節約

低年収でも貯金できる!貯金できる人は知っているお金が確実に貯まるコツを紹介

[無料]副業に関する無料相談会を実施中!
副業のプロがあなたにぴったりの副業をご紹介します。

「低年収だから貯金できない…」と考える人は多いでしょう。
しかし、それは思い込みです!
お金が貯まるコツさえわかっていれば、低収入でも貯金することができますよ。

今回は、低年収でも貯金できる「お金が貯まるコツ」を紹介します。
「低年収でもお金を貯めたい!」
「お金を貯める方法を知りたい!」
と考えている人は必見です!

低年収でも貯金したいなら!家計簿のすすめ


お金を貯めるためには、月々の収入と支出を把握することが必須!
そのため、貯金したいなら家計簿をつけるのがおすすめです。
自分にぴったりな家計簿のつけ方と家計簿を選んで、確実にお金を貯めていきましょう!

家計簿のつけ方

まずは、家計簿のつけ方を紹介します。
家計簿は、「自分が続けられるつけ方」を知ることが大切です。

1.ざっくりつける
「ちまちまつけるのが苦手…」という人は、家計簿はざっくりつけるのがおすすめです。
「どんなものにいくらかかったか」が、ざっと把握できるぐらいの項目をいくつか決めて、家計簿をつけていきましょう。
この方法だと、家計簿をつける時間も、手間もあまりかかりません。
家計簿のつけ方の中でも簡単で長続きしやすい方法です。

2.細かくつける
一般的な家計簿のつけ方が、細かくつける方法です。
支出や収支を細かくつけることで、貯金できない原因が見つけやすくなります。
「しっかり貯金したい!」という人におすすめの方法です。
しかし、貯金したいあまりに細かく管理することにこだわると、「長続きせずお金も貯まらなかった…」という結果になる可能性があります。
続けられるかをよく考えた上で、細かくつける方法を選んでください。

3.用途で分類してつける
ざっくりつける方法と似ている方法ですが、用途で分類してつけるのもおすすめです。
これは、「消費」「浪費」「投資」といった用途で分けて、家計簿をつける方法です。
これらの用途を確認できると、家計の支出がわかりやすくなります。
家計の改善策も自然と見えてくるので、お金を貯めるために効果的な家計簿をつけられる方法といえます。

おすすめ家計簿

家計簿のつけ方をおさえたら、自分にぴったりな家計簿を選びましょう。
そのためには、それぞれの家計簿のメリット、デメリットを知ることが大切です。

ノートタイプ家計簿

家計簿といえば、ノートタイプを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。
ノートタイプは

  • はじめやすい
  • 自由に書き込める

といったメリットがあります。
一方で、

  • かさばる
  • 家計を集計するのが大変

といったデメリットがあります。

家計簿アプリ

今では、さまざまな家計簿アプリがリリースされています。

  • 家計の集計や収支を自動的に計算
  • 表やグラフなどで表記されて家計の流れが見やすい
  • 無料で使えるアプリも多い

上記のように、アプリ型の家計簿のメリットは大きいです。
しかし、家計簿アプリには、

  • サーバーダウンした場合は使用できなくなる
  • 個人情報漏えいする可能性がある

というような、アプリならではのデメリットもあります。

レシート貼り付け型家計簿

レシートを貼り付けていくタイプの家計簿です。
レシート貼り付け型の家計簿のメリットは、

  • 支出を細かく内訳できる
  • 貯めておいてまとめてできる

という点です。

レシートを見れば、何を買ったか、いくら使ったかがパッとわかるのがいいですよね。
しかし、レシートなので、

  • 貼り付ける手間がかかる
  • レシートを張り付けていくと、厚みが出てかさばる

というデメリットが出てきます。
また、キャッシュレス決済を主にしている人には不向きです。

低年収でもお金が貯まるコツ


低収入だからといって貯金を諦める必要はありません。
これから、低年収でもお金が貯まる貯金のコツを紹介するので、ぜひ実践してみてください!

「低年収だから貯金は無理!」という思い込みをなくす

まずは、「低年収だから貯金できない」という思い込みをなくしましょう。
思い込んでいたら、貯金できる行動に移せません。
当然、お金は貯まらないままです。
貯金したいなら、「低年収でもお金を貯められる!」と前向きに考えてみてください。

貯金額を決める

貯金額を決めることは、お金が貯まるコツのひとつです。
「1年で20万貯める」というように具体的に決めるのがポイント。
そうすれば、1か月の貯金額もわかり、そのためにどうやりくりしていけばいいか考えることができます。
また、貯金額と一緒に貯金する目標を決めておくのもおすすめです。
「旅行に行くため」「バッグを買うため」というような目標を、貯金額とセットで決めれば、モチベーションもアップして貯金を楽しめますよ。

先取り貯金をする

先取り貯金はお金を貯めるために有効です。
「家計をやりくりして、余った分を貯金しよう」というように、貯めるのを後回しにしていると、なかなかお金は貯まりません。
「まだ余裕があるから使っちゃお~」と考えて、結果的に貯金額を使ってしまったというケースも多いです。
給料が入ったら、先に貯金する額を抜き取り、お金を貯めていきましょう。
そうすれば、確実に貯金額が増えていきますよ。

引き出しにくいものを活用する

貯金をしたいなら、引き出しにくいものを活用しましょう。
お金は、あると使ってしまうものです。
そのため、お金が使えない状況を作ることは、お金が貯まる方法として有効なのです。
定期預金など、すぐに引き出せないシステム制度を利用するのがおすすめです。

コンビニに行かない

コンビニに行かないことも、貯金のコツです。
コンビニに売っているもののほとんどは、スーパーや100円ショップと比べると、割高になってしまいます。
また、コンビニには「新商品!」「コンビニ限定」というように、物欲を刺激される商品がたくさん並んでいます。
そのため、ついつい買ってしまい、買い物金額が予定より多くなってしまうこともよくあります。
貯金をすると決めたなら、コンビニにはなるべく行かないほうがいいでしょう。

家計の見直しを毎月行う

家計の見直しを毎月行うことは、お金を貯めるために必要なことです。
月に1回、家計を見つめ直す日を決めて、「予定通りに貯金できているか」を確認してみてください。
家計を振り返れば、「これは無駄な出費だった」「ここは必要な支出だったから仕方ない」というふうにお金の流れが把握できます。
そして、次の月の家計のやりくりに生かせるポイントも自然と見えてくるはずです。
毎月家計の見直しを繰り返していけば、やりくりも上達していくこと間違いなし!
貯金額も増えて、貯金することが楽しくなりますよ。

楽しんで貯金できる方法3選


低年収の人の貯金に伴いがちな「辛い」「大変」という気持ち。
そんな気持ちを忘れて、しかも確実に貯金できる方法をこれから紹介します。

塗り絵貯金

塗り絵と貯金を楽しめるのが、塗り絵貯金です。
塗ったイラストに書かれている数字の金額を貯金していくと、塗り絵が完成するときにはお金が貯まっています。
本屋さんで販売していたり、インターネットで無料でダウンロードしていたり、さまざまな塗り絵貯金用シートがあるので、気になった人は探してみてください。

500円玉貯金

500円玉貯金も楽しみながら貯金できる方法のひとつです。
「その日の終わりに、財布の中にある500円玉を貯金箱にいれる」というやり方が簡単なのも魅力です。
お金が貯まった重みを日に日に感じられるのが嬉しい!
貯金箱がいっぱいになったときの充実感は、予想以上の大きさですよ。

封筒貯金

封筒貯金も貯金を楽しみたい人におすすめの方法です。
貯金箱ではなく、封筒の中に貯金するお金を入れていきます。
封筒貯金の楽しめるポイントはアレンジしやすいこと!
「旅行」「美容」「外食」など貯金の種類別に袋を分けたり、貯める期間別に分けたりできます。
また、封筒を好きな色やイラストに変えても楽しいですよ。

まとめ:低年収でもお金は貯められる!


お金が貯まらない原因は低年収だからとは限りません!
「低年収だから貯金は無理」という思い込みが、お金が貯まらない状況を作っているのかもしれませんよ。
実際、低年収でもお金を50万、100万と貯めるのに成功している人は多いです。
その人たちはみんな、お金を貯めるコツを実践しています。
みなさんもぜひ、お金を貯めるコツを今日から実践してみてください!

低年収の旦那って必要なの…?お金が少なくても夫婦円満に過ごす方法低年収の旦那にイライラしている女性は多いです。 「愛さえあればお金なんて!」と考えていた人も、予想していなかった苦労を経験するにつれ、旦...
LINE@でお得最新情報配信中

LINE@で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加