おすすめ副業

翻訳バイトは未経験在宅もOK!収入、メリット・デメリットを解説!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

翻訳バイトを始めてみようかと考えた場合、例えば下記のような気になる点が出てきますよね。

  • 翻訳バイトってどんな仕事内容なの?
  • 収入や時給はどれくらい?
  • メリットやデメリットは?

今回は翻訳バイトの仕事内容や収入面などの副業として翻訳バイトをやってみたいという方が知りたい情報をまとめました。翻訳バイトをこれから始めようという方はぜひ参考にしてみてください。

翻訳バイトとは?


まずは翻訳バイトがどのようなアルバイトなのか、そのアルバイトの仕事内容や必要な資格やスキルなどについて紹介します。

英語や中国語、韓国語を翻訳するバイト

翻訳バイトは英語や中国語、韓国語などの外国語を翻訳するアルバイトです。翻訳はただ直訳するだけでなく、その翻訳対象の内容やテーマに沿った最適な文章を作成する必要があるため、英語やその他言語を高レベルで使いこなすスキルおよび国語力が求められます。

そのため、海外在住経験のある方、仕事で日本語以外の言語を扱う機会の多い方、大学時代に英文科や外国語学科に通っていた方などにおすすめです。

翻訳する内容は業務によって様々

翻訳する内容は業務内容によって様々で、製品の仕様書やマニュアルの翻訳、海外ニュースの日本語訳、ゲームシナリオの日本語訳などその種類は多岐に渡ります。翻訳する内容は多様な分野となっていますが、その難易度もジャンルによって様々です。

翻訳バイトの難易度は、翻訳に必要な専門知識の度合いや、求められる情報の正確性や翻訳の精度によっても変わります。例えば、Webサイトや製品のマニュアル翻訳などは翻訳バイトの中でも比較的難易度が低く、特許や医療、金融系のジャンルは高度な専門知識などが必要なため、その難易度は高いです。

また、翻訳業務の難易度の高低によって報酬も上下し、難易度が高いほどそのアルバイト時給(報酬)が高くなるケースが多くなっています。

TOEICは必須でない・大学生も可

翻訳バイトの応募にあたっては、基本的にTOEICなどの資格は必須でない場合が多いです。なお、応募条件として資格が問われないにしても、例えばTOEICであればおおむね700〜800点以上の点数レベルの語学力があると翻訳バイトには挑戦しやすいと考えられます。

仮にTOEICなどの語学系資格を持っていなかったとしても、過去に同様のアルバイト実績があれば採用もされやすいでしょう。これまで翻訳バイトや類似する業務の実績がないという場合は、スキルアピールのためにTOEICなどの資格試験を受験するのも一つの手段です。

また、翻訳バイトは前述したような語学力やスキル・経験があれば、大学生や高校生でもできるアルバイトなので、社会人でなくても挑戦できます。

翻訳バイトのメリット


英語力などの語学力が求められる翻訳バイトですが、収入を得られる以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではその翻訳バイトのメリットを2つ紹介します。

在宅でも翻訳バイトはできる

翻訳バイトはクラウドソーシングサイトを使うことで、在宅でも行えるので、副業として本業以外からの収入を得たいという人におすすめできます。本業が終わった後の時間や週末などの休日に翻訳バイトを行うことによって収入アップが可能です。なお、得られる収入については本記事内で後述しているので、参考にしてみてください。

また、クラウドソーシングサイトを使った翻訳の仕事内容は下記記事でも紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。

翻訳の仕事をクラウドソーシングのサイトで探し、半年間で15万円を稼ぎました!自己紹介をお願いします。 30代、現在はヨーロッパ在住の主婦です。 前職では、アメリカの大学でインターン経験を経て、2年間英会話学校...

語学力や専門知識が身に付く

翻訳バイトを行うメリットとして、そのバイトを行う過程で自身の語学力や専門知識を深められるという点が挙げられます。翻訳バイトは始める段階である程度の語学力が求められますが、そのアルバイトをする過程で更なる勉強が必要です。

翻訳業務を行う中で、分からない単語やフレーズがあったら都度調べ、専門知識分野についての情報もアップデートしていく必要がありますが、その分スキルアップができるとも考えられます。

翻訳バイトのデメリットは?


翻訳バイトのデメリットとしては、そのバイトを始めるにあたって高い語学力が必要という点が挙げられます。前述の通り、例えば英語の場合、TOEICで700点〜800点以上の実力があると翻訳バイトは始めやすいです。

仮に現時点で自分自身に語学力が不足しているなと感じる場合には、翻訳バイトで使いたい言語を勉強することで、翻訳バイトに挑戦しやすくなるでしょう。

翻訳バイトの収入・時給はいくら?


翻訳バイトを行う方法は主に、クラウドソーシングサイトを利用する方法と求人アルバイトに応募する方法がありますが、ここではそれらの方法を用いた場合の収入パターンについて、例を用いて紹介します。

クラウドソーシングを利用した場合

例えば、クラウドソーシングサイトを利用した場合の翻訳業務案件の文字単価は一文字あたり10円が相場となっています。そのため、例えば1,000文字の翻訳業務を週に2案件行ったとすれば、以下の計算となります。

1,000文字×単価10円×週2案件×一月あたり4週=80,000円/月

もちろん受注した案件の条件によっては月に80,000円も稼げない場合も出てきますが、仮に文字単価5円の案件であっても、月に8案件受注・納品できれば40,000円稼ぐことができます。

求人募集のアルバイトに応募した場合

求人の出ている時給型の翻訳アルバイトに応募した場合の時給は1,200円〜2,000円程度が相場となっています。仮に週に8時間を4週間、時給1,200円で働いた場合を計算してみると、以下のようになります。

1,200円×8時間×4週(1カ月)=38,400円/月

週に8時間、時給1,200円の条件の計算で38,400円/月となるので、働く時間を増やしたり、より時給のよい翻訳バイトをすることで収入を増やしていくことが可能です。

未経験でもOK、翻訳バイトの始め方


「すでにある程度の語学力を持っているけど、翻訳の仕事は未経験。そんな自分でも翻訳バイトは始められる?」

ここからは、そうした不安を持つ方向けに翻訳バイトの探し方や始め方、未経験でもOKなのかといった点について紹介します。

クラウドソーシングを使う

翻訳バイトが未経験で、これから始めてみようという場合には、クラウドソーシングサイトを利用する方法がおすすめです。翻訳会社から仕事を受注しようとした際には実績が重視される傾向にあるので、翻訳バイト初心者が仕事を受注することは難しいですが、クラウドソーシングサイトであれば話が変わります。

クラウドソーシングサイトでは、翻訳業務に関連する案件でも未経験OKな案件が多数あり、そうした案件であれば実績がなくても問題なく始められます。それぞれの案件に応募をして、採用さえされてしまえば、翻訳バイトを始めることが可能です。

翻訳に関する案件を受注できるクラウドソーシングサイトには、「ランサーズ」、「クラウドワークス」、「Conyac」などのサイトがあります。翻訳バイトを始めてみようと考えられている方は後述のアルバイト求人も含めて、こうしたサイトから翻訳バイトの案件を探してみてください。

また、こうしたクラウドソーシングサイトで実績を増やし、翻訳業務の実力を付けていくことができれば、翻訳会社からの仕事を受注できる可能性も出てきます。

おすすめのクラウドソーシングサイトは下記記事にて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめのクラウドソーシングサイトは?初心者が稼げる仕事の選び方クラウドソーシングサイトは、Web上で簡単に仕事を見つけられるため、多くの方が利用しています。しかし、利用できるサービスが多く、どれが自...

アルバイトの求人募集から探す

翻訳バイトを探すにはクラウドソーシングサイトを利用する以外にも、アルバイトの求人募集から探すという手段もあります。

インターネットの検索ブラウザを使って「翻訳 バイト」と検索すると多数の翻訳に関するアルバイト求人募集が出てくるので、出てきた求人募集の中から自分にあった条件の翻訳バイトを探しましょう。

まとめ:翻訳バイトを始めてみよう


翻訳バイトは語学力の必要なアルバイトになりますが、未経験からであっても取り組むことができます。また、翻訳バイトは外働きの時給型の形式だけでなく、クラウドソーシングサイトを使って在宅で働くことも可能なため、何かしらの副業を始めようと考えている方は自分にあった方法(外勤・在宅)で翻訳バイトに挑戦してみてください。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加