個性を生かす

副業でホストは稼げる?会社にバレる?体験談と始め方を紹介

女性の副業としては一般的になりつつあるナイトワークですが、男性にとっては「ホスト」という副業あまりなじみがありませんよね。

「ホストってどんなことするんだろう……」

「副業でホストを行うことで危ない目に遭ったりしないだろうか」

「ホストの副業ってほんとに稼げるの?」

そんな疑問を抱いている方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は副業でホストを始めようとしている方のために、リアルな副業ホストの声や収入を徹底解説します。

副業でホストを行う際に注意したい点もまとめましたので、ぜひ読んでみてください。

副業ホストは店舗型・出張型の二種類


「ホストクラブ」と聞くと、豪華な内装の建物で女性の隣にスーツの男性が座り、シャンパンを飲んだりおしゃべりしたりするイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

確かに、そういったホストの働き方も間違いではありません。

しかし現在ホストクラブは「店舗型」と「出張型」に分かれており、飲食店や女性の自宅で女性を接待する「出張ホスト」という形式も存在するのです。

店舗型ホストクラブ

「店舗型」のホストクラブは、多くの方がイメージされるとおりお店で女性を出迎え、お酌をしたり一緒にお酒を飲んだりしながらおしゃべりを楽しみます。

ホストクラブの営業時間は「1部」と「2部」に分かれており、1部はおおむね19時から0時まで、2部は日の出(5時ごろ)から昼過ぎまでです。

ヘルプと呼ばれる、指名をもらっていないホストが女性の席に一緒に着くこともあり、他のホストとの連携も売上に関わってくる重要な要素です。

また、店舗によっては遅刻・欠席に罰金がついたり、強制指名日・強制同伴日に指名や同伴がないと罰金をつけられたりすることもあります。

売掛(=ツケ)の制度もあり、女性が入金日までに売掛金を支払わないと、その女性の売上分は担当ホストの給料から引かれることもありますから、注意が必要です。

出張型ホストクラブ

一方「出張型」のホストは、女性が指定した場所へ赴き、その場でデートをしたりおしゃべりをするのが主な仕事です。

中には出張型のホストを指名し、高額を支払って一緒に旅行に行く女性もいるんだとか!

出張型のホストは営業時間は決まっておらず、自分の都合に合わせてシフトを組むことができます。

出張型ホストには基本的に罰金のシステムはありません。

しかし、女性とふたりきりになり、他のホストと顔を合わせる頻度も低いぶん、トラブルや困ったことに直面しても自分ひとりで解決しなければならない場合も少なくありません。

会社員・学生なども多い副業ホスト


「ホスト」というと、最近のチャラチャラとしたイケメンが多い印象がありますが、決してそのようなことはありません。

顔に自信がなくともトーク力やお酒の強さなどで売っているホストは多くいます。

また、週に1回から2回程度の出勤で、学生のアルバイトやサラリーマン・公務員、美容師の副業としてホストをやっている人も少なくありません。

面接に受かれば丁寧な研修もありますし、多くのホストクラブは体験入店の制度を取っています。

ホストクラブは店によって雰囲気の違いがさまざまですから、複数の店舗で体験入店をして自分に合った店を探すのもいいですね。

副業ホストは本業との兼ね合いが重要

店舗型のホストクラブで社会人が副業をする場合は1部の勤務になることがほとんどですが、その場合は開店前の18時から閉店の0時までの勤務となります。

「終電まで勤務可」などとスタッフを募集している店舗もありますが、実際にはお客さんや店の都合などもあり、終電で帰ることができないケースもあるようです。

もちろん終電を過ぎた場合には自宅まで送りの車が出ますが、アフターと称してお客さんと朝まで飲むことも仕事の一環であることが少なくありません。

店舗型のホストクラブで副業を行う場合には、休前日や休日のみのシフトにするなど、本業との調整が大切です。

実際に副業ホストをしてみた体験談


副業ホストを始めるまえに、実際に副業でホストをしている人の体験談を見ておきたいですよね。

実際にTwitter上で副業(レギュラーではなくバイト形式で)ホストをしていた経験者のツイートを集めました。

このように、週2日、月に10日など限られた出勤で売り上げを上げている副業ホストは多くいます。

また、副業でホストを行う場合は店舗側も終電で帰ることができるように調整を行ってくれるようですね。

きちんと売上を上げることができれば、バイトでも月収60万円を稼ぐこともできるという実例があると分かれば、営業や接客を頑張れるという方も多いのではないでしょうか。

副業ホストは高収入!


副業でホストを行う最大のメリットは、短時間で高収入を得られることです。

ホストの給料は、基本的に「歩合制」。自分が稼げば稼いだだけ収入は増えます。

店ごとに「売上●●万円以内ならバック40%」「●●万円以上ならバック60%」など歩合の割合ははっきり決まっており、売上金額にバック割合をかけたものがあなたの収入となります。

「最低保証」を確認しておこう

それでは月に10万円の売上しがなかったら、バックはとても低くなってしまうのでしょうか?

実際にはそのようなことはなく、多くのホストクラブでは「最低保証」という給料が定められています。

店舗や雇用形態によってシステムは違いますが、1ヶ月まるごと勤務した場合で15万円前後の保証がある店が多いようです。

ただし、最低保証はあくまで収入が「最低保証」の金額よりも低い場合。

例えば1ヶ月の売上が40万円で40%バックの場合、収入は16万円となりますよね。その場合は、最低保証の15万円を超えているため給料は16万円となります。

繰り返しますが、バックの割合や最低保証の金額は店舗や雇用形態によってまちまちですので、自分が働きたいと思うお店のシステムをしっかりと把握しましょう。

多くの場合、面接や体験入店に行った際に店舗のスタッフから説明があるはずです。

時間外の営業が収入に直結

店舗型・出張型どちらのホストにもにも共通するのは、「ホスト」として時給をもらっている時間だけが仕事の時間ではないという点。

稼いでいるホストの多くは、日中から女性と連絡を取り合い、営業メールや営業電話を欠かしません。

もちろん本職に影響の出ない程度で構いませんが、給料の発声しない時間にもこまめに女性と連絡を取る必要があるということはホスの副業を始める前に把握しておくべきでしょう。

顔バレ・税金・会社バレに注意が必要な副業ホスト


社会人が副業でホストを行う場合に注意したいポイントは以下の3点です。

友人や家族にホストをしていることがばれる(=顔バレ)
税金の支払い
会社にホストをしていることがばれる(=会社バレ)

顔バレ防止には、写真をネットに載せないこと

友人や家族にホストをしていることがばれるのは、広告やSNS経由が多いです。

最近はホストも営業のためにTwitterやInstagramのアカウントを所有しており、そこに載せた写真やホストクラブのHPに掲載された写真が友人・家族に見られてしまうのです。

顔ばれを防ぐためには、あらかじめ店舗に断って広告やHPへの顔写真の掲載をNGにしてもらう必要があります。

もちろんSNS運用は個人の自由ですから、そもそもアカウントを持たない、アカウントはあっても顔写真は載せないなどの手段を講じることができます。

ホストを副業で行う場合は確定申告必須

税金の支払いについてですが、ホストの収入は「給与」ではなく「報酬」として支払われます。

「給与所得」ではない「報酬」は個人事業主に対して会社が支払うもので、確定申告を行う必要があります。

最近は個人事業主の確定申告について詳しく解説しているサイトも多くありますので、「白色申告」「青色申告」についてきちんと把握し、年度末には確定申告を行いましょう。

会社バレ防止のためには確定申告書のチェック欄に注意

多くの場合、会社に副業が露呈するのは確定申告書が原因です。

確定申告書の住民税の欄には、所得税について「自分で納付する(普通徴収)」と「給料から差し引き(特別徴収)」を選んでチェックする欄があります。

このときに「給料から差し引き(特別徴収)」を選んでしまうと、副業を含めたあなたのすべての所得金額から割り出された額の住民税が給料から引かれるため、会社に副業がバレてしまいます。

詳しくは以下のページで解説しています。

ほかの副業とホストの副業の違いは、店舗で働いている場合も支払われるのは「報酬」であり、「事業所得」「雑所得」に当たるという点です。

副業ホストの収入は、株やネット系の副業で得た収入と同じ扱いであることを心得ておきましょう。

副業ホストは求人サイトから応募できる


副業でホストを始める場合には、求人サイトから面接・体験入店を申し込むのが一般的です。

ホストの求人が掲載されている求人サイトの中で、特におすすめなのは以下の3つです。

ホストワークはこちら

up stageはこちら

Indeedはこちら

ホストワークはホスト専門求人サイト

ホストワークは名前の通りホストとその関連職種に特化した求人サイトです。地域ごとに求人情報を検索できるほか、「アルバイト可」などの条件でも検索が可能です。

求人一覧の時点で「体験入店可・不可」「1部・2部」「写メ面接可」など、さまざまな条件が見比べられる点が大変便利です。

up stageは水商売専門求人サイト

up stage(アップステージ)はホストに限らず、キャバクラのドライバーや男性スタッフなど水商売関連のさまざまな業種の求人サイトです。

ホストに限らず、水商売の副業で高収入を得たい場合にはup stageでさまざまな職種を比べてみるのもよいでしょう。

他の副業と悩んでいるならIndeed

専門の求人サイトではありませんが、Indeed(インディード)にもホストクラブの求人情報は掲載されています。

キーワード検索で「ホストクラブ」と検索すると多くの求人が出てきますので、水商売以外の副業と悩んでいる場合にはIndeedなら複数の職種を並行で検索することも可能です。

まとめ


副業でホストを行う際のメリットは、何と言っても自分の頑張り次第で高収入が得られる点です。人生の新たな経験を得るにも最適です。

高収入を得られる代わりに、顔バレや会社バレ、税金の支払いなどに注意する必要がありますし、報酬が発生していない時間に営業活動を行う必要もあります。

副業ホストを始める際にはリスクやデメリットとメリットを十分に検討し、下調べを入念に行っておくと高収入を目指しやすいでしょう。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加