インタビュー

女性には難しい…なんて大間違い!フリーランスSEになれる方法

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

システムの設計・開発・テストを手がけるSE(システムエンジニア)。なんだか女性には難しそう、PCに強い男性が就くもの…というイメージがある人もいるはず。

しかし、現役フリーランスSEで、エージェント「PE-BANK」を利用しながらバリバリと仕事をこなす沼田千瑛さんは、文系の大学を卒業し、「PCには苦手意識があった」そうです。そんな彼女がSEになった理由とは? さらに、フリーランスとして働く方法や、充実した私生活まで、“会社にしばられない生き方”を語ってくれました。

「手に職をつけられたら」と新卒でSEに

――まずはフリーランスSEに就くまでの経歴を教えて下さい。

大学の時は文系で、経営学を専攻していました。就職する際に、将来的に手に職をつけられたらいいなと思って、文系でも就職可能の技術職である、SEを選んだんです。

――意外にも理系ではないんですね。学生時代からプログラムやシステムを学んでいたんでしょうか?

まったく触れたことがありませんでした。なので、入社当初は「PCとは」くらいのレベルから始まったんです…(笑)。

けれど、一から何かを学べるのは新卒の時だけで、もし中途でSEになろうとしても、技術や経験がある人が基本的に採用されますよね。

だからこそ、新卒で知らない領域に飛び込んでみて、もし駄目だったら社内で配置換えしてもらうことを考えればいいかなと思っていました。

――経歴としては、新卒で入った会社に5年間勤められた後、ワーキングホリデーに行かれたそうですね。

SEは基本的に一人で完結する仕事はなくて、チーム単位で動くんです。新卒で入った会社では、自分が何が分からないかをはっきりさせて、チームの先輩やリーダーに聞けば解決できる環境でした。

5年目になって、後輩に教えるような立場になって、ようやく「フリーでも大丈夫かな」と思い始めたんです。それと同時に、挑戦したい案件を自分で選んで、スキルに見合った報酬をもらいたいと考え始めるようになりました。

フリーでも行けるかも、と思ったことと、会社勤めに疑問を持ちながら働いていたことで少し疲れていたことに加えて、以前からの「海外に長期で出てみたい」という思いを一度叶えたいと、退社に踏み切りました。

1年間のワーキングホリデー生活は、たくさんの人と触れ合って、いろんな働き方があると知って、視野が広がりましたね。

――ワーキングホリデーを終えた後はすぐにフリーに?

いえ、すぐにフリーになるのは仕事から離れていたこともあって心配だったので、1年間新卒で働いていたのとは別の会社で契約社員をしていました。その会社では終電が当たり前だったり、土日も出勤したり、年末年始も出ないといけなかったりで…。

そんな中で、委託で働いている方から、フリーランス専門のエージェントであるPE-BANKを教えてもらったんです。

女性ならではの悩み…産休・育休がないフリー

――それから現在フリーランスになられたんですね。詳細にはどういったお仕事をされているんでしょう?

システムの作り方は、ざっくりいうとクライアントからの要望を聞いた後、「どういうものを作るべきか計画」「システムを作る」「実際に動くかテスト」という段階を経て、試行錯誤ののちにリリースとなります。

私は「実際に動くかテスト」をする過程を担当することが多いです。ひたすら確認作業をして、エラーが見つかったらどう課題をクリアするか考えるのが主な業務です。

――SEの仕事は、基本的に「システムを作る」が主なのかと思っていました。

作る作業が好きな人が多いですね。私は新卒入社時の会社では開発をしていなかったんです。

けれど、最近エージェントから紹介された常勤の会社で「やってみたい」と申し出たら、現場の経験もあるので、と参加させてもらえることになりました。

――開発をしてみたいと思ったきっかけは?

今はエージェントに紹介された会社で常勤フリーランスとして働いているんです。働き方は会社員とほぼ同じだけど、契約料や雇用形態が違うんですね。

ただ、結婚をしているので、今後子どもを授かった時に、会社員のように産休や育休がない中で、どうやって収入を得ようかと考えて、在宅で仕事ができるようになろうと思ったことがきっかけです。現場で丁寧に仕事をしながら、さらにいろんなことができるようになれば、より信頼して仕事を任されるようになれるのではと考えています。

フリーになって、よりアクティブに

――これまでのお話を聞いていると、未経験からSEを目指したり、副業として挑戦したり、というのは難しそうですね…。

そんなことはないですよ。たまたま私が新卒でSEを選んだだけで、プログラミングスクールに通って技術を学んだという同僚もいました。独学で本を読んで…というだけだと、採用する側が少し不安かもしれません。

けれど、WEBデザインやJava、アプリ開発など、教えてくれる先輩がいるような、裾野が広がっている分野ならば、未経験でもやる気次第でSEを目指せると思います。会社で少し働いてみてから、私のようにフリーになることを考えてみてもいいかもしれませんよ。

――でもやっぱり、SEって女性が少ないですよね。なんとなく女性には難しそうなイメージがあります。

ばく然と「PCが苦手」という意識を持っている女性が多い気がします。けれど男女関係なくものづくりが好きで、好奇心が強い人なら、向いていると思いますよ。私はデリバティブなど金融の分野を大学で学んでいたため、その知識が活かされることもありますが、それでもさらに学ぶことがたくさんあります。学んでも学んでも学びきれないので、知識を蓄えられることがやりがいですね。

正直、PCにはすぐ慣れますし、自分が分からないことを明確にして、「教えて」と言える人なら成り立つ仕事です。そういった働くことの基礎と、基本的なプログラミングの知識があれば、SEを目指すことに価値はあると思いますよ。

――力強いお言葉ありがとうございます。ちなみにフリーランスになってからよかったことはありましたか?

会社員の時は、勤務先の戦略と自分のしたいことに誤差や乖離を感じることがあったんですが、フリーになったら自分のやりやすい方法にパパっと切り替えられる身軽さが魅力だなと感じています。

私生活では、元々アクティブな性格で、大学時代に取得した熱気球の資格を活かして今でも地方に行って気球の操縦をしたり、最近はヨガやお茶を始めてみたりと、休日は趣味で充実しています。

会社員時代から何かしらの趣味に没頭してはいましたが、フリーランスになってからの方がスケジュールが見えやすいので、さらに時間を費やすしやすくなったような気がしています。もし在宅になったら、さらに変わるかもしれません。

編集後記

女性が手に職を持って、フリーランスで働くとしたら、「結婚や出産は…?」と考えてしまう人も多いはず。だからなんとなく、“やりたいことに挑戦する”ということを躊躇してしまっている女性も多いのではないかと思います。

けれど沼田さんは、自分で活路を見出して、そのための技術を研鑽する努力をしながら、「これから子どもを産みたいと考えています」とお話してくださいました。女性にとって、こんなに心強い存在はいないのではないでしょうか?

今回のインタビューを通して、働く女性のより明るい未来、選択肢の広がった未来が見えましたし、沼田さんの力強いまなざしと言葉に励まされました。

この記事を読んで、「SEに挑戦したい!」という方は、スクールの実態からチェックしてみましょう。

プログラミングスクールに通うか迷っている方に!プログラミングスクールの実態とは!?
https://fukugyo-beginner.net/programming-scheool-real/

また、SEを仕事にしている方の中でフリーランスに興味があるという人は、下記からチェックしてみてください。

PE-BANK
https://pe-bank.jp/

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加

RELATED POST