最新ニュース

フリーランスの人口は増えているのか?株式会社ランサーズによるフリーランス実態調査2019年版が発表!

株式会社ランサーズによる「フリーランス実態調査2019年版」が発表されました。
株式会社ランサーズは、日本最大級のクラウドソーシングサービス「ランサーズ」を運営している企業です。
2015年より国内初のフリーランスの実態調査を行い、今年で5回目の発表となります。

そもそもランサーズとはどんなサービスか知りたい人はこちらの記事へ。

安心して仕事ができる!ランサーズの悪い評判の実態と稼げるポイントを解説ランサーズといえば、日本最大級のクラウドソーシングサービスとして有名です。しかし、Googleなどで「ランサーズ」を検索すると「安い」「...

2015年版の発表では、国内におけるフリーランスの人口は913万人を記録しています。
2019年版にはフリーランスの人口は1090万人を記録し、およそ170万人近く増加しています。
フリーランス人口の多くは副業型であり、
企業へ勤めながら副業で収入を得ている人が増えてる要因の一つです。

なお、アメリカでは2015年にはフリーランスの人口が5300万人と、日本とはけた違いです。
2019年になるとフリーランスの人口は5670万人を記録し、およそ370万人も増えています。

日本では終身雇用の考え方が根強く、フリーランスで働く人口は少ないです。
しかし、一方では企業からもらえる給与だけで生活するのは難しくなっており、
それを補うために副業として、スキマ時間にフリーランスとして働くスタイルが増加しています。

残業100時間の会社を辞めてフリーランスへ。副業として不用品販売を行なっています。自己紹介をお願いします。 30代後半。女性。関西在住。今はフリーランスですが3年前までガッツリ会社員でした。残業100時間当たり前とい...

しかし、直近3年間で見るとフリーランスの人口は横ばい状態が続いています。
この原因を調べるため、フリーランスの実態調査2019年版からは、新たな質問が設けられました。
それは「どうすれば雇用によらない自由な働き方を続けたいと思いますか?」という質問です。

この質問に対する答えはさまざまありました。
一番多かったのは、公正な収入を求めることです。
フリーランスの多くの方が、現状の収入に不満があることがわかります。

他にも企業と同等の保険制度を受けれることを希望する声もあがっています。
さらに確定申告の手続きに苦戦する人も多く、簡略化できないのかという声も上がっています。
これにより、フリーランスに関する問題点の多くがはっきりとしました。
今回の新たな質問を見ると、日本ではフリーランスの地位がまだまだ低い状態にあることがわかります。

フリーランスは日本でも広まり始めた働き方の選択肢の1つではあります。
しかし、多くの方が公正な取引ができていないと不満を抱いているのが現状です。
今後に向けて、フリーランスの働く環境改善をどのようにして取り組んでいくのかが課題です。

業界最大級の副業メディアが大予想!2019年人気の副業10選元号も「令和」と新しくなり、働き方も変わりつつある時代を迎えましたね。最近は新しい働き方として、副業やWワークにスポットライトが当たり、...

参考サイト:https://www.lancers.co.jp/news/pr/17350/

ビギナーくん
ビギナーくん
副業ビギナーでは副業・働き方に関する最新ニュースをTwitterでお知らせ!
こちらからアカウントをフォローして情報をいち早くゲットしよう!
\御礼!登録者が続出中!/

[email protected]にて副業・働き方に関する情報を配信中。
あなたが理想とするライフスタイルの実現に役立つコンテンツをお届けします!
友だち追加

[email protected]でお得最新情報配信中

[email protected]で最新の副業情報やお得な新サービスの情報を配信中!

友だち追加