おすすめ副業

在宅コールセンターは副業にピッタリ?仕事内容や給料をご紹介!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

家にいながら稼ぐことができる「在宅コールセンター」という仕事について、

「そもそも在宅コールセンターって何?」
「メリット・デメリットが知りたい」
「子育て中でもできる?」

などのよくある疑問について、分かりやすく解説します。
在宅コールセンターの仕事は、家で子育てや介護をしている人でも他に仕事がある人でも、自分のライフスタイルに合わせて働ける仕事です。今まで働くことを諦めていた人も、ぜひこの記事を読んで、在宅コールセンターの仕事を検討してみてください。

在宅コールセンターとは?

在宅コールセンターの仕事内容

通常会社で行う電話対応を、自宅で行うのが在宅コールセンターです。仕事内容は、

  • 通販やカタログ販売の受付や操作案内
  • 商品の勧誘
  • お客さま窓口として商品の問い合わせを受ける

などの業務です。

コールセンターの仕事は、始めるまでにしっかり研修を行うところが多く、マニュアルも詳細に作られているところが多いので、初心者でも始めやすいのが魅力。もちろん会社側のサポートもあり、遠隔のチャット形式で担当者に質問することができます。そのため、未経験者でも安心してコールセンターの仕事を始めることができます。

在宅コールセンターの応募方法

「リクナビ」や「タウンワーク」など、インターネット上のバイト登録サイトから申し込みができます。また、企業が自ら自社のホームページでコールセンターの募集を行っていることも多いので、気になる企業があれば、企業のホームページを見てみるのも一つの手段です。

また在宅コールセンターのお仕事が多くと取り揃えられた「コールシェア」に登録するのも一つの手です。詳しくは下記の記事をご覧ください。

https://fukugyo-beginner.net/news/6687/

在宅コールセンターの給料

よくあるパターンは、電話一本ごとに報酬が発生するパターンです。一本ごとの単価はそれほど高くないですが、効率的に行えば時給換算で最大1,500円程度になります。また、通信販売や勧誘案件の仕事で受注や契約が取れると、さらに上乗せで報酬が払われるところも。

ですので、在宅であってもやる気をもって仕事に取り組めば、かなりの金額を稼ぐことができます。 資格がない人も、未経験者の人も始められる仕事としては、在宅コールセンターの給料は比較的高いといえます。

在宅コールセンターのメリット


在宅コールセンターの仕事のメリットを紹介します。

時間を有効活用できる

子育てや介護などをしている人は、家を留守にすることは難しいです。しかし、在宅コールセンターは家にいながら仕事ができるので、仕事の合間に家事や子どもや両親のお世話などができます。会社との移動時間もないので、いざという時に子どもや両親のもとへ駆けつけることができるのも安心。

また、企業によっては30分刻みでシフトを組めるところもあり、「保育園のお迎えまで働く」「子どもの習い事が終わるまで働く」など、自分のスケジュールに合わせて仕事を行うことができます。

慣れた環境で仕事ができる

「職場の雰囲気が苦手」「人に見られている感じが嫌だ」という方でも、自宅でなら落ち着いて仕事に取り組めます。
通常のコールセンターの職場は、大人数の部屋で始終電話が鳴り響いていることが多いです。こういった環境が苦手な人も、自宅であれば静かな環境で仕事をすることもできます。

通勤費用・通勤時間がかからない

家で仕事ができるので、もちろん通勤費用・通勤時間はありません。東京などの都会では、「出勤するのに1時間以上かかる」という人も多いです。この1時間があれば、家事やお世話ができますよね。時間を上手く有効活用したいという方は、在宅コールセンターの仕事がピッタリです。

服装は自由

出勤する必要がないので、多くのコールセンターでは服装が自由。制服に着替える手間や雨の日に濡れない服装を考えたり、気温や寒暖差を考えてコーディネートする必要もありません。どんな格好でもすぐに仕事に取り掛かれるのは効率的です。

在宅コールセンターのデメリット


もちろん在宅コールセンターの仕事はメリットだけではありません。在宅ならではのデメリットも存在します。

システム環境設備を整える必要がある

在宅コールセンターとして仕事をする場合、仕事のシステム環境は自分で整えなければなりません。「インターネット回線とパソコンさえあればいい」というところもあれば、マイクやカメラが必要な場合もあります。

会社によって要求される設備に違いがあるので、今ある設備でできる仕事を探している方は、事前に応募要項や会社に確認しておく必要があります。

すぐに相談できない

何か困ったことがあったとき、そばに誰もいないのでその場で解決することができません。確認したいことがあるときは、会社に連絡を入れる必要があるので、解決までにひと手間かかってしまいます。
また、確認までに時間を要してしまうと、お客さまに迷惑が掛かりクレームや会社のイメージダウンにつながってしまいます。ですので、確認を行う際には「スピーディーかつ正確」なやり取りができることも必要です。

職場の臨場感は感じない

住み慣れた自宅で仕事をするので「働きに来ている」という臨場感はありません。また、通常会社にいる上司や同期、仕事の見本となるコールセンターの仲間も近くにいません。本当なら支えあったり、切磋琢磨しあう仲間が近くにいないのは、やはり心細いです。

実はこういう人も向いています!

夜間のみ働きたい人

コールセンターのシフトは柔軟に組むことができることが多く、夜間に勤務することも可能です。夜間勤務ができる場合は、応募要項の勤務時間欄などに記載があるので事前にチェックしておきましょう。

また、夜間や深夜勤務の場合、時給が1,500~2,000円と高額になることが多いのも魅力。在宅勤務希望で、「夜の方が静かに仕事ができる」「短時間で効率的に稼ぎたい」という方には、在宅コールセンターはピッタリな仕事といえます。

英語が得意な人

英語ができると、選択肢の幅が広がります。案件によっては「ビジネス英会話必須」となっているところや、「英語ができる人優遇」など採用確率が高くなることも。とくにホテルや旅行会社のコールセンターでは英語を重視している場合が多いです。

英語が必須でないところでも、英語ができることは強みになります。ぜひ応募する際にアピールしましょう。

何事にも動じない人

電話を受けていると、やはりクレームの電話があります。こちらに非があり、本当にお詫びしないといけないものもあれば、根拠のない言いがかり的なクレームもあります。相手も、顔が見えないことをいいことに暴言や理不尽な言いがかりをつけてきます。

これらを一つ一つ真に受けて対応していると、電話を取ることに恐怖を感じたり、心が滅入ってしまうことも。ですので、理不尽なクレームに対しては、クレームの内容は聞き流しながらも通常通りの受け答えをしましょう。

まとめ:在宅コールセンターは副業に最適


自分のライフスタイルに合わせて仕事ができる在宅コールセンターの仕事は、副業に最適です。通勤の必要がないことから、働く会社の選択肢が多いのも魅力。家から出れず、働くことを諦めていた方も、ぜひ在宅コールセンターの仕事を検討してみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加