体験談

人とかかわることが苦手で出会った仕事がyoutuber

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

自己紹介をお願いします。

25歳男性です。つい先月まで製造業の正社員として働いていましたが、現在は仕事辞めて無職です。人と関わる業務が苦手で、とにかくコツコツ作業出来る仕事を探している内に気付いたら製造業のお仕事に就いていました。

お仕事を辞めた理由は製造から外されて部下を管理する仕事に回されたからですね。人の上に立って何か指示をしたり、会話したりするのがとても苦悩に感じてしまって(笑)結果毎日のストレスに耐えられなくなって有給を全部消費してからキッパリ辞めてしまいました。どんなお仕事でも一切人と関わらない仕事なんてこの世に存在しないんですけどね。

だから就業中はずっと「あぁ~人と会話せずに1日ずっと黙って作業できる仕事ねえかな」とかずっと考えてましたね。その時くらいにですかね。YouTubeでお金稼げるんだって知ったのは。

今収入を得ている副業を簡潔に教えてください。

今はもう辞めてしまったので参考になるかは分かりませんが…YouTubeの広告収益で副収入を得ていました。広告収入というより、YouTubeに動画を投稿してお金を貰っていたという方がわかりやすいかもしれないですね(笑)これの何が凄いって軌道にさえ乗ってしまえば嘘のようにお金が毎日入ってくるんですよ。

主婦の方や出稼ぎできない人がするようなアンケートモニターや内職で貰えるお小遣い程度の収入ではなくて、僕の場合は毎月30万以上稼げる本業以上にの副業だったので当時笑いが止まりませんでしたね。正社員で製造業をしていた頃は月収18万円くらいだったので、かなり複雑な気持ちだったけど(笑)

だからYouTubeの収益と合わせると調子のいい時なんて月に50万くらい稼いでいたのかな。ただ1動画に1日で何十万再生も行くような超大物Youtuberさんと違って自分は数を多く出してセカセカと再生数を稼ぐタイプの投稿主だったので。毎日仕事から帰って→クタクタの中夜中まで動画編集→朝起きて昨日作った新作動画を投稿してから出社する生活を毎日繰り返していたのでかなりしんどかった思い出でもありますね。

副業を始めようと思ったきっかけを教えてください

自己紹介の欄にも書きましたが、まーとにかく人付き合いが嫌でして仕事中部下のおばちゃんに仕事の工程を教えているときも(あ~人と会話したくねえ・・・職人になりてえ)とかずっと考えていたんですね。

その日も帰って動画でも見ながらgdgdしようと思ってYouTubeを開いた時に「今はYouTubeで稼ぐ時代!」みたいな広告動画を見たんですよ。(2015年くらい)本当にたまたま。そんなん無理に決まってんじゃんって思いながらはじめの方は見ていたのですが、動画の再生が終わる頃には「あ、俺これいけるわ」ってなってその日の夜に早速色々調べて取り掛かったんですよ。

いやいや「なんでいけると思ったの?」って話なんですが、実は私自身高校生~大学時代にずっとニコニコ動画へ動画を投稿していたんですよ。真っ先にその事を思い出して「過去に自分がニコニコで投稿した動画をそのままYouTubeに転載すればいんじゃね。それなら今から動画作らなくてもすぐにYoutuberになれるじゃん!」と考えた私は過去にニコニコに投稿していた20本くらいの動画そっくりそのままYouTubeに投稿したんですよね。

具体的にどんなことをしているのか教えてください

だが人生はそこまで甘くなかった・・・!そうYouTubeは著作権に無茶苦茶厳しいサイトなのだ。私が過去に作っていた動画は簡単に言えば「自分のお勧めするアニメを映像を流しながら文字で紹介する」という内容の動画だったのですが…

まず「アニメ映像」「ゲーム、アニメBGM」これが全てYouTubeの動画規約に違反する物で(ちなみに今はもっと厳しい)投稿した動画の20個中20この動画全てが全世界視聴ブロックされてしまい動画は1日で全て削除されてしまいました(笑)

まあそこで普通なら心が折れて辞めるわ…ってなるのですが、なんとか頑張って著作権方に引っかからないように無料フリーBGMを使用したりアニメ映像を全て削除して無料提供の画像のみを使う等して、色々工夫してなんとか著作権に引っかからずコツコツと毎日動画投稿していましたね。

はじめの方は登録者もいないし再生数もないし…何度も諦めようかと思ったけど、ある一つの動画が大ヒットして50万再生くらいいったんですよ。そこから色んな人が「へえこの動画面白いな、この投稿者の他の動画見てみようかな」と思ってくれる人がめっちゃくちゃ増えて最終的に登録者3万人くらいになりました(笑)

自分がやっている副業はどんな人に向いていると思いますか?

「すぐ結果が出なくても諦めない人」本当にこれに尽きると思います。むしろこれさえあれば絶対なんとかやっていけると思います。

ただこれからYouTubeを副業としてやって行こうと思っている人には言いにくい事なのですが…今から始めるには昔と比べて何十倍難しいと言うことは頭に刻み込んでいた方がいいかもしれません。

YouTubeはただサイトに動画を投稿して「はいお金あげる」というシステムではありません。YouTubeのアカウント作成→YouTubeのパートナープログラムに登録→認められて企業に広告を貼ってもらうという少しややこしいシステムなんですよね。

昔はアカウントさえ所持していれば無条件でパートナー登録できたのですが、今はYouTubeのチームが審査した後、広告を貼るに価するアカウントと判を押して貰えない限り永遠にYoutuberになれません。先ほどに申した「諦めない人」というのは、認めてもらえるまで何年経っても信じて動画投稿し続ける意思があるか。という意味ですね。

最後にこれから副業を始めたい人へメッセージをお願いします!

Youtuberの広告CMで有名な言葉に「好きなことで、生きていく」という謎名言があるのですが。まさにその通りだと思います。実際ボクも動画投稿しながら毎日を過ごしていた時は「自分も楽しいし、視聴者もボクの事を待ってくれている、喜んでくれている。毎日が充実してるなあ」と思いながら日々を過ごしていましたからね(笑)

仕事帰りで毎晩遅くまで起きて動画編集…休む時間は確実に減っていたけど全然苦じゃなかったし、「これがお金になるんだ」とか「この収益で得たお金で何買おうかな」って考えながら作業してるといつの間にか時間が過ぎてるんですよねぇ…これはどんな副業をしてる人にも言える事だと思います。

ただ、これからYoutuberになろうとしてる人に一言言うとしたら1ヶ月は再生数0とかでも諦めずに投稿し続けろ…という事ですかね。長々と話しましたが副業の話、と言うより趣味の話になっちゃったかな(笑)まぁ自分が心から楽しいと思えるお仕事を見つけるのが一番ですな。

2020年最新版!女性におすすめの副業20選と収入目安を徹底解説「毎月の収入が、あともう少しあればなあ。」ふと思うこと、ありますよね。 だけど本業のお仕事や主婦業に支障をきたしては、意味がありません。...
ABOUT ME
ayakaida
ayakaida
1987年生まれ。東京で保育士として勤務をしていたが、2013年に夫の海外赴任に帯同するために退職。 海外で勤めることができないなかでクラウドソーシングと出会い、SNSで文章を書くことが好きだったこともありWebライターとして活動を始める。 場所や時間にとらわれず、自分の好きなことを仕事にしたい友人たちの声を聴き、自分にできることで人々のライフスタイル充実に貢献したい思いから編集長に就任。 2児の母親かつクラウドワーカーとして500以上の記事制作、編集に携わる。SEOにも精通しており、リライトで圏外から1ページ目表示を達成した実績も多数。 現在はライティングプロダクション運営、講師業も行い、新しい働き方のヒントとしてWebライターの働き方を発信している。 趣味はムエタイで元世界チャンピオンから指導を受けている。
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加