経費を差し引いた金額が38万円以上になる人は、確定申告を意識して日頃から在庫を確認したり、レシートをとっておいたりしましょう。

無職や仕事していない主婦の人も対象

「ハンドメイド販売を趣味にしている無職の人」や「ハンドメイド販売以外に仕事していない主婦の人」も、年間所得が38万円以上あれば、確定申告する必要があります。確定申告には「38万円以上の年間所得」が関係してくるので、「本業」と自分で認識していないかどうかは関係ありません。

無職や主婦でハンドメイド販売を行っている人は注意してください。

年間所得が20万円以上の副業の人

ハンドメイド販売の他に、正社員として働いていたり、アルバイトやパートをしていたりする人は、1年間の所得が20万円を超えるのであれば「雑所得」として確定申告をすることが必要です。

雑所得とは、給与以外の所得を指します。そのため、副業をハンドメイド販売以外にもしている場合は、全ての所得を合わせて計算しなければいけません。

つまり、ハンドメイド販売だけでは所得が20万円を超えなくても、他の副業と合わせて20万円を超える所得になるのであれば、確定申告が必要になるということです。ハンドメイド販売以外にも、副業している人は注意しましょう。

ハンドメイドの確定申告で注意したい4点


ハンドメイド販売で確定申告の必要がある場合、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。ここで、ハンドメイドの確定申告の注意点4つ紹介するので、チェックしてみてください。

住民税や保険の扶養をどうするか決めておく

ハンドメイド販売をしている人の中には、「社会保険や住民税の扶養内におさめたい」という人がいるでしょう。または、「扶養を抜けてハンドメイド販売を頑張りたい」という人も少なくないはずです。

どちらにしても結婚してパートナーがいるのであれば、扶養から抜けるか抜けないかは相手としっかり話し合って決めておく必要があります。扶養から外れると、保険の加入が変更になったり、パートナーの納税金額が変わったりするので、相手に負担がかかる可能性も否定できません。

ハンドメイド販売で確定申告を気にする必要があるなら、パートナーと扶養について話し合っておきましょう。

材料費以外に必要経費になるものをチェック

確定申告に関係する必要経費は、ハンドメイドの材料費以外にも計上できるものがあります。

  • 作品を作るための工具代
  • ハンドメイド販売に使うインターネット通信料
  • ハンドメイドの勉強に使った書籍代金
  • ハンドメイド作品の送料
  • イベント参加の出展費

上記以外にも、ハンドメイド制作の際に必要な資金は、必要経費として計上可能です。何が必要経費に含めて、何ができないのかを把握しておくと、確定申告の準備もスムーズに進められるでしょう。

確定申告について不安がある人は、ハンドメイド販売で必要経費に含められる項目をしっかりチェックしておきましょう。

ハンドメイドに関するレシートは取っておく

ハンドメイド販売で確定申告の必要がある場合は、関係するレシートはとっておくことを忘れないようにしましょう。レシートは、帳簿付けや必要経費の証明のために必要です。とくに、まとめて帳簿付けをする人は、レシートがなければいざ計上するときに困ることは確実なので、レシートはとっておく癖を付けるといいですよ。

とはいえ、交通費やネットで購入した際など、レシートがもらえないシーンもあります。その場合は、出金伝票を作成しておきましょう。出金伝票は、100円ショップや文房具店などで販売しています。

ハンドメイド関連の必要経費は、レシートや出金伝票でしっかり管理しておくことが大切です。

開業届を出しておく

ハンドメイド販売で確定申告するなら、開業届を出しておくことも重要です。開業届とは、個人で開業したことを税務署に申告する届け出のこと。通常、開業した日から1ヶ月以内には開業届を出すことが義務付けられています。

この開業届を出すと同時に、「所得税の青色申告承認申請書」を出しておくと、「青色申告」で確定申告が可能です。確定申告には、「青色申告」と「白色申告」という2種類の申告方法があり、以下のような違いがあります。

 青色申告白色申告
申告の届け出必要不要
簿記の形式複式簿記簡易簿記
節税特典ありなし

白色申告は届け出不要に加え、毎月の売上から必要経費と控除を引くだけという簡単な帳簿作成で済みます。反対に、青色申告は届け出と必要経費を詳しく記録する必要があり、帳簿付けにかかる手間が大きいです。

しかし、青色申告は65万円の控除があり、節税効果が高いため所得が多ければ多いほどメリットを実感できます。確定申告する必要があるほどハンドメイド販売の所得がある人は、開業届と青色申告をセットで出しておくのがおすすめです。

確定申告の書き方の参考になる本やアプリ・ソフト


最後に、確定申告の参考になる本やアプリ・ソフトを紹介します。ハンドメイド作家活動を円滑に進めるために、チェックしてみてくださいね。

税金が全くわからない人におすすめの本

確定申告や税金について全く分からない人は、本で知識をインプットしておきましょう。以下の本は、確定申告が初めての人におすすめです。

  • 「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」

Amazon:お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! Amazon販売ページ
楽天:お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください! 楽天市場販売ページ

「最新 知りたいことがパッとわかる勘定科目と仕分けが見つかる本」
Amazon:最新 知りたいことがパッとわかる勘定科目と仕分けが見つかる本 Amazon販売ページ
楽天:最新 知りたいことがパッとわかる勘定科目と仕分けが見つかる本 楽天市場販売ページ

「お金のこと何もわからないままフリーランスになっちゃいましたが税金で損しない方法を教えてください!」は、フリーランスにまつわる税金の話を漫画でわかりやすく解説されています。税金や確定申告についてわからなさすぎて、何から手をつけたらいいのかわからない初心者におすすめです。

続いて紹介した「最新 知りたいことがパッとわかる勘定科目と仕分けが見つかる本」は、帳簿付けに役に立つ勘定科目や仕分け方がわからないときにもっておくと重宝します。科目からも摘要からも知りたいポイントが引けて、必要経費に付いて不安がある人も安心です。

本はわからないことが1冊にまとめられているので、いざというときもっておくと役に立ちます。確定申告について不安がある人は、本から基本知識を学びましょう。

クラウド会計ソフト freee

クラウド型の会計ソフト「freee」は、帳簿付け初心者でも取り組みやすい仕組みが特徴。画面の質問に答えれば、確定申告に必要な書類が作成できます。

アプリを使用すれば、スマホからでも確定申告の準備が可能です。無料でも使用できますが、便利な機能が追加になる月額980円~の有料プランも選べます。

freeeへの登録はこちら

やよいの青色申告オンライン

やよいの青色申告オンラインも、クラウド型で初心者におすすめの会計ソフト。専門知識がなくても、確定申告に必要な書類作成が可能です。

誰にでもわかりやすいシンプルな機能とデザインが特徴で、悩むことなく操作できます。初年度は0円で使用できるので、気になる人は実際に試してみてはいかがでしょう。

初年度無料のやよいの青色申告オンラインはこちら

まとめ:ハンドメイドの売上が黒字なら確定申告の準備をしておこう


ハンドメイド販売が順調なら、確定申告は必ず行う必要があります。下記がハンドメイド販売で確定申告が必要になるボーダーラインです。

  • 本業 ⇒ 年間所得が38万円以上
  • 副業 ⇒ 年間所得が20万円以上

確定申告するほどの所得がない人でも、いざ必要になったときに慌てないように前もって準備しておくのがおすすめ。ハンドメイド制作に勤しむと同時に、確定申告の準備もコツコツ進めてみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加