おすすめ副業

通訳バイトは高時給?副業におすすめの魅力や必要なスキルをご紹介!

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

訪日外国人観光客が増加していることもあり、最近は通訳のバイト募集が非常に多いです。今回は、そんな通訳のバイトについて仕事内容や魅力、通訳バイトならではの辛い点などを分かりやすく解説します。

「1日だけでも働けるの?」

「仕事内容が知りたい」

「語学の資格はいるの?」

「副業としてできるの?」

などの疑問も解決します!少しでも通訳のバイトに興味がある方は、ぜひ参考に読んでみてください。

通訳のバイトとは?

通訳のバイトの仕事内容

通訳の仕事内容は、観光客の案内やビジネスの場での通訳、海外からの問い合わせ対応などです。

具体的には、

  • 外国人観光客に同行して観光案内
  • 百貨店などでのお買い物サポート
  • ホテルのフロントで外国人のお客さまへの電話応対
  • 海外からの研修生に同行して同時通訳

などの仕事があります。よく募集があるところは、観光地の飲食店や商業施設、ホテル、グローバル規模の企業などが多いです。

通訳バイトに必要な資格

基本的に実務経験が重視されるので、必要な資格はありません。しかし、大手企業や大手メーカーなど、バイト先によっては検定試験の資格を条件にしているところもあります。

TOEICのスコアなら900点以上あると、派遣会社から時給のいい仕事を紹介してもらいやすくなります。また、TOBIS検定も履歴書に記入しておくと、採用に有利になります。

通訳のバイトの給料

平均時給は1,200~1,800円ほどで、平均月給は25~30万円ほど。関東では時給1,800円以上が多く、他のエリアでも時給1,100円以上がほとんどで、他の在宅バイトに比べ高い給料といえます。

実際の求人例を一部見てみると、「日立グループの同時通訳で時給2,250円」「大手メーカーのテレビ会話通訳で時給1,700円」など、やはり時給の高い案件が多いです。

給料の支給方法は銀行振り込みのところと、手渡しのところがあり、支給日は、日払い・月払いがあります。1日のみの単発バイトの場合、日払いのところも多いので、「すぐ手元に現金が欲しい」という方におすすめです。

通訳のバイトの魅力とは?

通訳を通して、自分のスキルも上がる

働く日が1日であっても、その日に初めて知る単語や表現に出会うことも。また、通訳を長く続けることで、発音がよくなったり反応速度が早くなったり、自分にプラスの経験が自然と身につきます。

そのため、本業で語学を使う方は通訳バイトを通して、本業のパフォーマンスを上げることも可能。このように、通訳バイトは副業としても魅力的な側面があります。

単発で働けるので副業に向いている

通訳の仕事は単発の仕事がたくさんあります。そのため、「明後日は本業が休みだから働こう」「今週末は子どもがお泊り保育だから働こう」など、空いたスケジュールを上手く利用して仕事ができるので、副業としても最適です。

もちろん、1日のものから数カ月採用のものなど、短期間のものから長期のものもあるので、自分のスケジュールに合わせて選ぶこともできます。

在宅でできる仕事もある

電話やテレビ電話などで通訳を行うなど、在宅でできる仕事がたくさんあります。そのため、子育てや介護で家を離れることができない人でも、安心して自宅で仕事ができます。

在宅なので、職場へ通勤時間はないですし、制服やオフィスファッションに着替える必要もありません。効率的に最大限の時間を使って稼ぎたい方にもおすすめの働き方ができます。

何歳でもできる

通訳の仕事は学生さんでも、50・60代の方でもできます。老若男女問わず応募でき、いつでも誰でも参加の機会があるのも魅力。

学生の方なら長期休暇にバイトを始めてみたり、大人の方なら子どもが手を離れてから始めたりと、さまざまなタイミングで自分のライフスタイルに合わせて仕事を始めることも可能です。

通訳のバイトの辛いところとは?

自分一人しかいない場合がある

通訳の担当が自分一人しかいない場合もあります。自分一人だけだと簡単に休むことができないので、体調管理が重要になります。

また、一般の職場のように同じ立場の人と一緒に仕事をするものではないので、同期と仲良くなったり、お互い切磋琢磨しあったりするような環境はありません。どちらかというと、一人で仕事をこなしていくものですので、「みんなで一緒に仕事がしたい」という方には向いていません。

事前準備が必要

通訳するにあたり、どんなことを聞かれるかを事前に把握して勉強しておかなければいけません。例えば、観光客の案内をするなら、その街についての知識を入れたり、外国人に人気のお店を調査したり、ビジネスの通訳ならば、専門用語や略語などについて事前に聞いておかないといけません。

事前準備を怠ってしまうと当日自分が困ることになります。数人で通訳するのであれば助けてもらえるかもしれませんが、自分一人で通訳する場合は相手に迷惑をかけてしまうので、入念な事前準備が必要です。

通訳のバイトに必要なスキル・あると有利なスキルとは?

日本語力

実は通訳には日本語力も必要になります。相手に正確に分かりやすく伝えるためには、正しい日本語の表現力や語彙力などの日本語力が必要不可欠です。特にビジネス会話は普段使わない単語や表現を使うので、しっかり勉強しておかないと詰まってしまうことも。

そのようなことにならないために、日頃から様々なジャンルの文章を読んだり、その日必要なジャンルに絞って事前に勉強したりなど、積み重ねが必要です。

+αの豆知識

スピーディーかつ正確に通訳できることはもちろんですが、ただ通訳するだけではなく、+αの知識を加えることにより、より相手の理解が深まります。例えば、観光案内をするのであれば「この建物は何?」という問いに対して、その建物が建てられた背景や現在の状況、観覧できるのかなどの情報を伝えると、より具体的にイメージすることができます。

事前準備は必要ですが、一度知識を身につけておけば、次の仕事でも活かせることもあるので無駄にはなりません。自分の知識を深める観点からも、ぜひ幅広い情報を仕入れておきましょう。

中国語・韓国語の習得

近年、中国・韓国からの外国人観光客や貿易関係の仕事が非常に増えています。そのため、中国語や韓国語を習得しておくことで仕事の選択肢の幅が広がります。東京五輪・パラリンピックに向けて、この動きはさらに加速するとみられているので、今後活躍の場はさらに増えていきます。

通訳バイトの応募方法

求人サイトからの応募

「バイトル」や「「マイナビバイト」Indeed(インディード)」などの求人サイトを利用して応募ができます。また、派遣会社に登録しておくことで、派遣会社から次の仕事を紹介してもらえたり、より高時給な案件を紹介してもらえます。

企業のホームページ

近年、海外へ進出している企業や外国人留学生を受け入れている企業、ビックカメラや東急ハンズなど外国人観光客をターゲットにしている企業が増加していることから、企業が自社のホームページ上で通訳を募集していることも多いです。

クラウドソーシング

「クラウドワークス(https://fukugyo-beginner.net/recommends/crowdworks/)」「ランサーズ(https://fukugyo-beginner.net/recommends/lancers/)」「シュフティ」などのクラウドソーシングから仕事を見つけることができます。クラウドソーシング上では、企業だけではなく個人雇い主も求人を出しており、大小様々な仕事が掲載されています。

おすすめのクラウドソーシングサイトは?初心者が稼げる仕事の選び方クラウドソーシングサイトは、Web上で簡単に仕事を見つけられるため、多くの方が利用しています。しかし、利用できるサービスが多く、どれが自...

また、通訳のバイトならではの応募時の注意点があります。それは、通訳する言語です。通訳のバイトでは、あらゆる言語の通訳を募集しています。「英語の通訳と思っていたらドイツ語の通訳だった」なんてことにならないように、しっかりと応募要項を確認しておきましょう。

まとめ:副業としてだけではなく、自己啓発もできる!


通訳のバイトは、単発でできたり在宅で仕事ができる面から、副業に最適といえます。稼ぐことができるだけでなく、自分の語学力や通訳スキルを上達させることもでき、一石二鳥なのも魅力です。ぜひ自己啓発としても、通訳のバイトを検討してみてください。

短期・単発OKのバイト情報はこちらから
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加