転職

仕事が楽しくない新卒社員へ。「辞めたいけど辞められない」と思った時に読んでほしいこと

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「新卒で入社したばかりで、仕事が楽しくない…もっと仕事振ってほしいのに、毎日放置されていて、何もすることがない…毎朝毎晩会社のことを考えると気分が沈む…」

今まさに、このように悩んでいるのではありませんか?

この記事に辿りついたということは、仕事に対して不満を持っていて、解決したいけどどうしたらいいのか分からない、ずっとこのままなのかと不安に感じていることだと思います。

「石の上にも3年っていうし、その言葉を信じて働き続けるべきか」、「この仕事を続けていて何か自分のためになるのか」といろいろ考えているのかもしれません。

私は新卒入社した会社を5ヵ月で辞めてしまって、そのままフリーランスとして独立をした身ではあるので、今すぐ辞めても問題ないと言えますが、誰もが簡単に私のような道を歩めるわけではありません。

私もできれば正社員のままのほうが安定だし、よっぽどな理由が無い限り続けるべきだと考えていますが、現状に我慢し続けることはいけないことだとは思います。

この記事の結論を先に言ってしまうと、「新卒入社した会社を辞めるかどうかは自分で考えてください。自分の人生は自分のものだから」です。

ただ、一人で今すぐ辞めるべきかどうかを判断するには非常に難しいと思いますので、完全主観になりますが、現状からどうするべきか考える材料として私の考えを共有していきます。

ぜひ、1つの意見として参考にしていただけたら幸いです。

まずは、当時の私の状況をお伝えしますね。

  • 大学卒業後、22歳でWeb系ベンチャー企業へ就職
  • 2018年5月から内定者インターンをし、2019年5月に退職
  • 仕事は営業、マーケティング、人事
  • 特殊な社内ニートになる
  • 時間が無駄に過ぎ去るストレスに耐えられず退職

私が新卒入社した会社を半年以内で辞めた話に興味ある人はこちらの記事をぜひお読みください。

新卒入社半年で仕事を辞めても転職にネガティブにならなくても良い【今すぐ辞めよう】 「新卒入社して半年経つけど、会社に不満だらけ」 「自分のやりたいこともできないし、いつも雑用ばっかりで仕事が楽しくない」 「上司に毎日...

大前提として新卒1年目の仕事は楽しくないことが多い


大企業に当てはまることですが、新卒1年目の仕事は楽しくないことがほとんどだと思います。

私の友人も新卒として入社した大企業の仕事が楽しくないと言って、9人くらい辞めています。

わりと当たり前の話ですが、仕事ができない人には仕事が回ってきません。

そして、新卒社員は一般的に見れば仕事ができない分類になるため、仕事が回ってこないのです。

これは新卒社員が悪いというわけではありませんが、至極当たり前なことなのでここに不満を言っていても仕方がないと思います。

新卒社員は先輩社員から少しずつ学んでいき、社会人2年目にしてやっと1人で任せられるようになるのが一般的なので、新卒で仕事が楽しくないというのは間違っているとは思います。

ただし、ベンチャー企業のような会社では、新卒1年目でも活躍できるような環境が整っていることが多いため、全く仕事が回ってこないという状況の人は一度対策を考えたほうが良さげですね。

私はベンチャー企業だったのに仕事が全くなかったのですぐに辞めましたが、大企業に就職していたならもう少し続けていたと思います。

大企業の人材育成はゆっくりで、新卒1年目は社会人スキルを身に付けることが最優先だと考えて働くと少し気が楽になるかもしれませんね。

大企業勤務ならはじめは雑用ばかりさせられると思いますが、勤続年数を積み重ねていくと大きな仕事を任されるようになるので、もう少し頑張ってみることをおすすめします。

仕事が楽しくないけど新卒は『石の上にも3年』を信じるべきか


「会社を辞めたい…」と親や上司に相談すると、「とりあえず3年頑張ってみたらどうか?まだ仕事始めたばかりだし、辞めるのは早すぎるよ」とアドバイスされます。

そして、よく世間でも話題になるのが、新卒入社した会社を3年続けるべきかどうかです。

『3年働くべき派』の意見としては、「入社した会社をすぐに辞めると転職で不利になる」、「3年働かないと会社のことなんて分かるはずはない」、「3年働かないと仕事のスキルや経験を身に付けることができない」といったものです。

しかし、新卒入社した会社を3年続けるべき絶対的な根拠はありません。

一般的に3年努めなければならない、3年勤めないと転職が不利になると言われているだけで、みんな「とりあえず3年頑張れ」と言います。

でも、3年頑張ったらスキルや経験を100%身に付けられる保証はどこにあるのでしょうか?

反対に新卒入社した会社を辞めたら転職が不利になる証拠はどこにあるのでしょうか?

確かに、短期退職をすれば新卒の頃と違って就職先は少なくなりますが、それって3年働いても同じこと言えませんか?

むしろ、今働いている業界や職種のギャップを見つけて、「こんなはずじゃなかった」と思えたなら、新しい業界や職種に変更するチャンスは今しかありません。

3年も続ける人はもうその業界と職種でしか転職はできません。

私は常々「会社を三年以内に辞めたらあかん理由は何?」と思っていましたし、「スキルや経験を3年かけて身に付けるのは非効率過ぎる。1年で身に付けたらいいや」と思っていました。

「石の上にも三年」というのはあくまでも企業側の都合であって、私たち労働者側の都合ではありません。

企業側からすれば、膨大に教育費用かけて育てた新卒社員が辞めてしまって、未来の会社を背負っていくはずの新入社員がすぐに辞めるリスクはできる限り避けなければなりません。

会社にとって新卒採用というのは未来の投資であって、いつか会社の売上を上げてくれることを期待して、教育しているわけなので、続けてほしいと思うのはあたりまえなのかもしれません。

それが何の売上も上げずに辞められてはただ教育コストが掛かっただけで会社としてはマイナスになるだけです。

『石の上にも三年』は企業側が損しないために広めた一般常識であって、雇われる側の私たちにとっては関係のないことです。

世間の一般常識に惑わされずに自分のことは自分で考えて行動していくべきだと思います。

また、20代にとっての3年間というのは非常に価値の高い時期なので、無駄に雑用をさせられたり、仕事を任せられなかったりするのは非常にもったいないです。

20代が一番吸収力があって体力がある時期なので、その時期に何も身に付けられないことを考えると、そっちの方が恐ろしいと私は思います。

石の上にも3年といわれていますが、現代においてその価値観は古くなってきているので、3年という期間はあまり気にしないでおいた方が良いですね。

新卒で辞めたら転職に不利になるのか?楽しくない仕事を続けるべきか


私の結論をいうと、就職先を新卒の頃よりは減るけど、転職への影響はあまりないと考えています。

実際に新卒入社した会社を5ヵ月で辞め、一度は転職活動をしていましたが、私の場合は結構スムーズにいき、3社受けましたが、2社が二次面接まで進み、残りの一社が最終面接まで進んだ経験があります。

新卒をすぐに辞めた人は「入社した会社をすぐに辞める人材」というレッテルを貼られるかもしれませんが、退職理由をしっかり明確に伝えることができれば、何も問題ありません。

退職理由を会社の不満を言ってしまうのは完全にアウトですが、前向きな理由での退職なら転職への悪影響はありません。

実際に私が5ヵ月で辞めた時の転職話を以下の記事でご紹介しているので、参考程度に読んでいただけると幸いです。

新卒入社半年で仕事を辞めても転職にネガティブにならなくても良い【今すぐ辞めよう】 「新卒入社して半年経つけど、会社に不満だらけ」 「自分のやりたいこともできないし、いつも雑用ばっかりで仕事が楽しくない」 「上司に毎日...

新卒が仕事が楽しくないという理由で辞めることは悪いことではありません。

社会人経験が無い人が、思っていた仕事内容と違っていたなんてことは当たり前のように起こります。

どんな仕事でどんな業界なのか全く分からないのですから、それは当たり前な話です。

仕事が楽しくないというのは、退職する理由として何も間違っていません。

転職することが悪いみたいな風潮には日本にありますが、現代においては転職はキャリアップの手段として用いられることがほとんどです。

今の会社では自分の求めているスキルや経験が得られないと思うなら、キャリアアップのために転職というのは間違っていない選択です。

世間体を気にして楽しくない仕事を続けるべきか


結論をいうと、人生は誰のものでもない、自分のものなんだから世間体なんて気にしなくてもいいです。

少数派の意見や行動ははじめは否定されるものです。

会社への不満を我慢して、現状維持をしようというのは自分の人生に真剣に向き合わずに逃げているだけです。

20代という貴重な時間を無駄にしないように今すぐ何か行動していきましょう。

新卒入社した会社を半年以内で辞めるための対処法【実体験】


ここからは実際に新卒入社した会社を5ヵ月で辞めるために私がしてきたことをお話ししていきます。

大きく分けるとざっくり以下の2つのことをしていました。

  • 副業を始める
  • 転職活動準備を在職中に済ませておく

簡単にご説明していきますね

副業を始める

まずは、退職しようと決めて9月の初めごろにWebライターとして副業を始めました。

私の場合は貯金がゼロだったので、クラウドワークスを使って案件をいくつか受注しつつ、記事を書いて納品して、お金を稼いでいました。

大体、平日は夜に2時間、土日は5時間くらいやって、19日間で4万5千円くらい稼いで、9月19日に会社を退職し、20日から転職活動を始めました。

「でも、会社が副業禁止だからできない…」と思ってしまうかもしれませんが、もう辞める予定の会社なので、副業禁止に関しては気にしなくても問題ありません。

副業禁止は就労規則であって法的効果はほとんどないので、会社の名前使って損害を被らせたなどのことがない限り、賠償金を請求されることはありません。

今すぐ副業を始めましょう。

ちなみに私のおすすめする副業はクラウドワークスのライティング案件を受注することです。

クラウドワークスで10万円稼ぐポイントを以下の記事で説明しているので、参考程度にぜひお読みください。

ライターがクラウドワークスで月10万稼いだときの3つのポイントを紹介します!クラウドソーシングの募集サイトとして高い知名度を誇るのがランサーズとクラウドワークスの2つです。それぞれ知名度があり、評価も高いですが、...

転職活動準備を在職中に済ませておく

私の転職戦略は、在職中に転職準備をすべて終わらせるようにしていました。

具体的には複数の転職エージェントを利用して、初めの面談や職務経歴書、履歴書をすべて書いて、添削してもらい、退職する準備ができたら、退職日から逆算して、面接日程を組んでもらっていました。

私が実際に登録して利用していた転職エージェントは以下の3つです。

結果的に、9月19日退職後、20日から面接を受け始めて、2社が2次面接まで進み、1社が最終面接まで進みました。

基本的に、転職活動するときって大体は在職中に転職先を決めてから辞めるか、完全に辞めてから転職先を探すかのどちらかだと思います。

しかし、私の場合は転職先を決めずに、転職活動準備を完全に終わらせてから、二週間以内に決めに行くというスタイルなので、比較的に新しいスタイルだと思います。

もちろん、転職エージェントの面接対策セミナーや模擬面接も在職中にすべて練習し、何を聞かれてもOKな状態まで面接レベルを上げてから本番に挑んでいます。

もし、私の転職戦略にご興味ある方は以下の記事を参考にしていただけたら光栄です。

次の仕事決めずに辞めるにはどうしたらいいのか?経験者がすべて語ります【実体験】「早く仕事を辞めたいけど、次の仕事を決めずに辞めるにはどうしたらいいだろう?」 今まさに、このように悩んでいるのではないでしょうか? ...

「仕事を辞めたい…でも言いにくい…」という人のための対処法


この記事を読んでいる人の中には「仕事楽しくないし早く辞めたい、でも上司に言いにくい」と思い悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

私も退職の旨を社長に伝えるまで、すごいストレスを抱えていて、ドキドキして緊張した経験があるため、めちゃくちゃその気持ちが分かります。

「退職を止められたらどうしよう、、」「緊張してしまってなかなか言えない…」「上司が怖くてなかなか言い出せない」そんなふうに悩んでいる人におすすめする対処法を2つご紹介します。

退職してしまえばもう関わりがないと割り切る

私の解決策は完全に思考を変えて、退職してしまえばもう関わりが無いと割り切ってしまおうというものでした。

もともと淡白な性格なので、こんな考え方ができたのだと思います。

「会社に迷惑をかける」、「○○さんに嫌な印象を与えたくない」、「みんなに嫌われたくない」と考えてしまう人は多いですが、辞めてしまえばもう関係ありませんからね。

会社という狭いコミュニティのなかで迷惑をかけようが、誰かに嫌われようが、私にとっては関係ありません。

新しいコミュニティのなかで心地よく過ごすのか、常に関わり合う人を変え続けて、生きていくのかみたいな考え方なので、退職の旨を伝えるまでは緊張していましたが、戸惑いはほぼゼロでしたね。

退職代行に相談してみる

私みたいに「退職してしまえばもう関わりがない」と割り切ることができる人はそんなにいないと思います。

なので、上司や社長に退職の話をするのが緊張して、まともに息もできなくなるという人におすすめなのが、退職代行サービスです。

最近は、「上司に言っても簡単に仕事を辞めさせてもらえない」、「自分で辞めることを伝えるのが難しい」という人が増えてきて、そういったニーズから生まれたサービスが退職代行サービスです。

特に、退職代行サービスの先駆けとなったEXITがおすすめです。

EXITをおすすめする理由は以下の3つの通りです。

  • すぐに辞められる即日対応
  • 会社への連絡不要
  • 安心のNEXTサポート

転職準備が整って、今すぐにでも転職活動をしたいという人は、EXITをつかって即日退職し、次に日からすぐに転職活動をしましょう。

もし、転職先の職場が悪くてももう一度EXITに申し込めば、一万円引きで退職代行を行ってくれます。

すべての退職手続きをEXITに代行してもらいましょう。

退職代行ならEXIT | 会社からの非常口はこちら

自分の人生は自分で決めても良い。自分らしく生きよう


冒頭にも言った通り、「新卒入社した会社を辞めるかどうかは自分で考えてください。自分の人生は自分のものだから」です。

今の職場で不満を抱いているなら、間違いなく何かしらの行動を起こした方がいいのは間違いありません。

ただ、ぼーっと時間が過ぎ去るのを待つのは20代という貴重な時間を無駄にするのだけはやめて、上司に仕事がないか聞きに行くか、新しい仕事をさせてもらえないか頼み込むのも良いと思います。

しかし、「そんなことできない」、「頼んでも仕事がないと断られた」という人はその職場にいても時間の無駄になります。

今の会社に残り続けるのも自由、おもいきって辞めるのも自由です。今の会社で働き続けて、変えようとするのも自由、他の会社へ転職するのも自由です。

自分の人生一回きりなんだから、誰かの意見に縛られずに自分の考えで動くようにしていれば、何も迷うことなく決断することができると思います。

「今の自分が何がしたいのか?」一度真剣に向き合ってみて、考えてみましょう。

もし、転職を決意できたのなら、私のように以下の転職エージェントをすべて登録することをおすすめします。

求職者の利用は完全無料で、登録も3~5分程度に終わるため、会社の帰り道や家に帰ってからゴロゴロテレビを見つつ登録してみると良いでしょう。

退職前にしっかり転職準備をして、退職予定日から逆算して面接日程を組めばあとはスムーズに転職活動できると思います。

「そんな退職するまで待てない!今すぐにでもやめたい!」という人は、退職代行EXITのご利用をおすすめします。

退職代行ならEXIT | 会社からの非常口はこちら

次の『やりたい仕事』を決められず、なかなか転職活動ができないという人は以下の記事をぜひお読みください。

「次の仕事何しよう?」やりたい仕事が見つからない人のための完全講座「今の仕事だと十分な休みも取れない、給料も少ないし、遊ぶ時間もない。でもやりたい仕事もないし、何となく辞めることができないなぁ、、次の仕...

仕事が楽しくないと思い悩む新卒社員は、この記事を読んで自分らしい道を歩めることを心より願っています。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加