おすすめ副業

翻訳で在宅ワークを始めよう!収入や仕事の探し方を解説!

翻訳は在宅でもできる仕事として学生や主婦にも人気の仕事ですが、

  • どんな仕事なの?
  • 未経験だとどれくらい稼げるの?
  • どうやって始めればいいの?

と疑問を持つ人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、在宅でできる翻訳の仕事について収入や仕事の探し方について紹介していきます。

在宅でできる翻訳の仕事とは?


翻訳は語学力とネット環境があれば在宅でもできる仕事ですが、未経験者にとってはどんな語学力が活かせるのか、どんな仕事があるのか分からないことも多いですよね。まずは、翻訳の仕事について説明していきます。

英語や中国語、韓国語などを活かせる

翻訳とは、英語や中国語、韓国語などさまざまな外国語を日本語で的確に表現する仕事。大学時代に語学を専攻していた、留学経験がある、外資系企業に勤めていたなどの経験を活かして在宅で働くことができます。

例えば、英語ならTOEIC700点や英検準1級、中国語なら中国語検定2級以上を持っていると未経験からでも翻訳を始めやすいでしょう。

法務、絵本などさまざまな分野がある

一口に翻訳といってもその内容はさまざまで、代表的なものとしては以下のような仕事があります。

  • 絵本や小説、雑誌などの出版物を翻訳
  • 法務やマニュアルなどのビジネスで必要とされる文書の翻訳
  • 映画やドラマなどの映像の音声の翻訳

翻訳には、語学力だけでなく適切な表現能力や特定のジャンルの専門知識が必要とされるため、自分の得意分野を活かした仕事ができます。

未経験でも始められる

一般的に翻訳の仕事に応募する際には実績表などの提出やトライアルが求められるため、未経験からいきなり大きな案件を受注することは難しいですが、実績をコツコツ積み上げていくことで高案件をゲットできるようになります。

クラウドソーシングサイトなら誤字脱字チェックや単発の翻訳作業など比較的ハードルが低い案件も多いため、未経験からでも始めやすいでしょう。

学生のアルバイトや副業としても人気

翻訳の仕事は、

  • 在宅で空いた時間にできる
  • 語学力を活かせる
  • 将来に役立つスキルを磨ける

として学生のアルバイトや副業としても人気です。

ただし、働いた経験のない学生にとってビジネス系の文書翻訳は難しいため、できるジャンルは限られてしまいます。しかし、語学の勉強をしながら将来に役立つスキルを磨けるため、学生のうちにやっておくのは良い経験になるでしょう。

翻訳の収入はどれくらい?

「在宅ワーク=稼げない」というイメージを持つ人もいるかもしれませんが、翻訳は一般的なWebライティングに比べて報酬が高い傾向があります。ここでは、在宅翻訳の収入について紹介していきます。

プロの翻訳者は1ワード20円~

日本翻訳連盟では、翻訳料金の目安は以下のようになっています。

文書の種類/分野 英日翻訳(税別) 日英翻訳(税別)
コンピューターマニュアル 28円 20円
一般科学・工業技術 28円 21円
金融 30円 25円
経営管理・財務・契約書 30円 25円
医学・医療・薬学 35円 30円
特許明細書 26円 30円


引用元:一般社団法人日本翻訳連盟(https://www.jtf.jp/jp/useful/report_bk/price.html

ただし、これは翻訳経験のあるプロを対象とした相場であり、クラウドソーシングなど未経験でもできる案件の場合は報酬の相場は半分程度になります。

未経験なら1ワード10円前後

プロの翻訳者の報酬相場が1ワード20円以上であるのに対し、クラウドソーシングなど未経験でもできる案件の場合は1ワードあたり10円が過半数を占めていますが、それでもWebライティングやデータ入力などの在宅ワークと比べると割の良い仕事です。

1ワード10円の場合、例えば1日で1000ワード翻訳できる人なら、10円×1000ワードで1日10,000円稼ぐことができます。作業スピードや稼働時間により収入は異なりますが、未経験でも翻訳スピードが上がれば通常のアルバイトやWebライティングよりも効率よく稼ぐことができるでしょう。

参考までに、クラウドワークスの調査によるとフリーランス翻訳者の年収は、

  • 200-300万円…40%
  • 300-500万円…30%
  • 500万円以上…30%

となっています。
引用元:クラウドワークス(https://crowdworks.jp/articles/5826/

フルで働いているや副業としてやっている人など稼働時間によって収入は大きく変わりますが、やり方次第で正社員並みの収入を目指すことも可能と言えます。

実績を積んで収入アップも可能

翻訳の仕事は実績や業種によって報酬が異なるため、未経験でも単価が低い仕事からコツコツと実績を積むことで、収入アップを目指すことができます。

未経験なら単発のマニュアル翻訳や海外ニュースの翻訳、誤字脱字チェックが始めやすいですが報酬は高くはありません。

<例>

  • マニュアルの翻訳…1000文字で10,000円前後
  • 海外ニュースの日本語訳…200文字で200~500円

しかし、クラウドソーシングでこのような案件に取り組むことによって、書籍の翻訳など高単価の案件にステップアップすることができます。

また、中国語やフランス語など英語以外の方が高単価案件は多いため、英語以外の翻訳に挑戦するのも収入アップの方法として有効です。

翻訳の相場に関して、下記記事でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

稼げる語学の副業なら翻訳!英語と中国語それぞれの報酬も解説「英語力を今の仕事で活かしきれていない」 「中国語を学んだからには仕事で使いたい!」 「せっかく学んだ語学力、本当は仕事に活かしたいのに...

在宅でできる翻訳の探し方とは?


未経験から在宅での翻訳を始めるには、なによりもまずは仕事を受注しなければなりません。では、翻訳の仕事はどのように探せば良いのでしょうか?

未経験ならクラウドソーシング

翻訳は実績重視の仕事なので、語学系資格や留学経験があってもいきなり翻訳会社から仕事を受注するのは難しいのが現実。そこで翻訳未経験の人におすすめしたいのが、クラウドソーシングサイトで探す方法です。

クラウドソーシングサイトには未経験OKの案件が多数あるため、実績ゼロから始めることができます。やりたい案件に応募し採用されればすぐに仕事を始められるので、副業や家事の合間でやりたい人でも気軽に挑戦できます。

さまざまな言語・業種の案件があるため、色々と試してみて得意分野を見つけられるのもクラウドソーシングの良いところ。自分のペースで仕事をしながら翻訳スキルを高めることができるでしょう。

クラウドソーシングを活用した翻訳のお仕事については下記記事でも紹介しているので、参考にしてください。

翻訳の仕事をクラウドソーシングのサイトで探し、半年間で15万円を稼ぎました!自己紹介をお願いします。 30代、現在はヨーロッパ在住の主婦です。 前職では、アメリカの大学でインターン経験を経て、2年間英会話学校...

アルバイトの求人募集を見る

在宅で翻訳をするなら「翻訳 アルバイト」などのワードで検索し、アルバイト求人に応募するという方法もあります。

翻訳のアルバイトは未経験OKの単発案件から経験者歓迎のものまでさまざまな種類がありますが、クラウドソーシングなどで少しでも実績を作っておくことで選択肢が広がります。

時給は1,200円~2,000円が相場ですが、出来歩合制の求人もあるのでスキルが高ければ高いほど高収入が期待できるでしょう。

トライアルに合格して正社員にも

翻訳は在宅フリーランスで年収500万円以上を目指すことも可能ですが、より安定した収入を得るためには正社員として在宅で翻訳をするという選択肢もあります。

ただし、翻訳者として正社員になるためには高い翻訳スキルと実績が必要であり、一般的には翻訳スキルを確認するためのテスト(トライアル)を受けて合格しなければなりません。

翻訳はいくら語学力が高くても未経験だといきなり正社員になるのはかなり難しいため、クラウドソーシングやアルバイトで実績とスキルを上げてからトライアルに挑戦するのがおすすめです。

まとめ:在宅翻訳で高収入を目指そう


外国語の文章を的確な日本語表現に訳す翻訳は在宅でもできる仕事として学生や主婦にも人気の仕事で、一般的なWebライティングよりも単価が高いため語学力のある人にとってはおすすめの在宅ワークと言えます。

未経験でもクラウドソーシングの単発案件から始め正社員並みに稼ぐことも可能なので、興味のある人はぜひ挑戦してみましょう。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加