お金が足りない

スマホの携帯代が払えないときは放置厳禁!払えないときの危険性と対処法

「スマホの携帯代が払えないとどうなるの?」と考えている人は、携帯料金が払えない危機に直面したことがあるか、今まさに困っている状況ではないでしょうか。
スマホは便利で生活に欠かせないツールとはいえ、その月々の使用料は大きな負担ですよね。

今回は、スマホの携帯代が払えない場合の危険性とその対処法についてまとめてみました!
スマホの携帯代を払えない危機感を感じている人は、ぜひこの記事を読んでみてください!

スマホの携帯代が払えない場合の危険性


まずは、スマホの携帯代が払えないときの危険性について見ていきましょう。

延滞利息が発生する

スマホの携帯代が払えなくて支払期限を過ぎてしまうと、以下の通り延滞利息が発生します。

  • NTTドコモ、ソフトバンク:年利14.5%
  • au:年利14.6%

たとえば、ドコモのスマホ代を10,000円、1ヶ月延滞すると、「10,000×14.5÷365×30=119」となり、119円の延滞利息が発生することになります。
金額にすると大きなものではありませんが、余計なお金を払うのは避けたいところ。
携帯料金を延滞してしまったら、1日でも早く料金を支払うことをおすすめします。

スマホが使えなくなる

スマホの携帯代を払わないまま放置していると、スマホが止められて使えなくなります。

スマホの携帯代支払予定日から10~20日過ぎても料金を支払ってないと、督促状が届きます。
そして、督促状に書かれている期日までに携帯代を支払わなければ、スマホを止められてしまうのです。

  • ドコモ:支払予定日から20日前後に督促状送付。そこから10日前後で使用停止
  • ソフトバンク、au:支払予定日から10日前後で督促状送付。そこから10日前後で使用停止

上記の通り、携帯会社によって使用停止期限が異なりますが、「督促状が届いたら危ない」と思っておいたほうがよさそうです。

強制解約される

スマホが使用停止になってからも支払いせずにいると、支払期日から2~3ヶ月後に携帯会社から強制解約されます。
「強制解約=スマホの携帯使用料金を支払わなくてよくなる」ということではなく、支払い義務は残っているので、注意しましょう。

新しいスマホを契約できなくなる

強制解約されてもなお、スマホの携帯代を延滞し続けていると、別の携帯会社で契約できません。
強制解約されると、「電気通信事業協会」という協会の中に「強制解約された」という情報が記録されます。
その記録は通信事業間で共有されているため、記録されている限り新しい携帯の契約はできないのです。

強制解約になってから5年経過するか、延滞料金をすべて支払うかしないと記録は残ったまま。
「強制解約されても他の携帯会社で契約すればいいや」と考えていたら、痛い目に合いますよ。

ローンやクレジットカードの審査に通らない

スマホの携帯代と共に機種本体の料金を分割支払いしている人は、支払いを放置しているとローンやクレジットカードの審査に通らなくなる危険性もあります。
機種料金を分割で支払っているということは、ローンを組んでいることと同じなのです。
つまり、スマホの携帯代を延滞するとローンを延滞させているとみなされ、ブラックリストにのってしまいます。
そのため、ローンが組めなくなったり、クレジットカードが作れなくなったりします。
スマホの携帯代の延滞は、人生プランの妨げにもなる危険を含んでいるということです。

放置しすぎると訴えられる

スマホの携帯代の支払いを放置しすぎると、携帯会社から訴えられてしまいます!

支払期日から3~6ヶ月くらい経過すると、裁判所から訴状が届き、呼び出されます。
そして裁判所で携帯会社の担当者と「和解したい」「分割します」などと話し合いをすることになるのです。
訴状をスルーすると、給料の差し押さえなどの措置がとられるため、逃げ道はありませんよ。
もしもここまでスマホの携帯代を延滞してしまったら、観念して裁判所に出廷しましょう。

スマホの携帯代を払えないときの対処法


スマホの携帯代を延滞させることは、自分の人生を大きく狂わせる危険に満ちています。
ここで、スマホの携帯代を払えないときの対処法を紹介するので、なんとかして料金滞納を防ぎましょう!

クレジットカードで支払う

支払いをクレジットカードにすると、スマホの携帯代を払えない危機を一時的に回避できます。
携帯ショップの店頭に行き、クレジットカードで支払う手続きを行ってください。
クレジットカードの請求は1ヶ月先になるので、その場をしのぐことができます。
ただし、この方法では携帯料金を先延ばしにしただけなので、来月までにお金を用意しておくことを忘れないようにしましょう。

副業する

スマホの携帯代の足りない分を副業して稼ぐ方法も有効です。
副業禁止や働く時間がないという人でなければ、確実にお金を用意できるので携帯代を払えない心配はなくなります。
自分のできそうな職種かをチェックするのと同時に、副業の給料が支払われる日が携帯料金の支払期日までかも確認してから仕事に応募しましょう。

両親や友達にお金を借りる

両親や友達にお金を借りて、スマホの携帯料金未払いを防ぐ方法もあります。
スマホゲームで課金したり、携帯会社のまとめて支払いを使用して買い物したりしていないなら、携帯代金は10,000円前後の人がほとんどでしょう。
10,000円程度であれば、両親や友達から借りれる可能性は高いです。
必ず返すという誠実な姿勢を示した上で、お金を借りれないか両親や友達に頼んでみましょう。

相談する

スマホ・携帯代が支払期日までに払えないとわかったら、携帯会社に相談する方法もあります。
しかし、携帯料金は基本的に支払期日を延長することはできません。
相談するときは「断られて当たり前」と考えて、ダメもとで相談しましょう。

スマホ・携帯代を払えない状況にならないための対処法


スマホ・携帯代を払えない状況を回避できても、再び払えなくなる可能性がある人もいるはずです。
最後に、再び携帯料金を払えない状況にならないための対処法を紹介するので、参考にしてみてください。

携帯料金を忘れずチェックする

携帯料金の明細がWEB明細という人は、携帯料金を忘れずチェックするようにすると、スマホの携帯代を払えない状況にならない人もいるはずです。

今は携帯料金の明細はWEB明細だという人がほとんどでしょう。
便利だという人もいれば、「わざわざWEBページまで確認しに行くのが面倒」といって、携帯料金の確認をおろそかにする人もいます。
後者の人なら、確認しなかったがために携帯料金が引き落としされる銀行口座に入金するのを忘れてしまい、結果滞納してしまった…という場合も。
どんな状況の人でも、携帯料金をからなずチェックする習慣を身につけていると、自然と料金未払いを回避できますよ。

料金プランを見直す

現在契約している料金プランを見直すと、スマホの携帯代を払えないことはなくなる可能性があります。

携帯料金が払えないという危機が度々訪れるようなら、そもそもの料金プランが高すぎるのかもしれません。
料金プランを見直せば、無駄にお金がかかるプランで契約していることもみつかる場合があります。
また、携帯会社はお得になる料金プランを定期的に作っています。
プランを変えると携帯料金を抑えられて、毎月の支払いに困らなくなることもあり得ますよ。

格安スマホに変える

キャリアの携帯を使っている人は、格安スマホに変えることも検討してみてはいかがでしょう。
格安スマホは、キャリアの携帯料金に比べると月々の支払いがかなり安いことで有名ですよね。
携帯料金が安くても、使い勝手はキャリアの携帯と大きな差がないことも特徴です。
格安スマホに変えれば、「携帯料金が払えない!」と困ることはなくなるでしょう。

まとめ:スマホの携帯代は必ず支払うべし!


スマホの携帯代が払えないまま放置していると、

  • 延滞代がかかる
  • 携帯が止まる
  • 強制解約される
  • 新しい携帯、ローン、クレジットカードを契約できない
  • 最悪の場合、訴えられられる

という危険性があります!
逃れる道はないため、「携帯料金を払うのは義務!」と認識しておくことが重要です。

携帯代が払えないとわかったら早めに対処法を実践して、払えない危機を回避しましょう!
また、再び払えない状況に陥らないように、携帯の使い方を見直してみてくださいね。

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加