転職

次の仕事決めずに辞めるにはどうしたらいいのか?経験者がすべて語ります【実体験】

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「早く仕事を辞めたいけど、次の仕事を決めずに辞めるにはどうしたらいいだろう?」

今まさに、このように悩んでいるのではないでしょうか?

この記事を書いている私は、新卒入社したWeb系ベンチャー企業を次の仕事を決めずに半年で辞めた経験があります。

私も「次の仕事を決めずに辞めると、家賃・水道光熱費の支払い、奨学金返済どうしたらいいのだろう?はぁ…仕事辞められないなぁ…」と悩んでいた時期がありました。

今思えば、そこまで深刻に悩む必要はなかったなと思います。

なぜなら、在職中に転職エージェントを上手く利用すれば、すぐに転職先を見つけることができるからです。

そもそも在職中に転職活動なんて時間が限られていて難しすぎます。

すぐに辞めたいという気持ちを抑えてまで仕事を続けなければならないと考えると、毎日憂鬱になりますし、貴重な時間を奪われていくのでかなりもったいないです。

早く辞めたいと思う人ほど、今すぐ辞めるための準備をして辞めた方が良いですよ。

ということで今回は、「次の仕事を決めずに辞めるどうしたらいいのだろう?」という疑問ついて実体験をもとにお話ししていきます。

次の仕事を決めずに辞めると一体どうなるのか?


次の仕事を決めずに辞めるとどうしたらいいのかを知る前に、仕事を決めずに辞めたら一体どうなるのかについてお話しします。

結論をいうと、仕事のストレスから解放されてかなり寝起きがすっきりし、十分な休息が取れるので、気持ちが前向きになります。

仕事を辞めて気づいたことは、「どうしても仕事がつらくて、しんどくなったら休むべき」ということです。

在職中は仕事を辞めることばかり考えていましたが、退職して数日経った頃には早く新しい仕事がしたい気持ちでいっぱいでした。

まるで大学4年生が早く社会人になってバリバリ働きたくて仕方がないといった感じです。

仕事を一度休むことで新しい気持ちを作り出すことができるので、次の仕事が決まってなくても辞めることは正解だったと思います。

とは言いつつも、やはり心配事はありますよね。

そうです、お金の心配です。

私は貯金ほぼゼロだったので、在職中は「仕事を辞めたらお金をどうしよう」と必死に考えていました。

親・彼女・友人に頼ろうか真剣に考えましたが、人に迷惑をかけることができません。

しかし、どう考えても働かないとお金って手に入らないんですよね。

そこで私は、「今の仕事を辞める前にすぐに転職できるように”準備”をしておこう」と考えて、お金に困らないための転職戦略を練りました。

そして、その転職戦略を実行した結果、たった2週間で3社中2社が2次面接、1社が最終面接まで進めることができ、すぐにでも転職活動が終わりそうな勢いでした。

結局は、あることがきっかけでフリーランスの道を選んだわけですが、この転職戦略は誰にでも簡単にできます。

「今すぐにでも仕事を辞めて、新しい仕事を見つけたい。それまでのお金が心配だ」という人は、今からお話しする転職戦略をぜひ参考にしてみてください。

次の仕事を決めずに辞める前にできる転職戦略とは?


私が考えた、たった2週間で最終面接まで進められる転職戦略は以下の通りです。

  • 次のやりたい仕事を決めておく
  • 転職エージェントに登録しておく
  • 履歴書・職務経歴書をプロに添削してもらう
  • 面接日程を退職直後に組んだもらう

簡単に説明すると、”在職中”にできる準備はすべて終わらせて、退職後すぐに面接をしていくというのが、私が考えた転職戦略です。

もう少し詳しく説明していきます。

次のやりたい仕事を決めておく

まずは、次の『やりたい仕事』を決めておきましょう。

今働いている仕事と同じでもいいですし、全く別の仕事でも構わないので、次どんな仕事がやりたいのかを明確にしておくことが重要です。

なんとなく転職活動していても、『やりたい仕事』という軸がない状態では上手くいきません。

軸があると履歴書に書く志望動機に一貫性を持たせることができ、自分自身の意識も『やりたい仕事』に向くので、勉強意欲が湧き、その仕事について学ぶようになり、結果的に転職を成功しやすくなります。

もし、『やりたい仕事』の見つけ方が分からないという人は以下の記事で『やりたい仕事』の見つけ方をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「次の仕事何しよう?」やりたい仕事が見つからない人のための完全講座「今の仕事だと十分な休みも取れない、給料も少ないし、遊ぶ時間もない。でもやりたい仕事もないし、何となく辞めることができないなぁ、、次の仕...

転職エージェントに登録しておく

『やりたい仕事』が決まった人は、転職エージェントに登録しておきましょう。

ちなみに私が登録した転職エージェントは以下の通りです。

3つの転職エージェントを利用していた理由は、企業とのマッチング回数を増やしてより良い企業に出会うためです。

1社より3社同時に紹介してもらう方が自分の希望に合った企業に出会いやすくなるので、複数の転職エージェントを登録することをおすすめします。

転職エージェントに登録すると、電話、もしくはメールで転職エージェントから連絡が来るので、専任のキャリアアドバイザーとの面談予約をします。

私の場合は、次の日の仕事終わりに面談予約をして、専任のキャリアアドバイザーと60分~90分お話ししました。

私が利用したキャリアアドバイザーは話を真剣に聞いてくれて、こちらもかなり話しやすかった印象を持っています。

主に転職する理由、希望の業界や職種、経歴、転職エージェントサービスの内容などキャリアアドバイザーとお話しするのが基本的な流れです。

履歴書・職務経歴書の用意はしなくても問題ありません。

ここでは転職エージェントとの面談を終わらせておくことが目的です。

退職後に面談予約すると最低でも1日無駄にしてしまうので、在職中に必ず終わらせておきましょう。

履歴書・職務経歴書を作成し、添削してもらう

転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーと面談が終われば、履歴書と職務経歴書の作成し、添削してもらいましょう。

私が利用していたすべての転職エージェントは履歴書と職務経歴書を添削してくれるため、ほぼ完璧に近いものができました。

私はもともと文章を書くのが得意だったので、それほど書くことに困らなかったですが、やはり客観的視点からのチェックは必要不可欠だなと思います。

自分では自己アピールの内容が完璧だと思っていても、他人から見れば評価は悪くなることもありますからね。

転職エージェントを利用して何度もチェックしてもらいながら、誰に見せても良い評価をしてもらえる履歴書と職務経歴書を作成していきましょう。

面接日程を退職直後に組んでもらう

「え?面接日程も在職中に組むの?」と驚いた人もいるのではないでしょうか?

実は、面接日程を組むのに結構時間掛かります。

実際に、私は面接日程を組むまでにキャリアアドバイザーに以下のようなメールを送られてきました。

「企業様に書類をお送りし、書類選考通過しましたら改めて面接日程を組ませていただきます。」

そして3日後、「書類選考通過しましたので、以下の面接日程からご都合の良い日をお選びください。」、もしくは「ご都合の良い日を教えていただけますか?」と連絡がやってきます。

「めっちゃ時間掛かるやん…」って思ったことを今も覚えています。

一次面接をするまでに大体1週間~2週間掛かるので、仕事を辞める日から逆算してキャリアアドバイザーの人に紹介された企業の中から、良さそうな企業を応募して面接日程を組んでいけば、退職後の次の日には面接を受けることができます。

私が新卒入社した会社を半年で辞めた話と転職活動の話を以下の記事でお話ししているので、ご興味ある人はぜひ参考までにご覧ください。

新卒入社半年で仕事を辞めても転職にネガティブにならなくても良い【今すぐ辞めよう】 「新卒入社して半年経つけど、会社に不満だらけ」 「自分のやりたいこともできないし、いつも雑用ばっかりで仕事が楽しくない」 「上司に毎日...

次の仕事を決めずに辞めた後にできること【すぐに転職しない人向け】


こちらは、すぐに転職しない人向けに次の仕事を決めずに辞めた後にできることをご紹介します。

転職活動をやってはいたのですが、結局は転職せずにフリーランスになったので、結構お金関係は今でも苦労しています。(2019年11月)

そして、私が退職してからお金関係で調べて知ったことや工夫したことは以下の通りです。

  • 毎月の出費を最低限にしよう
  • 国民年金へ切り替え&免除申請
  • 日本学生支援機構の延納制度を利用する
  • 失業保険が受けられるか確認し、申請しに行こう

1つずつ詳しく説明していきます。

毎月の出費を最低限にしよう

退職後にしたことは、まず毎月何にお金を使っているのかを把握するために、スマホのメモ帳に固定費、食費、交際費などをすべて洗い出していきました。

  • 家賃→固定費(36500円)
  • 水道光熱費→変動費(10000円)
  • 食費→固定費(15000円)
  • 日用品費→固定費(2000円)
  • 日本学生支援機構奨学金返済→固定費(14400円)
  • 教育ローン返済→固定費(17589円)
  • スマホ代→ほぼ固定費(8000円)
  • 交際費→変動費(10000円)
  • 月額課金サービス→固定費(7000円)

毎月の出費内容はこんな感じです。

人によってはまだまだあるかもしれませんが、私の場合は上記の9つが毎月掛かる出費でした。

ここからどの出費を抑えるか考えて、固定費を何とか抑える努力をしました。

家賃、水道光熱費、食費、日用品費は実家に住めばすべてゼロにすることができますね。

ただ、人によっては家にお金を入れないといけない場合があるので、その辺りは一人暮らしと実家暮らしでどちらのほうが安く済むのか判断しましょう。

ちなみに私の場合は、大阪の実家に住むと7万円のお金入れないといけないということだったので、一人暮らししています。(一人暮らしのほうが安い)

スマホ代はテザリング機能(WiFiのような機能)を使いたいので、auのまま契約している状態です。

交際費は完全にゼロにしていますね。以前ニュースで、手取り20万の社会人の出費をグラフにしたものを見て、交際費3万円と書かれていてかなり驚きました。

「いや、めっちゃ遊びすぎ」

もし、次の仕事を決めていないのに辞めようとしている人は、交際費をできる限り使わないように注意しましょう。

友人や恋人に事情を話せばきっと理解してくれるはずです。恥ずかしがらずに今は遊べないことを伝えておきましょう。

月額課金型サービスは、いわゆるAmazonプライム会員といったようなサービスのことです。

当時の私は、学習サービスに7000円程出費していたので、すべて解約していまはゼロにしています。

このように自分の毎月の出費を見直して、できる限り出費はゼロにしていきましょう。

国民年金へ切り替え&免除申請

正社員として勤務していて、社会保険完備の企業で働いていた人は、『厚生年金』に加入していますが、会社を辞めると『厚生年金』から『国民年金』を切り替えなければなりません。

国民年金へ切り替えに必要な物は以下の通りです。

  • 印鑑
  • 身分証明書
  • 年金手帳
  • 退職日が証明できる書類

『厚生年金』を継続加入し続けても良いですが、実は、厚生年金は会社と社員が折半して出しています。

私が会社員だった時の厚生年金は18300円だったので、単純に18300円の倍、つまり36600円毎月必要になってきます。

「無職がそんな4万円近くも払えるかー!」という人がほとんどだと思うので、『国民年金』に必ず切り替えておきましょう。

”住民票を置いている市区町村役場の国民年金窓口”で切り替え手続きができ、スムーズにいけば20分くらいで手続きが終わります。

国民年金は毎月18000円程の出費になりますが、無職にとって18000円は収入がない人にとってはかなりの痛手ですよね。

国民年金を毎月支払うのが厳しいという人は、免除申請を忘れずに行いましょう。免除形態には全額免除・4分の3免除・半額免除・4分の1免除の4つのパターンあります。

全額免除申請をして約3か月後に免除申請の許可が下りるかどうかが分かります。

それまでに国民健康保険料督促状を送られてきますが、支払わずに保管しておきましょう。

日本学生支援機構の延納制度を利用する

大学に行くために日本学生支援機構から奨学金を借りていたという人は、すぐに返還期限の猶予を申請しましょう。

災害、傷病、経済困難、失業などの返済困難な事情がある場合は、返還期限の猶予を受けることができます。

必要書類は奨学金返還期限猶予願とマイナンバー提出書をこちらからダウンロードして、記入し、日本学生支援機構へ提出すれば申請完了です。申請が承認されると延納が認められます。

ただし、延納は一定期間の返済期限を延期する制度なので、返還を免除や減額する制度ではないので注意しましょう。

もっと詳しく知りたい人は日本学生支援機構 返還期限猶予をご覧ください。

失業保険が受けられるか確認し、申請しに行こう

失業保険は以下の要件に当てはまっている人は受けることができるので、一度チェックして、当てはまっていればハローワークへ手続きを行いましょう

  • 就職する意思と能力があること
  • 求職活動を行っていること
  • 過去2年間のうち、雇用保険の被保険者期間が12ヵ月以上あること

上記3つの条件が当てはまっている人は、離職前の給料5~8割程のお金が振り込まれるので、必ず手続きしておきましょう。

失業保険を手続きの際に必要な書類等は以下の通りです。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • マイナンバー確認書類
  • 身分証明書
  • 写真(2枚)
  • 印鑑
  • 本人名義の預金通帳またはキャッシュカード

もし、私のように新卒入社した会社を半年で辞めてしまっている場合は、『過去2年間のうち、雇用保険の被保険者期間が12ヵ月以上あること』に当てはまらないので、受けることができません。

また、妊娠や子育てのために仕事を辞める時も『就職する能力があること』、『求職活動を行っていること』が当てはまらないため、失業保険を受けることができません。

「次の仕事を決めずに今すぐ辞めたい」と考えている人は、おそらく自己都合退職になると思うので、3か月間は給付制限が掛かることを覚えておいてください。

3か月の間にアルバイトなどを始めると、失業保険が受けられなくなる注意しましょう。

今すぐ行動すれば、次の仕事を決めずに辞めるのは何も問題ない【辞める準備をしよう】


「今すぐ仕事辞めたいけど、次の仕事決まっていないし、お金がないから辞められない…」と思い悩んでいる人は、今すぐ転職活動の準備を在職中に済ませておきましょう。

会社員時代の私も「お金がないのに仕事を辞めてしまうともう生きていけない…」と悩んでいた時期はありましたが、とにかく行動をしていたら上手くいきました。

辞める前に思い悩んでも何も状況は変わらないので、今すぐ行動して転職活動の準備をしていきましょう。

転職エージェントを使えば、転職先を無料で紹介してくれ、面接日程などを代行してくれるため、時間のないサラリーマンにとっては必要不可欠のサービスです。

求職者の利用は完全無料で、登録も3~5分で終わるので電車の中や仕事終わりの暇な時間にササっと登録を済ませておきましょう。

LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加