デザイナー

クリエイター必見!クラウドソーシングでイラストやデザインの稼ぎ方

何かを「描くこと」が好きな人にとって「イラスト」「デザイン」は趣味と実益を兼ねた仕事です。

ましてや「クリエイター」と呼ばれる、確かなスキルを持った人たちにとっては、培われた技術とノウハウを確実にお金に代えられる仕事と言えるでしょう。

クラウドソーシングサービスでは、さまざまなイラスト・デザイン系の案件の種類は本当に多岐に渡ります。試みにクラウドワークスで「デザイン」というキーワードで案件を検索すると、実に8,000件近い案件が出てきます。

いわば選び放題の活況を呈していて、SEやプログラミング関連と同じく、完全に売り手市場と言えるでしょう。

クラウドソーシングでイラスト・デザイン系で存分に稼いでもらうために、よりリアルに役立つ情報をこの記事で紹介しますね!

ぜひとも参考にしてください。

クラウドソーシングでイラスト・デザイン系の仕事はどれぐらい稼げのるか


「イラストレーター」も「デザイナー」も最近は、手描きよりもパソコンを使ったデジタル作品が主流です。だからこそ、クラウドソーシングを利用して、Web上で仕事を進められるのです。

「イラストレーター」はいろいろな媒体に、求められるコンセプトに沿った内容のイラストを描く仕事です。スキルは当然として、クライアントの要求を把握し、なおかつオリジナリティのあるイラストを描く個性も必要です。

「デザイナー」はWebデザイナーやクラフィックデザイナー、ファッションデザイナーほか、ジャンルは色々ありますが

「デザイナー」「イラストレーター」ともに平均年収は、会社勤めで300~400万円、クラウドソーシングが主体のフリーランスで400~500万円といったところです。もちろん中には1,000万円を超える人もいます。

本業が別にあって、副業としてのデザイナー・イラストレーターであれば月収5~10万円ぐらいが多いでしょう。しかし、副業であっても月収20~30万円、あるいはそれ以上に稼ぐ人もたくさんいます。

イラストやデザインの仕事の種類


クラウドソーシング上で人気あるいはニーズのある案件を、具体例と単価も含めてリアルに紹介していきます。

イラスト系の案件

クラウドソーシングサイトでのイラスト系案件は本当にたくさんあります。単価はまちまちですが、いずれも1作品が万円単位になるので、効率よく制作できるワーカーには良い条件です。

たとえば下記の例のような案件が、日々更新されて生まれています。

● サブレのデザイン/イラスト作成(コンペ)75,600円
● 大学サイトのイラスト複数作成/イラスト作成(コンペ)54,000円
● ソフト内で使用するイラストの作成(コンペ)32,400円
● 自転車用ライトのイラスト作成のお願い(コンペ)21,600円
● 初音ミク楽曲の一枚絵/イラスト作成(コンペ)10,800円

デザイン`系の案件

デザイン系はイラストより守備範囲が広い分、さらに案件も多くなります。広過ぎて、人によっては出来るもの出来ないものがはっきりと分かれてはくるでしょうね。

下記の例のように、おおむね案件単価も高い傾向にあります。

● 第〇回〇〇〇祭りポスター&パンフレット作成(コンペ)75,600円
● 新規開業シティホテルのロゴデザイン(コンペ)54,000円
● 法人ロゴ・社章デザイン募集(コンペ)108,000円
● プライベートジムのロゴデザイン作成依頼(コンペ)69,984円
● 自動車販売案内の販促チラシデザイン【A4片面】(コンペ)75,600円

イラスト、デザインに多い依頼方法「コンペ」で勝つために


クラウドソーシングでは「コンペ」と呼ばれる競い合う形式の依頼方法があります。イラスト・デザイン系の案件は特にこの形式が多いのです。

他には、依頼が確定して始まる「プロジェクト」や「エキスパート」という依頼形式もありますが、比較するとコンペ形式の方が案件単価がはるかに高くなります。

件数が多くて単価も高いコンペ形式を勝ち取ることが、大きい稼ぎにつながります!

それではコンペに勝つためのポイントを、これから解説していきます。

そもそもコンペ形式ってどういいうこと?

まずは「コンペ形式」とは何かを、しっかりと把握しておきましょう。

コンペとはクライアントの依頼に対して、複数のクリエイターたちから提案を募り、その中で最終的にクライアントが最も気に入った提案を採用し、その作者に報酬を支払うやり方です。

採用されなかったクリエイターには、基本的に報酬はありません。無駄に終わるケースを覚悟する必要がありますが、採用されるとそこそこ高額の報酬になります。

コンペは単に、実力だけで当選するわけではありません。少しでも選ばれる確率を上げるような戦略が大事です。それではコンペに勝ち抜くための5つの戦略を紹介します!

戦略1 得意なものをさらに絞り込んで選ぼう!

とにかく一番得意な分野のコンペのみに応募し、他には見向きもしないことです。苦手分野なら前提かして勝算が薄いのですから。

言うまでもなく競合するクリエイターたちも、得意分野だからこそ応募してくると考えられます。よって、さらなる絞り込みをするのです。

たとえばパンフレットデザインが得意なら、その中でもレストラン系が得意であり、さらに現代アートっぽい表現に長けているなどです。

つまり同じパンフレット系の案件でも、クライアントの望むものを深く見極めて、自分の得意分野に近いものを狙いすまして当てていくのです。

戦略2 効率よく数を打とう!

当たり前のことですが、コンペは応募無くして選ばれません。とにかく時間を見つけては応募しましょう。もちろん、むやみに応募するのはNGであることはすでに書いた通りです。しかし数を打つことは必要です。

入念に絞り込んだコンペを複数件ピックアップして、可能な限り応募します。制作するにあたって自分の中の締め切りを決めることが大切です。

この案件は3時間以内で完結させ、そのあとその案件を2時間で完結させる。後は明日の午前中にあの案件を・・・などと具体的に目標を決めて始めることをおすすめします。

コンペは言わば、落選する確立の方が高いものなので、効率は大変重要です。

戦略3 盛り下がっているコンペを狙おう!

募集が開始されてからそこそこ日数が経っていて、なおかつ応募状況として提案があまり集まっていない、「盛り下がっている」コンペをピックアップします。そういうコンペには、たいてい共通した要素があるのです。

A クライアントの依頼がつかみにくい
B 労力に対して報酬が安い
C 仕事の量が多過ぎてコンペとしては辛い

大体これらのうち、どれかが当てはまっているものです。

Aは単にクライアントがクラウドソーシングでの依頼に慣れていないケースがあります。直接メッセージを送って見て、やりとりすることで詳細がやっとわかる可能性があります。

つまり自分が最も詳細なリクエスト知ることができて、当選の確率が上がります。

Bは無視しましょう。落ちた場合無駄の上塗りになります。

Cの場合は高報酬であれば乗りましょう。この場合にはちょっとした作戦があります。

例えばパンフレット案件であれば、表紙と中心の見開きだけを抜粋して提案し、様子を見たりするのです。

完成させた状態で提案することを求められるケースも、ないことはないのですが、部分的な提案で当選することもあります。

当選したなら残りを制作しますと、コメントをしておくのです。こういう対応が功を奏することもあるのです。

戦略4 修正対応で差をつけよう!

イラスト・デザインに限らず、ライティングにせよ何にせよクラウドソーシングの多くのジャンルでは、納品してから修正依頼が来ます。コンペの場合は修正依頼は当選に近づいていると考えましょう!

修正依頼をされたからといって確実に選ばれるわけではないですが、そもそも見込みのない応募者には修正依頼などしませんから、「全力で迅速に」対応すれば選ばれる確率は、間違いなく上がります。

また、時間がかかりそうなら、いついつまでに修正をしますと伝え、信頼を育みましょう。そういう社会人として良識ある対応もまた選ばれるひとつのポイントです。

戦略5 画像選定で差をつけよう!

デザイン案件で画像を使用する場合のテクニックです。

たいていの応募者は、画像サイトからフリー(無料)画像を選んで使います。だから気の利いた画像は過去にもよく使われていて、審査員も何度か目にしたことがあるような画像になりがちです。

だから普通のフリー画像ではなく、有料画像や海外の画像サイトを使うなどすれば、新鮮味が加わり作品に迫力が生まれます。

ここまで説明した5つの戦略を駆使して、コンペを戦ってみてください。勝つ確率は上がるはずです!

イラスト・デザインの仕事数が多いクラウドソーシング


クラウドソーシングサービスの中で、イラスト・デザイン系案件が豊富なものを紹介しておきます。

イラストに特化した、クリエイターには得難いクラウドソーシング「GIKUTAS」

GIKUTASは、ピンポイントでイラストレーターにフォーカスしたクラウドソーシングサイトです。登録している約3000人のメンバーの中で、その1割である約300人のイラストレーターに常時仕事が依頼されます。

メンバー各人のビジョンに見合う条件の交渉・面接の対策・ポートフォリオの準備までサポートしてくれるところが素晴らしいのです。

制作現場で実際に需要がある作品をコンペで競わせるコンテストが催されたりします。それは登録ワーカーたちが獲得できる案件の幅を広げて、少しでもチャンスが増えることを意図したものなのです。

案件数は潤沢、仕事には事欠かない「ランサーズ」

案件の潤沢さに定評があって、初心者でも安心して使えるプラットフォームが「ランサーズ」です。日本のクラウドソーシングサイトの草分け的存在でもあります。

200万件を超える依頼実績は、ユーザーサポートの信頼度を雄弁に物語ります。確実に何か見つかるサイトと言えるでしょう。

膨大な案件がある中、イラスト関係のバリエーションもたくさんあり、企業規模もコンセプトも色々なクライアントから出てきた無数の案件から、あなたにピタッとくる案件が見つかるかも知れませんよ!

質と単価の高さは抜群「クラウドワークス」

クラウドワークス」は、ランサーズと双璧をなす存在感を持つ、日本を代表するプラットフォームです。特に案件の質の良さや単価の高さで定評があります。

イラスト・デザインの案件数もかなり充実しており、クリエイターには心強い味方です。数量的にも、選り好みができるぐらい充分に用意されています。

スキルを気軽に売り買い!「ココナラ」

ココナラ」は得意とするものを、気軽に出品して売り買いすることができる「スキルのフリ―マーケット」の異名を持つサービスです。

イラスト・デザインの売り買いなら大企業のみならず、個人や中小企業などからも需要が発生するジャンルです。直接クライアントとやり取りをして、交渉もしながら案件を獲得できます。

イラスト案件多く、手数料なし「Job-Hub」

Job-Hub」はパソナグループが運営する、初システム利用手数料がかからない、使いやすいクラウドソーシングサービスです。

イラストは色々な案件が用意されています。依頼形式は「エキスパート」と「コンペ」です。

コミッションで売り込もう「SKIMA」

SKIMAはサイト上で、「チラシのイラストを描きます」「パンフレットのデザインを作ります」というように、自分のスキルを活かしたオーダーメイド提案を出品できるのです。

イラストやデザインを求めているクライアントからの依頼を受け、オーダーメイドのイラストを成果物として提供する「コミッション」という仕組みです。これは個人が個人の作品を発注・受注する欧米文化を意味します。

多くのクライアントが主体の他のクラウドソーシングサービスとは違い、SKIMAではワーカーが主体となるので、仕事がやりやすいと評判です。

描くスキルを活かしLINEスタンプで小遣い稼ぎ!

LINEは世界で5億人以上のユーザーがアクセスする、ご存知のコミュニケーションアプリです。LINE人気を支えているのがスタンプ機能です。LINEスタンプは100円程度で販売されています。

AppleやGoogleなどのプラットフォームの手数料30%を差し引いた売上の50%がクリエイターに与えられます。

LINEスタンプは誰では自作して販売することが可能でであり、有名人・芸能人もそういう話をちょこちょこTVで語っています。中には1000万円超の収入を得ている人もいて、新たな副業のカタチとして話題になっています。

あなたもイラスト・デザインのスキルを使わない手はありません。気軽に取り組んでみませんか?自作LINEスタンプの聖作販売の流れは以下の通りです。

  1. クリエイター登録
  2. スタンプ画像を作る
    3.審査通過
  3. 販売

LINEクリエイターズマーケットの登録はスマホ(iPhone・Android)からでも可能です。無料で登録できます。

https://creator.line.me/ja/
https://creator.line.me/ja/award

クリエイターには講師という選択肢もある!


何も案件をこなすだけが収入ではありません。スキルを持つ人にとって「講師」という仕事があります。クラウドソーシングで講師ができるサービスを紹介します!

ストアカでワークショップの講師を!

スキルシェアサービス「ストアカ」をスキルを教えたり教わったりできるのです。自分が持っているイラスト・デザインのスキルをワークショップや講座で教えるという仕事ができます。また、そういう活動で広がる人脈の中から、仕事の依頼がくるか可能性もあります。

サイタでプライベートコーチを!

サイタは、利用者が学びたいジャンルや講師を選んで、個人レッスンが1回からでも受講できる「プライベートコーチ」サービスです。イラスト・デザインを含むさまざまなジャンルで、常に講師を募集しています。

まとめ


イラストやデザインのスキルがあるクリエイターにとって、クラウドソーシングで稼げる方法やポイント、戦略などを色々な角度から解説しましたが、いかがだったでしょうか?

あなたがたクリエイターは本来、人にはないスキルをしっかり持っているのだから需要はあって当然なのです。

用はいかに自分のスキルを正しく発揮できて、それに見合う報酬が得られる仕事を見つけられるかどうかが、そのクリエイターの価値をカタチにする鍵なのです。

そのためには工夫や効率や戦略を意識して、賢く仕事を獲得し、上手に稼いでいきたいものです。

この記事で紹介した考え方やテクニックも参考にしていただいて、あなたのクリエイティビティを活かした仕事を見つけ、人生を楽しく稼ぎましょう!

【登録しないと損!】[email protected]登録

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加