おすすめ副業

在宅WEBデザイナーは難しい?未経験から始める方法とは

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

在宅で仕事できるWEBデザイナーに魅力を感じて、未経験からでも始めてみたいと考える人は多いでしょう。しかし、前提として専門的なスキルを学ぶ必要があるので、

「どうやって始めたらいいのか…」
「本当に未経験からでも仕事できるのかな?」

といった不安がつきものですよね。

今回の記事では、WEBデザイナーの仕事内容や未経験から始める方法を大公開!また、在宅WEBデザイナーとして副業で稼ぐコツも紹介します。

在宅WEBデザイナーとは?


まずはじめに、WEBデザイナーの仕事の実態に迫っていきましょう。

WEBをデザインする職業

WEBデザイナーとは、その名の通り、WEBをデザインする職業のことです。

  • ホームページ・バナー作成
  • コーディング
  • プログラミング
  • サイトの設計 など

上記の通り、仕事内容は案件によってさまざまで、実績やスキルによってできる仕事は異なります。

今や、WEBサイトで買い物したり、情報収集をしたりすることは珍しいことではありません。インターネットを利用する人口や機会は、今後ますます増加することが見込まれるので、WEBデザイナーの需要は高まっていると考えられます。

主婦など在宅で働きたい人から人気

WEBデザイナーの仕事内容は、環境が整っていれば在宅で仕事することが可能な場合が多いです。在宅でできる職種の1つとして認知度は高く、子育てや介護など事情があって働きに出ることができない主婦層から人気があります。

WEBデザイナーは専門的なスキルが求められますが、未経験からでも習得することは可能です。そういった事情から主婦だけでなく、他業種からの転職や副業を検討している人からも注目されています。

在宅の場合の収入相場

在宅WEBデザイナーの場合、年収の相場は受注する仕事によって大きく異なります。正社員や派遣として会社に採用された場合は、年収240万円以上は見込めるでしょう。スキルや経験によっては、年収400万円ほどの収入を得られるケースもあるようです。

また、WEBデザインの技術にプラスして、プログラミングできたり、英語力があったりといった特別なスキルがある場合には、450万円~500万円以上も目指すこともできます。

在宅WEBデザイナーのメリット・デメリット

在宅WEBデザイナーのメリットは、以下の通りです。

  • 需要が高く、仕事が探しやすい
  • 比較的高単価で受注できる
  • 出勤する必要がない

WEBデザイナーは先述した通り需要が高いので、仕事を探すにも苦労は少ないはずです。また、内職やデータ入力などといった在宅ワークと比べると、高単価の案件が多いのも魅力。環境さえ整っていれば完全在宅で仕事することができるので、自由度も高めです。

続いて、在宅WEBデザイナーのデメリットは以下の通り。

  • スキルだけでは稼げない場合もある
  • 収入が安定しない可能性がある

デザインはスキルと同時にセンスも必要とされます。仕事先やクライアントによって求めるレベルが違うことがあるので、スキルを取得したからといって稼げるようになるとは限りません。また、WEBデザイナーは、正社員として採用される以外は安定して仕事を受注できる保障がなく、収入が安定しないケースが多いです。

在宅WEBデザイナーをはじめる際には、メリット・デメリットもしっかりチェックしておくと挫折せずに済むでしょう。

在宅WEBデザイナーの求人事情


続いて、在宅WEBデザイナーの求人事情もチェックしていきましょう。

求人の多くは業務委託

在宅WEBデザイナーの求人の多くは業務委託です。クラウドソーシングサイトを介して受注したり、直接契約したりといった方法で仕事をすることに抵抗がなければ、求人数は少なくありません。

正社員・派遣のリモートワークは稀

正社員や派遣で在宅WEBデザイナーを希望する場合、求人数はグッと少なくなるため、競争率は高いです。とくに、未経験からWEBデザイナーに転職した人は、採用される可能性は低いでしょう。

雇用条件より「在宅ワーク」を重視してWEBデザイナーの仕事がしたいなら、フリーランスとして業務委託で仕事を受注するケースが現実的といえます。

未経験から在宅WEBデザイナーになる方法


完全在宅で仕事できるWEBデザイナーに魅力を感じて、未経験からチャレンジしたいと考える人は多いでしょう。これから、未経験から在宅WEBデザイナーになる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

WEBデザインできる環境を整える

在宅でWEBデザインするなら、環境が整っていないと始まりません。まずは、在宅でWEBデザインするために必要なものを揃え、環境を整えることから始めましょう。

WEBデザインに最低限必要とされるものは以下の通りです。

  • ネット環境
  • パソコン
  • スマホ
  • デザインに必要なソフト(illustrator、Photoshopなど)

習得したいスキルや仕事内容によって必要なものは異なるので、自分の希望に添ったものをチェックして、準備を進めてください。

独学や講座でWEBデザインを習得する

WEBデザインできる環境が整ったら、スキルを習得していきましょう。

WEBデザインのスキルを習得する方法は、

  • 独学で勉強する
  • オンラインスクールで学ぶ
  • 講座を実施しているスクールに足を運んで学ぶ

といった方法から選択するのが一般的。

未経験でも、独学でWEBデザインを学ぶことは可能ですが、難しくて苦戦したり、モチベーションが続かなかったりする可能性があります。独学に限界を感じる場合は、自分に合ったスクールを探し、受講しながらスキルを磨くのがおすすめです。

求人に応募またはフリーランスで仕事する

仕事するのに十分なスキルを身につけたら、在宅勤務可の求人に応募したり、フリーランスとして仕事を受注したりして、経験を積んでいきましょう。

自分に合った働き方を選んで、実践する中で新たなスキルやレベルアップが可能です。スキルに自信がない人でも、学んだ知識を信じて仕事をこなしていってください。

ポートフォリオを作る

ポートフォリオは、WEBデザイナーが自分の実力や実績をアピールする際に欠かせないものです。とくに、フリーランスとして働いている人は、仕事の受注率アップにも繋がる可能性があります。在宅でWEBデザイナーとして仕事を続けたいなら、ポートフォリオは作成しておくことをおすすめします。

在宅WEBデザイナーとして副業で稼ぐコツ

在宅でできるWEBデザイナーの仕事は副業にもおすすめです。最後に、在宅WEBデザイナーとして副業で稼ぐコツを紹介します。

時間や仕事内容など受注基準を決めておく

在宅WEBデザイナーとして副業を始める際は、業務委託で仕事を引き受けるのが主な方法になるはずです。自由に仕事を選択することができるので、時間や仕事内容など、受注する仕事の基準を決めておきましょう。

基準がはっきり決まっていると、無理のない範囲で仕事することができるので、本業と両立させやすいです。モチベーションが下がることも回避しやすいですよ。

仕事にかかる時間を重視したり、得意な仕事を引き受けるようにしたりなど、ある程度の受注基準を設定しておくと、割り切って仕事に取り組めるでしょう。

スケジュール管理を徹底する

スケジュール管理を徹底することも、在宅WEBデザイナーとして副業で稼ぐために大切なポイント。案件の金額ばかりを重視すると、納期が短かったり、作業量が多くて時間がかかったりしてスケジュール通りにいかない可能性があります。また、本業やプライベートで急な予定やトラブルがある場合もあるでしょう。

スケジュール通りに納品できなければ信用に響き、稼ぐことはもちろん、副業として続けることも難しくなります。仕事のスケジュールは、本業がある分余裕をもって設定し、きちんとスケジュール内に進められるよう意識してみてください。

スキルアップの勉強を欠かさない

スキルアップの勉強を定期的に行えると、副業でも稼ぐ可能性を高めることができます。WEBデザインのスキルの幅が広ければ、その分受注できる仕事の幅が広がりますし、デザイナーとして重宝され、仕事が途切れることはないでしょう。

副業でもある程度の収入を稼ぎたいなら、できる範囲でスキルのアップデートを行うことをおすすめします。

まとめ:在宅WEBデザイナーは、未経験からでもチャレンジ可能!


在宅WEBデザイナーは、スキルを習得すれば未経験からでもチャレンジすることができます。

正社員や派遣などの直接雇用はスキル・経験を重視されるので、採用される確率は低いですが、フリーランスとして働くことに抵抗がなければ求人は少なくありません。また、フリーランスなら完全在宅ででき、時間や仕事内容などを選べるので、WEBデザイナーは副業としてもおすすめです。

興味がある人は、本業の合間にスキルを磨いてチャレンジしてみてはいかがでしょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加