おすすめ副業

文字起こしの在宅ワークは副業にもおすすめ!仕事内容やコツを紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

在宅ワークとして文字起こしをしたいと思っても、

  • 文字起こしってどんな仕事?
  • 初心者でもできる?
  • どれくらい稼げるの?

と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、文字起こしの仕事内容や収入、コツについて紹介します。

在宅の文字起こしの仕事内容とは?


在宅ワークとして人気がありクラウドソーシングサイトでも多数の案件がある文字起こしですが、具体的にはどんな仕事をするのでしょうか?

録音された音声を文字に起こす

文字起こしとはクライアントから受け取った音声データを聞きながら、その内容を文字に起こす仕事で、インターネットが普及する前から在宅ワークとして行われてきました。

「テープ起こし」と言われることもありますが、近年ではテープレコーダーを使用することは少なくICレコーダーや音声データを聞いて作業をすることが多いです。

文字起こしの種類は3つ

一口に文字起こしと言っても案件によって仕事内容はさまざまで、やり方によって以下の3種類に分けられます。

  • 素起こし…「えー」「あのー」といった意味を持たない音声や重複している単語なども含め、聞こえた音声をそのまま文字にする。
  • ケバ取り…「えー」「あのー」「~よ」といった意味を持たない音声を除いて文字を起こす。
  • 整文…ケバ取りした文章を正しい書き言葉に変え、分かりやすい文章に整える。

YouTubeの文字起こしもある

インタビューやセミナーの音声以外に、ゲーム実況や広告などのYouTube動画から文字起こしをする仕事も増えてきており、中には外国語のYouTube動画を聞きながら日本語の文章を書くという案件もあります。

インターネットが一般家庭に普及する前からあった文字起こしの仕事ですが、スマートフォンやYoutubeの普及により文字起こしはさらに身近なものとなり内容も多様化してきました。

文字起こしに必要はスキルとは?


やったことがない人は「自分でもできるの?」と不安になるかもしれませんが、文字起こしは在宅ワークの中でも初心者が始めやすい仕事です。では、文字起こしにはどんなスキルが必要なのでしょうか?

タイピング

文字起こしを仕事として行うためにはスピーディーかつ正確なタイピング能力が必要であり、ブラインドタッチができることが望ましいです。引き受けた仕事は必ず納期までに終わらせなければなりませんし、速くできればその分効率よく稼ぐことができるからです。

初心者であっても、正確で速いタイピングができれば多くの量をこなせるため、安定した収入につながるでしょう。

正しい日本語力と読解力

文字起こしには、正しい日本語を書く力や読解力が必要不可欠です。文章を書く仕事をしていなければあまり気にならないかもしれませんが、特に「整文」の場合は、

  • 固有名詞と一般名詞を混同しない
  • ら抜き言葉、い抜き言葉を使用しない
  • 「~だけど」「いろんな」などの話し言葉を使用しない

といった点に注意しなければなりません。また、音声の内容を把握し伝わりやすい文章にするための読解力も必要です。

知らない言葉は調べる

文字起こしには簡単な会話だけでなく、政治や経済、科学、スポーツなどさまざまな分野の案件があり、専門用語や業界用語が使われることも少なくありません。知らない言葉が出てきたときには、その場で調べて正しく理解しておく必要があります。

知らない言葉はすぐに調べ、幅広い分野にアンテナを張っておくことで文字起こしの仕事の幅が広がりスキルアップにつながるでしょう。

文字起こしの仕事はどこで探す?


文字起こしの仕事はクラウドソーシングサイトまたは求人サイトから探しましょう。

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトには、初心者OKの案件から経験者向けの専門性の高い案件まで幅広くあるため、初心者でも比較的スムーズに仕事を受注することができます。一度やってみたいという人は、まずクラウドソーシングサイトに登録し、文字起こしの仕事を検索して応募してみましょう。

ただし、クラウドソーシングは報酬が低い傾向があるため、慣れないうちはあまり稼げない可能性もあります。高報酬案件は経験者が優遇されるため、根気強く続けて実績を積んでいくことが必要です。

おすすめのクラウドソーシングサイトは下記記事にて紹介しております。

おすすめのクラウドソーシングサイトは?初心者が稼げる仕事の選び方クラウドソーシングサイトは、Web上で簡単に仕事を見つけられるため、多くの方が利用しています。しかし、利用できるサービスが多く、どれが自...

求人サイトの募集から探す

パートやアルバイト、在宅ワークの求人サイトから、文字起こしの仕事を探すこともできます。求人サイトはクラウドソーシングに比べて報酬が高い傾向があるため、同じ仕事量でも多くの収入を得られる可能性が高くなります。

ただし、求人サイトでは経験やスキルを求められることや、面接や打ち合わせでクライアント先に出向かなければならないことが多いです。未経験の場合はクラウドソーシングで経験を積んでから求人に応募した方が採用されやすくなるでしょう。

在宅の文字起こしの収入は?


文字起こしはWebデザインやプログラミングのように特別なスキルがなくてもできる分、収入が低いのではないかと思う人もいるのではないでしょうか?ここでは、文字起こしの在宅ワークをする際の収入について説明していきます。

相場は1時間分5,000円〜12,000円

テープ起こしは音声の時間によって報酬が決められている場合が多く、1時間あたり12,000円前後が相場と言われていますが、クラウドソーシングサイトを見ると1時間あたり4,000~5,000円の案件が多く見られます。

クラウドソーシングは初心者でも始めやすいため報酬は低めですが、専門的な内容であるほど、またスキルや経験値が高いほど単価は高くなり、文字起こしのスピードが速くなるほど時給は高くなります。

バイトより稼げることも

初心者でもできる案件は報酬が低く、慣れないうちは1時間分の文字起こしに1週間程度かかることもあるため、割に合わないと感じることもあるかもしれません。

しかし慣れた人なら3~6時間で1時間分の文字起こしができるため、時給2,000~4,000円程度稼ぐことも可能です。そのため、コツコツと続けてスキルを磨けば一般的なバイトよりも効率よく稼ぐことができるでしょう。

在宅での文字起こしのコツは?


未経験・初期投資なしで始められる文字起こしですが、在宅ワークとしてやるならスキルを上げて効率よく稼ぎたいですよね。ここでは、在宅で文字起こしをするときのコツをお伝えします。

量をこなす

文字起こしで効率良く稼ぎたいなら、単価と作業スピードアップのためにまずはたくさんの仕事をこなしましょう。「音声データを文字にするだけ=簡単」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、音声データの質や内容によっては時間がかかるため初心者は思うように稼げないこともあります。

単価の高い案件を受注しスピーディーに作業するためには、多くの仕事をこなし文字起こしに慣れることが必要です。

技能テストでスキルアップ

「文字起こし技能テスト」は音声を文字化する能力を評価するテストで、1000点満点のスコア制であるため文字起こしのレベルを細かく知ることができます。内容は語学力を問う知識問題と実技問題があり、文字起こしに必要な知識を学ぶとともに定期的に受けることでスキルアップを確かめられます。

また、クライアントへのスキルの証明としても使えるため、条件の良い仕事を獲得するためにはテストを受けておくことが望ましいでしょう。

参考:文字起こし技能テストhttps://mojiokoshi.org/

アプリを活用

文字起こしの作業スピードを上げるためには、音声データをインポートすると自動的に文字化してくれるアプリやタイピングの補助をしてくれるアプリを活用するという方法もあります。

アプリだけで完璧な文章を作ることは難しいため最終的には自分で作業しなければなりませんが、うまく活用すれば大幅な時間短縮ができるでしょう。

まとめ:文字起こしは副業にもおすすめ


音声データを適切な日本語に書き起こす文字起こしの仕事は、特別な知識がなくても初期投資なしで始められるため、副業としてもおすすめです。

慣れないうちは思うように稼げないこともありますが、コツコツと続けることでバイトよりも効率よく稼ぐことも可能です。興味のある人はこの記事を参考にして文字起こしにチャレンジしてみましょう

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加